« クッキング主夫、お好み焼きを焼く | トップページ | お花見 »

2009.03.26

ダラゴロと遊び三昧のすすめ

最近のmizzieは、チョー楽天家だ。

んで、ノーテンキでお調子者だ。

めちゃポジティブシンカ―で、何でもかんでも自分にとって都合のいい様に解釈してしまう。

リハビリ室所属の介護福祉士となり、リハビリにやってきた患者さん達相手に、物療機械を操作したり、移動介助したりしてるんだけど、そうやって患者さんと接している時の会話にも、その楽天家ぶりがいかんなく発揮される。

(物療機械を操作しながら)
「・・・さん、めちゃめちゃ肩凝ってますね。家事頑張り過ぎじゃないですか?」

「そんな事無いと思う。ぼちぼちにしかやりやせんぞね。」

「そんな、家事は手抜いてやらないかんで。四角い部屋は丸く掃かないかん。明日出来る事は今日やらいでもえいし、人に任せられる事は全部人にやってもらわないかん。」

な~んて会話をいつもしている。で、そんな調子で1ヶ月近く仕事をしてるもんだから、最近は僕からの問い掛けにも、「うん。もう殆どお嫁さんにやってもらいゆう。」とか、「家事は娘にやらせよる。」なんて答えが帰って来る事が増えた。言われた僕も、

「そうそう。もう、やってもらえる事は全部やってもろうて、・・・さんは気楽にダラゴロしよらんといかん。」

と答えている。もっとも、医療機関従事者が運動不足を増長するような事は出来ないので、

「・・・さんも、何十年も子育てやら家事やらしてきちゅうがやき、これからは自分にご褒美をやらんといかん。どんどん遊びに行かんと。今やったら桜が咲きよるきに、お花見にも行かんといかん。」

なんて調子で、外に出て行く事をどんどん進める。梅を見に行け、桜を見に行け、次は藤だ、山菜狩りだ、山登りだ、野鳥見に行かんといかん、なんて調子で、自然が溢れている高知なので、高齢者でも気楽に行けて、都市部だとディープな、レアなアクティビティーを結構楽しめるトコが沢山あるから、それらを楽しんでくるように勧める。

こんな感じでばーちゃんやおばさん相手にトークを繰り広げているオイラ、最近は、僕が関わる事もあるリハビリ業務で、「・・・はmizzieさんにやってもらいたい。」って、患者さんから直々にご指名を頂けるようになった。

|

« クッキング主夫、お好み焼きを焼く | トップページ | お花見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/44473675

この記事へのトラックバック一覧です: ダラゴロと遊び三昧のすすめ:

« クッキング主夫、お好み焼きを焼く | トップページ | お花見 »