« テレビが見捨てられる日 | トップページ | 地球規模の浪費 »

2009.01.10

大凶だろうが大吉だろうが

初詣、今年は行く時間が良かったのか、参道は比較的空いていて、ストレス無くお参りをする事が出来た。手を洗って口をすすいで、身を清めて天満宮にお願いごとをしてきた。

学問の神様である天満宮、昨年は資格試験の合格祈願をして、そして見事に国家試験合格。合格後はその資格を使って転職、そして僕は望む職を得る事が出来たので、そのお礼も込めて今年はお賽銭をフンパツしておいた。去年は「合格できますように。」ってのが追加されていたけれど、毎年、初詣に行った僕が手を合わせて願うのは、

『家族みんなが健康で過ごせますように』

『紛争と貧困が地上から無くなりますように』

と、

『パレスチナに平和が訪れますように』

だ。
基本姿勢として、僕は自分の事は神に祈らない。(去年の事は特殊な例外だ)『運勢は自らの手で切り開くもの』と言う御旗を掲げるmizzieなので、自分の事を神仏にすがったりはしないのだ。ある意味、無神論者に近い宗教感の持ち主でもあるんだけど、そして「一般論化出来ない物は無いものとして扱う」と言う思考回路を有する僕だけど、こと神仏に関しては「不在を証明する事も出来ない」ので、初詣には行くし仏像には手を合わせる。クリスチャンもムスリムも一つの学派としてリスペクトしている。

御先祖様は土佐藩士だったらしいmizzie家、天満宮の氏子でもあるので、初詣は天満宮に行くし、僕は行けばかならずおみくじを引く。僕はおみくじの結果はあまり気にしないんだけど、そりゃあ大吉が出たら嬉しいし、凶が出たらヘコむ。んで今年のおみくじ、結果は『中吉』。中庸こそ最良と考える僕にとって、それはとても良い結果だった。中吉ってのは可もなく不可もなしなので、そこに書かれた事を要約すると、「テメーの今年の運勢は、余程自分から無謀・無計画な事でもしないかぎり、悪い方に転がったりはしねぇよ。でも突然大金が舞い込むとかドラマティックな出会いが訪れたりとか、そんな事も起きねぇだろうから、今手にしている幸せを噛み締めて、高望みする事無く日々を過ごしな。」って事らしい。

まあ、仕事も家庭も円満で、もうすぐ待望のJr.誕生を控えている僕にとって、このおみくじの結果は悪くないだろう。まぁ、「自分の運命はこの手で切り開く!扉は開くまで叩くし、それでも開かなきゃ蹴破る!」がモットーの僕なので、仮に結果が大凶だったとしても闘志を燃やしていたのだろうが。

 

  

コネタマ参加中: おみくじ引いた? 2009年の運勢と抱負を教えて!

|

« テレビが見捨てられる日 | トップページ | 地球規模の浪費 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/43694816

この記事へのトラックバック一覧です: 大凶だろうが大吉だろうが:

« テレビが見捨てられる日 | トップページ | 地球規模の浪費 »