« Imaginaly mizzie | トップページ | 姫には感謝されてるけど・・・ »

2008.05.23

Mizzie's Cafe お好み焼き編

姫が試験対策勉強期間中なので、夕食は最近は殆ど、僕が作っている。

で、こないだ冷蔵庫の中身を整理していたら、キャベツが大量に出てきた。冷蔵庫に入れてる。なんて言ったって、野菜だって生モノだからなるべくなら早く食べたい。しかし、そんなにも大量のキャベツを使った料理なんて、すぐには思い浮かばない。野菜炒めだってこれの半分もあれば十分だし、余ってるのはキャベツだけなので新たに肉とかニンジンとか玉ねぎとか買うのもめんどくさい。

僕:「って事で、今日の夕食はお好み焼きです。」

姫:「でも長芋とか天かすとか無いよ。」

僕:「僕も現金が無いから郵便局行かなきゃなんないからさ、帰りにエースワ○(郵便局から徒歩2分)に寄って、材料とか買って来ようよ。」

って事で、その郵便局のそばにある廉価スーパーマーケットで、必要物品を補充したmizzie & ななか姫、帰宅して早速調理に取りかかった。

1)まず、小麦粉と卵をよくかき混ぜる。本場の大阪風お好み焼きには、水は一切使わないんだそうで、さらに長芋がメインで小麦粉だってつなぎ程度にしか入れないらしく、その、作る量から考えたら少なすぎるんじゃないのか?って位の量(一人分が約80g)の小麦粉を、卵2個とよくかき混ぜる。

2)かき混ぜた小麦粉に、すりおろした長芋を加えてよく混ぜる。長芋の分量は、だいたい5分の1本くらい。重さにして100gちょい。隠し味として、粉末ダシの素とマヨネーズ、醤油を少々加えておく。

3)2)で出来た種に、刻んだキャベツを加えてよくかき混ぜる。とにかく、混ぜて混ぜて混ぜまくる。ひたすら混ぜ続けてるので手首が痛くなってくるくらいだ。

4)キャベツと種が十分になじんだら、スライスしたイカと天かすを加えてまたよくかき混ぜる。

5)十分に熱したフライパンに油を引き、それに4)で出来た具を載せて焼く。コツは、薄く伸ばしすぎない事。

6)時々様子を見ながら、表面に焦げ目がついた辺りでフライパン返しを使って「エイヤッ!!」って一気にひっくり返す。コツは躊躇しない事。

7)両面に焼き色が付くくらいにこんがり焼けたら、皿に取って「お好みソース」と「マヨネーズ」を付ける。好みに応じて節粉とか青のりとか紅生姜とか乗せて食べるとさらに美味しい♪

 

こうして出来た、mizzie作お好み焼き、姫は「美味しい美味しい♪」って嬉しそうに食べてくれました。ネットで「お好み焼き 作り方」でググってヒットしたサイトにあったレシピを参考にして作って、そしてそれは中々の高評価を得たので、手順と方法が正しければ、料理は誰が作ってもソコソコのものは出来る。と言うシンプルな事実を確認した、そんなキッチンでの出来事なのでした。

おまけ

今回のお好み焼き、材料費は一人分の単科が全て込みで\210で出来ているので、普段自分達がしている外食が、如何に不経済な事かを、身を持って知る事が出来た。

 

 

 

今日も、応援クリックを宜しくお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

ついでにこっちにも投票していってね。

|

« Imaginaly mizzie | トップページ | 姫には感謝されてるけど・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/41249800

この記事へのトラックバック一覧です: Mizzie's Cafe お好み焼き編:

» 「お好み焼き」と「ソース」 [お好み焼き 関西風と広島風]
お好みの味はソースで決まるといってもよく、トロっとした粘度とツヤ、甘みと辛味、ジュジュッとした音とともに食欲をそそるソースの香り・・程良くマッチしたお好みソースの味は忘れられません。さらにお好み焼き専門店では工夫を凝らし、マヨネーズを加えたりウスターソース、とんかつソース、辛口のどろソースなど各種のソースをブレンドして独自の味を作り出し、まさにその店ならではともいえるお好みの味... [続きを読む]

受信: 2008.06.06 03:50

« Imaginaly mizzie | トップページ | 姫には感謝されてるけど・・・ »