« イージス艦がやってくる | トップページ | KYで悪いか! »

2008.05.18

屈辱

「ふぅ、今日も無事に切り抜けたな・・・。」

夜勤を終え、エプロンを脱いで帰り仕度をしていた僕は、ストレージの背中合わせになる位置にある個室に目をやった。

(ありゃ?Ψさん何やってんだ??)

視線の先では、先週入所してきたばかりのΨさんが、洗面台の横で車イスに座ったまま放置されていた。軽度の認知症を患っているが、それ以外には特に持病も無く、下肢筋力低下が見られる程度で身体機能は良好なので、プランでは、朝食後は口腔ケアを済ませ、オムツ交換をした後に、リハビリ送迎時間が来るまで、詰所で待機。となっている。

プランではそうなっているΨさん、でもその日は、詰所には来ずに、自室内で放置状態になっていた。恐らく、朝食に時間が掛かってしまったので口腔ケアを済ませた所で、職員は一旦その場を離れ、より優先度の高い業務に掛ったのだろう。

(どりゃ、ちょっとサービス残業でもして行くか・・・)

軽い気持ちで僕は個室に入室し、車イスに座ったままだったΨさんが口腔ケアを済ませている事を確認。本人の了解を得てベッドに寝かせ、オムツ交換に掛かろうとした。Ψさん、その時突然、

「あんたは誰ぞね!何をしゆうかね!!」

叫び声を上げ、オムツ交換に掛かろうとした僕の腕を払いのけた。

「どうしました?オムツ交換ですけど?」

「いらんちや!触らんといて!!」

Ψさん、払いのけた僕の腕に噛みついた。

入所直後はおとなしかったΨさんだが、数日前から、不穏や他傷行為が報告されてはいた。食事時も食堂で臨席のPさん(おとなしく、陽気で気さくなばーちゃん)を殴ったりしていたらしく、その為に食堂の席が他傷行為の出来ない相手の隣に移されてもいた。

そのΨさんだが、口腔ケア終了確認、ベッド臥床までは何も問題が無かったのに、オムツ交換に掛かろうとした途端、突然不穏と他傷が現れ、そしてこちらからの行為は全く受け付けなくなってしまった。

スケジュールされた、リハビリ送迎時間は迫っている。そして外観から推測する限りでは、Ψさんのオムツは失禁した尿でパンパンになっている。Ψさんの排泄パターンから考えても、このままいけばリハビリ終了前にパットが尿で溢れてリハビリ続行不可になるのは目に見えている。しかしこちらからの介護も処置も全く受け付けなくなっただけでなく、不穏・暴力はエスカレートする一方だ。

(仕方が無い、後は日勤さんに任せよう)

自分にはハンドル出来なくなって、僕は一旦部屋を出た。

部屋を出て詰所に向って歩き出した僕の背後から、ベテラン介護士さんの叱責が飛んでくる。

「mizzieさん、Ψさんほったらかしにしてどこ行くつもり!?」

「Ψさん、不穏になっちゃってもう僕ではどうにも出来なくなっちゃったんですよ。一旦離れて時間を開けて、それから日勤さんにオムツ交換とリハビリ送迎お願いしようと思って、」

「アナタ介護福祉士取ったんでしょう?プロでしょう?どうにも出来ない。なんて尻尾まいてちゃダメじゃない!!」

そう言ってベテランさん、Ψさんの部屋に入って行って不穏だったΨさんをなだめすかしつつささっとオムツ交換を済ませ、「不穏出ちゃった人にはこう対処するのよ。仕上げはmizzieさんやりなさい。」と言って、自分の業務に戻って行った。仙骨部がじょく創になり掛けていて、臥床時は側臥位にする事が決められているΨさんなので、僕はΨさんを即臥位にする為に、またΨさんの部屋に戻った。

「Ψさん、ちょっと横向いて頂けますか?」

ベッドサイドに片膝を付いて、そうやって話し掛けた僕に対してΨさん、

「何をしゆうぞね!娘を呼んで!!」

マイったよ・・・また不穏になってるよ・・・。

「Ψさん、お腰に傷が出来ちゅうきねぇ、横向いちょかないかんがやき。ちょっと廊下の方向いて。」

「あたしに触りなさんな!えい加減にせんと人を呼ぶぞね!!」

「寝る時は背中にクッションを当てないかん。って先生から言われたでしょう?我がまま言わんとちょっと横になって下さい。」

言いながら、僕はΨさんの背中にクッションを当てて仙骨部を浮かせ、布団を掛けて部屋を出た。30分のサービス残業になったが、とりあえず業務は終えたのでほっと胸をなでおろしつつ、僕は詰所に戻って手を洗い帰り支度をする。そして帰ろうとしたその時、別の介護福祉士さんから呼び止められた。

