« さぁ、戦支度を始めよう | トップページ | 面接 »

2008.09.04

じゃあもう男達は、結婚なんかやめちまおう!

「年収260万円」の男性 結婚無理なのか、がネットで話題 - 速報 ニュース:@nifty.

結婚を考えている女性の両親に会った年収260万円の販売店勤務の男性が、彼女の両親から自分の年収の低さを笑われ、侮辱ともとれる発言を彼女の両親から浴び、トドメに父親から、「僕には君と娘が釣り合うようには見えない」と言われ、結婚を諦めるべきか悩んでいる。と言うエントリーがあったブログが、今、ネットで話題になっているらしい。

結婚リサーチ会社のアンケート調査では、今、日本の女性の80%以上が結婚相手に求める必須条件に『経済力』を上げ、年収の妥協ラインは「最低でも400万円以上」としているらしい。
しかし、統計では未婚男性で年収が400万円以上なのは約6割らしく、未婚男性の約4割は、結婚相手としては見てもらえないと言う事になる。

自民党が経団連のお友達をもっとお金持ちの、大金持ちから超金持ちにしてあげる為に、労働者から賃金を奪い取って、それを経営陣や大株主が山分けする事を合法化させたお陰で、僕等の様な平均的な労働者の所得は低下する一方だ。今、結婚適齢期にある20代前半~30代中盤の男性で、一体何割の人が『結婚相手としての最低条件』である、年収400万円をクリアしているだろう?
年収400万円稼ごうと思ったら、正社員でボーナスが年3か月分もらえるとしたら月給27万円、非正規社員でボーナス無しの場合月給34万円以上無いと、年収400万円には手が届かない。つまり、正社員で月27万、非正規社員で月34万以上稼げない男は、結婚相手として認めてもらえない事になる。

年収230万円だけど妻の親からは結婚を強く祝福されて、共働きが前提条件だから経済的には決して楽では無いし、それはもう、爪の先が核融合を起こしそうなくらいに切り詰めた生活をしているmizzieだけど、ダイスキな人と毎日一緒に楽しく・幸せに暮らしている。もう、ケーシ・ストーナーかmizzieか?ってくらいの愛妻家ぶりで、毎日が楽しくって楽しくって仕方が無いし、それはもう幸せ一杯夢一杯。って感じなんだけど、僕みたいなケースはこの拝金至上主義の守銭奴帝国では、とても稀な特異なケースに該当するみたいだ。

平均的な賃労働者だと共働きじゃないと生計が維持出来ないような、そんな給与所得しか用意されていないような低所得者だらけの社会を作り出しておいて、少子化がこれ以上進行すると大変だとか、女性は子供を3人は産めだとか、現状を放置したままで自民党の政治家達は好き勝手を言っているけれど、この日本と言う国を、『金こそ全て』、『幸せは金で買える』、『金の為、って理由が付けば、何をしても許される』なんてみっともない、恥ずかしい社会にしたのはあいつら、自民党と経団連の連中だ。
「稼ぎの悪い男と結婚すると幸せになんかなれない。」って言うコンセンサスを適齢期の女性に形成させておきながら、適齢期の男性達には女性達が望むだけの給与は与えない。
今、年収が400万円以下の男性にこの社会は、「お前達には結婚する資格など無い!」と言っているのだ。

じゃあ、もう結婚なんかやめちまおう。

自民党のクソジジイ&クソババアどもと、奴等の金主でもあるマスメディアの長老どもは、少子化のこれ以上の進行は問題だ。何て言っておきながら、結婚したいのに結婚出来ない社会を作ったのも、あいつら自民党とマスメディアの長老どもだ。

少子化が進行する?

そんなの知った事か。
共働きじゃないと子供が育てられないような低所得者が過半を占める社会を作っておきながら、産みたいけど産めない夫婦を咎める資格なんか、自民党とマスメディア、奴等に踊らされてる社会には無い。

少子化が進行すると経済が縮小する?
社会保障を維持出来なくなる?

そんなの知った事か。
その社会を構成するメンバーの、大多数が結婚相手として不適格となるような低所得者だらけの社会を作って、結婚したいのに出来ない人があふれている社会を作ったのは、お前達自民党と経団連、マスメディアの連中だ。

自分達のやった事には自分達で責任を取れよ。俺達に失政のケツを拭かせるようなマネすんなや。

 

年収230万円でも満足してくれる女性に出会うと言う幸運に恵まれた僕は、結婚して貧乏だけど幸せを感じられる家庭を持つ事が出来た。だけど、年収230万でも満足して、一緒に苦労を分かち合おうなんていう、ななか姫みたいな女性はこの国では絶滅危惧種級の稀少さだ。
拝金主義と物質至上主義が染み付いた日本女性は、僕等の様な低所得の男は結婚相手とは見てくれないのだ。

じゃあ、そんな女の為に努力したりお金を使ったりする事はやめちまおう。

この世には、女性の気を引く事に労力と資本を使う事が馬鹿らしくなるような、楽しい事が、エクスタシーやカタルシスを得られる事が沢山ある。充実感や達成感を得られる事が沢山ある。

どっちみち守銭奴自民党とマスメディアに洗脳された日本の女性達は、僕等の様な年収400万円以下の層は結婚相手としては見てくれないのだ。
じゃあ、そんな事の為に資本と労力を使うのは時間と「お金の無駄、人生の無駄だ。
この世界には、女と遊ぶよりも楽しい事が沢山あるんだから、そっちに自分の時間とお金を使って、自分の心を満たそう。自分の体と感性を磨こう。自分にご褒美をあげよう。

どうしても結婚がしたいのだったら、自分を磨いて、「貴方とだったら収入なんか関係無いの!」って言ってくれる、ななか姫みたいな女性を探そう。身近にいる守銭奴的に洗脳された女性の為に時間を使うよりも、そっちの方が1億倍は建設的だ。
それか、こんな低所得者だらけの社会を作った自民党を政権から追い出して、僕等の為の政治をしてくれる野党に政権を取らせよう。

 

 

 

今日も、応援クリックを宜しくお願いします。

人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

ついでにこっちにも投票していってね。

|

« さぁ、戦支度を始めよう | トップページ | 面接 »

コメント

高知って福祉職、そんなに激戦区なんですか?
東京はmizziさんが面接に行ったような職種は人が足りなくて年中募集してるので信じられません。


投稿: BERANA | 2008.09.05 22:52

BERANAさん>
景気回復から取り残されている高知では、一般職の求人が殆ど無くて、結果、医療と福祉は求職数と求人数がこんな状態なんですよ…。
高知で福祉職で月20万稼げるとなると、応募者殺到しちゃいます。

投稿: mizzie | 2008.09.06 02:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/42372218

この記事へのトラックバック一覧です: じゃあもう男達は、結婚なんかやめちまおう!:

» ホームヘルパー [ホームヘルパー]
ホームヘルパーには特別な資格試験はありません。特定の講習を修了することで資格を取得することができ、やる気があれば誰でもなることができますが、具体的にはどのような能力が必要とされるのでしょう。 [続きを読む]

受信: 2008.09.05 13:48

« さぁ、戦支度を始めよう | トップページ | 面接 »