« 地球規模の浪費 | トップページ | 「どうも、マイニチワ!」をやってみた »

2009.01.14

年末年始のカラオケ

この年末年始も、日本中あちこちで色んな人がカラオケを歌いまくったのだろう。なんでもカラオケは「世界で最も迷惑な発明」か何かの称号を得ているんだそうで、確かに、歌っている本人はキモチがいいのかもしれないが、ヘタクソな歌を聞かされる方はたまったものじゃない。

僕は基本的にカラオケを歌わない。音痴なのを晒すのが嫌とかそんな理由じゃなくって、音楽の好みがマイナー過ぎて、歌える曲がカラオケに無いのだ。例えば僕のダイスキな鈴木祥子だけど、カラオケで「たしかめていてよ」以外の曲があるのを見た事が無い。もしそれがあるのなら、「忘却」なんかめちゃめちゃに歌いたい曲だし、「帰郷」とか「風に折れない花」なんか、自分が歌わなくてもいいから誰かが歌ってるのを聴いてみたい。

歌える歌が無いから聞き役に徹する事になるカラオケだけど、この年末年始、人気があった・たくさん歌われた曲ってのはノリのいい、皆で盛り上げる、皆を盛り上げる曲だったんだそうだ。

確かに、場の雰囲気を暗く沈めてしまうような曲は、年末年始向きではないだろう。例えば中島みゆきの「地上の星」は座を盛り上げるだろうが、これが「生きていてもいいですか」とかだったりしたら、きっとその場にいた皆のノリをマイナス方向に向かわせる。同様に、山崎ハコの「呪い」とか、カルメン・マキの「時には母のない子のように」なんかも、その場をくら~い雰囲気にしてしまう。行く年の憂さを忘れて、来る年に希望を、って思う年末年始に、そんな曲を歌うのは気が引けるし、聴かされる方もたまったものではないだろう。

暗い曲を年末年始に聞かされるのはたまらないとは思うが、この、世界がどんどんヒドい場所に変わって行く、自分さえよければそれでいい、金と権力こそ全て、なんてミもフタも無い価値観が満ちた醜悪な場所に日々変わって行く2009年。もし機会があれば、僕はこの曲を歌いたい。

佐野元春 『Shameー君を汚したのは誰』
歌詞はこちら↓

Shame―君を汚したのは誰 佐野元春 歌詞情報 - goo 音楽

  

 

コネタマ参加中: 年末年始、カラオケでよく歌ったのは何?

|

« 地球規模の浪費 | トップページ | 「どうも、マイニチワ!」をやってみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/43743293

この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始のカラオケ:

« 地球規模の浪費 | トップページ | 「どうも、マイニチワ!」をやってみた »