「Ψさん寝かせたのmizzieくん?」

「そうですけど。」

「「Ψさん、臥床中は即臥位ってカンファで決まったでしょう?」

「ええ。僕背中にクッション当てて右即臥位にしましたけど。Ψさん、右側禁じゃなかったですよね?」

「いいからちょっと来て。」

で、僕はまたもや、Ψさんの病室に行った。そこでは、Ψさんが僕が背中に差し込んだクッションをベッド隅に押しやって、仰臥位で寝ていた。僕は事情を説明したが、現場を見ていない介護福祉士さんは一切取り合ってくれず、そしてΨさん、その介護福祉士さんの言葉には素直に従い、背中にクッションを当てて右側臥位を取り、布団を被って寝てしまった。

「mizzieくんのやり方が悪いから、クッション入れても外しちゃうの。もういいからあんたはさっさと帰りなさい。」

言われて、僕はその場を離れた。

 

屈辱だった。

自分で言うのも何だが、僕は、言語でコミュニケーションが取れる相手には、そして特におばあちゃんには、はっきり言って人気者だ。「○×さんがそんな事を言うの見た事ない。」なんてベテランさんが言うくらい、僕には気さくに接してくれる患者さんも結構いる。他の職員のケアには文句たらたらのばーちゃんが、僕のケアには笑顔で応じてくれるのも珍しくも何ともない。僕と、もう一人の職員にしか反応しないばーちゃんだっているくらいだ。それは決して優秀な、或いは効率的な仕事では無いが、常に全力で仕事に掛かる僕は、患者さんからはそれなりに好意的に受け止められている。

しかし、このΨさんは、僕のケアだけを拒否するのだ。ケアどころか、僕が関わる全てに対して拒否か暴力で応じるのだ。へなちょこ介護職員なオイラだけど、「じーちゃんばーちゃんのハートはがっちりだぜいっ!(^^)v」ってやってた僕にとって、それは「自分に酔うな!」と言う警句になると同時に、自分の介護感を撃沈してしまうくらいに、僕を激しく落ち込ませてくれた。

「ある特定の職員だけ受け付けない」と言うケースの、「ある特定の職員」になってしまう僕には、やはりこの業界は向いていないと言う事なのだろうか・・・?

 

 

 

今日も、応援クリックを宜しくお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

ついでにこっちにも投票していってね。

|

« イージス艦がやってくる | トップページ | KYで悪いか! »

コメント

この記事を拝見して、この利用者さんがmizzieさんを受け入れはらない理由が、私には分かりました・・・mizzieさんも、うすうすそうじゃないかと気づいているとは思いますが・・・。
利用者さんのためを思って仕事をする、ということが、時として介護者のエゴになっている場合が多々あるのです。利用者さんのなかには、そのあたりのことに非常に敏感に反応され、抵抗をされる方もおられます。
「この業界、向いてない」と思った瞬間から、業界のほうがそっぽをむいていきます。心に余裕をもって頑張ってください。

投稿: hana | 2008.05.18 22:59

hanaさん>
僕は自分でも気付かない内に、自分の仕事に酔っていたみたいで、恐らく、Ψさんは僕のそのあたりを敏感に感じ取られていたのでは?とも思えます。またこの方は男性職員には拒否と暴力で応じるようで、もう一人の男性職員も僕と同じ対応をされていました。

この件で打ちのめされて落ち込んでいた僕ですけど、僕の事をとても気に入って下さっている別の利用者さんにそれは判った様で、その方から励まされたりもしてて、へなちょこ介護職員なのは進歩無しですけれど、落ち込んだりもするけれど、僕は元気です(^^)

今回の件では、自分の仕事に酔ってしまったり、メンタル的にテンパってる時は、人間を相手にした仕事では特に、いい仕事は出来ない。と言う事を知る事が出来て、いい経験になりました。

投稿: mizzie | 2008.05.18 23:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/41111110

この記事へのトラックバック一覧です: 屈辱:

» WE導入が合法化されてもうちの会社は採用しないらしい。 [残業「0」はイヤずら]
102 101 2007/01/26(金) 06:24:51 WE導入が合法化されてもうちの会社は採用しないらしい。 社長曰わく鐔■廝鼎鮖箸┐仗遊鑒颪魄貉鮄Ľ砲詫泙┐特惨詎龍叛咾肋紊❹襪ǂ發靴譴覆い❶⊊拘踣Ľ帽佑┐襪伐疣ǂ砲茲襯好肇譽垢ⅷ卞發北� 延して全社員の全ての能力が低下し、会社が徐々に機能しなくなるからWE導入はしない。社員一人一人が気持ちよく仕事が出来る環境を整備するのが大原則鐔� このおっさんすげーと心の中で思った。... [続きを読む]

受信: 2008.05.21 06:07

« イージス艦がやってくる | トップページ | KYで悪いか! »