« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009.05.27

失業!!

世の中は不景気だ。株価は低迷を続けているし、経済指標は軒並み、酷い数値の発表を続けている。派遣や非正規などから始まったクビ切りも最近は正社員にまで及び、あちこちで経営陣・大株主と言う名の超金持ちの暮らしを守る為、雇用者の解雇が続いている。

政府の景気対策は効果サッパリで、それを覆い隠してくれるニュースになるはずだった豚インフルエンザも、厚労省、政府自民党の願いもむなしく弱毒性のままで、WHOの努力もあって鎮静化の方向に向かっている。

自民党の支持率が低下すると、不思議と活動を活発化させる北朝鮮が、ここにきて核実験をしたりミサイルを撃ったりしているけれど、メディアもアメリカもlost interestって感じで、世界中がもう飽き飽きしているようで、自民党の期待したほどには大きなニュースにはなっていない。


話が少し逸れてしまったけれど、低空飛行を続ける景気のお陰で、失業の憂き目にあうサラリーマンが増えているらしい。
慢性的人手不足である介護業界で、実務3年間ずっと低賃金に耐えて来て、無事に国家資格も得ているオイラ、もし失業する事があっても、どこかの介護施設や介護支援事務所にもぐりこんじゃえばいいや。って思っているので、失業問題とか雇用問題もあんまり(と言うか全く)気にした事はないんだけれど、特に資格や技術を持つ訳でも無い一般のサラリーマンな方々にとって、突然の失業って言うのは恐怖以外の何物でも無いんだと思う。

今は、ハローワークの求人情報もネットで見られるから、最新の求職事情もある程度は判るんだけど、求人数は、2008年以前と比べると劇的と言っていいぐらい減っている。こんなご時世では、一旦失業してしまえば、失業前と同待遇で再就職するのは、ほぼ不可能なんじゃないかと思う。

例えば、40代後半・東証一部上場企業の課長クラスだった人が失業した場合、同程度の待遇となると年収700万円以上、年間休日日数130日程度。って事になると思うんだけど、そんな条件の求人なんて、見付けるのはとても難しい。サラリーマンだけを20年以上やっていた、組織に自分を同化させて、得意先や上司に献身を捧げるだけの様なキャリアを重ねて来た人が、何か稼げる資格を持っている可能性はとても低いだろう。
例え解雇される事が無かったとしても、こんなご時世だから、自分が所属する会社が突然無くなってしまう可能性だってある。何の兆候も無く会社が会社更生法申請して、なんてのはまだマシな方で、ある日突然会社が無くなって、経営陣は社員が積み立てていた退職金も何もかにもを使い込んで姿を消していた。なんて事だって起こり得るのだ。

こちらがどんなに献身を尽くしても、会社は絶対に雇用者を守ってなんかくれない。彼等が守るのは経営陣と株主の利益だけであって、社員やその家族の生活がどうなろうと、そんな事はどうだっていいのだ。
日産を見てみろ。
バブル後の大赤字から立ち直る為に、優秀な下請けを容赦無く切り捨て、国内工場を閉鎖して、そこに勤めていた従業員とその家族の生活を完膚無きまでに破壊した。しかし株式相場では、「無駄な経費を圧縮して利益拡大に寄与した」と高く評価され、整理ポスト行き一歩手前まで下落していた株価は、Skyrocket(急上昇)だ。
キヤノンを見るが好い。
巧みな広告戦略で、機能的には大した事も無いカメラを高価格で大量販売させる事に成功し、消費者を騙して濡れ手に粟の利益を手にしておきながら、それを消費者に還元する事はおろか、従業員にすら還元せず、政府自民党に献金と言う形のロビー活動を行い、法律を改正させて経営陣が巨億の利益を得る事を合法化させた。
そうしておいて、一旦景気が下向きになると、経営陣の稼ぎには全く手を付けず、雇用保護義務の無い派遣工・期間工と言った非正規社員のクビを数万単位で切り捨て、数えるのも嫌になるくらいの労働者達の生活を破壊した。

会社は決して、雇用者の事を守ってなんかくれない。
彼等は雇用者を踏み台にしてのしあがり、捨て石にして身を守る。
30年前は許されなかったそれらは、自民党に取り入る事で合法化させた。それはつまり、自民党を政権に付け続けて来た、多数派の日本人がそれをする事を認めたと言う事だ。

失業に怯えなくても・慌てなくてもすむような社会になって欲しいと思うなら、次の選挙にはキチンと行って、自民党を政権の座から引きずり下ろす事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2009.05.17

Is it true?

