« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

2010.09.19

社会保障というものは その2

(昨日からの続き)

そもそも、社会保障って、社会福祉って一体なんなのだろう?

国保・健保と行った医療保険。
40歳以上の医療保険加入者と65歳以上の人が加入する介護保険。
失業時に収入を保証してくれる雇用保険。
定年退職後の収入を保証してくれる年金保険。

様々な理由で生活に困窮する者を助ける、生活保護。

社会生活を営む上で、立場が弱かったりハンディキャップを背負わされたりしている者を助ける、老人福祉制度、障害者福祉制度、児童福祉制度、母子福祉制度。

まあ、こんな所だろう。
(広義の社会保障には、公衆衛生の普及・充実や廃棄物処理なども含まれるんだけど、ちょっとオフトピックな話になるのでここでは割愛させて頂く。)

そう言った全ての物事をひっくるめて判り易く言うと社会保障・社会福祉と言うものは、

『社会生活を営む上で、その社会を構成するメンバー誰にでも起こり得るリスクを、その社会を構成する全てのメンバーで共有し、現実化したリスクを最小化させる為のもの』

と言う事だと言っていいと思う。

病気や、ケガや、老化。
失業。(病気・ケガなどでの)収入の途絶。
そう言った、その社会を構成するメンバーの誰にでも起こりうるリスクを、社会の構成メンバー全員で共有・分散・最小化させよう。

それが、社会保障・社会福祉と言うものだと思う。

人は誰だって必ず老いるし、何かクリティカルな事故や病気などで、その心身に障害を負わされてしまうかもしれない。生まれながらの障害だってその殆どは、ほんの些細な事が原因で起きるのだ。健常者と障害者の差異なんて、遺伝子レベルでみれば殆どあって無い様なものなのだ。
その、もしかしたら自分の身に降りかかったかもしれないリスクを、みんなで共有・分散・最小化しよう。

それが、社会保障というものだ。

決して豊かでは無いけれど、比較的幸福な日々を生きている僕だけど、もしかしたらどこかで厚労省の指定する特定疾患に羅漢して、寝たきりになって残りの人生全てをベッドの上で死ぬまで真っ白い天井を見つめて生き続けなければならなかったかもしれない。
たまたま偶然に、五体満足なカラダに生まれ、その後も(鈴鹿サーキットでの事故で視機能と平衡感覚にダメージが残ったが)身体に損傷を負う事無く、タフさとフットワークの軽さを売りに出来るくらいの健康体を所有している僕だけど、遺伝子の塩基配列がホンのちょっと狂ってしまったり、胎児期、乳幼児期にその後に障害の残る様な大病を患う事が無かっただけで、もしかしたらその中のどれか、或いは複数が我が身に起きて、『身体障害者』として生きていたかもしれない。
レースをやっていた頃、転倒した所を後続車にはねられて背骨を折った事もある僕だけど、あの時、後続車が激突した場所があと2cm右だったら、僕は残りの一生を車イスで過ごす事になっただろう。

ただ、それらのリスクが現実化する事が、タマタマ偶然に僕では無かったと言うだけで、この社会を構成するメンバーの中には、決して少なくない数の人達が、社会保障・社会福祉での救済無しには生命活動の維持が出来なくなっていたりする。
たまたま偶然に自分では無かった、ただちょっとだけ運が良かっただけなのに、それでも、「自分の面倒すら見られない奴等の面倒なんか見たくない。」
と言って弱者を切り捨てたり、自分では無い誰かに負担を押し付けたりする行為は、どこか間違ってはいないのだろうか?

 

経団連は言っている。

『増え続ける社会保証費は、消費税増税でまかなえ!』

と。
たまたま偶然に金持ちの家に生まれただけだったり、たまたま偶然に心身共に障害無く生まれ育っただけなのに、
たまたま偶然に、その人生で深刻な障害に直結するようなアクシデントやイベントに出会う事が無かっただけなのに、
その幸運を利用して競争社会で勝ち上がり勝ち抜き、敗者たちを蹴落として来た、そうして社会に出た後はビジネスワールドで熾烈な生存競争に勝ち残った自分達は、様々な事情で不遇をかこっている弱者を助ける為になんか、一円も払いたくないんだと。

能率的で効率的な賃労働者と従順な消費者以外は、この社会には必要無いんだと。だから弱者保護をどうしてもやりたいと言うのなら、お前達貧乏人が貧乏人どうしで何とかしろと。消費税でそれを負担しろと。

俺達金持ちが、強者が、周辺諸国との競争に勝ち抜きさらに金持ちになる為に、俺達の租税負担率を引き下げ、それで空いた穴は貧乏人達に埋め合わせさせろと。
経団連の提言の中身とはつまり、そういう事だ。

企業の公的扶助負担率は、北欧諸国やフランスなどと比較したら圧倒的に低いのに、
連結納税制度や研究開発促進控除などで、実際の負担率は実税率よりも遥かに低い割合しか負担していないのに、

そう言った事実には全く触れず、見掛けの税率だけが周辺諸国よりも高いからと言って、自分達の租税負担率を引き下げその穴を庶民の負担率引き上げでまかなえと要求する経団連や大企業役員・株主達の主張は、

とても卑しいと言わざるを得ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.09.18

社会保障というものは

来年度の税制改正に関して、経団連が「この国の税金はこうしろ!」と言って、提言を突き付けて来た。その内容をおおまかにまとめると、

1)増え続ける社会保障費は、消費税の増税でまかなえ。

と、

2)俺達がもっと儲けられる様に、法人税は10%以上引き下げろ。

の二つだ。この提言については、右寄りな雑誌である『日経ヴェリタス』の中でも「(大企業・大金持ちに対する)究極のバラマキだ」と言った批判の声も上がっているし、日本共産党などは早速、筋の通った反論を痛烈に述べてもいる。
いるんだけれど、当の政策決定権を握る管政権は、経団連の走狗・太鼓持ちに堕した経産省官僚に取り込まれてしまった様で、「経済界をさらに潤わせる為に、庶民に痛みを背負わせよう。」と言った趣旨の『新成長戦略・産業構造ビジョン』に沿った政策を推し進めようとしていて、どちらかと言うとそれには懐疑的・反対的だった小沢一郎氏は、メディアからのフラック(集中砲火)でダーティーイメージを植え付けられ党首選で敗れた。

だからこのままで行けば恐らく、消費税は18%程度まで上がり(経団連は最低でもそのレベルまでの引き上げを政府に求めている)、法人税は25%程度まで引き下げられて、金持ちはもっともっと金持ちになり、庶民は中流が下流に、下流は貧困層に転落する事になるだろう。

 

財政が危機的状況なのは判っている。
そして、社会保障費も増大する事はあっても減る事が無い事も、良く判っている。
『小泉純一郎と守銭奴な自民党の仲間たち。』が、危機的状況を回避する為に社会保障費を削減する事で財政を好転させようとした結果、格差は下方向に拡大し、切り捨てられ置き去りにされた高齢者・障害者・病人たちが酷い目に合わされた。その状態に国民が辟易してしまったから、2009年に自民党は政権の座から引きずり降ろされたのだ。

『国民の生活が第一』との看板を掲げ、自民党から政権の座を奪った民主党だが、政権に就いてすぐ経団連と経産省に取りこまれ、『国民の生活が第一』と口では言いながらその実、「お金持ちと大企業がさらに金を稼げるように、大企業の法人税を減税しよう。その空いた穴は消費税増税で庶民に負担してもらって、連中には金持ちのポケットから溢れたカネが回ってくるまで我慢してもらおう」と言う趣旨の政策を実行しようと、着々と準備を進めている。

この国の大金持ちや大企業の大株主・役員は、社会保障の負担なんかしたくないのだ。
「どうして苦しい思いをしながら熾烈な競争に勝ち抜いてきた俺達が、自分の面倒すら見られないような奴等を助ける為の金を払わなきゃならんのだ?」
と言うあいつら大金持ちと大企業の言い分は、一見すると一理あるようにも思えるが、『社会保障』と言うものの性格を考えた時、それはとても身勝手で横柄で醜悪な言い分だと言わざるを得ない。

 

このテーマで書くと、とんでもなく長くなりそうなので続きは明日以降にします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.09.12

