« タマにはバイクの話もしよう。 チョー不公平なレースの世界 編 | トップページ | そりゃないぜANA(全日本空輸) »

2008.02.05

たぶん中国は悪くない

中国製餃子を巡る中毒の問題で、事態の全容解明はおろか、究明すらロクに進んではいないのに、日本のメディアはまるで自自分達が裁判官にでもなったかのような過熱ぶりだ。
テレビで「納豆が健康にいい」と言われたらスーパーの納豆を買い占めちゃうくらいの、メディアは神よりも正しい。なんて思い込んでるとしか思えないマインドレス日本人の皆さん、中国産食材無しには日本の食糧供給は成り立たないと言うのに、発狂したかのように中国製品を避けるようになり、そして冷凍食品も売れ残りまくって、スーパーマーケットの冷凍食品コーナーは、不良在庫品置き場と化している。

子供じみた狂乱ぶりを見せる日本とは対照的に、SARSの対応で世界中から批判を受けた中国政府はそこでの教訓をキチンと学んでいたようで、この中毒に関しては至って冷静かつ大人な対応を見せ、政府は主観的判断をせず、一部のネットメディアが批判的な論調を見せている以外は、とても冷静に対応している。

僕個人はこの中毒事故が表に出たごく早い段階で、その時点で判っていた事実をクリティカルに考えて、「これは多分、中国は悪くない。もしくは責任度合いはとても低い」と言う結論に達していた。この中毒事故は、事故初期段階での対応が遅れた日本の厚生労働省、現場からの報告を無視・軽視したJTやCOOP、その他、商品回収と国民への警告を行う責任のあった、日本の販売店、輸入業者、監督官庁の責任だと言える。

メディアに出た最初の日か次の日辺りでこの結論に達していた僕は、過熱する報道を見ながら、「これ、日本国内で世論の反中国を煽りたいバカ右翼とかが仕組んだんじゃないのかな?」とか思っていたけど、それは中国のネットでの論調も同じ事を考えているみたいで、高知新聞の2月4日付朝刊にも、それについての記事が載っていた。
中国の農家が農薬についての認識、危険意識とかが激甘で、残留農薬とか禁止薬物とかが問題になっているのは周知の事実だけれど、それにしても今回の中毒事故は、検出された農薬の濃度が高すぎたので、それが残留農薬だと考えるのは、少し考えればまず有り得ない。って事くらいはネズミにだって判る。とすれば製造過程での何らかの事故で混入したか、悪意を持った何者かによる人為的混入以外には考えがたい。僕個人は最初、福田首相は小泉元首相と比較するとかなり親中路線なので、それを嫌がる誰かの政治的工作ではないのかな?なんて考えていた。

新聞記事では中毒事故の起きる直前にJT株が急落していて、株式市場で不当な利益を得ようとした犯罪集団が空売りを仕掛けて、売り抜けた後に事件を起こしてJT株を急落させ、数億円単位の利益をフトコロに収めたのでは?とする意見もあった。JTの時価総額は兆単位なので、それが何割か下落してもそこで特定の個人が数億円売り抜けた所で、それに足を付けるのはとても難しい。実際にそれをやった犯罪集団がいるのなら、そいつらはかなり高度な知能犯罪集団だと言う事になる。

2月4日時点の報道では、製造メーカー側には中毒の原因となった殺虫剤は無く、製造後~輸送段階で人為的に混入された可能性が高い。となっている。もちろん、公開されている証拠写真や検査結果に操作を加えるのは国家規模なら容易なので、日本の反中国世論を鎮めたい中国当局の情報操作が入っている可能性を否定する事は出来ないが、検出された殺虫剤の濃度の濃さから推測するに、製造過程での事故か人為的混入以外には殺虫剤混入原因として考え難いのは動かしようも無いのだが。

となると、メディアの「中国製品は信用出来ない」との論調はおかしい。って事になる。殺虫剤が人為的混入によるのなら、中国の農家や製造メーカーを非難するのは筋違いだし、製造過程での事故だってその罪の度合いは賞味期限や原材料表示を偽装しまくってた日本の食品メーカーと比べたら遥かに軽いものだ。

話が少し逸れてきたから元に戻すけど、この中毒事故で本当に悪かったのは一体誰なのか?責任は誰にあって、誰がその罪を償わなければならないのか?だけど、僕の個人的見解としては、メディアが騒ぎ立てるように中国が全部悪いとはとても思えない。もちろん、殺虫剤混入が製造中の事故によるものだとしたら、製造メーカーは原因を究明し、再発防止策を公表し、起こした事故似対して製造物責任を取ってもらわないといけないのだが、それが流通過程での人為的混入によるものだとしたら、中国当局は何としても犯人を挙げて、法治国家に相応しい形で裁判を受けさせ贖罪をさせなければならない。そしてもちろん、最初の中毒報告を軽視・無視した日本の食品会社と監督官庁は、その責任の所在を明確にして、関係ある人間を厳粛に裁かなければならない。『後知恵バイアス』と言われるかもしれないが、最初に報告があった段階で適切な対処をしていれば、少なくともその後の深刻な被害は水際で食い止める事が出来た筈なのだ。この中毒事故は、迅速に被害拡大を食い止めようとしなかった、日本の役人と営利企業に最も罪がある。
少なくとも、mizzieはそう考えている。

 

 

今日も、応援クリックを宜しくお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

ついでにこっちにも投票していってね。

|

« タマにはバイクの話もしよう。 チョー不公平なレースの世界 編 | トップページ | そりゃないぜANA(全日本空輸) »

コメント

まさにその通りですよ!
うちは冷食使わないのでよく分からないんですが、店に並ぶまで問題のある商品だったと気付かないほうがおかしい。怠慢としか思えません。そして中国製品買い控えをしてる人たち・・・あまりにも物事を考える力が欠如してはるんやなぁ・・・と気の毒にすらなります。
中国メディアが珍しく(?)紳士的な対応をしてくれてるのがせめてもの救いですね。いずれにせよ、早く事態が収束することを望みます。

投稿: hana | 2008.02.05 23:33

hanaさん>
日本政府や自民党なんかよりも、10億倍は狡猾で冷徹な実利主義者の中国政府は、ここで反日キャンペーンを張るよりも事態を実務的に処理する方が得策だと考えたようで、国内の反日派を巧みに制御して冷静に対処する方が中国にとってダメージ少なく利が多いと思ったみたいですね。

最初の中毒報告は昨年末に上がってるんですから、今回の中毒事故jは、その後の対処を怠った日本企業と監督官庁の責任ですよね。

投稿: mizzie | 2008.02.06 00:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/17954781

この記事へのトラックバック一覧です: たぶん中国は悪くない:

« タマにはバイクの話もしよう。 チョー不公平なレースの世界 編 | トップページ | そりゃないぜANA(全日本空輸) »