厚生労働省は16日、神戸市灘区の兵庫県立神戸高校に通う三年の男子生徒について、国立感染症研究所の検査で新型インフルエンザ感染が確認されたと発表した。空港などの水際ではなく、国内での初めての発生となった。
(2009年5月16日 高知新聞夕刊より抜粋)

16日の午後一番、このニュースが発表されて以来、日本中の全てのテレビ・ラジオ・新聞はこのニュースでもちきりだ。これまで、大量の予算と人員を投入し、国内流入を阻止すべく実施された、空港での厳重な検査の網目をくぐり抜け、国内での感染を起こした事で、毒性は低いが感染力は強いとされる豚インフルエンザが、日本国内で急拡大する懸念が強まった。形態変化の早いインフルエンザウイルスなので、日本国内で感染を繰り返しているうちに、毒性の強い、致死率の高い危険なウイルスに突然変異を起こす可能性だってある。対岸の火事だった豚インフルエンザ問題は、一気に国内問題として急浮上した。

 

 

この、国内での感染か確認された豚インフルエンザウイルス、感染者である男子高校生だが、新聞の報道では、11日に悪寒を訴え、翌12日には37.4度の発熱があり開業医の診察を受けている。診察を行った開業医は、当然の様にインフルエンザの簡易検査を行い、A型陽性反応が出たので、「忙しいだろうが保険所を開けてくれ」と言って、検体を市に提出している。しかし開業医からの検体提出に対し、市は発熱外来の検査を優先し開業医から提出された検体を放置、結果、開業医が検体を提出してから詳細が判明するまでに、3日間も掛かってしまった。

僕はこの、「市が検体の検査を後回しにして詳細判明まで3日を要した」と言う文を読んで、(ん?これは政府の陰謀なのではないのか?)と思った。
厚生労働省が豚インフルエンザの国内感染を発表した5月16日は、辞任した小沢党首の後継を決める、民主党の代表選挙があったのだ。

両院議員による投票では、民主党次期党首は鳩山氏に決まったのだが、もし、16日に豚インフル国内感染のニュースが無かったら、テレビも新聞もラジオも、報道はどこも民主党代表選挙の事を報道したはずだ。
しかしながら、民主党代表選挙のニュースは豚インフルエンザ関連ニュースに完全に押しのけられて、テレビではちょろっと触れる程度、新聞も1面の隅っこに、細々と記事が書かれている程度だった。

 

支持率の超・低空飛行を続ける二世議員のボンボン、Aho、じゃなかった麻生総理&お友達内閣の失態・醜態と、'05の総選挙で自民党が勝ち過ぎてしまった反動で、来たる次の衆議院議員選挙は、かなりの高率で自民党は負けるだろう。
自民党はそのダメージを最小限で食い止める為にもメディアには、自民党のいい面は過剰な程に、野党のニュースは可能な限り小さく、或いは全く報道無し、と言う姿勢で報道をさせたいのだ。
これはmizzieが深読みし過ぎているのかもしれないが、空港の検疫体制を強化して感染者が出始めた辺りで、厚労省と政府自民党には、国内感染が時間の問題なのは判っていたはずだ。『立ってる者は親でも使え。』どころか、『寝てる奴でも起こして使え。』な自由民主党なので、国内感染が判ったらすぐに厚生労働省・大臣に通報する事。くらいの通達は、各市町村の保健所に出していたのではなかろうか?

そして、13日に神戸市内の高校生から簡易検査偽陽性反応となった者が出た。との報せを受けるとすぐに、「感染発表は16日まで待て!」と、厚労省大臣名(自民党の議員ですよね?)で命令をするのだ。

結果、16日のニュースは全て、『民主党代表選挙』から『豚インフルエンザ国内感染関連』に変更された。自民党の目論見は見事なまでに上首尾よく行ったのだ。

しかし、感染確認を3日間遅らせ、感染拡大防止措置を3日間遅滞させた事で、豚インフルエンザは日本国内で爆発的に流行するかもしれない。
17日19時の時点で、豚インフルエンザの国内感染者数は40人になっている。40人。と聞いて、「まだ、120000000分の40じゃないか。」と思うかもしれないが、接触感染や飛沫感染と違い、インフルエンザは空気感染だ。そして殆ど全ての日本人は、この豚インフルエンザに対する免疫を持っていない。

