« サンフランシスコの高齢者事情 | トップページ | サンフランシスコ美味しいもの探検団 '08springr ver. »

2008.03.17

Korea and Japan, We're great friends.

(昨日からの続き)
シスコの高齢者福祉施設訪問&見学を終えたオイラ、夕方遅くに一旦、泊めてもらっているTaka君(仮名)の住むアパートに戻る。
この日は、しょこちゃん(仮名)&瑞希くん(仮名)と一緒に、イタリアンのディナーにする予定だったんだけど、しょこちゃん(仮名)が体調が芳しくなく、6時過ぎに電話で相談して、ディナーは明日以降に延期する事に決めた。

(さて、今日の夕食は・・・)

この日僕は、しょこちゃん(仮名)達と夕食にする予定だったので、Taka君(仮名)は職場の仲間達とディナーに出掛けている。手持ちぶさたになって部屋でデジカメのデータをPCに移していたら、Taka君(仮名)のルームメイト、スンファ(仮名)が仕事から帰ってきた。

「Hi, mizzie. what are you doing?」
(やぁmizzie、何やってんだい?)

「I was downlaoding my digital camera's data to my PC. And it's almost done.
(デジカメのデータをPCに落としてたんだ。んで、もう殆ど終わったよ。)

「Do you know where's taka?」
(Takaはどこか知らない?)

「I think, he went to dinner with his coworkers.」
(彼は職場の同僚とディナーに出掛けたと思うよ)

「So, You didn't go with Taka?」
(それでmizzieは一緒には行かなかったの?)

「 Year, actualy, I had a plan to go out dinner with my other friends tonight, but she got sick and the plan canseled.」
(うん。実は今夜は別の友達とディナーに行く予定だったんだけど、その娘が病気になっちゃってそっちはキャンセルさ。)

「I see, so you are here alone.」
(なるほど。それで、mizzieはここに一人でいると。)

「Yes. Sunfa, will you go out dinner?」
(そうさ。スンファ、良かったら夕食一緒にどうだい?)

「OK! I know a good Indian restaurant near here. Let's go and eat it!」
(いいよ。近くにいいインド料理店があるんだ。そこに食べに行こう!)

な~んてやりとりがあって、Taka君のルームメイトのスンファ(仮名)と一緒に、2日目の夜はインド料理のディナーとなった。
僕等が訪れたのは『CHATNEY』とか何とかいう名前の、ダウンタウンにあるインド料理店。人気店らしく平日なのに店内は大賑わいのチョー満員。スンファと僕はチキンカレー、山羊肉のカレー、ライス、サラダ、ナンを注文して席に着く。

Img_1190

'05の僕の帰国直前にも、ココはスンファ(仮名)に連れて来てもらった事があって、どうやらココは彼のお気に入り店の一つ。シスコ暮らしの長いスンファ(仮名)は、シスコジモティーしか知らないようなお店に結構詳しい。
程なくして、僕等は出されたカレーを突付きながら、お互いの近況を語り合った。僕の結婚話とか、彼の仕事の話(彼はシスコでWebデザインの仕事をしている)とか、最近のサンフランシスコ事情とか。

彼の話では、昨今のアメリカは住宅バブル崩壊で、持ち家を手放さざるを得なくなった人が沢山賃貸市場に流れ込んできて、売り手市場になったシスコのアパートはさらに家賃が跳ね上がったとの事で、もうすぐ帰国するTaka君(仮名)が帰った後は、一人では今のアパートの家賃を払い続ける事が難しくなるので、もしかしたらシスコを離れるかもしれない。との事。
日本も家賃は高いから、結婚を契機に家を買う事を決断したオイラの、ローン金額とかを聞きながらスンファ(仮名)、「世界中どこでも、住宅ローン抱える人は似たようなもんだよ。ま、mizzieもその条件なら悪くないんじゃない?」とのお返事。

そんな感じで色んな事についてトークを交わしてたオイラ達、話題は最近日本と韓国が険悪になっちゃってた話になって、僕が「・・・実際、僕達はとても悲しい歴史を持ってる。僕は日本人の一人として、朝鮮人には申し訳ない事をしたと思ってるよ。」と言った時に韓国籍のスンファン、「僕も子供の頃は、大人達から随分と日本人の酷い話は聞かされてきたし、日本人ってのはヒドイ連中なんだ!って思い込んでたよ。だけど、チリで知り合った日本人は(彼は父親の仕事の関係でチリで過ごしていた事があり、韓国で過ごした年月よりもチリ、アメリカで過ごした年月の方が長い)皆、いい奴ばっかりだった。そりゃmizzieが言うように、日本の政府はshitなのかもしれないけど、僕が知り合った日本人は皆、いい奴ばかりだったよ。日本人の事を全部悪いって決め付けるのは、僕には理解出来ない。」との事。僕は個人的に、歴史的には韓国には日本はとても悪い事をしたと思っているし、その事は本当に申し訳ないとも思うけれど、そして一部の日本人が煽るみたいに韓国人が悪い奴ばかりだなんてこれっぽっちも思っていないし、アメリカと言う異国で暮らして、一番話が合うのは韓国人だったので、「韓国と日本って、兄弟みたいなものだよな!」と思っている。歴史の事もあるから日本といえば悪いイメージしか持たない韓国人もいるだろうし、韓国と言うだけで根拠無き優越感に浸る恥かしい日本人もいるけれど、この夜、スンファとかなり深く語り合って、僕は「新しい世代の韓国人は(日本人も)、過去の呪縛から解き放たれている」感をますます強くしたのでした。

いやそりゃね、先の大戦では俺達の先祖は確かに、朝鮮半島ではヒドイ事を沢山したよ。

俺達の先祖が朝鮮半島でやった、ごく少ない良い事を強調して、自己正当化をやってる恥かしい日本人がいる事も知ってるよ。

って常日頃から思ってたオイラは、そーゆーはのうっちゃって、「良い日本人はイイんだ!」って言ってくれる若いKoreanの存在は、それだけで嬉しくなっちゃうのでした。
そうだよな!いい韓国人はいい韓国人だし、いい日本人はいい日本人だもん!国籍なんか関係ないよ。俺達はやっぱり親友だよ!って感じです。

 

美味しいカレーをたらふく食べて、日韓で内容のある充実したトークを繰り広げて、この日はとってもシアワセな気持ちで過ごしたのでした。

シスコ滞在編、まだまだひっぱるからね!

 

 

 

今日も、応援クリックを宜しくお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

ついでにこっちにも投票していってね。

|

« サンフランシスコの高齢者事情 | トップページ | サンフランシスコ美味しいもの探検団 '08springr ver. »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/40408657

この記事へのトラックバック一覧です: Korea and Japan, We're great friends.:

« サンフランシスコの高齢者事情 | トップページ | サンフランシスコ美味しいもの探検団 '08springr ver. »