« ヴァレンタインデー | トップページ | 結婚して変ったこと »

2008.02.15

ちょっとだけ想像力を働かせてみよう。

また、沖縄で中学生の女の子がアメリカ軍の2等軍曹(38)に暴行された。
この、海兵隊の軍服を着た鬼畜クソヤンキーは、14歳の女の子を騙して車に乗せ、連れ回したあげくに暴行しようとしたらしい。(コイツは少女の体を触った事は認めているが、レイプに関しては否認している。)

この事件に関して、日本をアメリカに売りたい売国政党自民党総裁で、この国の元首でもある福田総理大臣が、国会でチンプンカンプンな答弁をしている話だとか、在日米兵が日本人に対して起こす犯罪には激甘のアメリカ政府と米軍が、世論を抑える為に反省と謝罪と再発防止に努める姿勢を演じている話とか、アメリカ政府と売国自民党にコントロールされているTVメディアでも流されている話には、ここであえて触れる事はしない。

自民党が沖縄県民の痛みなんかこれっぽっちも理解していない事だとか、アメリカ白人が日本人なんて動物以下の存在としか見て無い事だとか、自民党と在日米軍は米兵が犯罪を起こす度に反省と謝罪と再発防止を誓うけど、1945年の終戦以来、米兵によるレイプや殺人などの凶悪な犯罪が無かった年は一度も無い事なんかにも、ここでは特に触れない。

 

 

沖縄はこれまで本当に、気の遠くなるような数の女性をアメリカ兵によってレイプされてきた。立件されただけでも100件を超えているくらいで、表に出ていないそれまで含めたら、アメリカ兵による沖縄でのレイプは物凄い数になる。日本でアメリカ兵が起こす犯罪はその殆どが沖縄に集中していて、殺人、放火、強盗、強姦、沖縄が本土復帰してからだけでも、その数は立件されている分だけでも600件、レイプなんか125件もある。
自民党はアメリカの世界戦略、その中の東アジアから効率良く・可能な限り沢山の富を搾取する計画に乗って、そのおこぼれを自分達が頂く為に、日本の国土と(自分とは関係の無い)国民をアメリカの為に差し出し、アメリカが中東の石油を確保する為の前線基地として、沖縄をアメリカ軍に献上した。そうやってアメリカの軍事基地を自分達からは遠く離れた場所に押し付けて、基地を置く事に対するアメリカからの見返りは東京で独占するシステムを、押し付けられる側の合意など無しで勝手にアメリカと決めて、沖縄の人達を苦しめ続けて数十年間もそのままにしてきた。

沖縄が置かれている現状は本当に悲惨だ。

例えば、アメリカ兵が交通事故を起こす。でも、奴等はそのまま逃げて基地に戻る。そうなるともう警察には手が出せない。中にはMPに捕まって軍事裁判に掛けられてしまう奴も(たった一人だけど)いるけれど、例えそうなったとしても、その犯した罪からしたら信じられないくらい軽い刑罰を受けて、本国に送還されてうやむやにされてしまう。日本で交通事故を起こして検挙されるのは、兵士の質は世界最低の軍隊であるアメリカ軍兵士にとっては「運が悪い事」、「要領の悪い事」なのだ。そしてそれは、殺人や放火や強盗や強姦の時にも大差が無い。
そんな、『兵器の性能は世界最高、兵士の質は世界最低』のアメリカ軍だが、アメリカ軍の日本領土内にある軍事施設、その75%が沖縄県に集中している。ちなみに日本全土の面積に占める沖縄県の割合はたったの0.6%だ。(沖縄に一体何人の米兵がいるのかは、米軍が公表しないので不明)あの小さな島に、仮に38000人の駐留米兵の内で4分の3がいるとしたら、沖縄における米兵の密度は物凄い事になると思う。
そんな沖縄だけど、沖縄でアメリカ兵が起こす事件ってのはその手口が非常に残酷で冷酷だ。6歳の女の子を誘拐・拉致して基地内でレイプし、殺して捨てた事件とか、有名な所では95年に3人のアメリカ兵が小学生の女の子をレイプした事件とか、他にも、女子中学生、女子高生、そんな、か弱くて抵抗・反抗の出来ない弱い相手ばかり狙って、あの兵士の規律は世界最低の軍隊であるアメリカ軍の兵士達は、沖縄でレイプを繰り返してきた。

沖縄は先の大戦で、東京を守る為の防波堤にされて、市民を巻き込んだ焦土作戦をやらされて、6月末に全島を占領された後は、アメリカ軍の東アジア支配の橋頭堡とされて、それ以来ずっと(そして今も)沖縄県民は本当に酷い目にあってきた。あの兵士の質と規律は世界最低のアメリカ兵は、沖縄でそれこそ気が遠くなるくらいの女性をレイプし続けてきたのだ。そうやってレイプされた女性の中には、父親の目の前でレイプされた人だっているし、夫の目の前でレイプされた人だっているし、恋人の目の前でレイプされた人だっている。

少しだけ想像してみて欲しい。

自分の可愛い娘が、愛しい恋人・妻が、目の前でアメリカ兵にムリヤリ犯されている。自分は別のアメリカ兵に押さえつけられて縛られて身動きも取れなくて、そしてその眼前では娘や恋人や妻が、両足の付け根から血を流しながら、悲痛な叫び声を上げながら汚らしいオス達に犯されている。

もし、ななか姫がそんな目にあったとしたら、僕は(ワシントン)D.C.へ行き、大統領の下に走って行って何の躊躇いも無く腹に抱えた爆弾の信管を引き抜く。

中東では、それなりの数の若者達が反米ゲリラとなって米軍に自爆攻撃を繰り返しているけれど、僕はその思いに共感する事が出来る。米軍の攻撃に巻き込まれて、誤爆で、家族や恋人を殺された人や、恋人や妻や娘をアメリカ兵にレイプされた人達が、テロリストに志願して自爆攻撃をする。

でも、ホンの少しだけ想像力を働かせれば、彼等がそれをする事は理解出来ると思う。

 

地球を一つの生命体と考えたら、アメリカ軍は間違いなくその生命体に宿ったガン細胞だ。そしてそのアメリカ軍に協力する自由民主党も、間違いなくこの世界のとってのガン細胞だ。

僕等は一刻も早く、この悪性新生物をこの地上から取り除かないといけない。

 

 

今日も、応援クリックを宜しくお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

ついでにこっちにも投票していってね。

|

« ヴァレンタインデー | トップページ | 結婚して変ったこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/40100671

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとだけ想像力を働かせてみよう。:

« ヴァレンタインデー | トップページ | 結婚して変ったこと »