« そのナビゲーションはいただけない・・・ | トップページ | 社会保障というものは その2 »

2010.09.18

社会保障というものは

来年度の税制改正に関して、経団連が「この国の税金はこうしろ!」と言って、提言を突き付けて来た。その内容をおおまかにまとめると、

1)増え続ける社会保障費は、消費税の増税でまかなえ。

と、

2)俺達がもっと儲けられる様に、法人税は10%以上引き下げろ。

の二つだ。この提言については、右寄りな雑誌である『日経ヴェリタス』の中でも「(大企業・大金持ちに対する)究極のバラマキだ」と言った批判の声も上がっているし、日本共産党などは早速、筋の通った反論を痛烈に述べてもいる。
いるんだけれど、当の政策決定権を握る管政権は、経団連の走狗・太鼓持ちに堕した経産省官僚に取り込まれてしまった様で、「経済界をさらに潤わせる為に、庶民に痛みを背負わせよう。」と言った趣旨の『新成長戦略・産業構造ビジョン』に沿った政策を推し進めようとしていて、どちらかと言うとそれには懐疑的・反対的だった小沢一郎氏は、メディアからのフラック(集中砲火)でダーティーイメージを植え付けられ党首選で敗れた。

だからこのままで行けば恐らく、消費税は18%程度まで上がり(経団連は最低でもそのレベルまでの引き上げを政府に求めている)、法人税は25%程度まで引き下げられて、金持ちはもっともっと金持ちになり、庶民は中流が下流に、下流は貧困層に転落する事になるだろう。

 

財政が危機的状況なのは判っている。
そして、社会保障費も増大する事はあっても減る事が無い事も、良く判っている。
『小泉純一郎と守銭奴な自民党の仲間たち。』が、危機的状況を回避する為に社会保障費を削減する事で財政を好転させようとした結果、格差は下方向に拡大し、切り捨てられ置き去りにされた高齢者・障害者・病人たちが酷い目に合わされた。その状態に国民が辟易してしまったから、2009年に自民党は政権の座から引きずり降ろされたのだ。

『国民の生活が第一』との看板を掲げ、自民党から政権の座を奪った民主党だが、政権に就いてすぐ経団連と経産省に取りこまれ、『国民の生活が第一』と口では言いながらその実、「お金持ちと大企業がさらに金を稼げるように、大企業の法人税を減税しよう。その空いた穴は消費税増税で庶民に負担してもらって、連中には金持ちのポケットから溢れたカネが回ってくるまで我慢してもらおう」と言う趣旨の政策を実行しようと、着々と準備を進めている。

この国の大金持ちや大企業の大株主・役員は、社会保障の負担なんかしたくないのだ。
「どうして苦しい思いをしながら熾烈な競争に勝ち抜いてきた俺達が、自分の面倒すら見られないような奴等を助ける為の金を払わなきゃならんのだ?」
と言うあいつら大金持ちと大企業の言い分は、一見すると一理あるようにも思えるが、『社会保障』と言うものの性格を考えた時、それはとても身勝手で横柄で醜悪な言い分だと言わざるを得ない。

 

このテーマで書くと、とんでもなく長くなりそうなので続きは明日以降にします。

|

« そのナビゲーションはいただけない・・・ | トップページ | 社会保障というものは その2 »

コメント

去年の選挙までは自民党支持を経団連(会社側)がして、
民主党の支持を連合(組合、労働者側)がしていたので、
お互いの党利党略が異なっていて、国会でもそれなりの論戦が見られていましたが、
今は経団連も自分たちの意見を取り入れてもらいたいがために民主支持。

そしてそれを巧みに操り、自分たちに都合の良いように動かしていく。。

お金の無い人間は叫んだところでその声はなかなか届かない、いやな世の中です。。
でも、やっぱり叫び続けることには意味はあるんでしょうね。

選挙でしか自分の意見を国政に訴えることは厳しいですが、
自分は自分が納得する考えを示す政党にしか投票はしませんし、
投票日に何かあっても困るので、期日前投票をすることにしています。

投稿: ハルシオ | 2010.09.19 21:20

>ハルシオさん

>でも、やっぱり叫び続けることには意味はあるんでしょうね。

その通りだと僕も思います。永遠の不服従を説く作家の辺見庸氏も、「決して屈する事なく、だらだらと抵抗を続けよう。」と語られていますし。

敵は強大ですし、孤立する僕等一人一人の力は弱いですけれど、経団連が望む「一握りの勝者が全てを手にするぜゼロサムの社会」よりも、僕等が望む「誰も置き去りにされない社会がいい。皆が笑って暮らせる世の中がいい。」って思う人の方が圧倒的多数派なんですから。
「とまどえる群れ」にされちゃった多数が少数特権層の食い物にされちゃわないように、合法的な方法で、可能な限り不服従を貫きたいと思います。

ハルシオさんの様に、期日前投票で自分の政治意思を示す事は、とても良い事だと思いますよ。(^^)

投稿: mizzie | 2010.09.23 05:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/49489119

この記事へのトラックバック一覧です: 社会保障というものは:

« そのナビゲーションはいただけない・・・ | トップページ | 社会保障というものは その2 »