« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009.04.25

War is [almost] over...

祝!Mizzie's Cafe 第1300回!!

って事で今回は久し振りに、政治的な記事書くよ!!

 

オバマ政権で国務長官となった。ヒラリー・クリントン氏は今、バグダッドを訪問している。
イラク人ゲリラの自爆攻撃で、毎日誰かが死んでいる、殺されている、世界で最も危険な都市であるバグダッドを訪問し、オバマ大統領が決めた、イラク駐留米軍の引き揚げに関して、イラク政権関係者とミーティングを重ねたり、駐留米軍を慰問したりしているらしい。

軍産複合体を財政基盤としない米民主党候補が、昨年の大統領選で勝った瞬間から、泥沼化していたイラク戦争は終息に向かうだろうと期待していたが、オバマ大統領はその世界中の期待を裏切る事無く、大統領に就任するとすぐに、イラク駐留米軍の引き揚げを発表した。

もうすぐ戦争が終わる。

数千人の(決して金持ちでは無い)アメリカ人と、その十数倍のイラク人から命を奪い、中東に混沌と殺戮と暴力をもたらし、人々に憎悪と悲嘆だけを植え付けて、アメリカの人材と武器と国力を浪費し、誰一人幸福にする事も無いまま、7年間と言う長きに渡ってダラダラと続けられた、破壊と殺戮に終止符が打たれる。

思い起こせば2003年。
イラクとの戦争は、世界中の誰もが望んでいなかったのに、アメリカ国内でさえ反戦デモが繰り返されていたのに、ブッシュ政権は開戦の必要性を唱え続け、ウソの証言とでっち上げの資料で強引に開戦理由をこじつけて、世界中の反対を無視して戦争が始まった。
当時、全米一リベラルな街であるサンフランシスコで暮らしていた僕は、ダウンタウンで繰り広げられていたデモに参加したりもしていて、開戦を知った時は何とも言えない無力感に襲われたものだった。
戦争はその後、一部の識者が予想した通り、イラク人ゲリラのゲリラ活動を主とした焦土作戦と、イラクで略奪と殺戮とレイプを繰り広げて中東中から反感を買った米軍のふるまいと、占領後を考慮しなかった稚拙な作戦立案のせいでイラク戦は長期化・泥沼化して、イラクの治安は開戦前とは比較にならないくらいに悪化したし、軍に行くしかなかった貧乏なアメリカ人の若者が沢山、イラクでその命を散らせたり、回復不能な障害を負ったりした。

中東とアメリカに、怒りと憎しみと哀しみと絶望だけを与えるだけだったこの戦争も、もうすぐ終わる。

しかし(However)、

この戦争でボロ儲けをした軍産複合体の連中や、そのおこぼれに預かった共和党の政治家達、そしてイラクの石油利権に群がった連中と、復興利権に群がった連中はきっと、オバマ政権が終わった後に誕生するであろう共和党政権で、また新しいどこかの国に侵略戦争を仕掛ける為に、ちゃくちゃくと準備を進めている事だろう。

この世界に破壊兵器とそれを作る営利企業が存在する限り、この世界から戦争を無くすことはとても難しいだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.23

やっぱりス●バはボッタクリ

コーヒーミルとサイフォンを買っちゃったmizzie、(過去記事参照

最近は、週当たりで5~6杯くらい、ミルで挽いた挽きたての豆で、サイフォン使ってコポコポ言わせて淹れた、美味しいコーヒーを飲んでいる。

挽きたてを淹れるから、味はインスタントのドリップ式よりも遥かに美味しい。サイフォン式だとフィルターは布製で、ビンボーなmizzieは何度も使い回すので、一杯辺りのコストもインスタントよりも安上がりになってしまう。

で、まだコーヒー初心者のmizzieは、色んな豆を買ってきて、どの豆がどんな味がするのか、とか、どんな挽き方をしたら美味しく淹れられるのか、なんて試行錯誤を繰り返している。

苦味が嫌いで酸味のあるコーヒーが好きなオイラは、業販がメインのコーヒー豆専門店に行って、自分の好みを伝えて、好みに合うと思われる豆を買っているんだけど、姫と一緒に新しい豆を買いに行った今日は、姫の好みで豆を選んだ。

姫がチョイスしたのは、味にクセの無いプレーンなモカブレンド。ブレンドの配合比率とか、煎り方とかは店独自のもので、煎り方で味がめちゃめちゃ変わるコーヒーだけど、このお店のモカブレンドは「可も無く不可も無い」味にした、当たり障りのない、癖の無い味のコーヒーなんだそうで、それを買って帰った二人、早速手動式のミルでガリガリと豆を挽いて、サイフォンでポコポコ言わせて挽きたてコーヒーを飲む。

 

・・・・・。

 

