« 1ヶ月検診に行ってきた | トップページ | Our time for change has come!!(変革の時は来た!!) »

2009.08.29

Nagatachou-cleansing(永田町浄化)

選挙期間中に政治の事を書くと公職選挙法に抵触しちゃうかもしんない。って思って政治ネタは書いて無かったんだけど、どうやら個人のブログなら大丈夫らしい。って事なので、

今日は久しぶりに政治関連の記事を書こうと思う。

 

 

この4年間は特に酷かったけど、60年近く続いた自民党の悪政にようやく重い腰を上げる気になった人達のお陰で、守銭奴で売国奴で庶民イジメが大好きな悪徳強欲サド集団自民党が、政権の座から引きずり降ろされそうな勢いだ。

「三方一両損」なんて言っておいてその実、改革の痛みは全て社会的弱者と庶民に押し付けた自民党。

後期高齢者医療制度なんて作って高齢者と現役世代を切り離し、「お前らは国庫に負担を掛けてばっかりだし、俺達金持ちはお前達ビンボーな年寄りの面倒なんか見たくないんだ。」と言って冷酷に高齢者を切り捨てた自民党。

生活保護の高齢加算、障害者加算、母子加算を廃止して、「ビンボー人は生かせておいてもらえるだけでもありがたいと思え!」何て言って、社会的弱者を切り捨てた自民党。

障害者自立支援法と言う名の自殺支援法を作って、「施設使いたきゃそれに応じた金を払いな!」何て言って障害者を施設から追い出し、数えるのも嫌になるくらいの障害者を自殺に追い込んだ自民党。

医療には金が掛かり過ぎている。何て言って、診療報酬を切り下げ薬価も引き下げ大学医学部定員を減らし、リハビリは180日で打ち切るようにして入院時の食事代、室料と言ったホテルコストは保険適用範囲外として、結果として患者が窓口で払う医療費は劇的に増えたのに医療機関が受け取る報酬は激減。世界保健機構から医療充実度が世界一と言われた日本に深刻な医療崩壊を招いた自民党。

カネが無い!もう消費税増税しか無い!!なんて言ってるクセに、毎年アメリカ軍には要請すらされていない駐留経費を7000億円も負担し、1隻の建造費が1000億円近いヘリ搭載型護衛艦(あれは誰が見てもへり空母だ)を次々と建造。巨大建設会社以外誰も喜ばない大型公共事業を見直すと言ってただ「じーっ」って見ただけで何も変更せず事業継続する自民党。

景気が回復した!と言って、定率減税を廃止しサラリーマンから増税したクセに、自民党による労働法改定で製造業への派遣が出来るようになって、正社員をリストラで解雇し非正規社員に入れ替え、非正規を薄給でこき使う事によって空前の利益を上げた経団連加盟巨大企業の税率は引き下げたまま全く手を付けないばかりか、経団連会長の守銭奴富士夫、じゃなかった御手洗富士夫会長の提言に従い、さらなる大企業優遇政策を推し進めようとしている自民党。

 

もう、自民党の悪政を書き連ねて行けば、「カラマーゾフの兄弟」よりも長い文章になってしまいそうだからこの辺にしておくけど、選挙になんか行かない、行っても自民党・公明党にしか投票しない。何ていう人たちのお陰で、中流家庭のパラダイスだったこの国は、こんなにも酷い国になってしまった。

これ以上こんな状態が続くのなら、そしてこの国の多数派国民がこれからも選挙になんか行かないし、行っても自民党にしか投票しないんなら、米国永住権が来年の7月までは有効なオイラ、ブッシュが追い出されていい国になりそうなアメリカに帰る。ってのも手だよな・・・なんて思っていたんだけど、さすがに社会が悪化し続けた事のリコイルで、次の選挙で自民党が敗北するのはまず確実。って勢いだ。

でもでもでもでも

自民党を追い出して政権を奪取する事になりそうな民主党、今はネコ被ってるけど、自民党と民社党と社会党の寄せ集め政党な民主党で主要ポストについてるのは、自民党と同レベルか、それ以上に右翼的な連中だ。そして経団連加盟企業からの支援も受けてる、非公式にアメリカと会談したりしてる(らしい。それに最近の動きを報道されてるニュースから拾い読みしてる限りでは、そうとしか思えない節がある)民主党には、アメリカや大企業の利益を損ね、僕達の様な庶民の為になる政策を実行する事は不可能だろう。

じゃあ、僕等の思いを国会に届けるにはどうすればいいのか?

僕等の様な世帯年収500万円以下の中・低所得者層の為になる政治が、アメリカや大企業に気兼ねする事なく打ち出せる党は無いのか?

 

あるぞ。

今、最もマトモな事を言っている、やっている政党が。

それは、

 

日本共産党だ。

 

小選挙区では自民党と民主党の争いに埋没し、苦戦が伝えられている共産党だが、結党以来70年以上の間、一貫して社会的弱者の為、低所得者の為、労働者の為に活動を続け、庶民が面倒事に巻き込まれて警察を頼っても、民事不介入の警察は助けてくれなくて、「じゃあ、僕等はどうすればいいんですか!」って泣きついた時に「共産党の事務所に行きなさい」って言われるくらい、弱者の為の活動を続けて来たのが共産党だ。
国会では資料と圧倒的な学習量を駆使して理論的に時の大臣や政府高官を追い詰め、庶民の権利保護に繋がる言質を何度も引き出してきた、政府にコントロールされたメディアが絶対に報じない善行を地道に積み上げてきた政党が、日本共産党だ。

明日の衆院選、余程の事が無い限り自民党は歴史的敗北を喫するだろう。
そうなんだから、もう選挙になんか行かなくてもいいじゃないか。って思う人がいるかもしれないが、そこでぐっと踏み止まって、浮薄なイメージに流されてる人達とは違った、正しい選挙権の行使をしてこよう。

比例区には共産党、小選挙区には共産党候補の名前を書いて、
投票用紙(Ballot)と言う弾丸(Bullet)を、投票箱に撃ち込もう!!

|

« 1ヶ月検診に行ってきた | トップページ | Our time for change has come!!(変革の時は来た!!) »

コメント

期日前投票に行ってきました。私が住んでいる所は共産党の方が立候補されなかったのですが、確かに共産党なら助けてくれるような気がします。(勉強不足で、ごめんなさい)
亡国という言葉がありますが、私は戦争を始めた時点で既に亡国したと思っています。自民党が戦後の日本を良くしたとは思えません。自民党の政治家には、きちんと責任をとって貰いたいです。同意見なので、引き続き私もブログの内容を支持します。

投稿: 香川県民 | 2009.08.29 21:11

>香川県民さん

そうですね。麻生、安部、小泉、森と、酷い政治ばかりしてきたんですから、その責任はきっちり取って頂きたいものです。

投稿: mizzie | 2009.08.30 13:05

はじめまして。コネタマでここに辿り着きました。
本記事文ではなく返信コメントに対する意見で、失礼とは存じますが…
「麻生、安部、小泉、森と、酷い政治ばかりしてきた」

小泉元総理に関しては何を言われても仕方ないし、森元総理に一癖あるのは否定できないけれど、
安倍さんと麻生さんに関しては真実を知ってほしいと思います。

投稿: しらさぎ | 2009.08.30 16:39

安倍さんの真実とは、美しい国づくりプロジェクトで税金の無駄遣いをしたことでしょうか?
麻生さんの真実とは、失言が多かったことでしょうか?
我々の貴重な税金は失言をする首相を養うために払っているのではない。
麻生さんは選挙期間中、3千円の腕時計を買って(庶民だと言いたいのか?)、ベルトがちぎれたら新たに買っていると言ってたが、我々低所得者にとっては、ベルトがちぎれただけで腕時計を新たに買い直す金なんてない。
生活に困ってないから、国民の苦しみなんかわかるはずがない。

投稿: クロサギ | 2009.08.30 23:55

> しろさぎさん

安部元総理がやった事。
美しい国プロジェクト。なんて耳障りのいい看板で大衆を騙してその裏で、教育基本法を改正し、「お国の為に」その命を差し出す貧乏人の子供達を大量生産しようと企んでいました。
国民投票法案を野党の反対を押し切って強行採決し、投票率50%の選挙で過半数、つまり全有権者の4分の1の賛成を得れば憲法改正が出来るような法律を作り、この国を「国家元首(つまり安部元総理です)の一存で戦争の出来る、最前線に立つ貧乏人の子供達が敵兵のはらわたをえぐる美しい国」を作ろうとしていました。
安部元総理にとって、軍隊は自分のおもちゃに過ぎず、国民は自分の為の捨て駒でしかありません。

麻生総理は確かに、ごくわずかではありますがいい事をやろうとはしていました。国際政治学や行政管理学を十分に学んだ後、森か橋本の次ならば、いい総理との評価を得たかもしれません。
ただ、彼が総裁の座に着いた時、彼はまだ総理の器では無かったと思います。

>クロサギさん

国会議員は確か、年収がン千万円だったと思います。さらに、自民党で国会議員になる人は父親も国会議員の世襲議員だったり、1潤沢は資金力を持っていたりしますから、
年収500万円以下の庶民感覚なんて、絶対に判りませんよ。Don'tではなくてNeverです。

投稿: mizzie | 2009.09.01 21:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/46062294

この記事へのトラックバック一覧です: Nagatachou-cleansing(永田町浄化):

« 1ヶ月検診に行ってきた | トップページ | Our time for change has come!!(変革の時は来た!!) »