そのナビゲーションはいただけない・・・

車持ってないのにカーナビを購入し、駐車中しか操作出来ない機能を専用のキット購入代金をケチって自力で解除。義姉や父から借りた車に取り付けて、早速アチコチ出掛けてみたmizzieなんだけど、このカーナビってば、か~な~り、お茶目な誘導をしてくれる。

まず車に装着し、荷物を積み込んで家族全員が乗車した所で目的地を入力。

「おいおい、その道は自転車しか通れんぞ。」

と、イキナリ初っ端からつまづく。我が家の近所には、地図上では普通車通行可となっているけれど、拡張工事の予算が通らなくて、市道と合流するまでの最後の20mが自転車・バイクまでしか通行出来ない道がある。
ナビってば、その道を使って県道に出ろ。と誘導。

ジモティーしか知らない抜け道・近道でもあるその道、ジモティーしか知らないんだから当然、ジモティーは徒歩か自転車でしか通らない。でも今の家に引っ越してきてから今日までの約3年で、そこに進入してくる車が何台かいた。自動車通行不可の標識は出てるのに、なんだ入ってくるのか不思議だったんだけど恐らく、ナビの誘導に従ってやってきた人達だったのだろう。

で、気を取り直して地図上では遠回りになる道を、再入力。

「こらこら、ワシらを探検隊にするつもりか?」

僕等はこの日、西日本最高峰、愛媛県にある石鎚山に行こうと思っていたんだけど、その目的地を入力されたこのナビくん、最短ルートで経路を検索、高知市から西条市へと抜ける国道の県境、寒風山(標高1763m)登山口から伊予富士(標高1756m)山頂直下、瓶が森(標高1896m)、伊吹山(標高1503m)、岩黒山(標高1746m)を経由して石鎚山土小屋へと抜ける、林道ツーリング、ダート走りダイスキ!なオフロード野郎どもの聖地だった、「瓶が森林道」を使って走る道を検索しやがった。

この「瓶が森林道」、数年前に全線の舗装工事が終了し、オフ車の聖地だったこの道も今では、自家用車でも行けちゃう信州真っ青の絶景が楽しめる山岳道路になってはいるんだけれど、チョー狭い上にチョークネクネの道路が延々と続く、いわゆる「酷道」。高知の山奥にはまだこんなハードな道がたくさん残ってるんだけど、ナビの案内ではこの道を使って、高知市から石鎚山土小屋まで2時間9分で行ける。とか言ってるんだけど、

「そんなん出来るん、ソルベルグかローブくらいやわー‼」

いくらオイラが二輪で全日本選手権に参戦してた事もある、元・国際ライセンスのレーシングライダーだからと言っても、国道194号~瓶が森林道経由のルートで、高知市~石鎚山土小屋までを2時間9分で到達するのは無理っす・・・。

仕方が無いので、ルート編集で中継地を設定、国道33号線を使って面河渓経由の石鎚スカイライン利用コースを入力。その後は快適なドライブを楽しみ・・・って、

信号発進時。
「急加速です。安全運転を心掛けましょう。」

飛び出して来たバイクを避けようとすると、
「急減速です。」

いちいちうるさいんじゃーっ!!

エコドライブモード設定になっていたので、経済的な運転じゃないと警告メッセージが流れる。でも、メッセージ出無いくらいにジェントルな加速をしていると、信号発信で後続にメーワクだし、メッセージ出無いくらいに緩やかな制動を心掛けてると危機回避出来ない。

で、ものは試し。とちょっと強めにブレーキを掛けてみると、

「急減速しないで下さいっ‼(怒)」

ナビに怒られちゃいました・・・。

 

様々な・些細な問題はあるけれど、とりあえず機能的には十分以上に満足出来る2010モデルのポータブルナビ。
これからもコイツの道案内に従って、アチコチお出掛けする事にしましょう。
o(*^▽^*)o

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.09.06

(車持ってないのに)カーナビ購入!

