« 本当にそれでいいの? | トップページ | タマにはバイクの話もしよう。 チョー不公平なレースの世界 編 »

2008.02.03

高知の少子化対策

人生で達成したかった目標が、残るは「父親参観に出席」だけになっちゃったmizzieだけど、ななか姫も今年は37歳、高齢出産のリスクとか以前に、無事に子供を授かる事が出来るのだろうか?と言う不安はある。

今はななか姫が職業訓練中なので、今受講しているコースを修了する6月までは、妊娠しないようにと注意をしてはいるんだけれど、オイラもななか姫も子供は出来るだけ早い時期に欲しいと思っている。6月を過ぎれば、海軍並みの勤勉さでそっちに励もうとは思っているが、すぐに授からなかった場合、不妊治療が必要になるかもしれない。
しかし、現実問題として、保険適用の無い不妊治療は介護職なんて低収入な職を生業にしている者にとっては、おっそろしくコストの掛かる医療行為なので、それが必要にならない事を祈るだけで、とてもじゃないが貧乏人mizzie&ななか姫には手が出ない。

って思っていたら、高知市には不妊治療に助成金を出すと言う制度が出来上がっていた。タダでさえ県民の殆どが高齢者で、出生数よりも死亡数が多い「人口自然減」な高知県、生みたい。って意思のある二人には無い袖振って援助しよう。って思ってるみたいで、一回20万円、年2回、最高5年間、総額で200万円まで市が助成してくれるみたいだ。

まだこれの利用を申請するには至っていないが、もしそれに頼るような事態になったら、年収230万のオイラには決して安くない住民税を払っているのだから、その分はきっちり取り返させてもらうとしよう。

 

 

今日も、応援クリックを宜しくお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

ついでにこっちにも投票していってね。

|

« 本当にそれでいいの? | トップページ | タマにはバイクの話もしよう。 チョー不公平なレースの世界 編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/17564700

この記事へのトラックバック一覧です: 高知の少子化対策:

« 本当にそれでいいの? | トップページ | タマにはバイクの話もしよう。 チョー不公平なレースの世界 編 »