« やっぱり美味しいル・セルクル♪ | トップページ | いえす、うい、きゃん »

2008.10.12

ほら見ろ

先週末、不動産投資信託(REIT)を手掛ける投資法人が、東京地裁に民事再生手続きの申し立てをした。つまり、REITを手掛けていた投資法人が破綻した。

僕は昨年から一貫して、REITの危険性をこのブログで書いてきたが、そのリスクがここにきて一気に現実化した。
一年前、ほぼ天井値近くまで不動産価格が上昇していたので、プロの投資家達は自分達が高値で売り抜ける為に、マスコミを使って盛大なキャンペーンを打って、これから大量退職する団塊世代の退職金で、天井近くまで高騰した不動産を買わせる。と言う『貧乏クジは庶民に引かせよう大作戦』を展開。継続的に政治と経済をウォッチしていた僕はそのリスクについてここで書いたりしていたけれど、やっぱりそれなりの人達がREITに手を出していたようで、何でもその破綻した投資法人に出資していた個人の出資者は、8600人くらいいたらしい。

機関投資家も含めると9000もの出資者を集めていたその投資法人だが、投資信託は預金とは異なり、投資商品なので預金保護の対象とはならない。つまり、投資先の投資法人が破綻してしまったと言う事は、ここのREITに投資していた個人は皆、投資したお金が泡と消えてしまった事を意味するのだ。

退職後の生活資金として、大事に使う予定だった退職金を、自民党が大銀行の利益を最大化させるために温存し続けている超・超低金利政策のお陰で、退職金を預貯金に回しても大したお金にはならないからと言って、マスコミに乗せられて・セールスマンの甘言に乗せられて、投資信託なんかに手を出したのが運の尽き。天井値だったREITを買わされて、超金持ち達に退職金を巻き上げられて、「不動産バブルがはじけたので倒産します。」って投資先は尻尾まいて逃げ出して、後に残ったのは紙切れとなった信託の証券だけ。

「貯蓄から投資へ」

と言って、日本の約1500兆円の個人金融資産をアメリカをはじめとした世界中のプロの投資家達に差しだして、そのおこぼれを頂こう。なんて考えている守銭奴麻生率いる自由民主党にダマされて、また、無知な大衆が8600人もその貴重な老後の資金を奪われた。自民党が撒いた餌に群がった大衆は、プロの投資家達に根こそぎ狩られたのだ。

もうしつこいくらいに行ってきたけれど、

自民党が政権の座にいる限り、庶民はその資本を根こそぎ、合法的に奪われる。奴等にとって大衆は、搾り取る対象以外の何物でも無いのだ。

自民党に言う事を信用してはいけない。

そして、

自民党に操られているマスコミの言う事も信用してはいけない。

この記事は色んな人に見せる価値がある。 
って思った人は、応援クリックを宜しくお願いします。


人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

ついでにこっちにも投票していってね。

|

« やっぱり美味しいル・セルクル♪ | トップページ | いえす、うい、きゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/42759377

この記事へのトラックバック一覧です: ほら見ろ:

» 民事再生 [民事再生]
民事再生かも/// [続きを読む]

受信: 2008.10.12 23:09

« やっぱり美味しいル・セルクル♪ | トップページ | いえす、うい、きゃん »