« | トップページ | 尖閣漁船衝突事件~シナリオを書いたのは誰だ?~ »

2010.10.26

愛猫の看取り

「チビが息を引き取った。」
その知らせを受けた僕が実家を訪れた時、チビは小さな箱の中で丸くなって寝かされていた。その遺体には既に、我が兄の手により丁寧な清拭が施され、目脂や耳垢もなく、柔らかく瞳を閉じられたその死に顔は、あの猫だけが持つ優美さを湛えていた。
そしてそれは優しく、荘厳ですらあった。

 

過去記事で触れた事もある、僕が大好きだった猫の最後の子供でもあるチビ。
同時に生まれた3匹の中では最も小柄で体も弱かったんだけど、この夏の猛暑は12歳と言う高齢ネコとなったチビにはかなり過酷だった様で、9月辺りから元気が無くなり、食事量がかなり落ちていた。

若い頃は食欲旺盛で、一緒に飼っている黒猫(クロ)とは異なり出不精な面もあったチビなので、どちらかと言うと肥満気味の猫だったんだけど、食事量が落ちた9月から体重はかなり急激に減少していた様で、母から「最近チビの様子がおかしい。」と言われた頃には、かなり痩せてはいた。
ただこの時点ではまだ、
「今年の夏は暑かったから、夏バテしちゃったんだろうねぇ。」
なんて呑気に構えていて、特に何か特別な事をする。とかは無かった。
ところが、9月末から体調が急速に悪化し、10月に入ると食事を殆ど摂らなくなってしまった。水は飲むんだけどドライタイプのキャットフードは全く受け付けなくなり、心配した母は『キャットフードの介護食』なるものを買って来て(かなり高価)、それならばかろうじて食べてはくれるものの、その食事量は体調がいい時の1割以下。

そんな状態が1週間近く続き、チビはどんどん衰弱していった。
状態に回復の兆しが無く悪化する一方で、一日の殆どの時間をお気に入りのクッションで丸まって過ごす様になった時点で、かかりつけの獣医に診てもらったんだけれどその結果は、
「腎臓がやられている」
との事。高齢の猫は腎臓を傷める事が多いんだけど、チビもどうやら、腎機能にトラブルを抱えてしまった様だった。

腎機能が衰え、食思が低下し衰弱した愛猫に対し、僕等は飼い主としての決断を迫られた。

1)自らの意思で食事を摂る事を止め、死を受け入れようとする猫の意思を尊重。

2)自力摂取をしない猫に対し、スポイトand/orシリンジポンプによる強制給餌による栄養補給と、導尿・摘便による強制排泄を施行し、可能な限り生命維持をさせる。可能ならばCAPD(腹膜透析)によって腎機能低下を補う。

つまり、尊厳死をさせるか、延命治療を行うか、の選択を迫られたのだ。

チョー賢かった母猫の血を引くチビも、恐らくかなり人語を解していると思われるのだが、残念な事に人語を話す事は出来ない。
よって、「本人(本猫)意思の確認」は出来ない。
ただ、誇り高き猫族の一員でもあるチビが、自分の意思に反する強制給餌や強制排泄を受け入れるとはとても思えず、また、医療介護施設に勤務し終末期医療にダイレクトに関わっていた介護福祉士として、それ(延命治療)の惨酷さは知り過ぎていると言って過言では無いくらいに知っているので、「延命治療はしたくない」と思っていた。

延命治療を施された祖父母を看取った父と母も、政治的に延命治療を否定している我が兄も、そしてななかも、チビの意に反した延命治療をするべきではない。と言う意見で一致。強制給餌も強制排泄も何も行わず、静かに逝こうとしているチビを、静かに見送ろう。と言う事になった。just let her go.だ。

息を引き取る二日前、点滴を施され、貯まった腹水(分泌物で物凄い色になっていたそうだ)を抜かれた事で、一時的に体調を回復させたチビは、mizzie家メンバーの中で自分が最も好きだった我が父に、懸命に甘えようとしていた。その姿はいじらしく、可愛らしく、そして痛々しかった。

死の前日。実家をJr.と共に訪れた時、チビはその体をぐったりと横たえ、首をもち上げる体力さえ無くなり、そしてその目には既に生気無く、(ああ・・・もう3日と持つまい・・・)と思ったのだが、翌日昼過ぎに母が帰宅すると既に、チビは居間でこと切れていたそうだ。

 

 

死の二日前。僕がJr.と共に実家を訪れた時には、チビはもう息も絶え絶えといった有様で、カーペットの上でぐったりと横たわっていたのだが、そのチビを見たJr.が、それまでは猫の体をバシバシと叩く事しか出来なかったのにその時、死にかけたチビを心配そうな目で見つめ、その体をいたわるかのように優しく撫でていた。
チビは最後に、我が息子に慈愛と優しさの萌芽を芽生えさせたのだった。

猫も、犬も、ウサギも、鳥も、殆どのペットは人よりも早く死ぬ。自分が愛情を注いできた、そしてそれを裏切る事無く常に応えてくれたペットの死と言うものは、人間をひどく、深く悲しませる。それは時として立ち直る事が容易為らざる程に。
しかしながら僕は、小さく・弱く・愛しいものの死を・喪失を経験する事で人は、命の貴さ、儚さ、大切さを学び、優しさと慈しみと友愛をも学ぶ事が出来ると信じている。死者を生き返らせる呪文も、全てをやり直させるリセットボタンも無い現実世界で愛しいものの死を経験する事で、ゲームやテレビでは決して経験出来ない『本物の喪失感』を経る事でしか、学べないものがある。だから僕はこれからもきっと、何匹かの猫を飼い続けるだろう。
父親として、福祉職者として、Jr.には『ほんものの優しさ』を身に付けて欲しいから。

|

« | トップページ | 尖閣漁船衝突事件~シナリオを書いたのは誰だ?~ »

コメント

この記事が、mixi的に4:44に書かれたことになっているのは何かの縁でしょうか?

愛猫さん、ご愁傷様です。
私も延命治療は自分自身も、家族にもしたくないと思っているので、同じ選択肢だったと思います。

私はマンション育ちで、今もマンション暮らしなので、ペットを飼ったことがありません。
金魚やカブトムシならありますが。。
ただ、哺乳類ほどの高等生物を人が飼うということについては少々懐疑的な部分があります。
人のエゴが感じられるんです。
確かに命の大切さとか学ぶいい機会にはなるかもしれませんが、
どうも、道具的なイメージで買っている、飼っている人が多いような気がしてなりません。。
そもそも、ペットショップっていうものは完全に否定しています。
そこでは命の売買が行われているので。

結局は、ペットを買えないヒガミなのかもしれませんけどね。。

投稿: ハルシオ | 2010.10.26 07:30

お悔やみ申し上げます
ご冥福を心からお祈りします
チビちゃん、天国で安らかに

投稿: Sleeping Beauty | 2010.10.26 08:28

看取るのは辛いですよね。
生き物には寿命があるし、
それには逆らえない。
自然の摂理に従うしかというか、
それが自然ですよね。

末期は、楽な状態にしてやることくらいしか、出来ることはないけど、
でも、そうやって、本人も周りも死を受け入れていくんだろうなって思います。

見送るのは飼い主の責任ですもんね。
悲しいけれど、ありがとうですよね。

投稿: | 2010.10.26 10:35

>ハルシオさん

ハルシオさんのペットとペット産業に対するご意見は、一面においては完全に正しいと僕も思います。
動物を飼う事については肯定的な僕ですけれど、商業主義的にソフィスティケートされたこの国のペット業界とペット産業、そしてその顧客である「命をもてあそぶ」醜悪ジャパニーズには、とても強い嫌悪感を感じます。

> Sleeping Beautyさん

面識も御座いませんのに、丁寧なお悔み文を有難う御座います。チビに変わって、暑く御礼を申し上げます。

>匿名さん

コメント有難う御座います。
僕も、基本的部分では貴方様と全く同意見です。

投稿: mizzie | 2010.10.31 10:24

失礼しました。
匿名さんになってました。
えびすけです。

私も去年なくなったアーサーくんのこをと、
日常の生活の中で、ちょくちょく思い出しています。

投稿: えびすけ | 2010.11.01 10:02

>えびすけさん

あら?えびすけさんでしたか。
事故の件は大変でしたね。
ちなみに僕は、居眠りでの追突事故加害者になった経験が3度もあります。(*´v゚*)ゞ

投稿: mizzie | 2010.11.13 14:28

今年の1月に愛猫(ミュウ)を看取りました。。。
最後の最後まで、ずっと一緒にいてあげられたのがせめてもの救いでした・・・
猫って、亡くなる時は、独りでこっそりどこかへ行って亡くなるって聞いてましたが、うちのミュウは私のそばに居たがってました。。。。

投稿: みゅう | 2011.06.26 19:18

> みゅうさん

はじめまして。
mizzie's cafeに、ようこそ。

猫好きにとって、飼い猫の死はとてもとてもとても辛いものですから、みゅうさんにとってのそれも、それは胸のつぶれる思いであったろうとお察し致します。
最後まで側にいたがった猫はきっと、貴方様の事をとても深く愛されていたんだと、個人的には思います。
つつしんでご冥福をお祈り致します。

投稿: mizzie | 2011.07.02 05:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/49848363

この記事へのトラックバック一覧です: 愛猫の看取り:

« | トップページ | 尖閣漁船衝突事件~シナリオを書いたのは誰だ?~ »