« 全部ダメ。ってわけじゃあない。 | トップページ | お接待 »

2008.10.21

だってまだ新婚だから♪

結婚10ヶ月目に突入したmizzie家、「一年以内は新婚だもんっ!!」なんて言って、まだ新婚気分を楽しんでいる。で、久しぶりに休日が一致した先週の日曜日、日帰り旅行に行ってきた。新婚夫婦がする旅行だから、これも一種の新婚旅行♪だ。(^^)

オイラの住んでいる高知県は、沖縄や宮崎や京都や奈良や北海道と並ぶ『観光王国』で、上手く売り出せば強力な外貨獲得手段となりそうな観光スポットが至る所にある。あるんだけど、売り込みがヘタクソな土佐っ子はそれらを積極的にPRする。なんて事をしなかったので、そんな魅力的な観光資源が人知れずひっそりと運営されていたりもする。今回、mizzie & ななか姫が訪れたのは、そんな施設の一つ、『モネの庭』。

高知市から車で約90分、高知県東部の北川村にある「モネの庭」は、自家用車でも片道90分以上。と言うその立地条件故に、車を持たないオイラ達には簡単に訪れる事が出来なかったのだが、高知の第3セクター鉄道会社、「土佐くろしお鉄道」の、「ごめん・なはり線」を使えば、「モネの庭」は終点の奈半利駅から約3kmで、そして奈半利駅には無料のレンタル自転車があって、それを使えば比較的簡単に行けるので、新しくなった高知駅駅舎も見たい事だし、鉄道使用で「モネの庭」に行く事にした。車を持たないオイラ達は、自宅から高知駅までも電車利用。

1day_001  

「はりまや橋」で、高知駅行きに乗り換える。ななか姫、後頭部だけ出演♪

 

 

 

高知市中心部の線路を高架にする工事が終了して、新しい駅舎も出来た高知駅、今は古い駅舎を取り壊し中。

1day_002  

旧駅舎の後には一体何が出来るのだろう?  

 

 

 

 

新しくなった高知駅、一番の自慢は四万十杉を使った、木造の屋根。従来の鉄とコンクリートで出来た殺風景な駅舎と比較すると、そこには確かな温かみがある。

1day_006_21day_007  

 

 

 

 

『モネの庭』に鉄道で行くには、後免駅でJRから「土佐くろしお鉄道」の「ごめん・なはり線」に乗り換えなければならないのだが、土佐くろしお鉄道は高知ー後免間に乗り入れてもいて(JR区間は乗務員がJR四国の乗務員で運行する)、高知駅から乗り換えなしで奈半利駅まで行く事が出来る。ごめん・なはり線は一日2往復、オープンデッキ付きの特別車両を走らせてもいるので、時間を合わせてそれに乗る。(10:19分高知発がそれです)

1day_010
ごめん駅を過ぎるとデッキに出てもOKなのだが、デッキで一番面白いのはトンネルの中で、物凄い風圧でド迫力。僕の前にいた親子連れは、その風圧にビビって座り込む。 

 

 

「ごめん・なはり線」は海沿いを走る鉄道でもあるので、車窓からの景色は、天気が良ければとっても気持ちがイイ。

1day_0091day_011

 

 

 

 

 

そうこうしてるウチに終点の奈半利駅に着く。終点なのでそこから先には線路が無い。んで改札を出て一階に降り、駅舎内にある売店でレンタルサイクルの手続きをしてチャリを借り出し、「モネの庭」に向けて出発する。

1day_013_2

「ごめん・なはり線」には、沿線の全ての駅にやなせたかし氏が考えた駅のマスコットキャラクターがあって、ここ奈半利駅のそれは、この「なは りこちゃん」大抵はその駅にゆかりのある人物や名物、イベントに関するキャラなんだけど、ここ奈半利駅のマスコットは由来が何なのかサーパリです。

 

随分と長くなってしまったので、「モネの庭へ 日帰り新婚旅行」続編に続く事にしました。
次は、モネの庭紹介編です。

 

 

この記事は色んな人に見せる価値がある。 
って思った人は(思わなかった人も)、応援クリックを宜しくお願いします。


人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

ついでにこっちにも投票していってね。

|

« 全部ダメ。ってわけじゃあない。 | トップページ | お接待 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/42848530

この記事へのトラックバック一覧です: だってまだ新婚だから♪:

« 全部ダメ。ってわけじゃあない。 | トップページ | お接待 »