« カウントダウン  感想戦 | トップページ | 高知市納涼花火大会 »

2008.08.12

よさこい祭り

僕の実家は、『よさこい鳴子踊り』の競演場から直線距離で約300mの位置にある。毎年、よさこい祭り期間中は、鈴鹿サーキットのパドックが静寂に感じるくらいの暴音・爆音で、ヘタな野外ライブ会場よりも高い音圧が、我が家の窓や壁をを震わせる。

夜勤明けとよさこい祭りが重なったりなんかした日にゃあ、それはもう、

 

お前らうるさいんじゃあああああ!!

わしゃ夜勤明けながやき!

わしを寝らせぇやぁぁ!!

って叫びだしたくなるくらいで、べガスのガンストアから、RPGを盗んできて競演場に撃ち込んでやろうか。って本気で思うくらいだ。

 

ななか姫と結婚して市内に一戸建てを購入し、ソコに引っ越して暮らしている今は、あの暴音・爆音が嘘のように静かになって、高知で過ごす夏としては人生最大に静か。って環境で今は暮らしている。
自分が生まれ育ったあの爆音が懐かしい。なんて事は皆無で、ななか姫と二人で実家の近くにあるスーパーマーケットに買い物に行った時とか、競演場から聞こえてくる爆音に、(ああ、今年もやってるよ・・・)って呆れてしまうmizzieなのであった。

8月。

高知の夏は、よさこい鳴子踊りで街中が熱く燃え上がる。はりまや橋を中心として、南北約2km、東西約2kmの狭い範囲に15か所も設けられた競演場(採点もされる)・演舞場(採点は無い)で、二万人近い踊り子たちが、前夜祭・後夜祭も含めた4日間、高知市中心部をまるごとディスコにして、爆音と共に踊り狂う。
いつの間にか全国的に知られる祭りになってしまったよさこい祭りは、全国からやってきた踊り子連も含め、200近いチームがチャーターした踊り子の移動用バスと、特注の法被を着た2万人近い踊り子たちが狭い高知市中に溢れるので、祭りの期間中は高知市内の道路は混んでるし、ある意味とっても不便だけど、祭りの経済波及効果はこの貧乏県高知にはとってもとっても貴重なので、高知市中か爆音に晒されるから、よさこいにあんまりいいイメージは無い僕も、祭りの期間中だけは我慢する事にしている。

賞を取るようなチームは踊りも衣装も地方車も凝りに凝りまくっていて、観る分にはそれなりに良かったりもするし、(もちろん、観るよりは参加する方が10,000倍くらいは楽しいのがよさこい祭りだ)好例の”よさこい渋滞”も、飛行機とかバスとか公共交通機関利用(高知市内なら路面電車がとても便利♪)ならば、フラストレーションを感じる事も無いと思う。

だから、

来年は、高知まで本場の「よさこい」を観に来てね♪

 

 

今日も、応援クリックを宜しくお願いします。

人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

ついでにこっちにも投票していってね。

|

« カウントダウン  感想戦 | トップページ | 高知市納涼花火大会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/42128852

この記事へのトラックバック一覧です: よさこい祭り:

« カウントダウン  感想戦 | トップページ | 高知市納涼花火大会 »