« (高知で)国際宇宙ステーションを見よう‼‼ | トップページ | 消費税増税は金持ちのため »

2010.06.28

参院選が始まった

参議院選挙が始まった。

また、あのチョーうるさい候補者名連呼の選挙カーが街中を走り回る。テレビや新聞に政党と候補者のCMが踊る。
うっとおしい。って感じている人もいるだろう。無関心な人、選挙なんかどうだっていい。って思ってる人もいるだろう。もちろん、選挙になんかいかない人、知人や親族などから頼まれた候補に、掲げる政策など無関係で投票する人もいるだろう。

だけど、ちょっと待って欲しい。

今度の参院選、僕等の暮らしに直接、そして深刻な影響を与える事が争点に挙がっているのだ。それは、

消費税の増税

だ。
昨夏の衆院選時、民主党は「任期中の4年間は、消費税の増税はしない」と明言していたのに、政権を獲って首相が交代した途端、その言葉を・国民との約束を反古にして消費税を現行の5%から2倍の10%に引き上げると言いだした。民主党は「消費税増税は社会保障の安定財源確保の為」などと最もらしい事を言ってはいるが、政府与党の消費税増税案には、資本金1億円以上の大企業に課せられている法人税40%を、25%に引き下げる政策とセットになっているのだ。

消費税を10%にすると、GDPが現在と同じだった場合、11兆円の増収となる。しかしながら、法人税最高税率を25%に引き下げると、法人税の税収は9兆円少なくなる。

つまり、

消費税を10%にしてもその殆どが資本金1億円以上の巨大企業から減税した分の穴埋めとして消えて、社会保障に回せるお金は2兆円しか残らない事になるのだ。そして先ごろ閉幕したG20会合で財政赤字を半減させる目標が採択されたばかりなので、国債発行額抑圧努力が課せられた国としては、増えた2兆円を社会保障費以外にも回さざるを得なくなる事は明白だ。消費税を上げても法人税を引き下げるのなら、僕等のような中低所得者層には何の益もないのだ。

それでもいい。と言うのなら、民主党か、民主党と一緒になって消費税増税と法人税減税を主張している自民党に投票すればいい。しかしそうではないのなら、自分達の負担増が少数特権層を肥え太らせる為と言うのが受け入れられないと言うのなら、消費税増税と法人税減税に真っ向から反対している党・候補者に投票するしかない。

その視点で見た場合、僕等の様な中低所得者層に選び得る選択肢はかなり狭くなる。票を稼ぐ為に、おおっぴらに消費税増税を唱えていないだけで、消費税増税絶対反対なんて言ってない政党ばかりなのだ。
みんなの党、新党日本、国民新党、たちあがれ日本、公明党がこのグループだ。

社民党と共産党が消費税増税に反対を唱えているが、社民党は県支部単位では、あちこちの選挙区で民主党と協力しており、それがある限り社民党も選択肢からは外さざるを得ない。

一体どこの政党が、どこの政党に属している誰が、僕等の様な中低所得者層の事を一番に考えてくれているのか、じっくりと吟味して、来る参院選ではその党と候補者に一票を投じなければならない。

そう考えるmizzieなのでした。

|

« (高知で)国際宇宙ステーションを見よう‼‼ | トップページ | 消費税増税は金持ちのため »

コメント

公約《マニフェスト》ばかりでなく、思想・実績も大事ですよ。

民主党
外国人参政権推進 夫婦別姓推進

自民党・たちあがれ日本・国民新党
外国人参政権反対 夫婦別姓反対

各政党・候補者の思想・実績は
選挙前.com http://senkyomae.com/
国民が知らない反日の実態
http://www35.atwiki.jp/kolia

を参考にごらんください。

投稿: 一読者 | 2010.06.28 20:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/48743706

この記事へのトラックバック一覧です: 参院選が始まった:

« (高知で)国際宇宙ステーションを見よう‼‼ | トップページ | 消費税増税は金持ちのため »