« Drive out L.D.P.!!  Part 2 | トップページ | どうしてなんだろう? »

2008.12.04

ディズニーになんか行けない子供達

新婚旅行でカリフォルニア・ディズニーリゾートにも行き、すっかりディズニーの魅力の虜になっていたmizzie、もしその余裕があれば、ディズニーでクリスマスを過ごせたら、とってもとっても楽しいんだろうな。って思う。

もうすぐ結婚一年目だけど、まだまだ気分は新婚だし、結婚したけど恋愛中と殆ど変っていないmizzie & ななか姫だから、ディズニーで過ごすクリスマスなんて、とってもとってもロマンティックでファンタスティックなんだろうなぁ・・・。
僕も、ななか姫も、そしてこのブログを見てくれている殆ど全ての人達も、世界で二番目に裕福な、そして世界で二番目に幸福な、この日本と言う国に生まれると言う幸運に恵まれたお陰で、クリスマスをディズニーでファンタスティックに過ごせたり、温かくて美味しいディナーと、幸せな家族は恋人達に囲まれて、シアワセに満たされて過ごす事が出来る。
関東圏以外に住んでいる人達にとって、クリスマスをディズニーリゾートで過ごす。って言うのは決して簡単な事ではないんだけれど、それでも、恐らく日本の総人口の半数強の人にとってのそれは、
『無理をすれば何とか手が届く贅沢』
なんたと思う。

姫の妊娠が判明したのでそれに備えて節約生活が必要になるmizzie家だけど、姫も無事に事務職員としての職を得たので、一般のパートや派遣よりもはるかに好待遇だし、収入も家計を助けるには十分過ぎるくらいはある。
前職では契約社員待遇の介護職員だった僕も、正社員待遇で、医療機関の地域連携室所属の相談員と言う職を得た。
非正規雇用時代は爪先が核融合起こしそうなくらいの耐乏生活をしていた僕等だけど、収入と立場が安定した今は僕等にとって、クリスマスをディズニーで過ごす。っていうささやかなぜいたくも、無理をすれば決して不可能ではないし、もしそれが出来たら、とってもとっても楽しいんだろうな。って思う。

でも、この世界で二番目に豊かで幸福な国であるはずの日本なのに、そんなささやかな贅沢どころではない状態に追い詰められた人達が、それこそ数十万から数百万単位で生まれるかもしれない。

昨年から始まった、アメリカのサブプライムローン問題を発端とした世界中の信用収縮に伴う景気後退局面は、この国の景気にも深刻な影響を与え、日本中で、非正規雇用のクビ切りが始まっている。
年間総売上額が世界のトップ50に入るような、総売上額が数千億から数兆円といった巨大企業が、国内工場で働く派遣工や期間工の雇用を次々と打ち切っている。工場ラインで組み立てだけをやっていた彼等が、工場から解雇されてしまえば、同レベルの給与を得られる仕事に再雇用される事はとても難しい。期間工として会社に忠誠と献身を尽くした彼等は、景気が後退局面に突入して売り上げが低下したら、まるで使い捨て部品みたいにあっさり経営陣から切り捨てられて、これまでの献身も何もかにも、時間と人生を無駄にしただけでなく、解雇された翌日から、早速生活困窮者の仲間入りだ。
彼等や、彼等の子供達には、今年の冬はとても寒いものになるだろう。そんな人達に、「クリスマスをディズニーで過ごそう」なんてのは厭味以外の何物でもない。

まだホンの十年かそこら昔、日本経団連は自民党にお願いをして、献金もしてパーティー券もたっくさん買って、非正規雇用労働者を単純労働でも使えるように法律を変えさせた。そうして、自社工場で雇用していた正社員従業員のクビをどんどん切りまくって、早期退職を奨励してどんどん辞めさせて、その代用として期間工や派遣労働者と言った非正規雇用労働者を、自社工場の単純労働の現場にどんどん入れて行った。

表向きの口上は、「経費を削減して国際競争力を強化する」だった。だけどあいつら企業経営者が本当にやりたかったのは、好きな時にいつでもクビに出来る、そして昇給や賞与の必要が無い非正規雇用をどんどん入れる事で、労働者に払うお金を減らして自分達の取り分を増やす為だ。

非正規雇用を低賃金でこき使う事で、労働者の受け取る総賃金額は日本全体で数兆円も減らされ、代わりに景気回復した市場で儲けまくった経団連加盟巨大企業群は、その収益を数兆円単位で増やした。

そうやって儲けまくった巨大企業の経営陣は、その儲けを労働者に還元する事無く、また自民党に献金したりパーティー券を買ったりして、自民党に法律を変えさせて役員報酬を企業の損金参入に認めさせた。つまり、役員が受け取るボーナスは企業の損金に繰り入れる事が出来るようになったのだ。
そうして、巨大企業のCEO連中は、一人アタマで数億円単位の、ボーナスをフトコロに突っ込んだ。その金は自民党が法改正さえしなければ、僕達労働者に回って来るはずだった金だ。

労働者から不当に搾取した金で贅沢を極めるCEO達は、景気が後退すると自分達の取り分よりも真っ先に、非正規雇用労働者達のクビを切って、数万の家庭をめちゃめちゃに破壊した。

でも、そうやって数万単位の家庭を不幸のどん底に突き落とした企業経営者や役員達は、この国では罪に問われたりなんかしない。それどころか、経費削減で企業利益確保に貢献したと、株式市場では評価までされたりする。

そんな社会を作ったのは、そうやって企業経営者の立場だけを守り、労働者の地位を下げて立場を不安定にする法改正ばかりやってきた、自由民主党だ。そして、そんな自由民主党の政治家を国会に送り続けたこの国の国民、自民党に投票した全ての国民、そしてなによりも、選挙になんか行かなかった全ての日本国民だ。

昔、政治と社会に不平を言っていた時、アフリカン・アメリカンの友人にこう言われた。

「選挙に行かなかった奴に、政治や社会に文句を言う資格なんかねぇよ。」

恐らく、来年中に衆議院選挙がある。
もう、僕等はイジメられ過ぎているはずだ。だから、

選挙に行こう!
そして、自民党に最も勝てそうな野党候補に投票しよう!!
ballot(投票用紙)と言うbullet(弾丸)を、
投票箱に撃ち込もう!!

 

コネタマ参加中: ディズニーリゾートでクリスマスを過ごすなら?

|

« Drive out L.D.P.!!  Part 2 | トップページ | どうしてなんだろう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/43321141

この記事へのトラックバック一覧です: ディズニーになんか行けない子供達:

« Drive out L.D.P.!!  Part 2 | トップページ | どうしてなんだろう? »