« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009.09.30

平成50年版 小学6年社会



マイミクさんが自分の日記で書いてるこれ、前回までこっちで転載させてもらった分の続き、さらにこっちで転載させてもらう事にしました。

このシリーズは、今回のこれで最後です。

 

これらの一連の記事を読んだアナタは、一体何を考えるのかな?

____________________

 

 

『小学校6年 社会科』
……………第9章 現代
その7 日本国の今後
安易で耳障りのいい自民族中心主義を乗り越え、多様な民族、言語、文化、宗教、思想が活発に交流する、マルチカルチュラル(多文化共生的)な時代を生きるわたし達ですが、それは我が国固有の文化や風習、価値観を否定する事とは異なります。わたし達の国で独自の発展を続けてきた文化や風習、価値観の中には確かに、21世紀における多様な文化が共生する新しい社会にはそぐわないものも存在しますが、わたし達が過去から受け継いできた文化や価値観の中には、世界に誇れる素晴らしいものがいくつも存在します。
 21世紀初頭、アメリカはグローバリズムと言う名の下に自分達の価値観を世界中に押し付け、アメリカ基準を世界標準とし多様な文化の存在をなし崩し的に破壊しようとしましたが、その反動としてヨーロッパを始めとした世界中で起こった反グローバリズム運動と、自分達の文化と風習を見直し尊重しようと言う運動により、世界各地で先祖代々受け継がれてきた固有の土着文化には、確かに守る価値がある。と言う考えが、今では世界の主流となっています。そしてその、万華鏡の様に多様な文化が共生する社会を受け入れつつ、自分達が過去から受け継いできた尊いものを守り伝えようとする思想こそが、真の愛国心と呼べるのです。
 真の愛国心とは何ら根拠も無く自分達の優位性を誇る自民族中心主義では無く、この世界の多様性を受け入れ、その多様な社会と共生しながら、世界中が判る言葉と方法と表現で、自分達の勇気とプライドを示す事なのです。次の時代を生きるみなさんに求められているのは、自分達とは異なる存在を拒絶したり力ずくで排除する事で自分達の文化を守るのでは無く、わたし達が過去から守り育て受け継いできた、わたし達日本人が持つ良い部分を、世界中が理解せざるを得ないような形で示し続ける事なのです。これからもこの日本から世界に向けて、世界中が判る言語と方法と表現で、わたし達の勇気とプライドを示し続けなければなりません。それが次の時代を生きるみなさんの役目です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.09.28

マイミクさんが自分の日記で書いてるこれ、「その7」まであるんだけれどはっきり言って僕的にはかなり面白かったので、前回までこっちで転載させてもらった分の続き、さらにこっちで転載させてもらう事にしました。

その7も近いうちに転載させてもらう予定です。

 

これを読んだアナタは、一体何を考えるかな?

____________________

 

『小学校6年 社会科』
……………第9章 現代
その6 多文化共生思想
 みなさんがこれまで学んできたように、地球規模での交流が活発化した現代社会においては、自分達の事を学ぶ事と、相手の事を学ぶ事はたいへん重要です。知ろうとする努力を放棄し、安易に優越感を得ようとする自民族中心主義は孤立を招き、生きる為には他国との共存が不可欠な我が国にとって大変危険な事は、これまでに触れた通りです。では、90年代後半から若者達の間で広まりつつあった自民族中心主義は、なぜ21世紀初頭をピークとして衰退したのでしょうか?
 多くの心理学者や文化人類学者、社会学者達が指摘するように、自民族中心主義は間違った思想なのですが、そう言った学者達の言葉はやや難解な面もあり、安易で容易な自民族中心主義者たちの主張と異なり、一般の人達には中々浸透しては行きませんでした。何ら科学的根拠も無く自分の所属集団の優位性を主張する自民族中心主義ですが、それは同時に、楽をして優越感や一体感を得たい人達にとって、とても耳障りの良い心地良い主張だったのです。自民族中心主義が拡大したのが1960年代だったなら、それはこの国の中心を占める思想になったかもしれません。第二次世界大戦中の我が国のように。
 しかしながら、幸運にもこの国が同じ失敗を繰り返す事はありませんでした。自民族中心主義を強固に信奉する人達に、経験に基づいた根拠を持って異を唱える人達が存在したのです。わたし達の国は戦後の経済発展に伴って国力を増大させていたのですが、それは同時に、自国通貨、つまり円の価値が上がる事を意味していました。そうやって強くなった円で、観光旅行では無く留学生として、海外と直接関わりを持つ日本人達が、1980年代から飛躍的に増加していました。また、芸術やスポーツの分野でも海外の情報が豊富に入って来る様になり、自己向上に余念の無い芸術家やスポーツ選手達は、積極的に海外と関わり、特に映画やサッカー、野球、モータースポーツ等では、日本から海外遠征をするのでは無く海外のチームに所属し、多国籍混成集団で暮らす経験をする日本人が劇的に増加していました。そうやって豊富な海外経験を得た多くの日本人が帰国後に自らの経験を周囲に語る事で、“世界の多様性”、“世界の中の日本”と言うものを、多くの人達に伝え広めていったのです。金にものを言わせて観光地を回るだけの海外旅行とは異なり、言葉も文化も風習も異なる異文化社会で暮らす為には、その社会について学ぶ事は生きのびる為に必須となります。80年代後半からの円高で海外留学を経験した大量の中流家庭の子供達は、そうやって苦労を重ねて異文化を学ぶ事で貴重な知識と経験を豊富に得て帰国しました。開かれた柔軟な思想を持った彼等は、当時は少なかったクリティカル・シンキングスキルを習得しており、溢れる情報を取捨選択するだけでなく、それらを適格に批評する能力を身に付けていました。海外留学が一部のエリートだけのものだった時代とは異なり、その気になればほとんどの人に可能となった時代を生きる彼等は、自分達は特別でも何でもないと言う事を良く理解していたので、普段の生活では表立つ事も無くこの国に溶け込んでいましたが、自分の意見を論理的に科学的根拠を持って語る技術を身に付けていた彼等は、自民族中心主義を論理的に明快に否定したのです。
 そうして、知る努力よりも根拠無く自分達の優位性を信じそれにすがる事で、安易に優越感を得ていた自民族中心主義者たちは、苦労を重ねながら異文化を経験し、一定の成功を収めて海外から帰って来た人達の科学的正当性の前で、次第にその力を失って行きました。今でもまだ自民族中心主義を信じる人達は存在していますが、22世紀が見えてきた現代では、自民族中心主義はカルト宗教と同列に扱われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.27