つまり、空気中を漂う1株のウイルスを吸い込むだけで、豚インフルエンザに感染・発症してしまうかもしれないのだ。

自分達の党利・党略の為に、国民の健康を犠牲にした自民党。
国民の健康よりも、居眠りしているだけでも年間4400万円も報酬がもらえる国会議員のイスに、自分達が居座り続けられる事を優先した自民党。

 

僕等はやはり、次の総選挙では何が何でも、こいつらを国会から追い出さなければならない。
選挙に行こう。
投票日にどうしても都合が悪い人は、期日前投票で自民党にNoを突き付けよう。
小選挙区では自民党に最も勝てそうな野党候補に、
比例区では自分の主義主張に最も近いマニフェストを掲げる野党政党に、 

あなたの一票を投じよう。
Ballot(投票用紙)と言うBullet(弾丸)を、投票箱に撃ち込もう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.16

ネコエンジン

今日の出来事。久し振りに外でお昼ごはんにしようって事で、mizzie & ななか姫、近所にある美味しいお蕎麦屋さんに向かっていた。

ニャニャーーーーン・・・。

姫:{え?猫?」

僕:「なんか今、ネコの声したよね?」

ブイイイーニャ、ニャニャーーーーン・・・。

猫の鳴き声みたいな吸気音をさせながら、軽自動車が僕等のすぐ側を走って行った。

姫:「なんか、めっちゃネコみたいな音させる車だったね。」

僕:「猫仕様エンジン?」

姫:「mizzie猫好きだから、あんなエンジン欲しいんじゃない?」

僕:「やだよそんな猫みたいな音して走る車。朝、エンジン掛けようとしたらキュルキュルキュル・・・ニャ、ニャーーーン、ニャニャニャニャニャニャ・・・・なんて音させて。」

姫:「キャハハハ、確かに可笑しいよねそれ!」

僕による、排気音を猫の声に置き変えたエンジン始動時の再現に、姫ったら笑いのツボを刺激されたみたいでバカ受け。

僕:「市販車だったらアイドリングがあるからいいけどさ、レーシングエンジンにはアイドリングが無いからタイヘンだよ。始動も押しがけでさ、タッタッタッタ、って走ってきて、パラン、パラパラパラパラ・・・ってやるんだけど、これが猫仕様だとタッタッタッタ、、、ニャニャン、ニャニャニャニャ・・・ってカンジになって、レース用エンジンはアクセルあおってないとエンストしちゃうからさ、ニャニャニャニャニャニッ。って、突然止まっちゃったりする訳よ。」

姫:「(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ」

僕:「だからレース用エンジンは、エンジン掛けたら水温が30℃くらいになるまで、3000回転で固定させるからさ、ニャニャンッ!ってエンジン掛かったらさ、ニャニャニャニャニャニャ・・・。って3000回転で固定するようにアクセルを開けて、水温が30℃越えたらアクセルをあおって6000から9000回転のアクセルのツキとかトルク感を確認すんの。ニャニャニャニャニャ、ニャニャーン!ニャニャーン!ってカンジで。」

姫:「で、○○くん(mizzieがメカニックしていた頃の担当ライダー)のエンジン、勝手にネコ仕様にしちゃったら○○くんめちゃ怒るんでしょうね。」

僕:「でもめっちゃパワー出てるの。僕がめちゃ嬉しそうな顔して、○○!見てみろよこのトルク感、リアサスめっちゃ沈んどるやろ?とかいいながら、8000回転で固定させたエンジンをアクセルあおって12000回転くらいまでブン回すの。ニャン!ニャン!ニャン!ニャン!、ニャニャニャニャーン!!ニャニャニャニャーン!!って♪」

姫:「mizzie、もしかしてネコエンジンにハマった?」

ニャニャニャニャァーーン!!
  ニャニャニャニャァァーーン!!

傍から見ていたら僕等はきっと、気の狂った夫婦に見えた事だろう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.05.10

墓穴

今さっきテレビを見ていたら、今日、真夏日を記録した高松市の映像が流れていた。それを見ながらオイラ、

「あ、ここ前に二人で行ったよね!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙」

その言葉に姫、

「え?あたしこんなトコ行った事ないよ。」

「え?そうだったっけ?でも僕、ココ確かに行った記憶があるんだけどなぁ・・・。」

「誰と行ったのよ!」

(そうだ、ココは昔、元カノと二人で行ったトコだった・・・。)

「mizzie!ココにいつ誰と行ったのっ‼!」

(マズい、ここでヘタに誤魔化したりしてたら、自分で掘った墓穴に自分で落ちてのたうつ事になる・・・。honesty is the number one requirementだ)

って事で、オイラは元カノと行った場所だったって事を正直に話し、

「アタシ、mizzieと高松行った事なんか無いもん!」

って言う姫に、

「よし!来週高松行こう!!山越行って、香川イチ美味しいうどん食べよう!!」

って、約束をする事になったのでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.05.09

豚インフル感染者

もう今日はずっと、テレビはこのニュースでもちきり。大臣とか出なくていいのにしゃしゃり出てきて、まるでJ民党の大宣伝。公共の電波を使ったメディアジャック。

自眠党(誤字)ってば、国民の健康なんか一切無視で、アメリカ政府とアメリカ食品産業に気を使って、世界中が「豚インフルエンザ(swine flu)」って表記してるのに、「豚インフルエンザ」って名前で報道しちゃうとアメリカ製豚肉が売れなくなるから、せっかく劣悪な豚舎に押し込めて大量生産した格安の豚肉を、極東の黄色いサルどもに売り付けて大儲けしてやろうとしているアメリカ巨大食肉企業なのに、その劣悪衛生事情のせいで人にも感染するインフルエンザが発生して、仕方が無いので日本には「豚インフル」なんて名前は米政府を通じて圧力掛けて、その呼称を「新型インフルエンザ」に改称させた。

アメリカから「豚インフルなんて呼び名は、アメリカ産豚肉のイメージダウンになる。呼び名を変えろ!」って言われた痔民党(誤字)、「ワン!」って尻尾振って呼び名を変えた。もう狂牛病の時と全くおんなじだ。自M党にしてみたら、国民の健康よりも、アメリカ企業の利益最大化の方が大事なのだ。

さらに、アメリカに気を遣うだけなのなら、もう豚インフルの事には触れないでおいた方がいいのだろうが、支持率が低空飛行を続ける痔明党(誤字)政権、豚インフルの騒ぎを上手く利用して、自分達の政権担当能力と危機対処能力をアピール、支持率回復に繋げたい。
で、まだ感染確認が取れる前から、やたらと危機感を煽って国民を怖がらせようとする。国民に恐怖を植え付けて、それを払拭出来るのは政権を担当している自分達だけだとアピールする。

藪男が、ブッシュが、イラクに侵略するときにやったのと同じだ。

あの時奴は、大量破壊兵器だ炭疽菌だと騒ぎたてて国民の恐怖を煽り、自分達への支持を取りつけてイラクとアフガニスタンに侵略した。

自眠党(誤字)の恥知らずどもは、ブッシュのマネをして自分達の支持を回復させて、すぐ側まで迫った衆議院選挙まで国民をだまし通そうとしている。

騙されてはいけない。
踊らされてはいけない。

僕等が今最もやらなければいけない事は、遅くとも秋には行われる衆議院選挙はきちんと投票に行って、
小選挙区では自民党に最も勝てそうな野党候補に、比例区では自分が最も共感出来るマニフェストを掲げた政党に、
しっかりと1票を投じてくることだ。60年以上も政権に付き続け、大企業や官僚と癒着しまくってゼンゼン国民の幸福なんか考えなくなったあいつらを、とにかく一度、野に下らせる事だ。

僕達庶民だけが貧乏クジを引かされて、我慢を押し付けられる政治は、もうこりごりだ。国会じゃ居眠りしてるだけなのに年4400万円もの報酬をもらってるあいつらを、いい加減に国会から追い出そう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.05.05

Police crime

Kochi prefectural police[KPP] committed a crime. A young policeman riding a police motorcycle crashed into a school bus at 2006/3/3 on Route56 in Haruno-town. At that time, a school bus who drove Mr. Kataoka completely stopped on a road near an intersection, and a police motorcycle was running approximately 60km/h [38mph] or more. That police motorcycle crashed into a bus very hard and the police motorcycle was badly damaged, and the policeman was died unfortunately.
KPP had frequently trained high speed chase training by police motorcycle in that point of route56, but the high speed chase training is illegal because the training had been done on public road and had acted secretly on route56. I mean, the high speed chase trainnning was perfprmed without permission. However, KPP fabricated witness and evidence, KPP concealed testimony of the third party and evidence of the truth. KPP's distorted investigation was concluded that the accident is certainly Mr.Kataoka's fault. Then, KPP arrested Mr.Kataoka and send him to Kakogawa jail in Hyougo, 200miles away from Kataoka's house and his family.
Sorry to died young policeman, but an accident is an accident. Nothing more, and nothing less. KPP only had to deal fairly with the accident, but they didn't. Why KPP did need to fabricate the accident and send Mr. Kataoka to jail?

First of all, KPP had performed illegal training. It's too bad to their illegal training become known to public. If those illegal training is out of the bag, some of KPP's bureaucrats had to take responsibility, and they probably lost their job or demoted their rank. Needless to say, KPP bureaucrats don't want to lost job or demote rank, and don't want to take responsibility. Therefore, KPP bureaucrats desided to put the blame to Mr. Kataoka, one of a sufferer of the accident.

In addition to this, KPP had been pursued about the public funds embezzlement scandal when that police motorcycle accident happened. The civil ombudsman organization in Kochi found that KPP were making the investigation expense to a slush fund, and it was said that those investigation expense became the making merry expense of the KPP police chief. KPP were made to bear the brunt of the criticism in those days. It was very very inconvenient for KPP's bureaucrats if the accident open to public and KPP admitted that the accident was KPP's fault. Consequently, KPP bureaucrats ordered their subordinate police officers that they make false evidence, false witness, and composite photographs.

However, Mr. Kataoka is absolutely innocent of the charge. He didn't have wrong at all and he had no responsibility about the accident. The accident and lost a life of young policeman are completely KPP's bureaucrats' fault. However, Mr. Kataoka was sentenced to guiltiness, and he was sent to the prison because of KPP bureaucrats move their hand back to the prosecution and the judge.

This is a serious false charge event. If we let the false charge go unpunished, it's means that we accept the freedom and the justice do NOT exist in Japan. Therefore, I wrote the article in English and sent to the world.

Mr. Kataoka support organization
[
http://www.geocities.jp/haruhikosien/]

Kochi Prefectural Police Department
[http://www.i-kochi.or.jp/hp/kenkei/
]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.05.04

高知県警の、検察と裁判所を巻き込んだ一大やらせ事件

ぽにょ出産に備えて、新生児用の肌着とかを買いに行って、
色んなラブリーなグッズを2万円分くらい買って、
その帰り道、高知市自由民権記念館で開かれていた、
片岡晴彦さんを支援する会が主催する、

『高知白バイ事件説明会』

に、nanaca姫と二人で行ってきた。

結論から先に行っちゃうと、この事件での高知県警の主張と提出された証拠資料は、どう考えても理に叶っていない。
高知県警は、警察官僚と県警組織の保身だけの為に、事故の被害者だった片岡さんが起こした過失致死事件であると言う証拠をでっち上げ、無実の市民を警察・検察・裁判官が寄ってたかって犯罪者に仕立て上げ、無実の運転手を刑務所に送り込み、彼の人生と家族の平和を完全に破壊した。

事故発生当時、高知県警は裏金疑惑で市民やメディアから攻撃の矢面に立たされていた。また、事故処理中の事故が頻発していて警察本部から「職務中の事故に気を付ける様に!」と言う通達が出た直後だった。
その時期に、公道で違法な訓練を行い、そしてその訓練中に死亡事故を起こしたなんて事になれば、間違いなく当時の警察官僚のクビが飛んだだろう。

それは高知県警上層部としてはとても困る。じゃあ、この事故は被害者市民である片岡さんに非がある、過失致死事故って事にしちまおう。現場検証も関連調書も全部作成するのは自分達警察なんだから、自分達に都合がいい証拠資料を捏造しちまえばいい。
そうして、事故は片岡さんに非がある。と言う証拠写真が捏造された。

でも考えてみてくれ。

高知県警の主張では、片岡さんの運転するバスは時速10kmで白バイと衝突し、白バイを3.5m引きずって停止。とある。

しかし、

片岡さんの運転していたスクールバスは、
満載時の総重量が6tにも満たないような小型バス。
エンジンは加速のトロいディーゼルエンジン。
路側帯から衝突地点までの距離は7m以下。

この状況で、どうすれば時速60kmで直進してきた白バイを3.5mも引きずる事が出来るんだ?

警察が「片岡さんのバスは動いていた」と主張する証拠とされた現場検証写真に移された、1.2mのタイヤスリップ痕。しかし、片岡さん運転のバスにはアンチロックブレーキシステムが付いている。ABS装備のバスがタイヤをロックさせたまま1.2mも走行するなんて、ABSが壊れない限りありえない。仮にABSが壊れていたとしても、時速10kmのバスが完全制動まで1.2mも走るなんて事は、現代のタイヤテクノロジーではまずあり得ない。

片岡さんを支援する会の方々は、バスに乗っていた生徒達の証言や、明らかにおかしい所だらけの警察側提出証拠資料の矛盾点を突いているし、支援する会の主張は570%くらい合理的なんだけれど、

元レーシングライダーで、元レーシングメカニックのオイラの視点から見ても、高知県警の主張は技術的に、物理的に、全く理に叶っていない。もし県警の主張が正しいとするのなら、高知県春野町の国道56号線は、慣性の法則、エネルギー保存の法則、運動量保存法則と言った、物理学の法則が全く適用されない、或いは地球と異なる形で存在する、地上に存在するアナザーワールドと言う事になってしまう。

この事件は、どう考えても冤罪だ。警察は自分達の保身の為だけに、無実の片岡さんを犯罪者に仕立て上げて彼の人生をめちゃめちゃにした。
こんなヒドい不正が、僕の住む高知で起きたと言う事実はとても恥ずかしい、腹立たしい事だし、正義と公平を愛する一人の市民として、

許せない事を、絶対に許してはいけない。

説明会が終わった後、支援する会が募っている再審請求趣意書に夫婦で署名して、
手弁当で支援活動をしている支援する会にも夫婦で募金しておいた。
署名用紙も頂いて来たので、ここは一つ、署名を集めて支援する会に郵送する事にしよう。

自由と、平等と、正義の為に命を賭けた偉人を沢山輩出してきた土佐人の血を引く者の一人として、
この不正義と非条理は、許す事も見逃す事も出来ないのだ。

リンク: TBS、情報番組でやらせ疑惑.

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009.05.02

ジュエリーアート

まだシスコで暮らしていた頃、大学でジュエリーアートのクラスを取っていた僕は、授業で指輪を作ったりネックレスを作ったりしていた。

貧乏学生だった当時の僕は、ジュエリーアートで使う素材を買うお金が無くて、学校の工房(City College of SanFranciscoは、金属アート、陶芸の工房をキャンパス内に持っている)で、廃材置き場で掘り出してきた真鍮をピカピカに磨いて、シルバーワイヤを使ってSolderingで自作のリングベースと石を固定する爪を作り、そこにラピスラズリとかターコイズといった輝石(宝石はフェイクでも当時の僕には高すぎて買えなかった)を嵌め込んで、作った指輪やペンダントを当時付き合っていた恋人に贈ったりしていた。

貧乏学生時代には手が出なかった宝石も、加工前に業販価格で買うとめちゃめちゃ安い。0.1カラットくらいのダイヤなら$100で十分お釣りがくるし、輝石なんか「ええっ!?」って思っちゃうくらいに安い。石の種類にもよるが、$1~$3.75で大抵の輝石は買えちゃう。
結婚前は米国永住権を維持する為に、4ヶ月毎にシスコに帰っていたオイラ、シスコに戻った時は毎回、ラピスラズリやターコイズとかの輝石を売っているお店に行って、ピンクローズとかタイガーアイ、ラピスラズリとかブラックオニキスとかを日本で売ってる値段よりもかなり安く買って(ラピスは$3ちょいだった)、日本の友人達へのお土産にしてた。

メタルアートってのはやってみると結構面白くて、んで、アートの街でヒッピーの街でもあるサンフランシスコには、そう言った感じで自作の指輪とかネックレスとかペンダントとかを売ってる連中が結構いるので、そういった奴等を相手にしている素材屋さんも何軒かある。指輪なんかSolderingさえできれば、そう言ったジュエリー用のパーツ屋さんで部品を買ってきて組み立てちゃえば、夜中のTVショッピングで150,000円位で売ってる指輪が、原材料費 \20,000(宝石代込み)もあれば作れちゃう。シスコの有名な素材屋さんは通販もしてて海外発送もしてたから、ネットを使って通販で自作しちゃえばきっと、殆どの金属アクセサリーは市価の2割くらいで作れちゃうはずだ。

 

 

コネタマ参加中: あなたのアート体験教えて!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »