« テレビなんか止めちまおう | トップページ | 報われない努力 »

2008.10.03

奴等の介護はしたくない

プロの介護職者がこんな事を言ってはいけない事は重々承知なのだが、80代~のじーちゃんばーちゃん達の介護は進んで、笑顔でやってるオイラなんだけど、これから介護保険受給者となって利用者としてやってくる、いわゆる”団塊の世代”な方々の介護には、70年代生まれのオイラにはイマイチやる気がおきない。

歴史好きのオイラは、80代~の方達には感謝と尊敬の念でいっぱいだ。加齢により身体機能に色んなハンデを抱えてしまって、日常生活を送るのが難しくなってしまったあの世代の方達の杖となって働く事には、全く抵抗感なんか無い。喜んでお世話をさせて頂きたいくらいだ。
だいたい、今、僕等がこうして幸せに暮らしていられるのは、あの世代の方達が焼け野が原になっちゃったこの国を、物凄い苦労と努力で立て直してくれたからなのだ。劣悪な労働環境や衛生状態に耐え、貧弱過ぎるインフラや教育・情報環境で苦闘を重ねた末に、この極東の島国は世界で2番目に豊かな国になれたのだ。そうやって苦労してきたお年寄り達に、僕等のような下の世代が尽くすのはある意味当然の恩返しみたいなものだ。

80代~のお年寄り達にはそう思える僕だけど、”団塊の世代”に対してはそうじゃない。戦後のベビーブーム期に生を受け、高度成長期に成長し、バブル期に主要ポストで美味しい思いをしてきて、そして年金の貰い得して美味しいトコ獲りで逃げを狙っているあいつらに、奴等の尻拭いをさせられる世代である70年代生まれの僕が、献身的な介護なんて出来る訳が無いししたくなんかない。

日本の高度成長期に育ったあいつらは、特に思想的背景なんか何も無いクセに、熱病に浮かされたみたいに政治運動とかデモ活動とかをして、でも奴等は何も勝ち取る事無く自滅的にデモを辞めてしまって、後の世代に”政治的にアツくなる事はカッコワルイ事だ”と言う暗黙の合意を形成させて、そして社会に出た後はそれまでとは正反対の事をして小銭を稼いでいた。
バブル期は有頂天になった世相に乗って、さんざん美味しい思いをしておいて、バブルがはじけた後はそのツケを全て後の世代に押し付けて逃げ出した。後の世代が奴等の後始末をどうするか頭を抱えていたり、とにかく始めなければ。と言う使命感だけで自己犠牲に身を捧げているその時、奴等はのうのうと年金をもらって、悠々自適のリタイヤ生活を満喫している。

昔の人が言った格言に、こんな言葉がある。

『親苦労する。子楽する。孫乞食する。』

80代~が苦労して、団塊世代がラクをして、その後始末を押し付けられた70年代~生まれは乞食をするのだ。先代の遺産を食い尽して、後代に負債しか残さなかった団塊世代に、献身的な介護をするのは僕にはとても難しい。と言うか、はっきり言ってしたくない。

 

 

そんな事言わないで介護してくれ?

だったら選挙に行って、負債を先送りし続けてきた、自民党の無責任ヤローどもを放逐してみやがれってんだ。

あいつらが政権の座にいるって事が、お前達が自分達の負債を全部、下の世代に押し付けて逃げようとしてる事の証明だよ。

 

 

 


応援クリックを宜しくお願いします。


人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

ついでにこっちにも投票していってね。

|

« テレビなんか止めちまおう | トップページ | 報われない努力 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/42649881

この記事へのトラックバック一覧です: 奴等の介護はしたくない:

« テレビなんか止めちまおう | トップページ | 報われない努力 »