« 米英に中国を非難する資格は無い | トップページ | a flood »

2008.04.24

光市母子殺害事件について考える

光市母子殺害事件の差し戻し審は、大方の予想通り、そして世論の望み通り、被告に死刑が宣告された。

あの死刑囚は、その残虐で冷酷で身勝手な犯行の一部始終といい、逮捕後の態度や発言といい、死刑廃止論者であるこの僕をして、あの被告には極刑しかない。と思わざるを得ないのだが、ニュース速報まで流して事件をヒステリックに煽り立てたメディアには、どうしても違和感を感じるし、それは薄気味悪くもあった。

そこには、まず最初に「死刑ありき」という決め付けと、その刷り込みがあって、事件の背景とか、検察の主張にあった非合理さから来る違和感、とかに言及したメディアは皆無だったのだ。
本来、メディアの役割とは事実を伝える事のはずだ。事実をありのまま伝え、多様な意見や見方を提示して、視聴者に選択肢を提示するのが報道の役割のはずだ。しかし、この事件だけでなく、昨今のメディアはまるで自分達が裁判官であるかのように、善悪の判断をメディアが行う。メディアが決めた悪は、誰が何と言おうと悪で、メディアが善と決めたら、それは絶対に善だ。と、そんな姿勢で報道をしている。

これに僕は強烈な違和感を感じる。

光市母子殺害事件の、あの犯人には死刑以外は考えられない。それは僕も同じ意見だ。死刑なんてもったいない。保険所で殺処分でも十分過ぎるくらいだ。

しかし、メディアが本来語るべき・追及すべき、事件の背景には全く踏み込む事が最後まで無かった。ただ、最近は治安が悪化して、若者による凶悪犯罪が増えている事に対して嘆き、被害者遺族である本村氏を偶像として祭り上げ(彼が望んでいたのはそんな事ではない)、視聴者の危機意識と恐怖心を煽るだけで、判決後は、悪党成敗によるカタルシスだけを追い求めた。
事件の本質や背景には全く触れなかったメディアは、この国の治安が悪化していると言うが、50年前と比較したら日本の殺人事件件数は約3分の1になっている。数値だけを見れば、日本の治安は悪化なんかしていない。ただ、治安悪化を理由に、公安や警察が市民監視と規制強化をやりたがっているだけだ。
若者による凶悪犯罪は増えているのかもしれない。確かに、ホームレスを集団で襲う若者グループとか、高齢者をホームから突き落した若者とか、見知らぬ女性を拉致し、金品を奪って殺した若者グループとか、凶悪で醜悪な犯罪は確かに起きている。しかし、若者による無差別凶悪犯罪は後を絶たないが、これらの事件は「無差別」に見えて、実は全く「無差別」ではないのだ。

これらの「無差別」には、「自分より弱い者を」と言う形容詞節が必ず前に付くのだ。そして僕は、ここに、「自分の利益の為なら、弱者を踏み躙る事は正当化される」と言う、自民党式競争社会の縮図を見るのだ。

自民党から強力に庇護される経団連加盟巨大企業が、その強大な力を使って、非正規雇用の労働者を低賃金でこき使う。ちょっとでも収益が悪化したら、自分達の快楽を維持する為に、躊躇なくその弱者を切り捨てる。役員報酬よりも真っ先に切り捨てられるのは、法で守られていない弱い非正規雇用者達なのだ。
社会保障費が増え続ける。だから、官僚達の無駄使いには一切手を付けず、高齢者、障害者、母子家庭への給付をカットする。生活保護の高齢者加算廃止で、加齢による心身機能低下で働けなくなったじーちゃんばーちゃん達は、極貧生活から生命維持だけの生活に突き落とされた。障害者自立支援法で、授産施設から追い出された障害者が一体何人、その命を絶っただろう?そこにあるのは、強者が自分の快楽の為に、「自分より弱い者を」無差別に切りつける醜悪な姿だ。

国のトップが、「自分より弱い者」を、無差別に攻撃しているのだ。
国全体が、「弱い者イジメ」を肯定しているのだ。

国が率先して弱者を無差別に襲っているのだ。若者達が無差別に女性や高齢者やホームレスを襲うのは、単に政府自民党の真似をしているに過ぎないのだ。

ホームレスを襲った、健康な若者達を咎めて、「強者である俺達が弱者であるホームレスを襲うのはダメで、強者である雇用主が弱者の非正規社員をイジめるのはいいのかよ?それとこれのどこがどう違うんだよ?」って言われたら、一体どう説明すればいいのだろう?見知らぬ女性を拉致して、抵抗したから殺して捨てた若者達と、自分達にとって迷惑な米軍艦載機部隊を岩国に押しつけて、岩国が「いりません」と言ったら国庫補助を打ち切った自民党とは、どこがどう違うのだろう?

犯罪に走る若い連中は、今のこの社会を投影しているのだ。社会が、国が、政治が狂っているのに、若い連中が狂わない方がおかしいのかもしれない。

 

光市母子殺害事件の犯人は、死刑以外あり得なかっただろう。

しかし、メディアの中で、その背景や狂った社会に言及した者は誰一人としていなかった。悪いのはあの元少年唯一人で、報道側も体制側も、全ては善。という視点で報道合戦が繰り広げられていた。圧倒的悪と圧倒的善があって、悪が悪に堕ちる背景とかには全く触れてはくれなかった。(それを”視聴者”と言う名の世論が望んでいたのも事実なのだが・・・)

そうしてこの国はまた確実に、少しだけ暮し難くなった。

 

 

 

今日も、応援クリックを宜しくお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

ついでにこっちにも投票していってね。

|

« 米英に中国を非難する資格は無い | トップページ | a flood »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/40974778

この記事へのトラックバック一覧です: 光市母子殺害事件について考える:

« 米英に中国を非難する資格は無い | トップページ | a flood »