« どっちが正しい? | トップページ | 米国永住権の放棄 »

2010.07.11

世界をあなたが変える

過疎地の投票所は投票締め切りとなっている場所もあるみたいだけれど、都市部の投票所は午後8時まで開いている。
もし、今これを読んでいるあなたが投票を済ませていないのなら、是非、投票所に足を運んで欲しい。

与党となって経団連(財界)にすり寄り、野党時代の鋭い舌鋒に封印しアメリカの顔色をうかがっている民主党は、有権者からキツいお灸をすえられるべき。だと思っている僕だけれど、自公政権が倒れて民主党政権が出来て、良くなった事は確実にあったと思っているから、また自民党が勝つ。なんて言う事態だけは何がなんでも避けないとダメだと思っている。

しかしながら、民主批判票の受け皿となっているのは自民党が看板をすげかえただけの少数新党で、その中身は自民党と全く同じだし、一部に新党など明らかに自民党以下だ。そんな連中が国会で力を付ける。と言うのはある意味、民主党が一人勝ちするよりも酷い結果になり兼ねない。

東京選挙区で接戦を演じている、現時点で(中・低所得者層にとって)最善の政党である共産党だけれど、東京選挙区以外の選挙区では苦戦している。
この状態に、(なんだかなぁ・・・)って思っていた僕だけど、各地の・比例区の状況を調べれば調べるほど、自民党有利。と言う結果になってしまう。
何故だ?誰が自民を支持している?って思ってメディアを流し見したりネットサーフィンしつつ情報を漁っていたら、嫌なニュースを見付けた。

政権を追われ自民との連立を解消、民主にすり寄ろうとしていた公明党が、自民とバーター協力している。と言うのだ。
僕が読んだ論評によるとこうだ。民主にすり寄ろうとした公明党だが、参院選で民主は苦戦している。ここで落ち目の民主にすり寄るよりは、公明党が各選挙区で持っている学会票を自民の選挙区候補に投票させ、代わりに自民が持つ比例票をもらって比例区での議席確保を狙う。(公明党は選挙区には殆ど候補を擁立していない)
そうして、参院選で自民勝利に貢献し自民党に恩を売って、参院選後とその後にあるかもしれない衆院解散総選挙で政権に返り咲き、恩を売った見返りをごっそり頂こう。という計画らしい。

公明党が自民党と選挙協力する。そこには国益も省益も庶民の暮らしも何も無い。あるのは「公明党の利益」「池田大作の野望成就」それだけだ。

投票率が下がると、創価学会と言う強固な支持基盤を持つ公明党の力が存分に発揮される。国益よりも庶民の暮らしよりも池田大作の欲望充足を優先する公明党。その思惑通りに全てが運ばれてしまうのだ。

だから、選挙に行こう!

まだ眠っている貴方の貴重の一票を、最も僕等の暮らしを考えてくれている選挙区候補(僕がそれを誰だと考えているのかは、過去記事を見てもらえば判る筈)に投じよう。
強欲な守銭奴と、醜悪な宗教家の陰謀を、市民の手で打ち破ろう!!

もしかしたら、今これを読んだあなたは、
「自分一人じゃ、何にも変わらないよ・・・」
って思っているのかもしれない。あなたがもしそう思っていたとしたら、2000年のアメリカ大統領選挙を思い出して欲しい。

あの時、ゴア候補とブッシュ候補の得票差は、たったの5票だった。
そして、参院選では比例代表制が採用されている。死票が殆ど出ない比例代表制は、最も民意を反映する選挙制度だと言われている。そして今回の参院選、民主党が複数候補を擁立した事もあって、票が割れる為に当確ラインは引き下がっていて、各地の選挙区も激戦になっていると言われていいる。

もしかしたら、あなたの1票で、明日からの世界が変わってしまうかもしれない。

一緒に世界を変えよう。

政治を前に進めよう。

|

« どっちが正しい? | トップページ | 米国永住権の放棄 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/48852120

この記事へのトラックバック一覧です: 世界をあなたが変える:

» フルーツ酢ドリンクで梅雨時期の頭痛を撃退! [元栄養士いっちょ★の『体に優しいレシピのぶろぐ』]
頭痛に効果のある飲み物 [続きを読む]

受信: 2010.07.12 11:30

« どっちが正しい? | トップページ | 米国永住権の放棄 »