平成50年版 小学6年社会 ~自民族中心主義の背景~

マイミクさんが自分の日記で書いてるこれ、「その7」まであるんだけれどはっきり言って僕的にはかなり面白かったので、前回までこっちで転載させてもらった分の続き、さらにこっちで転載させてもらう事にしました。

多分、その6とその7も転載させてもらうと思います。

 

これを読んだアナタは、一体何を考えるかな?

____________________

 

『小学校6年 社会科』
……………第9章 現代
その5 自民族中心主義の背景
90年代後半から本格化したインターネットの普及と相まって、特に30代以下の若年層の間で広まっていった自民族中心主義ですが、冷静に、客観的に考えればそれが間違った思想である事が明白なそれが広まった背景には、一体どのような事があったのでしょうか?
 まず最初に、日本は周囲を海に囲まれた島国であり、他の国と国境を接していない事が挙げられます。わたし達の国は周囲を海に囲まれていた為に、外国人や外国の言語、文化と接する機会がほとんどありませんでした。わたし達の国はその為に、1853年にペリー提督が来日し翌年に日米和親条約を締結してこの国が開国するまで、食糧から兵器に至るまでの様々なもののほとんど全てを国内でまかなっていました。また、わたし達の国は外国による侵略・占領を、第二次世界大戦で連合国に負けるまで一度として経験していませんでした。その唯一の敗北経験も、当時の大日本帝国政府は沖縄をぎせいにしただけで降伏してしまったので、本土に住む日本人達は自分達が侵略・占領される事を経験せず、結果ほとんどの日本人は21世紀に入るまで、外国人や外国語、外国の文化や風習と直接触れる事がありませんでした。つまり、この国に住むほとんどの人達は海外の人や言語や文化に触れる機会が無く、またその機会など無くても生きてゆけたのです。
 そのような背景で独自に進化し洗練されてきたわたし達の国は、他のどの国とも異なる固有の文化や風習を持っていました。確かに、そのわが国独特の文化や風習には良い面もあったのですが、しかしそれらの事もあって、この国に住む人たちはごく最近まで、隣国や他国について学ぶ必要性・必然性がありませんでした。近代以後の交通革命と情報革命によって、外国との交流はそれ以前と比較すると格段に活発化し、東西冷戦が終結した1980年代後半からは、世界中の国々が地球規模での交流を活発化させていたのですが、わたし達の国は第二次世界大戦後、世界史上例が無いほどの急速な経済発展を遂げ、世界で2番目に裕福な国となっており、その経済力で外国から必要なものを全て輸入する事が出来たので、外交官や一部の商社員、ひとにぎりの留学生を除いて、具体的に海外と関わる人はいませんでしたし、またその必要もありませんでした。つまりわたし達の国はごく最近まで、海外に関してはまったくの無知だったのです。
 みなさんはもうおわかりの事だと思いますが、自民族中心主義と言うものは、無知を背景としています。海外の事、他国の事について無知なので、自分達の国は、自分達の文化や社会、技術や技能や知識は、外国人のそれよりも優れていると思い込む事が出来るのです。しかしそれらは単なる思い込みであって、何ら科学的根拠のある事ではありません。わたし達の国がまだ鎖国を続けていて、自分の住む小さな町や村だけで全てを自給し、生涯自分の住む町や村から出る事が無いのなら、海外について全くの無知でも何とかなるのかもしれませんが、食糧や原料をはじめとした様々な物を海外とやりとりし、隣国をはじめとした世界中の国々と活発に交流して行く現代社会においては、他国の事を知る事と、他国の文化や風習を尊重する事はとても大切なのです。外国人や、外国の社会、文化、風習を学ぶ努力をしないばかりか、何の科学的根拠も無くそれらを見下し蔑む行為は、他の国々から嫌われるだけで何ら益が無く、この星で生きて行く上では大変危険なのですが、自民族中心主義を信じた人達は他国について知ろうとする事を「面倒な事」として嫌悪し、自分が所属している集団は他よりも優れていると根拠も無く思い込む事で、安易に優越感を得ようとしたのです。21世紀初頭から始まったアメリカの国力衰退で、アメリカという後ろ盾を失いつつあった当時の我が国にとって、周辺諸国との間に緊張と嫌悪感しか生まない自民族中心主義が広まる事は、大変危険な事でした。その点において21世紀初頭の我が国は、重要な岐路に立たされていたと言う事が出来ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.22

平成50年版 小学6年社会

マイミクさんが自分の日記で書いてるこれ、「その7」まであるんだけれどはっきり言って僕的にはかなり面白かったので、前回までこっちで転載させてもらった分の続きも、こっちで転載させてもらう事にしました。

 

これを読んだアナタは、一体何を考えるかな?

____________________

 

『小学校6年 社会科』
……………第9章 現代
その4 自民族中心主義の広まり
90年代後半から始まったインターネットの普及で、20世紀末から21世紀初頭にかけて、この国では自民族中心主義が急速に台頭しました。自民族中心主義は自文化中心主義とも言われ、自分が所属している民族・国家の持つ文化や価値観を最高と考え、他の民族を否定的に見下す考えなのですが、この国で20世紀末に台頭したそれは若干異なっており、他の民族、特に中国や朝鮮半島などアジア諸国を自分達よりも低位で劣ったものと見下すのに、欧米には引け目を感じると言う歪んだ自民族中心主義でした。当時の我が国は中国、韓国(現在の朝鮮南部)とは歴史認識や日本海、東シナ海における島しょ領有権での問題がまだ解決しておらず、またアメリカとは経済、軍事、文化に至るまでが従属状態にあり、「日本はアメリカの価値観の奴隷状態だ」と言われていました。リベラルと言われた人達も保守と呼ばれた人達も、当時のこの状態を問題だと捉えていましたが、他の多くの日本人はこの事実に問題意識も危機感も無く、その状態に慣れてしまいそれを当然の事と受け止めていたようです。
 90年代後半から拡大化・先鋭化したこの国の自民族中心主義ですが、それは右翼的言説を展開していたメディア、知識人や作家と結びつき、第二次世界大戦における我が国の行為を、アジア諸国でのぎゃく殺やさく取と言った帝国的支配の歴史さえも自己正当化し、それまでの我が国の態度を「自虐史観だ」と主張、サンフランシスコ講和条約以後の我が国の対外姿勢を否定し、中国は我が国を占領しようと企んでいると主張、朝鮮に対しては朝鮮人を根拠もなく見下すなどして、中国と朝鮮を一方的に差別視・敵視していました。またアメリカに対しては、冷戦中から続く軍事的なアメリカ依存は独立国家とは呼べないと言った主張を展開し、戦後我が国が貫いてきた平和外交とその根拠となった平和憲法を否定。軍事力による外交問題の解決を放棄した日本国憲法第9条を真っ向から否定し、日本は憲法を改正して自分達の軍隊を持ち、自力での軍事的安全保障政策を行うべきだとの主張を展開していました。この思想は、冷戦終結後に世界中で起こった軍縮の動きに連動し、我が国でも国家予算の10%を占める程の軍備は必要なのかと言った疑問が生じた事により、このままだと武器が売れなくなる事に危機感を感じた軍産複合体による、新たな需要開拓作戦の一環であったとも言われています。
 自民族中心主義の動きは旧西ドイツにおけるネオナチの台頭や、フランスで起こった移民排斥運動など、世界中の様々な国で見られるのですが、それらは非常に偏った考えを持った、ごく一部の人達だけが共有するいびつな考えでした。ではなぜそれが、この国では一定数の人達、特に若者達に支持されたのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.13

平成50年版 小学6年社会

オイラのマイミクさんが自分の日記でやってたこれ、その7まであるんだけれど、かなり面白いので本人に許可を取って、こちらに転載させてもらう事にした。

未来の小学6年社会科教科書の形を取って、現代を風刺してるこれ、読まれた貴方はどう感じますか?

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

 

『小学校6年 社会科』
……………第9章 現代
その2 インターネットと情報革命


 20世紀後半、アメリカ軍によって開発されたインターネットは、1990年代後半のウィンドウズとMacOS(まっくおーえす)、Linax(りなっくす)の世界的な爆発的普及によって、世界中全ての人達にとてつもない影響を与えました。インターネットの普及と同時進行で起こったパーソナルコンピューターの高性能化と低価格化によって、それまで巨大メディア企業によって独占されていた情報が、より低価格で、より高速に、そして誰にでも発信可能となり、結果、これまで支配者階層によって独占され、支配者が配信を認めた情報しか伝える事が出来なかった全ての物事が、世界中に存在する善意のネットユーザー達の手によって、全く検閲を受けずに発信される事となりました。
これにより、支配者・権力者にとって都合の悪い情報が、善意の市民によって彼等の意図に反して次々と発信され、コンピューターとネット接続環境さえあれば、誰もが権力者が隠す真実に触れる事が可能となったのです。
しかしながら、インターネットの普及にはいい面もありましたが悪い面も確かに存在しました。検閲も無く自由に情報が発信されたのですが、その中には、悪い情報が大量に含まれていたのです。児童性愛に代表される異常性愛など、いかがわしい情報はその最たるものと言えるでしょう。インターネットが普及する前は、そういった異常性愛を嗜好する人達は、自分は異常な性的嗜好を持った孤独な存在であると意識していたのですが、インターネットを通じて世界中にちらばる異常性愛者達が互いに連絡を取り合った結果、彼等は「自分のような異常性愛嗜好者は一人ではない」と言った形で自分を勇気付けただけでなく、同じ嗜好を持つ世界中の人達とその異常さを競うようになってしまい、結果、世界中で多くの子供達が彼等の犠牲になりました。異常性愛嗜好の人達と同様に、これまでは表に出る事の無い思想や信条がいくつも、インターネットを介して拡大・拡散され、それは世界にとっての深刻な問題となりました。地球温暖化防止をあざ笑う勢力や、異なった宗教を「悪」と定義付け迫害しようとした勢力はこの星を危機的な状況に追い込みましたし、私達の国では、自民族中心主義がそれの代表だと言われています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.06

平成50年版 小学6年社会科

『小学校6年社会科』
…………第9章 現代
その1 日本の内政問題 


前の章で明らかになったように、長くつづいた自由民主党の1党独裁体制は、政界、官僚、財界に深刻なゆ着を生みだし、政府がきんちょう感をなくした結果、当時の自民党政府は外交面ではアメリカの顔色をうかがってアメリカの望む政策しか取らなくなり、日本の国際的な政治的影響力はゼロ以下になっていたといわれています。内政も政府と財界のゆ着が深化した事により、政府自民党は国民生活の向上よりも財界の利益を拡大させる事を重視するようになりました。その代表例とされているのが1988年に成立、よく年に施行された消費税です。消費税のどう入と後の税率引き上げに合わせて行われた、大企業の払う法人税率の引き下げ、各種税制ゆうぐう制度の導入で、1989年に消費税が導入されてからの20年間で、当時のお金で210兆円を超える税収がありましたが、同時におこなわれた大企業への減税額は180兆円を超えており、国民の多数を占める中・低所得者層から集めた210兆円は、そのほとんどが大企業にかん元された形となっていました。
このもんだいは当時、日本共産党だけが取り上げて政府と自民党を批判していましたが、自民党はマスコミに圧力を掛ける事でこの事実を報道させず、国民の大多数はこの事実については何もしらされないままでした。自民党と、平成21年の総選挙で政権をとった民主党すらもこの問題には一切触れようとせず、「財政が危機なので消費税増税しかない!」といったウソの情報をマスコミを使って国民に信じ込ませ、消費税増税に国民の合意を取り付けようとしていました。自民党、民主党、日本経団連による国家規模のウソを見抜いていた当時の日本共産党は…
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

mixiの日記上でマイミクの子が面白い事を書いていたので、許可をもらってこちらで転載させてもらう事にした。

政治的にリベラルなその子は、30年後の小学6年社会科の教科書と言う形を取って、今この国で起きている出来事を適格に風刺している。

さて、これを読んだあなたはその文章に一体何を感じるだろうか?

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »