« 誤解 オイラそこまで貧乏ではない | トップページ | 人は死ぬ »

2008.06.15

情報源は複数持て!

過去記事に書いた『ウェディング・フォトコンテスト』、今、どこかの誰かと熾烈な4位争いを展開中。
って事で、ココに行って、オイラの写真に投票して欲しい。

セコいのかもしれないけれど、

お願いしま~すm(__)m

んじゃ、こっからが今日のエントリーでっす!

料理の味付けが塩っ辛いと、ななか姫から痛烈に非難されたmizzie。成人一人辺りの一日当たりの食塩摂取量理想値とか、食品ごとの食塩含有量とかをネットで調べてみた。
結果は、カップ麺の食塩含有量が凄くて、平均値でも一個当たり6.9gもあって、その数値には驚いた。

何でもかんでも醤油かけて食べちゃうオイラ、ななか姫にしょっちゅう、「mizzie、高血圧で死にたいの?脳梗塞で要介護になっちゃった人の悲惨な姿、毎日見てるんでしょう?あんな風になりたいの?」
何て言われてて、意識的に減塩を心掛けてはいるんだけれど、薄味に慣れてるななか姫に言わせると「まだまだ塩辛すぎ」なんだそうで、「醤油の量控えなさい!」てしょっちゅう言われてる。

「薄味過ぎると味気なくって食べらんないよ。」には、「ダシとか酸味で代替させればいいじゃない。」との答え。

でもでもでもでも、

濃口醤油の食塩量は約16%。減塩醤油だと9%。対するダシの素等の粉末ダシやコンソメ等の固形スープ。食塩量は何と40%!!塩気の代替に酸味は使えても、ダシ等では逆効果になるって事が、ネットからの情報で判った。

さらに、

減塩を強く勧める姫だけど、塩分摂取量が少なすぎると、ナトリウム不足による倦怠感や無気力、その他幾つかの体調不良の原因となってしまう。発汗量の多い夏場や、運動量の多い仕事をしている人は、一日10gと言う推薦値では少なすぎる可能性もあるのだ。塩分は多すぎると害だが、少なすぎても害になる。

そして、

あるサイトで目にしたのだが、どこかアメリカの大学の研究で、高血圧と塩分摂取量に相関性は無い。と言う結果が出てもいるらしい。それによると、高血圧の人が塩分摂取量を減らしても、期待されるほどの降圧効果が無かったらしく、継続して調査を続けていると、「食塩摂取量は、一日25g以下なら良い」と主張している所まで出てきた。

それらを見ている限りでは、減塩を心掛けて、味気ない食事で我慢しているのは全くの無駄と言う事になる。塩辛いもの好きには朗報だ。

 

 

Hey!! wait a minute!!

世界中の保健機関や厚生省が、口を酸っぱくして「塩分摂取量を減らせろ!」って何十年もアナウンスし続けてきていたのに、イキナリそれと正反対の事が主張されているのはおかしい。それでなくても情報は玉石混交のインターネットなのだ。もっと幅広く調べてみるべきだ。キチンと情報の裏を取るべきだ。

って事で、検索ワードを変えてさらに情報を収集してみた。すると、、、

アメリカでは、ホンの最近まで「成人の一日当たり食塩摂取量は5gまで」って言ってて、さらに別の機関の調べでは、「食品中に含まれるナトリウムだけで、必要摂取量は満たされるから、食塩の摂取量は500mg(0.5g)で十分だ。」ってのや、旧西ドイツじゃ政府が推奨する、食塩の一日当たり摂取量は大人でも2~3gだったとか、チョー減塩生活の薦め。的な事書いてる記事ばかりに行き当たった。

どっちの意見が正しいのか、僕には判らない。
判らないんだけど、塩分に関しては「多すぎるのはもちろんダメだけど、少なすぎてもいけないみたいだ。」って事らしい。アメリカが80年代後半に言ってた、一日500mg以下ってのは僕にとって、味覚的には受け入れ難い数値なのだが、WHOも一日5g以下を推奨しており、これだとカップ麺一個で既に推薦値オーバーだ。

結婚する時に、「姫よりも長生きして、姫が老後に寂しい思いをしなくて済むようにする。」って約束したmizzie、

もうちょっと塩分を減らせる必要があるみたいです。(しょぼ~ん・・・)

 

 

 

「やっぱり塩分取り過ぎは良くないわよね。」って思ったら、
↓に応援クリックを宜しくお願いします。


人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

ついでにこっちにも投票していってね。

|

« 誤解 オイラそこまで貧乏ではない | トップページ | 人は死ぬ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/41386110

この記事へのトラックバック一覧です: 情報源は複数持て!:

« 誤解 オイラそこまで貧乏ではない | トップページ | 人は死ぬ »