« ちょっと静観 | トップページ | 新型インサイトに乗ってみた »

2009.02.09

チェの映画を観てきた

チェ・ゲバラは、僕が最も尊敬する人物の一人だ。

って事で、ハリウッドが作ったチェの映画、
『チェ 28歳の革命』
『チェ 39歳別れの手紙』
の2本。「28歳の革命」が前篇で、「39歳別れの手紙」がその続編って感じの映画。もちろん観てきた。

その感想は一言で言うと・・・、

ぜんっぜん面白くないです。

エルネスト・チェ・ゲバラって言う、革命ゲリラ闘士で政治家で医師だった人物は、貧困と不正、抑圧と搾取を心の底から憎み、フィデル・カストロと共に、アメリカの傀儡だったバティスタ政権を倒してキューバに貧困も差別も無い社会を作り上げた、20世紀で最もカッコいい男なんだけど、

キューバ革命以来、ずっとキューバを一方的に敵視し圧力をかけ続ける、アメリカ資本が作った映画だからなのか、チェの一番カッコいいトコとか、強欲なアメリカ帝国主義とアメリカ式資本主義を糾弾するトコなんか、0.0001秒も描かれていなくて、ゲリラとして闘うチェの姿だけを2本、4時間半に渡って延々と映すだけの、質の悪い戦争映画になってますこの映画。

チェに関しての映画なら、上記の2本よりも『モーターサイクル・ダイアリーズ』の方が2億倍くらいは面白いし、上の2本の映画を見るくらいなら、HETARE-TIPSと言うサイトを運営しているめきしこさんと言う人が書いた、『ヘタレ論 チェ・ゲバラ』を読んでいだ方が、よっぽどチェに関してはきちんと知る事が出来ます。

チェが目指した社会は、アメリカ帝国の超金持ち達にとって、とても都合の悪いものだったし、
チェが理想に掲げたそれは、アメリカ帝国の利益に完全に反するものだった。

だからアメリカは、チェを抹殺する為にCIAを通じてボリビアに軍事支援をしていたし、キューバを経済封鎖して、フィデルとチェが奮闘していた、完全なる自由と平等が現実化された、貧困も搾取も無い国にキューバがなる事を、全力で妨害しようとキューバ革命から50年間もずっと、姑息な嫌がらせを続けてきた、そして今も続けている。そんなアメリカ資本が作った映画だから、チェが世界に向けて放ったメッセージとか、チェの一番カッコいいところがちゃんと話に盛り込まれているのか、心配ではあったんだけど、僕の不安は見事に的中。そーゆー、チェの一番いいトコには一切触れず、この2本の映画を、「とっても質の悪い戦争映画」に仕上げ、しかし大々的に宣伝して大衆を映画館に引き込み、それは恐らく、人々がチェに対して間違ったイメージを持つ事に、多大な貢献を果たす事だろう。

そーゆー事はうっちゃって、この映画はエンターテイメントとしても実に酷い訳で、定価の\1600を払って観る価値はあるのか?と聞かれたら、「否」としか答える事が出来ない。

チェに心酔しているオイラと、オイラの影響を受けてチェを尊敬しているななか姫も、それなりに楽しみにしていた映画だったのに、チョーがっかりさせられちゃったのでした。

こらっ!スティーブン・ソダーバーグ!!
くっだらねぇ映画作りやがって!!
オイラの貴重な時間と金を返しやがれってんだ!!

チェについて知るには、ソダーバーグの作ったクソ映画なんか見るよりも、めきしこさんの『ヘタレ論 チェ・ゲバラ』か、『チェ・ゲバラ伝』っていう本を観る事をお勧めします・

|

« ちょっと静観 | トップページ | 新型インサイトに乗ってみた »

コメント

マイケル・ムーア監督にでも制作してもらえば良かったのでしょうかsign02

私の隣の席の女性は、sleepyでした(笑)。

最近、また戦争映画が流行ってきてますよね。
不景気のせいか、アメリカ政府・日本政府の陰謀なんだか。

真夏のオリオンとか、イケメン俳優やミュージシャン出演させちゃって・・・coldsweats01

戦争ってカッコイイheart04と思うバカ者が増えちゃうんじゃないかと心配ですcoldsweats02

投稿: アンジェリーナ | 2009.02.09 23:18

アンジェリーナさん〉
チェの映画を撮るなら、マイケル・ムーアさんよりもHETARE-TIPSのめきしこさんに撮ってもらった方がいい映画になるような気がします。
戦争映画、僕が撮るならひたすら人がどんどん、悪い奴もいい奴も皆死んじゃって、主人公はあっさり戦死。ヒロインもあっけなく死んで、誰も何も残らない得られない救われない。って言う、チョー現実的な映画作ります。

投稿: mizzie | 2009.02.11 01:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/43997201

この記事へのトラックバック一覧です: チェの映画を観てきた:

« ちょっと静観 | トップページ | 新型インサイトに乗ってみた »