« アメリカが五輪に関心を持たない訳 | トップページ | 変わる食習慣 »

2008.08.28

悪いのは全部自民党だ。

アフガンで拉致された伊藤さん、遺体で発見=州知事

 

あの、ペシャワール会の職員で、アフガニスタン市民の為に身を粉にして働いていた日本人、伊藤和也さんが、現地の武装勢力に誘拐されて殺された。

米軍がその兵力の大部分をイラクに移しちゃった後もアフガンでは、外国人はしょっちゅう誘拐されて殺されているので、これが普通のNGO職員誘拐・殺害のニュースだったなら、僕は特に気にとめる事も無く、スルーしちゃっただろう。だけど、今回殺された伊藤さんが属していた団体は、あのペシャワール会なのだ。アフガン入りした欧米のNGOやらボランティア団体やらは、現地人の事なんか無視か見下すかして、自分達の価値観を押し付けた自慰的援助しかしないから、奴等はしょっちゅう誘拐されて殺されているんだけれど、現地人と現地の文化や風習をリスペクトして、現地に溶け込み現地に根付いた活動を展開してきたペシャワール会だけは、アフガンでは一度として現地の武装勢力から襲われる事が無かった。

それは、ペシャワール会が本当に現地の人達の事を思った活動を展開していたからで、医療支援の団体なのに井戸を掘ったり灌漑用水を作ったり、そうやって砂漠を緑に変えて難民化していたアフガニスタンの市民を帰還させたりして、本当に現地の人たちにとって必要な事、それも一番求められている事だけをやっていた日本人の団体だったからだ。現地の盗賊とか武装勢力から襲われそうになった時、現地人が守ったりかばったりしてきたのがペシャワール会なのだ。
金の為でも名誉の為でも無く、ただ、現地の人達を助けたい。と言うモチベーションで、世界中の誰にも判るやり方で、言葉で、日本人の勇気と誇りを中央アジアの人達に示した、ペシャワール会の中村哲氏の事は、僕は個人的には水泳の北島よりもサッカーの中田よりも野球のイチローよりも、一人の人間として尊敬しているし、もっともっと賞賛されていいと思っている。

その、現地の人達の為に、現地の人達にとって最も必要な事を支援していたペシャワール会なのに、今回、そこで働く伊藤氏は殺されてしまった。
僕は、今回の事件は、自民党の対外政策が招いた人災だと思っている。

自民党がアメリカのテロ戦争を支持したりしなければ、

自民党がアメリカ軍への給油活動を継続したりしなければ、

自民党が自衛隊を米軍支援に派遣したりしなければ、

アフガニスタンの武装勢力が日本を敵国とカテゴライズする事は無かったのだ。
地道なゲリラ戦でやっとソ連軍を追いだして、さぁ、これから!って時に、アメリカがイキナリ言いがかりをつけてきて、何ヶ月間もジェット戦闘機と爆撃機を使って国土全体に爆弾をばら撒いて、その後は地上軍が入って来て自分達に自動小銃を突き付けて「民主化しろ!」なんて言って、アメリカの為にしか働かない傀儡政権を作って、アフガニスタンの人達からしてみたら、アメリカに国を乗っ取られてしまったようなものだ。
もっとも、建国前から他人の土地へ銃片手に土足で踏み込み、現地人を殺してその土地と財産を奪い続けてきたアメリカ人にしてみたら、強いアメリカ人が弱い人達を殺してそいつらの土地と財産を奪っちゃうなんて、ごくありふれた日常的な事なのかもしれないけれど、殺され奪われるアフガニスタンからしてみたらたまったものではない。だからアフガンはアメリカ軍の主力が去った今も銃火が絶えないんだけど、今、アフガニスタンの地元武装勢力のやっている事は、アメリカのメディアにとってはテロ活動なのかもしれないけれど、僕の目から見たそれは独立を闘うゲリラ戦、パルチザンの独立闘争にも見える。

話が少しズレた。元に戻そう。

その、独立の為に闘うゲリラ兵士達は、アメリカに味方する全ての国は敵だと言っている。つまり、自民党が決めた、「アメリカ軍と行動を共にし、その活動を後方から支援する」日本と言う国は、アフガニスタンのゲリラ戦士にとっては敵国なのだ。つまり、自民党がアメリカの後を下僕の様につき従うから、アメリカの要請は善悪の判断も無く全て「Yes! I do!!」って従い続けるから、アフガニスタンで地位も名誉もかなぐり捨てて、現地の為に働くペシャワール会の様な、日本人の勇気と誇りを世界に示す人達が、誘拐されたり殺されたりするのだ。

自民党がブッシュのテロ戦争を支持したりしなければ、伊藤さんが殺されるなんて事は無かっただろう。

自民党がテロ特措法なんて作ってアメリカ軍を支援したりしなければ、伊藤さんが誘拐されるなんて事は無かっただろう。

自民党がテロ特措法を延長なんかしなければ、伊藤さんがタリバンの襲撃を受けるなんて事は無かっただろう。

この事件が起こる前、テロ特措法延長を自民党が強行採決・可決させる直前に帰国していた中村哲氏は雑誌のインタビューで、「これで僕等の仕事がやり難くなる。」的な事を言っていて、アフガンに戻る直前、「特措法延長が通過したら、(現地勢力に殺されるかもしれないので)次は生きて帰る事が出来ないかもしれません。」と語って、アフガニスタンへと戻って行った。

テロ特措法が延長されて、日本は米軍を後方から支援する、アフガニスタンにとっての敵国となった。そしてアフガンの武装勢力は敵国人である伊藤さんを殺して捨てた。

伊藤さんは間違いなく、自民党によって殺されたのだ。その責任はあんないい加減な法を作った自民党と、奴等を政権に送り込んだ、自民党候補に投票した全ての日本人と、選挙になんか行かなかった全ての日本人にある。

 

 

 

今日も、応援クリックを宜しくお願いします。

人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

ついでにこっちにも投票していってね。

|

« アメリカが五輪に関心を持たない訳 | トップページ | 変わる食習慣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/42293018

この記事へのトラックバック一覧です: 悪いのは全部自民党だ。:

« アメリカが五輪に関心を持たない訳 | トップページ | 変わる食習慣 »