« らしくなくなっていく・・・ | トップページ | プロージット!! »

2008.11.15

タマにはバイクの話もしよう。 ハイオク入れてもパワーアップなんかしないよ。

16歳の頃、

バイクの免許を取った友人達とバイクの話をしていた時、当時の友人達がよく言っていたのが、「やっぱりハイオクはパワーが違う!」って事だった。リッター辺りで1割近く高価なガソリンで、TVCMでもパワーが上がりそうな事をガンガン言っているハイオクガソリンは、当時は高校生だった僕達にとって、それを入れるだけでバイクの最高出力が上がったり加速が良くなったりする、魔法のアイテムに思えた。

「ハイオクは加速感が違う!」

「ハイオクは最高速も上がる!」

なんて言ってたまだガキだった僕等だが、これもいわゆるプラシーボ効果って奴だったのかな?なんて、ライダーとして国際ライセンスを得て全日本選手権を走り、メカニックとして鈴鹿選手権で年間チャンピオンも獲ったオイラは思う。

マシン工学と化学の両面から考えた場合、レギュラーで走っていた車・バイクに、ハイオクを入れただけでパワーが上がるなんて事はあり得ないのだ。理論的に考えたら、ハイオクを入れるとパワーが下がるはずなのだから。

ハイオクガソリンとレギュラーガソリンの違いってなんだろう?

一番大きな違いは、オクタン価の違いだ。一般市販されているガソリンの場合、レギュラーガソリンはだいたい89~92オクタンくらい。対してハイオクガソリンのオクタン価は98~100だ。オクタン価というのはガソリンの燃えにくさを表していて、数値が高いほど燃えにくい。つまり、ハイオクよりもレギュラーの方が燃えにくい。燃えにくいとどうしてパワーが出るのかと言うと、エンジンのパワーを上げる為には圧縮比を大きく、つまり燃焼室容積を小さくしないといけないのだが、圧縮比を大きくし過ぎると、圧縮されて発熱した混合気が点火前に自然発火してしまい、上がってくるピストンが上がりきる前に押し下げる方に力が掛かるので、ポンピングロスが大きくなってパワーがダウンする。そして異常燃焼は正常に点火した時よりも熱が上がるので、自然発火による混合気の早期点火を繰り返していると、エンジン内部が高温になり過ぎて溶けてしまう。だから、ハイパワーエンジンには高オクタンガソリンを必要とするのだ。

ハイオクガソリンでないとエンジンが壊れてしまうレーシングエンジンとは違い、レギュラーを使用する可能性もある事を前提に設計される市販車のエンジンは、レギュラーガソリンでも異常燃焼を起こす事が無いような圧縮比の低い設定になっている。

レギュラーガソリンでも大丈夫なくらいに低い圧縮比に設定されたエンジンに、レギュラーよりも燃えにくいハイオクガソリンを入れるのだ。そんなのパワーなんて出る訳が無い。実際、過去にあるバイク誌がレギュラーとハイオクで50mダッシュでの比較テストをやった時、その数値はハイオクの遅さをはっきりと表していた。

ハイオクしか使えない設定をされたエンジンで無い限り、ハイオクを入れるとパワーがダウンするのだ。そして、ハイオクでしか使えないエンジンにレギュラーを入れた場合、エンジンは確実にぶっ壊れてしまうのだ。

ハイオクガソリンにレギュラーガソリンよりも利点があるとすれば、洗浄剤が添加されているのでエンジンの燃焼室内がきれいになる。と言う事くらいだろう。

だからもし、「ハイオクはやっぱりパワーが出るよな!」なんて得意気になって知ったかぶりしてるやろーがいたら、心の中で笑ってあげよう。

 

 

 

この記事は色んな人に見せる価値がある。 
って思った人は(思わなかった人も)、応援クリックを宜しくお願いします。


人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

ついでにこっちにも投票していってね。

|

« らしくなくなっていく・・・ | トップページ | プロージット!! »

コメント

ハイオクの話とは関係ないのですが、先日バイクの初回点検にいって、オイル交換してからというもの、ものすご~く乗りやすくなった、というか燃費もぐっとよくなって(42km/lが48km/lに!)、ますますバイク通勤が楽しくなりました。
「Titanic」という赤い缶のオイルでした。それってええやつなんですか??(私がバイクを買ったお店は、レースとかもやってるお店で、小さいけど結構有名なんだそうです)

投稿: hana | 2008.11.16 00:08

hanaさん>
Titanicは、僕が現役の頃は無かったオイルなので、それがどれくらいいいオイルなのかは情報が無いので判りません。hanaさんがバイクを買ったお店はレースもやってるそうで、そのショップが運営しているチームは、どんなチーム名なのか判りますか?

で、オイル交換して燃費が良くなった理由ですけど、考えられるのは、
1)古いオイルは汚れと劣化で摺動抵抗が上がっていたのが、新品になって抵抗が下がった。
2)古いオイルは劣化で燃焼室内の気密性が保てなくなって未燃焼ガスが逃げていたのが、新品にしてそのロスが無くなった。
なんてのが考えられます。エンジンオイルに関しては、いいオイルを長く使うよりも安いオイルをしょっちゅう変えていた方が、性能維持には有効です。

投稿: mizzie | 2008.11.16 01:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/43096594

この記事へのトラックバック一覧です: タマにはバイクの話もしよう。 ハイオク入れてもパワーアップなんかしないよ。:

« らしくなくなっていく・・・ | トップページ | プロージット!! »