« 労働力調査がやってきた | トップページ | 社会保険事務講習会に行ってきた »

2008.06.24

”骨太の方針”の嘘

『ウェディング・フォト・コンテスト』、5位になったと思ったら10位に急降下してました。
って事で、皆さんの応援クリックをお願いします。
投票はhttp://season.nifty.com/cs/summer0805photo/detail/080523024168/1.htm
で出来ます。一人何回でも投票出来るから、
どんどん応援してね!

って事で、↓から今日のエントリーです。

 

 

ニュースで、自民党議員達が会合を開き、財政全般に渡って最大限の削減をする。と言う”骨太の方針”による、社会保障費と公共事業の削減が昨夏の参院選での自民党敗北を招いたとする見解をまとめ、これ以上の社会保障費の削減は難しいので、骨太の方針を緩和するか転換するかしよう。と言う意見が相次いだ。って言うニュースをやっていた。

財政全般に渡って最大限の削減を行い、危機的なまでに悪化した国家財政事情を改善させよう。と言う錦の御旗を掲げて登場した”骨太の方針”だが、小泉政権が生み出したそれは、”財政全般に渡って最大限の削減”と言っておきながら、実際に削減したのは医療・福祉・教育と言った社会保障関連予算、文教予算と、地方インフラ整備としての公共事業予算ばっかりで、そうやって痛みを地方と弱者に押し付けておきながら、大企業には減税と規制緩和の連発。超金持ちと都市生活者だけが潤った最低の経済政策だったのだが、社会保障費をこれ以上削減すると次の選挙で間違いなく自民党は負けるので、危機感を感じた自民党議員達が、国民向けの甘言として、骨太の方針を転換させよう。って打ち出して来たようだ。

財政全てに渡って最大限の削減。と言っておきながら、防衛費とか米軍駐留負担経費とか、米軍への「思いやり予算」には全く手を付けなかった自民党。
予算の無駄使いを徹底的に見直す。と言っておきながら、官僚の無駄使いとか、天下り役人の温床である公益法人には一切手を付けなかった自民党。
サラリーマンの総所得はこの10年で数兆円も減少したのに、巨大企業の収益は数兆円も増額させて、そこからは1円も取らないクセに、「もう増税なしには社会保障は維持出来ない」と言って、消費税増税に合意を取り付けようとする自民党。

骨太の方針。地方出身の中・低所得者である僕達にとってそれは、骨太の棍棒でぶん殴られているようなものだ。

しかしながら、

自民党にそれをさせているのは、2005年の解散総選挙で自民党に投票した全ての日本人と、選挙になんか行かなかった全ての日本人だ。
つまりこれは、自業自得。以外の何物でも無いのだ。

 

 

今日も、応援クリックを宜しくお願いします。

人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

ついでにこっちにも投票していってね。

|

« 労働力調査がやってきた | トップページ | 社会保険事務講習会に行ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/41633382

この記事へのトラックバック一覧です: ”骨太の方針”の嘘:

« 労働力調査がやってきた | トップページ | 社会保険事務講習会に行ってきた »