« マジでむかつくぜテメエらはよぉ!! | トップページ | 転進 »

2008.10.24

モネの庭

祝!エントリー数1200突破!!
2003年に営業開始した、この”Web Mizzie's Cafe”、
遂に、第1200回です。
今後とも、皆さんの心からのご愛顧を、
よろしくお願い申し上げます。m(__)m

 

じゃ、今日のエントリーは一昨日の、”日帰り(新婚)旅行記”の続きです。

高知の第3セクターなローカル線、『ごめん・なはり線』に乗って、終点の奈半利駅で降りたmizzie & ななか姫、駅の売店で無料のレンタルサイクルを借り出して、駅から約3㎞のトコにある、『モネの庭』へと向けて出発する。

北川村に向けて奈半利川に沿って走る国道は、自転車で走ると10月の川風がとても気持ちがいい。

1day_015_2 

 

 

 

 

奈半利町も北川村も、本州に住んでる人が想像するのはちょっと難しい。ってくらいのど・ど田舎なので、道沿いに立つ鉄工所で、イノシシ捕獲用オリが販売されていたりもする。

1day_027_2

 

しっかし、ローンが必要なオリなんて、一体どんなオリなんだ??

 

 

 

 

『モネの庭』があると言う北川村は、はっきり言ってかなり山奥にある村だし、モネの庭それ自体も山の上にあるって聞いていたのに、その道中は殆どフラット。で、(ラクチンラクチン♪)って思っていたら、最後の約0.5㎞が、(ここはサンフランシスコなのかい?)って思っちゃうような急坂!!

1day_016_3

んで、その坂を二人でふうはあ言いながら登って行って、道の最奥にある『モネの庭』のチケット売り場で駐輪場の場所を聞く。

『モネの庭』に自転車で来ようなんて奴はいないと思ったのか、駐輪場はどこにもなくて、「トイレの横にでも停めておいてくれ。」と言われ、とりあえずそこに自転車を停め、「まずは腹ごしらえだっ‼!」って事になって、敷地内にあるレストラン、「レストラン モネの家」に行く。

1day_018_21day_019 

 

 

 

 

 

姫が注文したパスタランチと、オイラが注文したオムライス。観光地にあるレストランなんてディズ●ーランド内のレストランみたいなテロ級に不味い店はめったに無いとはいえ、美味しい店もまずあり得ない。施設内のレストランなんて、美味しいものを提供しなくても客が来る環境にあんだから、僕も姫も味には全く期待なんかしていなかった。手頃な値段で空腹が満たされたらそれで充分なのだ。だからここ「レストラン・モネの家」は、パスタランチ\1000、オムライスセット\1200と比較的良心的な価格設定だったので、これで●ィズニーのレストランみたいなテロ級の味でさえなければ、僕はもう満足出来ると思っていた。

ところがどっこい!

めっちゃめちゃ美味しいじゃないですか
「レストラン・モネの家」!!

入場料\700払って『モネの庭』に入らないと、この「レストラン モネの家」には行けないんだけど、その金を払ってもここに来る価値はあるよな。って思っちゃうくらいに美味しかったです。「モネの庭」には年間パスがあって、そっちは\1500しかしないので、年間パスを買って何度も来る。ってのが、ここ「モネの庭」の賢い利用法だと思います。

「モネの家」で美味しい料理を堪能し、お腹も満たしたオイラ達は、まず展望デッキに出て周囲の景色を見る。んで「花の庭」に下りて、色とりどりの花々が咲く花壇の中を散策。

1day_020

花だらけの「花の庭」、蝶やら蜂やらがそれはもう、うじゃうじゃ飛んでて、それ目当ての蜘蛛もめちゃくちゃ沢山いるんだけど、それさえ気にならなければ沢山の花が咲く「花の庭」はいい所。

 

 

そこを出て、散策路に沿って「水の庭」へ。

1day_0211day_022 

 

 

 

 

睡蓮で知られる「水の庭」なんだけど、10月だから睡蓮はホンの少ししか咲いていない。

1day_022_21day_023  

 

 

 

 

 

「水の庭」を後にした二人は、散策路に沿って歩き、後ろの山の山頂にある、「風の丘展望台」まで足を延ばす。

1day_024

「風の丘展望台」は、苦労して坂を登って辿り着いたワリに会いません。ってくらいにショボい場所だったんだけど、そこから見る北川村と奈半利川と太平洋の風景はこんな感じ。

 

 

 
拍子抜けしちゃうくらいにショボかった「風の丘展望台」を下りて、「光の庭」の横を通って水の庭に戻る。途中、ちょっと不思議な花の群生があって、思わず写真を撮る。

1day_026 

この花、はっぱも茎も無く、イキナリ地面から生えてきて花を咲かせている。
一体なんていう花なんだろう??

 

 

 

散策路に沿って、とりあえず園内を一周したmizzie & ななか姫、自転車を停めた駐車場まで戻り、もう一度レストランの方に行って、レストランの「となりにある店で「ゆずソフト」って言う、ゆず風味のソフトクリームを食べ、帰りの電車(ごめん・なはり線は全車両がディーゼル機関なので、ジモティーは汽車と呼ぶ)の時間もあるので、少し早いけど帰る事にした。

その貧弱で拙劣な宣伝・広報故に、地元民でさえ「名前は知ってるけど・・・」な人がたっくさんいる「モネの庭」、全国区での知名度はゼロどころかマイナスな施設なんだけど、その魅力は全国的に有名な同様の施設となんら遜色ない。どころか多分こっちの方が魅力は勝っている。レストランの美味しさなんか、これが観光施設併設レストランなのか?って驚いてしまうくらいのレベル。はっき言って、このレストランに来るためだけに、入場料\700払ってもいい。ってくらい。

こんな凄い観光資源が、全国区では全く無名なままでひっそりと運営されている高知県。

高知県って実は、結構凄い所なのかも?

 

 

この記事は色んな人に見せる価値がある。 
って思った人は(思わなかった人も)、応援クリックを宜しくお願いします。


人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

ついでにこっちにも投票していってね。

|

« マジでむかつくぜテメエらはよぉ!! | トップページ | 転進 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/42864737

この記事へのトラックバック一覧です: モネの庭:

« マジでむかつくぜテメエらはよぉ!! | トップページ | 転進 »