« うわっ!! | トップページ | mizzie的漫画考 »

2008.03.11

多言語対応

最近気付いたんだけど、僕の携帯電話は留守電応答メッセージを、自分の声で自作出来るようになっていた。で、機械的な応答メッセージはいまひとつ、いやみっつよっついけてなかったので、早速自作してみた。

僕が作るんだから、もちろん多言語対応だ。しかし応答文をこれに変えてからは、僕の携帯に電話してきた人全員から、「応答メッセージ長くてウザいよ!」とお叱りの声を受ける事となった。僕自身がジャンクな電話に対しての嫌がらせの意味も込めてワザと長い応答文にした、というのもあるんだけど、でも必要最低限の言葉を多言語で言ってるだけで、不必要に空白を作ったり無駄に長い言葉を言ってる訳ではないので、僕はこれでいいと思っている。

伝言を録音しようとして思わずイラつかされた。と言う、My携帯の留守電応答メッセージはこんな感じだ。

「はい、mizzieです。只今電話に出る事が出来ません。発信音の後に、メッセージをどうぞ。」

で、1秒の沈黙の後、

「Hi, this is mizzie speaking. Sorry, I can't answer the phone now. Please leave me your message after the tone.」

と続き、そして1秒の沈黙を置いて、

「Hola! soy de Tom, ahola no puedo contestal el telefono. Porfavor dejame un mensaje despues del tono」

と続き、さらに1秒の沈黙後、

「アンニョンハセヨ!mizzie イムニダ チークンウン チョンハールウ パードースー オプスーニー ビープ フーエー メッセージールウ ナンギョー チョセーヨー」
(ハングルの打ち方が判らないのでカタカナ表記です)

と言う僕の声の後でやっと、「ピー」ってトーン音が鳴るのだ。
4ヶ国語の留守電応答メッセージを作った僕だけど、言ってる言語が違うだけで全て、「はい、mizzieです。只今電話に出る事が出来ません。発信音の後にメッセージをどうぞ。」としか言っていない。無駄に長い応答文なんかでは無いのだから、「長ぇよ!」って怒られるのは筋違いだと思うのだけど、僕は間違っているのだろうか?


これは文中の「mizzie」を自分の名前に変えるだけで、そのまま皆の留守電応答メッセージに応用可能だ。興味のある人は早速やってみよう。

hanaさんあたりはきっと、タイ語の応答文とかを既に作っていそうな気がするのは、僕の考えすぎだろうか?(^^)

 

 

 

今日も、応援クリックを宜しくお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

ついでにこっちにも投票していってね。

|

« うわっ!! | トップページ | mizzie的漫画考 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/40384518

この記事へのトラックバック一覧です: 多言語対応:

« うわっ!! | トップページ | mizzie的漫画考 »