« 石油高騰について | トップページ | 屈辱 »

2008.05.17

イージス艦がやってくる

来週の21日から26日までの6日間、高知県の西の端にある宿毛と言う町に、米海軍のイージス駆逐艦がやってくる。

寄港の目的は、兵士の休養と親善と、たぶん補給だ。

先の大戦中までは、良港でもある宿毛には頻繁に軍艦が寄港していた。戦艦だって来てたくらいだ。で、その宿毛港には昨年も、米海軍のイージス駆逐艦・ラッセルが寄港していた宿毛港だが、今年もまた、イージス艦が寄港を打診してきた。昨年の寄港では、高知県の前知事だった橋本大二郎氏が、高知の港湾は全て非核港湾課する事を公約に掲げてもいたので、アメリカ大使館を通じて、核弾頭搭載の有無を問い合わせた後に、しぶしぶ寄港を受け入れたと言う経緯があった。

今回の寄港に関しては、寄港を許可した宿毛市長は「米軍側からの事前協議が無い以上、核は不搭載」と言う国の見解を踏襲したとの事なので、イージス艦が核弾頭を積んでいるかいないのかは、軍事機密を理由に教えてもらえなかったか、確認する事をしなかったかのどちらかだろう。そして核を不搭載であると判断した以上、寄港を拒否する法的根拠が無いので、寄港を認めない訳にはいかなかった。と言うのもある。

また、高知県の西端に位置し、漁業以外に大した産業が無く、不景気にあえぐ宿毛市にとって、イージス艦寄港で生み出される経済効果は捨て難い。と言う切実な事情もあったと思われる。米兵の犯罪さえなければ、それなりの経済効果をもたらす米軍艦船の寄港は、市経済にとって有難いのだ。

 

「アメリカ軍なんかいらない!アメリカ軍なんか出て行け!」

と言う意見には、確かに一理あるし筋が通ってもいる。人殺しの集団なんかには、平和な田舎町には来て欲しくなんかないのだ。世界中の駐留地で、現地の女の子達をレイプしまくっている、兵士の質が世界最低の軍隊であるアメリカ軍なんか、迷惑な鼻つまみ者以外の何物でもないのだ。僕だってもちろん、出来る事なら我が高知には、アメリカ軍には立ち入って欲しくなんかない。

しかし現実問題として、アメリカ軍の艦艇は高知と徳島に寄港を要請している。僕等が拒否しても、どこか別の港に行くだけで、彼等は必ず日本のどこか、軍港では無い民間港湾に寄港するだろう。

沖縄や岩国で女の子をレイプしたり、物を壊したり事故を起こして逃げたり、万引きや窃盗を起こしたり傷害事件を起こしたりしてるアメリカ兵だけど、アメリカ兵全員が極悪非道な軍服を着た悪魔。って訳じゃあない。僕がシスコで暮らしていた頃に仲良くなってた親日家のおっちゃんは、三沢に駐留していた事もある退役軍人さんだったし、全てのアメリカ軍人が悪人。って訳ではないのだ。いいアメリカ兵だっているし、クソみたいなアメリカ兵だっている。それはきっと世界中どこの国だって一緒だ。組織は最低だけど、そこに属している個人まで皆最低って訳では無いのだ。

そしてアメリカ兵だって人間なんだから、せっかく親善目的で寄港してくれるんだから、出来る事ならそれなりのもてなしをしてあげたい。だいたいからして、僕等はもてなし好きの高知県民なんだ。いいアメリカ兵にはそれなりの歓待をしてあげたいとも思う。

しかしながら、こっちがそれなりの歓待をするにしても、ここだけは譲れない。って思うトコがある。

いいアメリカ兵はもてなしてあげたい高知県民のオイラだが、悪いアメリカ兵が悪い事が出来ないように規制はしっかりかけたいのだ。そのために必要最低条件なのが、『日米地位協定の改定』だ。

これが、日米地位協定があるから、日本国内で犯罪を犯した米兵を、日本の法律で裁く事も、日本で裁判にかける事も、日本の警察が尋問する事すら出来ないのだ。そしてこれがあるから、悪いアメリカ兵は日本で散々悪事を働いておいて、基地に逃げかえってアメリカに逃げちゃうのだ。僕等の法で尋問して、僕等の裁判で裁く事が出来ないのだ。

どんなに悪い事をしても基地に逃げれば全部無かった事に出来るから、悪いアメリカ兵は平気で日本の女の子をレイプ出来るのだ。事故を起こしても平気で逃げる事が出来るのだ。

でもこれが、日本国内で犯罪を犯せば日本の警察に逮捕・収監されて、日本の法律で尋問されて、日本の司法で裁かれるとなったら、悪事を働くブレーキにはなるだろう。逃げられて僕等が悔しい思いをする事もなくなるだろう。

それが出来ないから、今の法律ではアメリカ兵は悪事を働いても逃げ得だから、僕等は彼等を心から歓待する事が出来ない。

あの世界一幸福な国で兵隊になろうなんて若者は、1,000,000人中999,999人位は、貧乏な家庭に生まれた子供達だ。
あのイージス艦に乗ってる士官ではない若いアメリカ軍水兵だって、僕等と同じ、この独占資本主義の被害者なんだ。

長い船旅で疲れてるであろう彼等を、出来る事なら僕達だって暖かく受け入れてあげたい。

彼等が悪い事を何にもしない・出来ないのならね。

 

 

 

今日も、応援クリックを宜しくお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

ついでにこっちにも投票していってね。

|

« 石油高騰について | トップページ | 屈辱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/41211023

この記事へのトラックバック一覧です: イージス艦がやってくる:

« 石油高騰について | トップページ | 屈辱 »