« Organization | トップページ | ちょっとだけ想像力を働かせてみよう。 »

2008.02.14

ヴァレンタインデー

今年も、ヴァレンタインデーがやってきた。出合ったのが去年のヴァレンタインの直後だったmizzieとななか姫にとって、最初のヴァレンタインだ。去年はホワイトデーにお互いがプレゼントを買って、それを交換し合った二人だけど、今年はキチンとヴァレンタインらしいヴァレンタインを過ごせそうだ。

そうなんだけど、

日本的ヴァレンタインってのは、ホワイトデーでの高価なお返しを前提に、女性が男性にチョコを贈る(人によってはばら撒く)日になっている。軍事的目的で結婚を禁じたローマ皇帝の為に、好き合ってるのに結婚出来なかった可哀相な若者達をこっそり結婚させてて、皇帝に見つかって処刑されちゃった聖ヴァレンチノ(英語読みだとヴァレンタイン)も、まさか自分の行為がそんなモンキービジネスに利用されちゃうとは思わなかっただろう。 

去年のホワイトデーの記事でも書いたけど、僕はこの、商業主義的な虚飾に満ちた、日本のヴァレンタインって奴がイマイチ好きになれない。アメリカにいた頃はヴァレンタインデーってのは、男性から女性に、スイーツと一緒にささやかな贈り物を贈ったりする日になっていた。

よし、今年はこれで行こう。

 

僕:「ねぇねぇななか姫。」

姫:「何?」

僕:今年のヴァレンタインだけどさ、姫は何が欲しい?」

姫:「え?どういう事?」

僕:「ヴァレンタインに姫が僕に何か贈ってさ、僕が姫にホワイトデーにお返し。ってコストの無駄だよ。今年のヴァレンタインはアメリカ式にして、僕から姫に何か贈るからさ、ホワイトデーは何も無し。ってしようと思うんだ。」

姫:「・・・mizzieはそれでいいの?」

僕:「僕が姫からチョコ貰ったとしても、どうせそれを二人で半分こして食べるし、それだったら僕が姫に何か欲しいもの贈る方が、コストをミニマイズ出来るからいいじゃない。ホワイトデーの為に何かを買うなんて無駄だし、姫からの僕への贈り物も、僕から姫への贈り物も、結婚してるんだから同じ財布から出るんだもん。そしたら払わなくて済むコストは極力払わない方向で行こうよ。」

姫:「・・・うんわかった。じゃあ何がいいか考えとくわ。」

 

って事で、mizzie家ではヴァレンタインデーは、夫から妻に(日頃の感謝と愛情を込めて)プレゼントを贈る日となった。(^^)

 

 

今日も、応援クリックを宜しくお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

ついでにこっちにも投票していってね。

|

« Organization | トップページ | ちょっとだけ想像力を働かせてみよう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/40105551

この記事へのトラックバック一覧です: ヴァレンタインデー:

« Organization | トップページ | ちょっとだけ想像力を働かせてみよう。 »