確かに、味には全く癖が無い。シビれるくらいに美味しい。って事は無いんだけれど、美味しくないなんて事は微塵も無い。どちらかと言えば結構美味しいコーヒーに仕上がっていた。そんなコーヒーをすすりながら僕は考えていた。
(この味、どこかで・・・・)
で、ふと気付いた。

この味は、ス●バで飲むドリップコーヒーの味に物凄く近いのだ。

スターバッ●スのドリップコーヒー、1杯のお値段はショートで\240。トールで\340。グランデだと\390。

オイラと姫が高知市内にある珈琲専門店、豆蔵で買ってきたモカブレンド、お値段は100gで\315(税込)。100gだと大体2500㏄くらいは淹れられる。淹れる為のコスト(お湯を沸かす光熱費とか)なんて、高めに見積もってもせいぜい10円かそこらだろう。フィルターは洗って何度でも使えるし、交換用フィルターは5枚で\525で、多分50~100回は使えるだろうから、一杯辺りのコストは¥2ちょい。

つまり、●タバのショート(240㏄)と同レベルの味ならば、1杯辺りコストは\45~\44と言う事になる。
自分で淹れたら一杯\45のコーヒーと同レベルの味と量のコーヒーが、スタ●では一杯\290だ。中南米の貧困国での低賃金労力と児童労働を基盤とした、超低価格仕入で利益を上げ続けるスタ●だから、1杯辺り原価はもっともっと安くなるだろう。

自分で淹れたら1杯50円以下のコーヒーを、290円で売るんだから、●タバってば、とんでもないボッタクリ企業だ。そして世界中で進出国の文化を破壊しながら暴利をむさぼるスターバッ●スは、イスラエル政府から賞をもらっちゃうくらいのイスラエル支援企業でもある。

スター●ックス製品に金を払うと言う事は、パレスチナで子供や年寄りや女性を大量虐殺するイスラエルを支持するのと同義だから、僕は政治的理由うからス●ーバックス製品の非買をしているんだけど、1杯40円ちょいで飲めるコーヒーに\290かそれ以上も払うのは馬鹿げているから、経済的理由からも、やっぱりスターバ●クスは買わない。買いたくない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.19

復活

やっと風邪から完全復活した。

明日から、またいつものノーテンキmizzieくん復活だ。

んじゃ、主夫らしく、お買い物に行ってきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.12

病人

なまえ    mizzie
しょくぎょう かいごふくしし
HP      3
MP      0
レベル    37

じょうたい  どく

今の僕の状態をドラクエ風に表わしたら、きっとこんな感じになるに違いない。先週からの体調悪化は本当に酷くて、三日前など熱が39℃を超えるなんてこの30年は記憶に無い。ってくらいのヒドさ。金曜日にはかろうじて仕事に復帰したものの、リハビリ室から受付窓口までカルテを取りに行くのもツラいくらいで、(・・・だ、誰か仙豆を僕に一粒・・・)って思いながら仕事をしていた。

今日は日曜だと言うのに何にもする気力がおきなくて、ちょーアクティブな事でも知られるmizzieだと言うのに、一日中家で寝てました。

これが自分一人だったら別に気にしないんだけど、今は妊娠中のななか姫と共に暮らしている訳で、姫に僕の病気が移ると言うのは僕にとって、恐怖以外の何物でもない。

僕の方はとりあえず、熱が下がって食思も出てきたので、後は免疫系のウィルス残敵掃討戦を援護しておけばいい。

だからもうドリンク剤と野菜ジュースでも飲んで、とっとと眠ることにしよう。

皆さんも、健康にはくれぐれも気を付けて。

んじゃ、おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.04.03

ささやかな贅沢

mizzie & ななか姫は、美味しいものがダイスキだ。

低所得な下流社会構成メンバーだけど、

【美味しいもの】にはコストを惜しまない。

って事で、テロ級に不味いインスタントコーヒーに辟易していたオイラ達夫婦は、インスタントでは美味しい部類に入る、ブルックスのコーヒーを最近は飲んでいた。

でも、どーせならもっとこだわりたい。
それの値段がアフォーダブルであるという条件が付くけど、
やるなら徹底的に、トコトンいいものを求めたい。

って事で、ついに買ってしまった。

037
 

 

 

 

 

 

コーヒーミルと、サイフォン。
手動式のミルでガリガリ言わせながらコーヒー豆を挽く。ってのは、オイラにとっての一種の憧れではあったんだよね♪

で、ネットでサイフォンが安く売ってたので、どうせなら自分で挽いた専門店で買ってきた豆で、そして挽いた直後っていうイチバン美味しい時に、美味しい淹れ方したコーヒーを飲みたい。って事で、サイフォン(4~5人用)も買った。

さぁ、次はコーヒー豆専門店に行って、こっちの味の好みに合う豆を教えてもらうとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »