« mizzieの一日 | トップページ | 子供達は悪くない »

2008.03.22

家計簿をつけてみた

年収238万円なんて言う、貧困線すれすれの低所得者、下流社会構成メンバーであるmizzieなのに、結婚して家まで購入してしまったものだから、日々の暮らしはそれはもう、つましいものだ。少ない収入をやりくりしていかなければならないのだから、節約出来る所はとことん節約しなければならない。

節約生活を送る上で、何をどれだけ切り詰めるのか判断する為にも、今、自分達が一体何にどれだけ使っているのかを、正確に把握しておく事は最低必要条件だ。

と言う事で、mizzie家では2月から、家計簿をつける事にしている。

どんな些細な買い物でも、支出があれば全てレシートを受け取り、\1、¢1に至るまで完全に記録する。そうやって一ヶ月間の支出を全てログし、カード決済分の明細が出た時点で集計してみたら、2月一ヶ月でのmizzie家の支出内訳は、住宅ローンの支払いに\55423、光熱水道費に\29188、食費に\38639、通信費・情報費に\29812、その他諸費用含めて、一ヶ月の総支出額は\251726になった。
(諸費用、雑費が異常に多いのは、僕がリエントリーパーミット関連でサンフランシスコに行ったからと、介護福祉士国家試験が前日試験地入りしたので、その出費が結構な金額だったからです)

総支出額25万弱に対しての収入は、僕の手取り額が16万円弱、姫の失業保険が8万円、その他雑収入が4万ちょい、合計28万とちょっと。
現状では家計はなんとか黒字だが、姫の収入が途絶えたら一気に赤字転落だ。
2月の支出25万の内、8万は臨時的な出費だったのでそれが無ければ支出は17万円代で収まるが、それでもまだまだ赤字、二人で暮らしてこれなので、子供が生まれたらもう今の仕事の収入ではやっていけない。

住宅ローンとユーティリティーでの固定的出費が10万円弱あり、ここを削る事はほぼ不可能。つまり、何もしなくても毎月10万円はゼッタイに必要で、それを払った後の6万円で、食費と雑費と小遣いを賄わなければならない。僕は車に乗らないし、酒もタバコもギャンブルもやらないので、そこら辺の支出はミニマイズされているのだが、それでもなお、経済的にはこんな状態だ。これではとてもじゃないが外食なんて出来ないし、遊興費に使う余裕なんか何処にも見当たらない。

 

家計簿をつけてみて、一つだけはっきりした事がある。

僕のような契約社員待遇の介護職員(日本中に沢山いる)には、結婚して家庭を持つ事は経済的に許されてはいないと言う事だ。
『流動的労働市場の労働商品』である非正規雇用労働者には、遊興費にお金を回すなんてゼイタクは許されないし、ましてや、子供を持とうなんてもってのほかだ。そういう事はエリートだけに許された特権なのだ。

それが、僕等の待遇を決める厚生労働省と、その方針を決めた自由民主党、そして彼等を選んだ日本国民の望んでいる事だ。

僕は、この民主共和政体と言う政治システムが、時々本当にキライになる時がある。 

 

 

 

今日も、応援クリックを宜しくお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

ついでにこっちにも投票していってね。

|

« mizzieの一日 | トップページ | 子供達は悪くない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/40388857

この記事へのトラックバック一覧です: 家計簿をつけてみた:

« mizzieの一日 | トップページ | 子供達は悪くない »