車を持たないのにカーナビを買ったmizzie。買ったのは、SANYOのNV-LB50DTって言う機種。いわゆる持ち運びが出来るポータブルナビって奴。車がどーしても必要な時は、父か義姉から借りてるオイラにとって、ポータブルナビは都合がいいし欲しいとも思ってた。

「どこか泊まりで旅行行きたい。」

ある日のななか妃のつぶやきに、

「泊まりで旅行に行くのと、ナビ買って日帰り旅行とどっちがいい?」

って聞き返したオイラに対し、{ナビ買って日帰り!」と妃が即答したので、家電店、カー用品店、オンラインショップとアチコチ見て回って、機能と値段が釣り合ってると思えたNV-LB50DTを買った。最初は画面サイズ7インチの機種が欲しかったんだけど、ポータブルナビは吸盤でダッシュボードに取り付けるタイプが殆どなので、本体が重いと外れるリスクが増えるから、画面サイズが5インチちょいのコイツは重量的にも丁度いいと思ったし、カーナビも今年モデルはまだ殆ど値落ちしてないんだけど、黄色い縁つき帽子のお店が週末からセールをやってて、価格がネットの最安値とほぼ同レベルまで低下してたので、土曜にお店に行って実機を見せてもらって、機能的にも値段的にも満足したので購入決定。

購入決定した事を告げると店員さん、「ナビは取り付けにボディアースが必要ですよ。それ付けないと動作受け付けなくなりますから。」とか言ってる。なんでも、最近のカーナビは運転中に操作されるのを防ぐ為、停止してパーキングブレーキを引いた状態で無いと操作出来ない様になっているらしい。
で、店員さんは、アース線は同梱されてますけど配線とかシロウトさんにはとても難しいですから、簡単にボディアースが取れるキットが2400円であるから、それを買う事をお奨めします。と言うが、こっちだって元レーシングメカニックだ。そっちは断ってキットは買わずに帰宅。説明書片手に配線にチャレンジ。

Hey! wait a minute!!

オイラは、簡単に付け外しが出来るから、複数の車で使用出来るから、ポータブルナビを買ったのだ。ボディアースの配線をしないと動作しないなんて、そんな事したら配線した車にしか使えないじゃないか。

ってコトで、ボディアース無しでも動作させる方法を考えた。オイラだって一応、二輪用セミオートマを自社開発したようなレーシングチームに所属してたんだ。電子部品加工も少しくらいなら出来る。

「・・・運転中に動作出来ないようにする為、このナビはどうやって運転中と停車中の判断をしているんだ?」

って、こっから先に僕がやった内容は、メーカーにとって公開されたら困る事が含まれるかもしれないし、安全上の理由で運転中は動作出来なくなっているナビを、運転中も操作出来るようにした訳で、
マネする人が現れても困るので、僕がこのナビに何をしたのかは書きません。ただ、ボディアースの配線をしなくてもシガーソケットから電源を取って、カーナビ本体は運転中も停車中も関係無く操作が出来る様にしてやりました。(酷)

近接スイッチ(オムロン製)をちょっと加工してね、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.09.01

なつやすみ2010 the final

'10なつやすみthe final、今度の行き先は高知の東南端、修行中の空海が悟りを開いた聖なる地、室戸岬にある『室戸ドルフィンセンター』だ。

ここ室戸岬は江戸時代以前から捕鯨の街で、でも捕鯨が廃れてしまった昨今は、鯨を観光資源として活用。ホエールウォッチングの船も出てるし、室戸漁港にある「海の駅とろむ」(今でも鯨肉が食べられる。とっても美味しい)に隣接する『室戸ドルフィンセンター』では、うっかり網に掛かってしまったお茶目なイルカを飼い慣らして調教もして、一緒に泳げたり触れたり芸させたりただ鑑賞させたりしてくれるようになっている。

今年の春、大阪の友人家族をココに案内して大好評だったmizzie、今回はJr.も1歳になった事だし楽しめるだろう。ってコトで、家族3人でココに行く事にした。

地元紙の掲示板で「売ります」って出してた、使わなくなった育児用品(ハード○フとか中古店の買い取り価格よりも高いけど、ヤフオクで取り引きされてる価格よりは安いです。って価格設定)が売れて、それの引き渡しで午前中はそちらに行ってたので、それを済ませてから高知市を出発、途中、夜須の「ヤ・シィパーク」にあるインド料理店「マサラ」(とっても美味しいカレーを食べさせてくれる)で昼食にする。

Dscf1137_for_blog Dscf1138_for_blog
写真左が、カレー(辛さを選べる)、ナン、サラダ、タンドリーチキンがセットになったBランチ(\850)。めっちゃ美味しい♪
右の写真は、マサラの窓から見える夜須の海。

チョー美味しいカレーにななかと舌鼓を打ち、まだカレーの食べられないJr.にはナンをちぎって食べさせる。
ココ、店員さんは皆インド人みたいで、日本語は殆ど話せないんだけど英語は話せるので、久し振りの英語トークで「異言語使いたい欲求」も満たせたオイラは大満足。お腹を満たしてから、室戸に向かって再出発。

のんびり走って約2時間で『海の駅とろむ』に到着。そのまま隣接された『室戸ドルフィンセンター』に直行し、ドルフィンタッチの料金を払ってイルカ達が泳ぐイケスに浮かべられた筏に乗る。

Dscf1140_for_blog
イルカが早速やってきて御挨拶してくれる。ココのイルカ達、めちゃめちゃ人に慣れてて人間をゼンゼン怖がらない。

Dscf1143_for_blog Dscf1150_for_blog
Jr.、生まれて初めて間近で見るイルカにびっくり!イルカの方は慣れたもので、近寄ってJr.をじっと見詰め、目をまんまるくしてるJr.に向かって「ぷしゅーっ!」とかって息吐いたり、「ククク」とか鳴いたりする。

Dscf1154_for_blog
「ほらほら、イルカさんこっち見てるね。」
ってJr.に説明するオイラと、イルカ見て目が点になってるJr.

で、ドルフィンタッチの時間になったので、料金払ってたオイラは早速イルカに触ってみた。サメ肌みたいなザラザラを想像してたオイラ(サメには触った事アリ)だけど、イルカの肌ったらツルッツル。

Dscf1166_for_blog

で、オイラに続いてJr.もイルカに触ってみる。予想通りチョー恐る恐るだったJr.は、オイラに手を添えてもらってようやくイルカをナデナデ。

Dscf1172_for_blog Dscf1173_for_blog

まずJr.の掌にイルカが「ちゅっheart04」ってキスをする。
それから尾びれをJr.が恐る恐る撫でる。


Dscf1177_for_blog Dscf1179_for_blog

最後に、イルカさんと握手。上手く出来たから。と言って、イルカはご褒美のサバを調教師のお姉さん(美人♪)からもらう。

Dscf1181_for_blog Dscf1184_for_blog

希望者がいれば、ドルフィンタッチの後にイルカの調教をさせてもらえる『トレーナー体験」があったり、イルカの背中に乗って泳げる『ドルフィンスイム』があったりするんだけど、平日の午後遅くだったこの時は希望者がいなかったので、ドルフィンタッチが終わった後は、最後にジャンプとかの芸を見せてくれておしまい。でもチョー至近。って言うかほぼ目の前でやってくれるから大迫力。水飛沫もばんばん飛んでくる。

Dscf1189_for_blog Dscf1190_for_blog

この日のお仕事はこれでおしまいだった2匹のイルカ達。調教師のお姉さん(めっちゃ足が細い。しかも美人♪)から、ご褒美のサバをたくさんもらい、さらに、「夏場はこれもあげます」って言ってた、氷の塊をたくさんもらって嬉しそう。

Dscf1186_for_blog

多分この子達にとって、芸をするのもお客さんに触ってもらったり背中に乗せて泳いだりするのも、みんな遊びの一種みたいなものなんだと思う。
とにかくはしゃいでて嬉しそう・楽しそうなイルカ達でした。

 

翌日はお仕事なmizzie、5時前になったのでお家に帰ります。
帰りの道すがら、国道沿いにある「ドルチェかがみ」に寄って、めっちゃ美味しい手作りアイスクリームを食べる。チョー美味しいんだけどこれで1個のお値段なんとたったの\300。

Dscf1191_for_blog

ストロベリー&カフェオレをチョイスしたななかと、スイカ&抹茶をチョイスしたオイラ。4つの味を楽しめて満足。カフェオレ味が美味しかったです。

イルカと遊んで、美味しいカレーとアイス食べて、最後のなつやすみを満喫して帰路を急ぐmizzie。土佐路の夕暮れ、Summer sunset in Kochi 2010ってカンジで、紫からピンクに変わって行くグラデーションがめっちゃ詩的で美しかったです。(o^-^o)

Dscf1193_for_blog

さて、明日からもお仕事頑張るとすっかぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »