« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011.03.26

東北はみんな生きている

過去記事に、「東北を元気付けたい!」って詠んだ詩を載せた。
あれを書いてから少し時間が経って、ちょっと書き直してみたので、もう一度再掲載します。『てのひらを太陽に』のメロディーで歌えるから、あのメロで歌って東北応援歌にしよう!(o^-^o)

 

 『東北はみんな生きている』
 
作詞:T.S.mizzie

東北はみんな生きている
生きているから悲しめる
東北はみんな生きている
生きているから喜べる
地震、津波、放射能、僕達を襲う
でも東北魂、負けやせぬ
岩手だって、宮城だって、福島だって
みんな胸に”東北魂”熱く
燃えてる

東北はみんな生きている
生きているから立ち上がる
東北はみんな生きている
生きているから立ち向かう
世界が東北を見詰めて
る今
東北魂 見せてやる
秋田だって、青森だって、山形だって
みんな胸に、”東北魂”熱く燃えてる

東北はみんな生きている
生きているから乗り越える
東北はみんな生きている
生きているから建て直す
大地震に奪われた平和と幸福
東北魂で取り戻す
北海道と、関東も、忘れちゃいないさ
みんなみんな生きているんだ友達なんだ

 

(English Ver.)

"Tohoku people never surrender"
Lyrics: T.S.mizzie

※Tohoku, means Northeast region of Japan

 
Tohoku people are living
We feel griefs 'cause we're alive

Tohoku people are living
We feel joys 'cause we’re alive
Quake, Tsunami, radioactivity, strike to us
But, we never surrender, and never give up
Miyagi, Iwate, and Fukushima too
We're burning with Tohoku spirit in our heart
 
Tohoku people are living
We rise from ruins 'cause we're alive
Tohoku people are living
We fight hardship 'cause we’re alive
Now, the world people stare us and our difficulty
So that we show them, Tohoku pride and brave
Akita, Aomori, and Yamagata too
We're burning with Tohoku spirit in our heart


Tohoku people are living
We overcome with grief 'cause we're alive
Tohoku people are living
We reconstruct all 'cause we're alive
Quake has taken peace and happiness from our hometown

But, "Tohokudamashii" get them back
We remmember Hokkaido and Kanto too
All of us live the planet, they're our fellowship

"Tohokudamashii" means northeast region Japanese people's peculiar persevering disposition

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.03.24

在京TV局はクソだ{TokyoTVstations are shit}

まず最初に、今回の震災で亡くなられた全ての方々のご冥福をお祈りします。そして被害に遭われた全ての皆様に、お見舞い申し上げます。

地震発生から2週間が過ぎた。地震・津波による死者数は9500人を超し、行方不明者もまだ1万2千人以上もいる。避難者数も、避難者総数にカウントされない自主的に県外へ避難した人や、自宅で避難生活を送っている人も含めると、50万人を超すのではないのか、と言われている。それに加えて原発事故とそれに伴う放射能汚染にさらされ、福島や宮城は今、地獄と言っても過言ではないような状況を呈している。
メディアやネットから伝わる情報だけでもそれが判るくらいなので、実際に現場にいる人達はきっと、東北に住んでいない僕等には想像も出来ないくらいの、心身共に過酷な状況に置かれている事だと思う。

伝えられてくるニュースも、涙を誘う。なんて言葉が軽過ぎて口に出来ない様な悲惨で凄惨な惨酷な話ばかりで、幼い子供を失った親や祖父母の話など、残された家族の気持ちを想像するだけで、胸を内側から激しく切り裂かれる様な思いだ。

そんな3月24日の昼。

僕は、職場の休憩室で昼食を摂っていた。休憩室のテレビでは某T●Sが放映している、昼の報道番組が流れていた。その番組では、東京の水道水から放射性ヨウ素が検出されたと言う発表を受け、それに関するニュースを延々と流している。乳児のミルク用にとミネラルウォーターを買い求める主婦や、不安を口にする都民の映像を流し、コメンテーター達がそれについて抒情的な、そしてそれが社会全体にとって大問題だと言わんばかりの、大げさな口調とジェスチャーで不安と恐怖心を煽る様な事を言っている。

(アホかこいつら?お前らが煽れば煽る程、バカな都民が買いだめに走って本当にミネラルウォーターが必要な乳幼児に水が回らなくなる。ってのがわからんのか?)

って思いながら、しかし画面を見る事は殆ど無く、黙々とコロッケをもぐもぐやってた僕だけど、コメンテーター達はそんな僕の思いなどお構いなしに、金町の浄水場で乳児摂取基準値の2倍の放射性ヨウ素が検出された事、金町浄水場の水を使う東京23区、武蔵野市、町田市、多摩市、稲城市、三鷹市の住民は、乳児の水道水摂取を控えるように。との通達が出された事、都と都内の幾つかの自治体が、乳児のいる家庭に対しペットボトルの水を配布し始めた事、店頭からミネラルウォーターが消えている事、などを扇情的に報じていた。

(福島じゃ家から出られなくなった人もいるし、福島じゃ乳児どころか大人の摂取基準超えてるのに、その事には一切触れないまま、検出量は福島の3分の2以下やのに騒ぎ方は福島の10倍以上かよ・・・)

と呆れてしまったが、東京人の「他県の事は基本無視。自分の事は最大規模の最優先」は、今に始まった事ではないので、(またか・・・)とどこかで思いながら白和えを飲み込んだ。

気が遠くなるくらい長時間、東京の水道水から放射性ヨウ素検出。に関するゴシップ(そのニュースをゴシップへと貶めたのは、彼のテレビ局の人間達だ)報道が終わり、次の話題へと移った。

「浦安の東京ディズニーランド、液状化と地盤沈下」

浦安の東京ディズニーランドが地震の影響で液状化を起こし、駐車場が沈下した話とか、液状化で舗装が波打ってしまった事とか、そう言った類の事を大々的に、大げさに、さも、それが世間を驚愕させる特大ニュースだとも言わんばかりの勢いで報じている。
福島の原発では作業員達が被爆の恐怖と闘いながら、原子炉を制御する為に決死の奮闘を続けているその時に、在京キー局の某BSは、浦安のアミューズメントパークに過ぎない施設が営業に支障を来たす被害を被った事の方を大々的に報じている。
岩手や宮城では数千人の行方不明者がガレキの下に埋もれ、警察や消防や自衛隊や各国から応援で派遣された救助隊が、懸命の捜索と救出作業に奔走し汗を流しているその時、在京キー局のT某Sは、パレスチナ虐殺に資金援助をしている企業の施設が地震被害を被った事の方を、より重点的に報じている。
宮城で、福島で、岩手で、青森で、北海道で、茨城で、千葉で、愛しい我が子を失ったり、優しい父親・母親に先立たれたり、愛する妻・夫・恋人を奪われた多くの人達が悲嘆にくれているその時、在京キー局のTB某は、自分達の至近にある娯楽施設が営業に支障を来たす事態に陥った事の方を、より哀しむべき・憂慮すべき事態だと言わんばかりに報じているのだ。

こいつらはクソだ。

思い起こせば16年前。神戸が直下型大地震に見舞われ、数千人が倒壊した建物に押し潰されて命を落とし、街中がめちゃめちゃに破壊されたその時、地震から1週間もすれば、神戸ではまだ救助活動・捜索活動が続いていたその時、在京キー局は5局全て、地震報道などちょろっと触れた程度で、後はいつもの様に芸能ゴシップとかどうでもいいような下賤なニュースを流していた。

結局こいつらは、東京以外がどうなろうとそんな事はどうでも良くて、そして自分達に訪れたアクシデントは蚊に刺されたような些細な・瑣末的な事でも強制的に日本中に触れて回り同情や共感を強制するのだ。自分さえ良ければ他はどうでもいい。なんて言う自分勝手で傲慢で横柄なウジムシのわいたクソみたいな連中の集まりだ。

僕はもうずっと前から主張し続けてるけれど、、、

東京。お前らとっととこの国から独立してくれよ。

俺達と同じ”日本人”に、お前らがカテゴライズされる。ってのが、土佐人として俺っちにはもうどーにもガマンなんねーんだ。

東京にも少なからずいる、多数派都民とは異なる”善なる”メンタリティを持った皆さんは、この記事を読んで不快に感じられた事と思います。
だけど、これは地方出身者としての正直な気持ちなんです。僕等は、少なくとも僕個人は、東京と東京のTVメディアの傲慢で横柄で自己中心的な態度は、もうたくさん。って思っています。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

東電を倒産させろ

まず最初に、今回の震災で亡くなられた全ての方々のご冥福をお祈りします。そして被害に遭われた全ての皆様に、お見舞い申し上げます。

 

昨日のエントリーで僕は、2006年の段階で共産党の吉井議員からその危険性を指摘されていた(参照:http://www.441-h.com/kokkai/20110322.pdfと言うのに、それを無視・放置して安全対策を怠り、都民からぼったくったたっかい電気料金で巨額の利益をあげ続け、そうやって生まれた利益は決して社員や顧客への還元を行わず、そのほぼ全てを役員報酬と株主配当でお金持ちの皆さんだけが山分けしておきながら、自分達の飽くなき欲望追及と、傲慢と怠業と油断が原因で事故を起こし巨大な損害賠償義務を負うと言う事態に陥ると、
「我が社には払えません」
と言ってその尻拭いを国に、つまり僕達の払った税金でさせようとしている東京電力を糾弾し、

あんな会社はツブせ!東電の役員達は刑務所送りにしろ!!

って書いた。

今日は、どういった形で東電を倒産させるのか、それについての僕のアイデアを語ろうと思う。

まず最初にやらなければならない事は、東電が負う補償額を明らかにする事だ。

避難指示、屋内退避指示の出た地域の住民に対する賠償。

風評被害等で売上減となった、そしてセシウムが降って放棄するしかなくなった(セシウムの放射能半減期は30年だ)耕作地を抱える事になった、農漁業従事者への所得補償と賠償。

前年度よりも売り上げが減少した北関東以北の全ての観光産業従事者。

避難地域に住民を避難させる為に掛かった自治体や自衛隊への経費負担。

その他諸々の、今回の原発事故によって生じた被害や経済的損失全てに対する弁済義務が、東京電力にはある。その総額は、東電の支払い能力を超えて国が負担する事になる分だけでも、3月中旬の時点でも既に1兆円を軽く越すと言われているし、その最終的な総額は、恐らく2兆円を超えるのではないのだろうか?

その現実に対して東京電力は、

「そんな大金、東京電力だけでは払えません。」

と言って、自分達の油断と怠業の後始末を全部、僕等の払った税金で菅政権にやらせようとしている。納税者として、そんな事を許してはいけない。

許せない事を、許してはいけないのだ。

じゃあどうする?東京電力は払えないって言ってるんだぞ?

払えないじゃない。払わせるんだ。
東電の持つ全ての資産を売却してでも。
東電役員達の財産資産を下着の1枚まで売ってでも。

日本の電力業界で最大手の東京電力は、会社の時価総額が3兆4千億円もあり(参照:会社四季報)、その内訳は3か所の原発と26か所の火力発電所、160か所の水力発電所、他に風力発電所と地熱発電所を保有し、またそれらと各家庭を結ぶ送電設備や変電所等、電気関連資産だけでも莫大なものがある。また関連企業は電力事業関連企業だけでなく、人材派遣業や広告業界、その他様々な業種に進出している巨大企業なのだ。

この、東電の資産とも言えるこれら関連施設や企業を、競売に掛けるなりして全て売却する。カネはあるのに投資先が無くて困っている、中東の政府系ファンド辺りに東電のヒトも資産も全てまとめて会社ごと3兆円くらいで売り込みかけて売り飛ばす。と言う手もある。電力需要が旺盛だった時には、3000億円超もの年間利益を出した優良巨大企業なのだ。それがソフトもハードもまとめて3兆円だぞ。って売り込めば、安定した投資先の欲しい中東の石油成金どもは金を出すのではないのか?

全部まとめて売却。が叶わなければ、発電所ごと、関連会社ごとにバラ売りすればいい。UFJ銀もみずほ銀も、東電の再建の為に融資するんじゃなくて、東電の資産を買い取って電力事業に新規参入しようとしている新規の経営者に対し、金利面等で優遇策を講じて彼等の資金調達をバックアップしてあげた方がよっぽどいい。東電の資産を売却して東電を倒産させたら、株主が負債を被るじゃないか。と思うかもしれないが、心配しなくても東電株の大株主が大損するだけで、一般の庶民投資家が受ける影響は小さく、限定的なものになると考えている。

とにかく、国家と国民にここまで損害を与えた東京電力には、何が何でもそれに見合うだけの罰を与えなければならないのだ。この事故が一段落する時が、東京電力と言う会社が無くなる日だ。

時価総額3兆4千億円の東京電力だけど、その資産と人材を売却した所で、時価総額の半額程度にしかならないかもしれない。全ての賠償金を支払う事が出来ないかもしれない。

その時こそ、国家が東電に払い切れなかった分を負担する時なのだ。決してその時が来るまでは、東電が払うべき賠償を支払う為に俺達の払った税金を突っ込むべきではない。
そしてそれをやる事になった場合、それを招いた東電役員と、歴代自民党政権の責任を明確にして断罪し、そいつらの行為を罪とする法律を成立させて、そいつら全員を刑務所送りにするのだ。

共産党が東京電力福島原発の津波に対する脆弱さなどを指摘したのは、2006年の事だ。
その時政権を担当していたのは、『自 由 民 主 党』だ。
自由民主党は安全対策を怠っていた東京電力に対して、指導も改善勧告も何もしなかった。ただ、東電と一緒になって「日本の原発は安全です』と言い続けていた。当然、彼等も今回の事故には責任がある。

今、この国の政権は民主党が握っている。
2006年当時政権にいた自民党議員とは、菅政権はしがらみも何も無いのだ。つまり、

歴代自民党政権や政治家としがらみの無い菅総理は、東電役員と彼等の怠業を見逃し放置した自民党議員に責任を取らせて刑務所に収監する法律を施行するべきだ。

自民党とコネの無い民主党だからこそ出来る法律を、サっと上程してピャっと審議してサクっと可決・成立させてしまうべきだろう。

さあ菅総理、今こそあなたの政治指導力を発揮させる時です!

 

総理、ご決断を。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011.03.23

東電は破産させるしかない

まず最初に、今回の震災で亡くなられた全ての方々のご冥福をお祈りします。そして被害に遭われた全ての方に、お見舞い申し上げます。

 

地震発生から12日が過ぎた。まだ被害の全容は見えてこないし、福島原発は今も緊迫した状態が続いている。東日本じゅうの避難所では30数万人の避難者達が、いつ果てるとも無い不便な避難所生活を続け、避難所には来ない自宅避難者や、自主的に県外に避難した人達(避難者総数にカウントされない)も含めると、その総数は一体どれだけになるのか、皆目見当もつかない。

まだ行方不明のままとなっている人が1万人以上もいるんだけれど、震災から12日が経って余震もほぼ収まりつつあり、これから、めちゃめちゃになった都市、町や村や集落で、破壊された建物や打ち上げられたガレキの撤去作業が始まると思う。被災者支援も避難場所確保とか配食・給水といった生命維持的支援から、インフラ復興、住宅再建支援、被災者のメンタルケア等と言った生活再建が主となるものへと移行していくだろう。

震災対策が人命救助、生命維持が主の第1段階から、次のステージへと移行する事を考えた時、どうしても考えなければならない事がある。

 

それは、今回の被害に対する補償問題だ。

「補償?自然災害で被った損害に補償も何もないやろ?」

と、貴方は思う・考えるかもしれない。確かに、通常の民間運営の保険では、地震や津波と言った自然災害での被害は補償対象外で、例え自分の落ち度がゼロで家が全壊してしまったとしても、民間の保険会社の保険なら1銭も保険金は出ない。

「共産党と神戸市民が国・県・市に働きかけて成立させた、被災者生活再建支援法があるからそれで十分やろ?」

って思うかもしれない。だけど、あの法律に則って国から支給される再建支援費は、家屋全壊でもたった300万円だ。共産党は「全壊家屋に300万円で何が出来る?もっと上限額を引き上げろ!」と言っているが、自民党時代も民主党に変わってからも、上限額は300万円のままだ。

それに加えて、今度の大地震、地震それ自身(シャレではない)と、地震に伴う津波は自然災害だが、その後の原発事故は、どう考えても人災だ。それが東電の準備不足と対処の遅れが原因である以上、それによって生じた損害に対し、東電は賠償責任が伴う。東電も菅政権も、「今度の地震は規模が想定外で、、、」等と言っているが、『想定外』と言うのは、そうなる事が誰にも予測出来ず、誰も指摘してくれなかった出来事が生じた場合のみ、使う事の出来る言葉だ。
もうかなりネットでは騒がれ始めている(スポンサーに気を使ってか、既存メディアはこの事には全く触れていない)が、東京電力福島第一原子力発電所がチリ地震級の津波に襲われた場合、冷却系統がダウンしそれにより炉心溶融、水蒸気爆発、水素爆発する危険性がある。と言う事を、2006年の国会で共産党の吉井議員が指摘している。

参照:http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2010-03-01/2010030101_05_1.html

この吉井議員の指摘に対し、当時政権政党だった自民党は全く取り合わず、東電側は自分達の主張する安全神話を繰り返しただけで、結局何も対策は取られなかった。その結果がこれなのである。

もう一度言う。福島第一原発の事故は、東電の怠業による人災だ。

それが人災である以上、東京電力には当然、その事故で生じた損害に対し、賠償義務が生じる。避難指示・屋内退避指示が出た数十万人、半径20km圏内だけでなく、風評被害でダメージを受ける東北・北関東の農家に対する所得補償、そう言った諸々の被害に対する賠償義務を、東電は負う事になるのだ。その総額は恐らく一兆円では足りまい。
原子力損害賠償法では、原子力事業での事故は、その事故を起こした施設を運営する事業者が、原子力事故で負った損害の賠償義務を負う。となっているが、天災や社会的騒乱等による事故での賠償に対しては、例外規定と言うものが存在し、そして今回の地震被害では、その例外規定が適用される事になりそうな雰囲気だ。つまり、本来なら東電が支払わなければならない賠償金を、国が肩代わりする。と言う事だ。

Hey!! wait a munite!!

 

東電の賠償を国が肩代わりする。と言う事は、東電の怠業と傲慢で起きた事故によって生じた損害を、俺達が払った税金でやる。と言う事だ。

原発事故で被害を受け損害を被った福島や茨城や宮城の人達を助けるな。と言っているのではない。彼等は当然支援・救援されるべきだし、被った損失は補填されなければならない。そしてその総額が東電の支払い能力を超えていると言うのなら、国は責任を持って東電がカヴァーしきれなかった分を補う必要がある。東電と一緒になって「日本の原発は安全です」と言ってきたのはこの国の政府だし、その政府を運営する政治家を選んだのは納税者である僕達だ。
(僕は選挙権を得て以来、政権政党に投票した事は一度として無いが、彼等が政権を取るのを阻止出来なかったんだから、全ての国民が今回の事故に対し部分的には責任がある)

原発事故で損害を被った人達に対し、原賠法の例外規定適用で国が東電の負う賠償の一部を負担するのは、仕方が無いと思う。ここで最優先しなければならないのは、被災住民への補償と生活支援なのだから。

ただ、国が肩代わりするのはやむを得ないと言っても、その負担割合が東電にとって有利になるようでは困る。共産党から詳細に危険性を指摘されながら、それらへの対策費をケチって地震・津波対策を放置しておきながら、東京都民にはたっかい電気代を払わせて巨額の利益をあげ、役員一人当たり平均で3600万円以上もの報酬をポケットに突っ込んでいたような守銭奴どもを助ける為に税金を払っているのではない。

はっきり言おう。東京電力は今すぐ倒産させろ。

発電所、本社ビル、送電設備、その他諸々の東京電力と言う企業が持つ財産を全て売却し、その金を被災者への賠償に充てるのだ。もちろん役員は全員解雇だ。そうして、東京電力と言う会社の持つ資産を全て売却し、それを補償に充ててもなお足らない分を、国が補填すればいい。

この地震国日本に、原子力発電は不向きだ。しかしながら、既に50基以上の原子炉が稼働しているこの国では、今すぐ原子力発電をやめるのは現実問題として不可能だ。今すぐ無くす事が不可能なのだから、既存の原発を安全に運営するしかないのに、この国の電力事業者達は東京電力を筆頭に、みんな自分の事しか考えてなくて、他の電力会社も地震・津波への対策は不十分なままだ。しかし今回の事故で負った補償が払えなくて倒産に追い込まれたとなれば、それは他の電気事業者にとって重要な教訓となる。

目先の利益最大化の為、津波対策を取ってこなかった日本中の原発だが、一度事故を起こせば会社が無くなる。役員は糧を失うだけでなく、刑務所に収監されてしまう。と言う前例が出来れば、日本中の電力事業者の役員達は、それこそ必死になって安全対策を行うだろう。

最後にもう一度言っておく。

東京電力は、倒産させなければならない会社だ。東電倒産によって東電の株主達は損害を被るが、あいつらが東電役員に利益最大化最優先の経営をさせたから今回の事故が起きたのだ。

安全を軽視し利益確保に走る様な連中には、経済界から退場してもらわないといけないのだ。

東電の役員達は、タマゴが投げつけられる前に、とっとと退場するべきだろう。

| | コメント (32) | トラックバック (0)

2011.03.21

菅総理!今こそ日本版グリーンニューディールを‼!

地震後の津波で非常電源がやられてしまい制御不能に陥り、最悪の事態を免れる為、原子炉冷却に海水を注入した福島第一原発は、恐らく閉鎖される事になるだろう。原子炉の5号炉6号炉はかろうじて生き残っているが、海水注水がされた1~4号炉はもう使えない。廃炉にするしかない。

そして福島第一原発1~4号炉が廃炉となった場合、

東京電力の電力量供給量が激減する。と言う事態が生じる。福島原発の危険性(チリ地震級の津波が来れば、原発の冷却機能がやられてしまう)を県議会でも国会でも、共産党から何度も指摘され続けていたのに、「日本の原発は安全です」と言い続けて来た東京電力の自業自得でしか無い。と言えない事も無いのだが、過去に何度も危険性を指摘されていたのにそれを無視(だから、今度の地震は想定外。と言うのは言い訳でしかない)し続けてきた事は一旦置いて、現実問題として、今回の地震被害で福島第一原発は使えなくなった、つまり、1号炉46万kw、2号炉~5号炉78.4万kw、6号炉100万kw、合計で459.6万kwも、東京電力の供給電力が減少してしまうのだ。

福島第一原発が廃炉となる場合、東京電力はそれによって失う発電量を、どこかで用意しなければならない。とりあえずは休止中の発電所を再稼働させたり、既存の発電所の稼働率をあげる事で急場をしのぐしかないのだが、新たな供給元を確保する事は必要不可欠だ。
しかしながら、今回の福島原発事故で、この地震国である日本には原子力発電と言う方法が如何に不向きかを、恐らく日本中が認識した筈だ。現実問題として、
国内での新規原発立地は不可能だろう。

発電用の大型タービンは、環境問題の事もあり、石川島播磨重工業や、三菱重工など、国内の大手機械メーカーが海外からも受注を取ってくるくらいに高性能なものを開発しさらに洗練させ続けているが、そして原子力発電並みの発電量を得る為には、火力発電以外には無いのだが、発電タービンの高性能化で火力発電が如何に高効率化されたと言え、それが化石燃料の燃焼によって得るエネルギーである以上、地球環境に与える負荷が増大する事は想像に難くない。さらに昨今の原油高の影響で、国内の電力会社は火力発電の燃料を石油から石炭へとシフトしている。そしてここが一番の問題点なのだが、石炭火力発電は1kw辺りのCO₂排出量が石油や液化ガスよりも遥かに多いのだ。石炭火力発電は環境に良くないのだ。

そしてこれは僕の個人的見解なのだが、日本の電力を石炭に依存したくない。可能なら石炭ゼロにしたいくらいだ。その最大の理由は、

日本の石炭は、その殆どがオーストラリアからの輸入に依存しているのだ。

今さら言うまでも無い事実だが、オーストラリアと言う国は、我が国の食文化を否定し非合法的方法でそれを妨害してきたならず者集団、『シーシェパード』の構成員がいる国だ。奴等の活動拠点がある国だ。公海上で法的手続きに則り捕鯨をしていた我が国の捕鯨船に攻撃を仕掛けた自国民を、逮捕も訴追もせず放置する政府によって統治された国だ。たまたま東北にいて被災したシーシェパードの構成員達を救助し、少ない物資を分け与えてあげた我が国に対し、「津波は天罰だ」などと言ったCreatureが合法的に活動出来る国家だ。
その国に対して市民レベルでの抵抗として、僕はオーストラリア製品は非買する事にしているのだが、東京電力がその電力供給を石炭火力発電に依存すると言う事は、関東に住む人達は自分の望む望まないに関わらず、生活する事それ自体がオーストラリアの国益となってしまうのだ。

話は少し逸れてしまったが、環境の面、そして政治的な面、双方から考慮しても、火力発電依存量を増やす事は好ましくない。かと言って、関東地方に住む人達にいつ果てるとなく続くヤシマ作戦を継続させる事も出来ないだろう。そこで、この今だからこそ、代替エネルギー普及を政治家達が主導的に進めるべきだ。

循環型エネルギー(太陽光・風力・小規模水力)普及には時間とコストが必要だが、今なら、循環型エネルギーから発電した電力を買電する際のコストを電気代に転嫁しても、使用者からの合意は得やすいだろう。
太陽光発電、風力発電の促進と普及に政府が音頭を取り、循環型エネルギーによって発電された電力を買電する際の単価を、循環型エネルギーによる発電が普及しているドイツ並みかそれ以上に引き上げ、太陽光発電はモジュール設置に補助金が出る様にする。国策としての普及策で各家庭で太陽光発電が普及し、風力発電や小規模水力発電が事業として利益を出せるくらいに買電コストが引き上げられたら、循環型エネルギーによる発電は劇的に普及するだろうし、もしそうなれば、
鳩山前総理がぶち上げた、『2020年までに温室効果ガス排出量を25%減らす。』と言う公約も達成出来る。

被災者の救助が一段落し、インフラの復旧がある程度進めば、今度は東日本全域で、破壊された都市、町や村や集落の復興が始まる。その際、政策誘導(支援策など)によって、復興で再建される住宅やビル、工場、病院、役場、その他全ての建物に太陽光発電モジュールが設置されれば、東日本の都市全体が大規模太陽光発電所となり得る。

これからの日本は、復興特需による好景気(住宅、家具家財、自家用車など、今度の震災で損失した全てに買い替え需要が生まれる)が訪れるだろうが、それに政府が循環型エネルギー普及の後押しをする事で、東北から北関東までを広大な太陽光発電所にしてしまうのだ。

風力発電も、三菱重工はオランダのヴェステス(世界最高の風力発電機メーカー)に引けを取らないくらいの、高性能・高出力の風力発電プラントを開発している。発電用タービンもIHIや東芝、日立、三菱は凄い技術を持っているので、小規模水力に適した発電機を彼等に開発させ、それを日本中で行き渡らせるのだ。
アメリカでオバマ大統領がぶち上げた『グリーン・ニューディール』、それの日本版をやるのだ。

地震でめちゃめちゃにされた東北を、世界で最も環境に優しい地域。として再生させるのだ。

菅総理、ご決断を‼

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.03.20

実は、あれは日本人では無いのです

震災発生から10日目となり、被災地のあちこちで「生き方の美学」を貫いている、日本人の勇気とプライドを世界中に判るやり方で世界に示している人々の美談が、メディアで、ネットで、その他様々な媒体から発信されている。

矜持。高潔。誠実。使命感。無私。責任観。そう言った事を自らの行動で世界中に示している。
一般市民レベルでも、訳もなく取り乱したり、泣きわめいたりする事無く、配水や配色、公衆電話や電車・バスを待つ列に整然と並ぶ。彼の国の市民の様に不平不満など言わない。騒ぎ立てる事も無い。
絶望と混乱の淵にありながらも、人間としての威厳を失わず行動し、出稼ぎ外国人や海外メディア関係者を驚愕させている。

赤の他人同士が助け合えたり、混乱と絶望と悲嘆の底にある時でも、全体の為に個を冷静に慎み深く抑制する日本人の姿に、「なぜ、そんな事が出来るのか?」と外国人は思うかもしれない。もし私がそう聞かれたとしても、その問いに対して私は、
「彼等が日本人だからさ。」
と答える事しか出来ないだろう。

 

被災地の市民や、自衛隊員、消防、警察、自治体職員、そして東京電力の作業員達が、自身の振舞いによって日本人が本来持つ「精神性の美しさ」を、世界中が理解せざるを得ない形で世界中に示している。しかしながら、彼等の美談の影から、震災に絡んだ醜聞もちらほらと聞こえ始めた。

「被災した宮城、被災店の商品を狙った窃盗続発」 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110320-00000017-jij-soci
募金詐欺29歳男性を逮捕
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110319/dst11031912000029-n1.htm
義援金を装うフィッシングサイト
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110315/dst11031517440109-n1.htm
義援金振り込め詐欺
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110314/dst11031418380109-n1.htm
募金活動中の高校生殴り集まった募金奪う 千葉・松戸
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110319/crm11031920050003-n1.htm

 

・・・・・。

これらのニュースを耳にした日本人達はみな、(情けない・・・)とか、(恥ずかしい・・・)とか思っただろうし、日本人の道徳心の高さを嫉視と羨望の混じった思いで見ていた彼の国の人とかはきっと、それらの醜聞を耳にして、「それみろ。日本人だってロクでもない連中がゴロゴロしてるじゃねえか。」って得意気になっている事だろう。

多くの日本人に嫌悪感を抱かせているそれらの醜聞だが、僕は、(あれは日本人じゃないんだ。)って思う事にしている。被災地で火事場泥棒的に金品を盗んだり、街頭で募金をしていた高校生を殴って集まった浄財を奪ったり、被災者支援を語って金銭を奪っているのは、姿形こそ日本人だが、そして法的にも日本国籍を持つ市民として登録されているのだが、

あれは日本人ではないのだ。

もちろん、ネットを徘徊している自称愛国者、実は単なる自民族中心主義の、似非愛国者達が語る様な、醜悪な中国人や朝鮮人でもない。

実はあれは、人間ですらないのだ。

実によく化けたものだ。その技術だけは評価しよう。
あの日本中、いや世界中に恥をさらしている生き物は、実は日本人に化けた狐なのだ。
今から約1200年前、弘法大師空海が、四国中に住む邪悪な狐を一匹残らず四国から追い払い、邪悪な狐達が2度と四国に戻れない様にと、八十八の寺で四国全体を封印した。その時四国から追い払われた邪悪な狐達の末裔が、この国のあちこちでいまだに悪事を働きこの国の品位を落としているのだ。

あの狐達は、恐ろしい程に邪悪で狡猾だ。自分達の悪事に目が向かない様にする為に、多種多様なデマを流して僕等を混乱に陥れようとしている。奴らの毒牙にかかる事が無い様に、僕等としては細心の注意と治安意識を持って日々を過ごすしかない。
そして愉快犯的に根拠の無い流言を流す狐達に騙される事が無い様に、自分の目で見、耳で聞いた情報か、信頼のおける情報ソースからの確定情報以外は、安易に、容易に信用しない事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

出来なかった過去を責めるより

出来た事、出来ている事にも目を向けよう。

 

 

東日本大震災は、地震発生から9日が過ぎ、今回の大災害による死者・行方不明者の合計は、3月19日現在で1万7千人超となっている。一時は10万人近くまで膨らんでいた安否未確認者だけど、日が経つにつれて安否確認の取れた人の数は増え、避難先等で再会し涙を流して生きていた事を喜び合う人達の姿が、連日テレビ画面に映し出されている。

19日時点で死者数は7300人を超え、今回の東日本大震災は阪神・淡路大震災での死者数を超える、戦後最悪の災害となった。7000人超の死者を出したこの地震、まだ1万人以上の人達が行方不明なので、このまま行けば、死者数が万単位になるのは避けられそうにない勢いだ。

これまで度重なる津波被害を経験し、かなり高度な津波対策が施されていた東北太平洋側なのに、「1000年に一度」と言われる大地震となった今回の地震は、その予想を遥かに上回る、とんでもない高さの津波となって東北太平洋岸を襲い、高台やビルの2階、3階に逃げていた人達までも巻き込んで、多くの死者・行方不明者を出した。そう遠く無い将来、マグニチュード8クラスの大地震の発生とそれによる津波の襲来が予想され、それに対する対策もしっかりと立てられていた東北地方だが、まさか、今度の地震が日本の地震観測史上最強の、マグニチュード9.0なんて言う、1000年に一度の巨大地震となるとは、それを予想出来た人がいたとしたら、その人はきっと我々とは違う種類の生命体であるに違いないだろう。

その人知を超えた巨大地震に対し、それについての事前・事後の対策、対応で出来なかった事を探してくる事と、それの結果を知った者が後出しジャンケン的な批判を言っても、何の意味も無いだろう。僕の個人的見解として、東京電力の対応はヒドいものだったが、今回の地震に対して、現場の人間達はじつに良くやっていると思う。
政府の対応も、原発に関する情報の質・量・確度・速度があまりにも劣悪で寡少で曖昧で遅かった為、国内だけでなく世界中からも信用を低下させてしまったのだが、それ以外の事、災害救助における自衛隊の使い方や規模、速度は、恐らく現政権に出来る最大最速の事はやったんだろうな、と僕個人は思っている。少なくとも、神戸の街が燃え、崩壊した建物の中に取り残された人達が何人も生きながら焼かれていたのに、そしてそれがテレビによって日本中・世界中に報じられていたのに、何も出来ずにいた当時に村山政権と比較すれば、今回はそれよりもずっと良くやっている。
 
救助活動一つを取っても、震災後直ちに200機近いヘリを捜索・救助活動に出動させている。そうやって出動したヘリによって、水没家屋の屋根の上で、寒さに震えながら救助を待っていた人達が何人も救われているのだ。それは、発生直後は安否確認が出来ない人が10万人超もいたが、震災から9日が過ぎた今は、行方不明者1万人を残すのみとなっている事からも判る。そして恐らく安否確認された9万人超の人達の中でかなりの人達が、自衛隊や警察、消防のヘリによって、孤立した集落や家屋から救出された人が含まれている筈なのだ。自衛隊のHPでは、自衛隊によって救助された人の数を公開している(http://www.mod.go.jp/j/press/news/2011/03/19a.html)が、それによると18日までに19,430人の人達が、自衛隊によって救助されているのだ。
TVメディアでは、報じられる事こそ無かったが。

警察と消防は自治体の判断で動けるが、自衛隊は政府の命令が無いと動けない。その自衛隊に大規模で迅速な出動命令を出し、政府が大規模な捜索・救助活動を行ってくれたお陰で、救われた命は決して少なくない筈だ。自衛隊がいつ、どこで、何人を救助したのか、どこで何を実施し何を配布し何を護ったのか、それは上に挙げたリンクで詳細に知る事が出来るので、興味のある人はそちらを見て欲しい。

「軍隊というものは道具に過ぎない。それも、なるべくなら無い方がいい道具だ。だから軍には、出来るだけ有益・有用な道具であって欲しい。」

が自論の僕だけれど、

今回の地震被害で、救助活動、被災者支援活動に当たっている自衛隊員の皆さんに対し、心からの感謝を込めて、お礼を申し上げます。警察・消防・世界中から来て下さった災害派遣・救助チームの皆さん。その他救助・支援活動に当たっている全ての方にも、厚く御礼を申し上げます。

みなさん、本当に本当にどうもありがとう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.03.19

とにかく東北を元気付けたい

昨日のエントリーに、「被災した人達を励ましたい!」の思いで作った詩をアップした後、知人から「”てのひらを太陽に”の替え歌なら許可無く公開すると、著作権法に抵触して訴えられちゃうよ。」との忠告を受けた。
僕としては、確かに「てのひらを太陽に」のメロディーで歌う事も出来るけど、別のメロでも歌えるし、詩自体は完全に僕のオリジナルなんだから、著作権には引っ掛かんないよ。って言ったら、
「被災者を元気付けたい。って詠んだ詩を「私の著作権に触れる」って訴えて使用料とか賠償金請求される可能性は低いと思うけど、政治的に左寄りのmizzieだから、公安がmizzieを別件逮捕するのに利用する。ってリスクもあるぜ。」
って言われた。

確かに、そのリスクは皆無じゃない。
別件逮捕に利用される可能性は低いとしても、
著作権者から訴えられて、
賠償金請求されちゃうリスクだってある。

 

・・・・・。

・・・TO HELL WITH IT !!

I WANNA CHEER UP TOHOKU PEOPLE ANYWAY!!

 

とにかく僕は、被災者を元気付けたい。
だから昨日のエントリーは、あそこに載せた詩と英語詩は、

著作権の事は気にしなくていいから、
どんどんコピペして広めまくっちゃって下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東北魂は負けない(Tohoku people never surrender)

「地震で被災した、東北の人達を元気付けたい。」

今この国で暮らす人の中で、かなりの数の人達がそう考えていると思う。もちろん僕もその一人だ。
その「東北を応援したい」と思う、その想いを託した詩を作ってみた。この詩を読んで元気付けられる人が一人でもいてくれたら、それだけで僕は嬉しい。
「てのひらを太陽に」の曲に乗せて歌うと、ピタリとはいかないまでも結構ハマるし歌いやすいから、それで歌ってくれてもいい。

龍馬の国からみちのくのみんなあに、「東北応援歌」を贈らせてもらうきに。
 
この詩、「てのひらを太陽に」のメロディーに乗せて歌えば、「東北応援歌」の出来上がりだ。 

 

 

『東北魂は負けない』
 
作詞:T.S.mizzie

東北はみんな生きている
生きているから悲しめる
東北はみんな生きている
生きているから喜べる
地震、津波、放射能、僕達を襲う
でも東北魂、負けやせぬ
岩手だって、宮城だって、福島だって
みんな胸に”東北魂”熱く
燃えてる

東北はみんな生きている
生きているから立ち上がる
東北はみんな生きている
生きているから立ち向かう
世界が今東北をじっと見詰める
だから東北魂 見せてやる
秋田だって、青森だって、山形だって
みんな熱い、”東北魂”胸に抱いてる

東北はみんな生きている
生きているから乗り越える
東北はみんな生きている
生きているから立て直す
大地震に奪われた平和と幸福
東北魂で取り戻す
北海道と、関東も、忘れちゃいないさ
みんなみんな生きているんだ友達なんだ

 

(English Ver.)

"Tohoku people never surrender"
Lyrics: T.S.mizzie

※Tohoku, means Northeast region of Japan

 
Tohoku people are living
We feel griefs 'cause we're alive

Tohoku people are living
We feel joys 'cause we’re alive
Quake, Tsunami, radioactivity, strike to us
But, we never surrender, and never give up
Miyagi, Iwate, and Fukushima too
We're burning with Tohoku spirit in our heart
 
Tohoku people are living
We rise from ruins 'cause we're alive
Tohoku people are living
We fight hardship 'cause we’re alive
Now, the world people stare us and our difficulty
So that we show them, Tohoku pride and brave
Akita, Aomori, and Yamagata too
All of us have the spirit called "TohokuDamashii"


Tohoku people are living
We overcome with grief 'cause we're alive
Tohoku people are living
We reconstruct all 'cause we're alive
We were taken peace and happiness by the disaster

But, "Tohokudamashii" get them back
We remmember Hokkaido and Kanto too
All of us live the planet, they're our fellowship

"Tohokudamashii" means northeast region Japanese people's peculiar persevering disposition

 

こんな詩を書いたって、何の役にも立たないのかもしれない。だけど、この詩で元気付けられる人が一人でもいたら、

それだけで、僕は嬉しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.03.18

東電隠蔽責任追及 菅政権が今やるべき事

危機的状況が続いている福島原発1~4号機。

平時の被爆許容量を大幅に超越した放射線量が検知されている現地では17日、陸自と警察機動隊による決死の放水作戦が展開された。

今福島原発で行われている作戦は、本当に「決死の」作戦なのだ。福島原発の1~4号炉がメルトダウンを起こしてチェルノブイリの時の様に爆発→放射能拡散。などと言う事になれば、風向きにも寄るだろうが、東北と関東のかなりの地域が、人どころか生物の住めない死の土地になってしまう。その最悪のシナリオを回避する最後の砦として、陸自隊員達や機動隊員達は、死の恐怖と闘いながら、国民の生命を守る為、献身と自己犠牲を捧げているのだ。

今、福島原発で最前線に立っている彼等は、相当な訓練を積んだエキスパート達だ。固定翼機の数倍難しいと言われる回転翼機を自在に操るパイロット達は、数百から数千時間と言う飛行時間経験を持つ凄腕なのはもちろんとして、その熟達したパイロットを育成する為に、莫大な額の税金が投入されてもいる。
装備調達とそれを運用する人材の育成に莫大な資金を必要とする軍用機だが、ここで軍隊の必要性うんぬんを論じるつもりはない。

ここで僕が言いたいのは、そうやって莫大な税金を投じて育成したパイロット達を死地に立たせ、ようやく育て上げた優秀な人材が失われてしまうかもしれないという事態に陥ったのは一体誰の責任か?と言う事だ。

敢えて書く必要も無い程に明白な事なのだが、今回の原子力発電所原子炉制御不能を招いたのは、東京電力の隠蔽体質と東京電力経営陣の自己保身のせいだ。
そもそも、1号炉が水蒸気爆発を起こした時点で、冷却水温が上昇していた2~4号炉への海水注入を決断していれば、このような事態になるまで悪化する事は無かったのだ。東京電力経営陣に2~4号炉への海水注入をためらわせたのは、海水を注水した原子炉は廃炉にしなければならないからだ。
福島原発2号炉の建設費は約560億円、3号炉は約620億円、4号炉は約800億円なので、(参照:http://www.pref.fukushima.jp/nuclear/hatsudensyo/gaiyou.html)、2~4号炉に海水を注水すると言う事は、東京電力は1900億円超の損失を出すと言う事になってしまう。そのコストには解体費用と廃材撤去費用は含まれていないので、仮に1~4号炉が廃炉→再建設となったとすると、東京電力はひとつの企業では背負い切れない程の巨額の負債を抱える事になってしまうのだ。海水注入で1~4号炉が全て廃炉となれば、廃炉によって負った負債から立ち直り、東京電力が倒産を回避出来たとしても、今の経営陣達は次の株主総会で全員解雇されていただろう。

2000億円超の損失を恐れて海水注入をためらい、結果として関東~東北の広範囲にセシウムをばら撒く事になってしまった(そして1~4号炉は廃炉となる)東京電力経営陣だが、彼等の後始末を押し付けられた自衛隊員や警察官こそいい迷惑だ。
「行け」と命じられたらどんな過酷な現場にでも飛びこむ彼等だって、当然死にたくなんかないだろうし、彼等にだって家族はいる。
東京電力経営陣の自己保身と、人命より利益。の経営姿勢のせいで致死量に近い放射線を浴びさせられている彼等だって、誰かにとっての良き夫であり、良き父親であり、良き恋人で良き友人なのだ。

今こそ、僕は東京電力経営陣に言いたい。

原子炉上空から、ヘリコプターで放水作業を行っている自衛隊機。
お前らも、あれに乗り込んで一緒に原子炉上空に行って来い。と。
老朽化した福島原発の危険性が指摘される度に、
「日本の原発は安全です!」と、自信たっぷりで言い切っていた東京電力経営陣。

日本の原発は安全なんだろ?

だったら、その安全な原発上空にお前達も自衛隊員達と一緒に行って、お前らのケツ拭かされてる自衛隊員の手伝いぐらいはしてこいや。

そして菅総理。

原子炉の冷却機能が失われ、危機的状況へと近付いていたと言うのに、その情報を政府や原子力保安院には断片的に、そしてかなり時間が経ってからしか通告せず、ここまで事態の悪化を招いた経営陣を重罪とする法律を早期に成立させ、そしてその法律(仮称で原子炉暴走通告義務法としようか)の違反への罰則は、執行猶予の無い禁固12年以上の実刑のみとし、企業利益と自己保身を人命よりも優先させた東京電力経営陣を、一人残らず刑務所送りにするべきだ。

今、この国には稼働中のものだけで37基、非稼働中のものも含めると55基もの原子炉がある。事故を起こせば、そしてその事の通知を怠ったり滞らせたりしたら、事故を起こした原子炉を管理する企業の経営陣が刑務所に送られる。と言う前例が出来れば、原子炉の運用について、少なくとも今よりはマシになるだろう。

原子力発電と言うものは、この地震大国である日本からは無くなった方がいい発電システムなのは言うまでも無い事だが、自民党時代の歴代政権が原発依存のエネルギー政策を進めてきたお陰で、この国は全エネルギーの約3割を原子力に依存しているのだ。つまり、今すぐこの国から原発を全て無くする事はほぼ不可能なのだ。だから、代替エネルギーが普及するまでの間は、原発に頼らざるを得ない。
原発に頼らざるを得ないのだから、電力会社には今よりももっともっと安全に慎重に公開された形で原発を運用させなければならないのだ。今回の事故で情報を隠蔽させた東京電力経営陣全員がその責任を問われ、執行猶予無しの実刑となって刑務所に送られれば、それは他の日本中の電力会社経営陣にとって、貴重な教訓となるだろう。

どうせこの事態がどんな形で収束しても、菅政権の寿命はそこまでしかない「緊急事態内閣」なのだ。だから菅総理は、退陣前にせめて未来の為に一つくらいは、「いい事」をしておくべきだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011.03.17

福島原発の現実

もう何も言わない。黙ってこのリンク先を見て来て欲しい。

http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html#page20

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.03.16

東京都民!恥を知れ!!

まず最初に、今回の東北関東大震災で被災された地域の皆様、関係の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

 

東北関東大震災は、発生から5日が過ぎた。
甚大、と言うには壮絶過ぎる、言葉を無くしてしまうような惨状が、メディアによって日本中、世界中に報じられていて、被災を逃れた西日本に住む多くの人が、
「画面を見ているだけで涙が出てくる」と言い、そして世界中の人々が被災者の嘆き・悲しみ・痛みに共感してくれている。

東北地方を今、世界中が食い入る様に見つめている。固唾を飲んで見守っている。

その世界中が注目する東北では今、自分も被災していると言うのに、家族の安否も判らないと言うのに、被災した住民の為に献身と自己犠牲を捧げている多くの人達がいる。
自分は妻子や家族と連絡が取れない不安を押し殺し、被災住民の為に避難所情報やその他様々な情報を伝えたり、支援物資を仕分けたりしている自治体職員達。

医薬品はおろか、給食用の食材すら不足し、交代要員も無いまま不眠不休で急患の治療に当たっている医師・看護師などの医療スタッフ達。
自分も被災者だと言うのに、家族の事も心配だろうに、出口の見えない非常事態にもくじける事無く、自分に課せられた責任を果たそうと、プロフェッショナルとしてのプライドを示そうと、利己心と自己愛を放棄し、自分の所属する地域と地域住民の為に、今も多くの人達が献身と自己犠牲を捧げている。

東北地方の被災地で今も奮戦を続けてている、名も無き勇者達。
医師、看護師、自治体職員、警察官、消防士、自衛隊員、そして福島原発の作業員達。

世界中がこの国に注目している今、彼等は日本人の勇気とプライドを、世界中に判るやり方で示している。

 

菅総理は、救助活動・捜索活動の為に動員されていた自衛隊員を、5万人態勢から10万人態勢へと増員させた。
その決定によって、我が高知の普通科連隊でも救助隊が組織され東北に派遣される事となり、今日、東北に向けて出発した。
災害救助・支援に人員・物資を送ったのは日本中だけではなく、世界90ヶ国以上の国が救援チームを派遣している。
ホンの1ヶ月前までは領土問題等で険悪になっていた、中国、ロシア、韓国も、救助隊を派遣してくれた。
日本と緊密な同盟関係にあるアメリカ合衆国は、救助隊派遣に「Operation tomodachi(ともだち作戦)」と名付け、在日米軍を投入しただけではなく、最新鋭の原子力空母とICUも備えた強襲揚陸艦を投入。そして140名もの災害救助のスペシャリストチームを即座に派遣してくれた。
 

2011年3月、世界中全ての人が、町が、県が、州が、国が、無残に引き裂かれた東北と東北に住む人達を助ける為に、一つにまとまろうとしている。

日本中の、世界中の人達が、(自分も、被災地の、被災者の為に出来る事は何かないだろうか?)と思ってくれている。ごく些細な事でも、全く効果なんか無い様に思える事でも、(彼等の為に何かしたい・役に立ちたい)っていう動機で、出来る範囲で行動を起こしてくれていたりする。国境も、思想・信条も、宗教も、その他の様々な相違点を乗り越えて、善意の輪が世界中を覆い始めている。

 

その今。

2011年3月15日現在。

東京の家電店から、電池と懐中電灯が姿を消した。
スーパー等からはトイレットペーパーが消え、カンヅメの様な保存食が消え、調理不要ですぐに食べられるレトルト食品が消え、使い捨ての紙皿やラップ類が店頭から消えた。

被災した東北が物資不足に陥り、日本中から被災地で必要とされている物資、電池や懐中電灯、携帯ラジオや電池充電機を東北に送る必要があるその時、東北と隣接する関東地方から、それらの品が姿を消した。

東北に送ったから無くなったのではない。

未曾有の大災害で不安に駆られた東京都民が、とりあえず自分用の物資を確保する為に、買いだめに走っているのだ。

東京から電池や懐中電灯が姿を消したその時、我が高知でも家電店店頭からそれらの品が消えた。我が高知で起きたその利己的で自己中心的な消費行動に、土佐藩士族の末裔である生粋の土佐人である僕は深い失望を覚えていたのだが、同日付け高知新聞の記事で、電池を買い漁る客の声をいくつも紹介していた。

「(電池を備蓄するのですか?の問いに)東京の知人に頼まれて・・・」

なんてこった・・・。

東京じゅうの乾電池を買い占めた東京都民が、東京の物資を買い占めた後、(もっともっと!)と餌を食い続ける”はらぺこあおむし”の様に、地方の知人達に物資を買い占めさせてそれを東京に住む自分達に送らせているのだ。
恐らく高知だけでなく、日本中で物資を買い占め東京に送らせている事だろう。

 

過去記事でも書いたが、災害発生直後の今、この時期、救助に向かう人員や救援物資をスムーズに送る為にも、不要不急の外出はするべきではないし、物流を被災地に集中させる為にも、不要不急な物資送付を控え、物流の負荷を軽減させるべきなのは言うまでも無い。
同様に、生き残った工場の増産が追い付くまでは、物資を被災地に集中させる為にも、不要な買いだめは控えるべきだろう。

それなのに東京都民。

自分さえ良ければ。と言う利己心を隠す事無く。被災地の窮状など意に介さず自分用物品の買い占めに奔走し、自分の行動範囲内が完売すると、知人を頼って他の府県の物品を買い漁っている。

東京電力の発電所が幾つもダウンし、深刻な電力不足に陥り計画停電に踏み切った時、東京都内は停電させなかったくせに、まだ不安と恐怖が払拭出来ない被災地を停電させた。

さすが、石原ジョンイル大将軍樣を3度も当選させた、
民度の低さはバングラデシュの海抜以下、
「民主主義とは、人民が自らの手で自分達の制度と理想を貶める政体の事だ。」
と言う言葉を実践している巨大都市、東京都と東京都民だ。

 

茨城で、

千葉で、 

宮城で、

福島で、

岩手で、

青森で、

名も無きヒーロー達が、地上の星達が、世界中に判るやり方で日本人が本来持つ精神性の美しさや、勇気とプライドを世界中に示しているその時、

 

東京では、名も無きマジョリティ東京都民達が、世界中に判るやり方でこの国の利己的な醜悪さと、東京人の持ついびつな自己愛を世界中に晒している。

 

Shame on Tokyo people!!
 
(都民よ、
恥を知れ‼)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011.03.13

僕達はひとりじゃない

未曾有の大災害に見舞われ、幾つもの都市が、町が、村が、津波に飲みこまれ壊滅し、数十万人が被災し避難生活を強いられ、そしてまだ、一万人を超える人達が安否不明になっている。

幸いにも地震被害に遭う事の無かった四国在住の僕だけど、安否不明になっている人達が、一人でも多く無事でいて欲しいと思っている。今も不眠不休で懸命の捜査・救助活動に当たっている警察・消防・自衛隊の皆さんの、「一人でも助けたい。」と言う願いが、意思が、報われて欲しいと思っている。
その思いは多分、日本中のほぼ全ての人達が、同じ思いで地震報道を見ていると思う。

そんな今日、被災者の無事を願いながら震災関連のニュースをネットでザッピングしていたら、とあるサイトに行きついた。

http://matome.naver.jp/odai/2129985372846288901

サイトに掲載された写真を見ていたら、涙が出そうになった。

世界中の人達が今、東北太平洋沖地震で被災した全ての人達の為に、祈りを捧げてくれている。無事を願ってくれている。物理的には何も出来ないのかもしれないけれど、ただ、僕等の事を心配してくれている。案じてくれている。思ってくれている。願ってくれている。

そして、深く傷付いた被災地のみんなが、再び力強く立ち上がってくれる事を願っている。信じて待ってくれている。もちろん僕も、それを願い祈り信じている。

 

被災したみなさんへ。

あなたたちは一人じゃない。

日本中の、世界中のみんなが、東北地方の、関東地方の、北海道の、被災した全ての人達の無事を願っている。祈っている。何か、自分達にも出来る事はないだろうかと、あなたがこれを読んでいる今も、案じてくれている。

The world pray for Japan now.

and, We pray for you.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【転載】 東北太平洋沖地震・援助マニュアル

mixi上で公開されている、石武@成幸育成コーチさんの日記からの転載です。
__________________________

こんばんは、石武丈嗣です。
このマニュアルは東北地方太平洋沖地震にて、 被災していない地域にお住まいで、 “援助”したいと言われる方々に 当てて書かれたマニュアルです。
出来る限り、見やすく書きましたので、
どうか参考にしてみてくださいませ。

 
私自身、“被災外”の人間ですが、 私のような被災外の人間が出来ることと言えば、 大きく分けて、6つ挙げられるかと思います。

1、金銭援助
このmixiでも、金銭援助を行っておりますが、 重要な事は“なるべく大手機関公共援助”を利用しましょうと言う事です。
既に“援助詐欺”が出回っているようで、 やはり、このような時、 大手で金銭援助をするのが、妥当な行動とも言えるかもしれません。
注意するべき点は、

海外の募金サイトを利用しない
日本では、日本赤十字など、今まで実績もある信頼できる募金団体がありますので、 こちらを利用するようにしてください。

信頼性の低い募金サイトのURLツイッターやブログなどで、 ネットに公開しないで下さい。
過剰な情報公開は“害”を及ぼします。それの良い例が、(そのURLが)詐欺サイトのURLであった場合、(それを公開する事で)その詐欺行為に加担してしまう危険性があるということです。

信用出来ないURLをクリックしない
知らない人のブログに募金のサイトへのリンクが貼ってあっても、怪しいリンクはクリックしないようにしてください。
短縮URLになっている場合はさらにご注意ください

信用できるかと思う義援金受付先は、以下に示しておきます。

mixi援助
http://mixi.jp/release_info.pl?mode=item&id=1284

yahooボランティア http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html
募金元・日本赤十字社です。

goo
http://special.goo.ne.jp/donation_earthquake/
募金元・各都道府県が設置する災害対策本部です。

 
2、物質的援助。

 
重要なことは“なんでもかんでも送らない”ということです。
前例に倣って紹介しましょう。
新潟中越地震があった際。
最も厄介な災害は地震による“自然災害”と、
援助者の方々からの無節操な“人災”でした。

簡単に説明するならば、こうです。
中越地震が起こった当時。
援助者の方々から、多くの物質が届いて良かったものの、それらを区分けし、仕分けるために、被害者の方々が“徹夜”で仕分けしていたことは、
日本の報道では、そう言う肝心なところを伝えていないために、あまり知られてはいません。
もちろん、送られてきたものの中には“生もの”もありましたので、それらは“生ごみ”として捨てられていた現状があります。これでは、どっちが“災害を起こしている”のか わかったものではありません。
まさにこれこそ“二重苦の嫌がらせ”と言われても おかしくない現状でした。

何度も言いますが、 そう言うことがあったのにも関わらず、 日本の報道はそれを伝えませんが、せっかくの支援物資を届けても、 それによって新たな災害を出させるようなことは止めましょう。

そこで重要なのは、 “各個人”(の行動)つまり、

物資を送る前に“仕分け”をしましょう
例えば、ダンボールを1つ用意いたします。
そこに“1つのものしか入れない”ようにするわけです。
つまり、
ダンボールに大きい紙を張るなり、直接書くなりして、
“水”と書けば“水しか入れない”ようにしましょう。
“食べもの”と書けば“食べ物”だけです。
“乳児用ミルク”と書けば“ミルク”だけ

着るものであれば、 さらに仕分けるのもよしです。
例えば、
“ウエスト○○cm~○○cmの女性用服”
と言った感じです。
 
重要なのは、”貰った側がどのようにしたら、貰ったら嬉しいのか?助かるのか?”を考えましょう。
これはマーケティングの基本であり、我がコーチングの基本の知識と実践でもあります。

細々とした注意を言うとすれば、
“ダンボールの重さ”
には気をつけましょう

男性では持てるけど、女性では無理。
これでは意味がありません。
なるべく軽く。そして、誰でも持ち運べるようにが基本です。持ちやすくするために取っ手をつける段ボールであれば きっとなお良しでしょうし、そのような取っ手をカッターなどでつけるのも良いかもしれません。

また、お金を直接送るのは、 止めた方が良いかもしれません。封筒に入れたとしても、分かりづらいので、 このような場合は、やはり“振り込み”を利用しましょう。

さて、ここで参考になるかもしれませんので、
「震災がつなぐ全国ネットワーク」
の方々が出している冊子の方に載っている、仕分け票を書いておきましょう。

 

食糧

【喜ばれるもの】
・飲料水
・カップめん
・お湯だけでつくれるレトルト食品
・乳児用粉ミルク
・哺乳瓶

【困られるもの】
・生もの全般(魚、肉)
・アイス
・電子レンジを使う調理品
・賞味期限切れの食品。(当たり前です)

衛生用品
 
【喜ばれるもの】
・おむつ
・生理用品
・歯磨き関連
・石鹸
・タオル
・トイレットペーパー
・ウェットティッシュ
・水を使わないシャンプー
 

衣類関係
 

【喜ばれるもの】
・“新品”の衣類、肌着
・マスク
・使い捨てカイロ

【困るもの】
・“古着!”(案外知られていませんが、ゴミになるだけです。)
 
 

医薬品関係
 
【“困る”もの】
・“医薬品全般”
(当たり前のことだと思っているのですが、送っても誰も使えません。 なぜなら、医薬品というのは、医師や薬剤師の方々がいなければ、 使って良いという許可が下りず、配ることすらできないからです)

 
その他
 
【困るもの】
・装飾品や芸術品
・その他、家で集めた品(バザーセールに出すわけではありません。) などなどです。

追記:2011年。3月12日。20時40分現在。

調べてみて確認したところ、今は被害が出ている県庁各地が、個人の物資受け取りを拒否しているそうです。
今、受け取るのはいろいろと困るとのことです。
すみませんが、今は待機願います。 連絡が遅れ、申し訳ありません。
ただ、仕分けの方法と注意点は同じですので、(記事は)このまま残しておきます。

その際の注意点は、今述べた通りのものを送り、“仕分ける”ということです。 それから出来れば、 “地震支援物資在中”というようなことを書き、外側からでもわかりやすくしておくと なお良しかと思います。

 

3、情報提供。

私の中では当たり前のことですが、“ムダな情報発信”止めましょう。
簡単に言えば、
“人を不安がらせる情報発信”

“過剰過ぎる情報発信”
です。
これらの情報にも “仕分け”重要です
本来、各個人がしっかり考え、判別し、 情報発信を行えば、 詐欺業者がのさばることも無く、間違った情報も流れることも無かったはずです。

“過剰な情報発信は【害】”です。日頃の日本の報道はこうことをやり過ぎているために、ネガティブなものを余計に各個人に引き寄せている部分もありますので、各個人の“情報発信”もしっかり“仕分ける”ことが大切です。
簡単に言うならば、被災者の方々が欲しい情報や安否確認をしたい方への情報などを、“的確・適切、そして必要に応じて送る”ということです。
無駄に情報を流し過ぎては、彼らが“混乱”するだけです。
なぜなら、人はインプットの情報が多いと、
“何をするべきか?”
“どうやったら良いのか?”
“何が正しいのか?”
“何が大切なのか?”
ということが判別する前に、情報が次から次へと大波のように来るわけですから、“軽いパニック状態”になり、“結局、何も出来ない”ということになりがちです。

そして、そのようなパニック状態になった場合、
“ネガティブな思考”
が余計に“加速化”します。
混乱による“恐怖”は、恐怖の理由が本人にもわからないにも関わらず、恐怖を煽ってしまいます。
そのために、情報の“取捨選択”はもちろんのこと、“情報発信”もなんでもかんでも伝えるようなことはお避け下さい。
“伝える必要があることのみ伝えましょう”
また、伝える方法は、電話やメールがやられている状態ですので、(下記の)どれかで伝えていきましょう。

・災害用伝言ダイヤル「171」
◆被災者の方
1.伝言ダイヤル「171」を押す
2.自宅の電話番号を押す
3.伝言を録音する

◆安否を確認したい方
1.伝言ダイヤル「171」を押す
2.安否を確認したい方の電話番号を押す
3.録音された伝言を再生する

・伝言板サービスの利用
▼NTTドコモのiモード災害用伝言板サービス→ http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/110311_01_m.html

伝言板にメッセージ登録が可能なのは、青森県、秋田県、宮城県、山形県、福島県の方です。
PCからメッセージを確認する場合は、 http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi

▼KDDIの災害用伝言板サービス
EZWEBトップメニューかauoneトップから災害用伝言板へ
安否情報の確認は
http://dengon.ezweb.ne.jp/

▼ソフトバンクモバイルの災害伝言板→ http://mb.softbank.jp/mb/information/dengon/index.html
ケータイの災害用伝言板メニューかMySoftbankからアクセス安否情報の確認は
http://dengon.softbank.ne.jp/

▼NTT東日本→http://www.ntt-east.co

▼ウィルコムの災害用伝言板→
http://www.willcom-inc.com/ja/dengon/index.html

ウィルコム端末からのアクセスは
http://dengon.clubh.ne.jp/
他社携帯やPCからのアクセスは
http://dengon.willcom-inc.com/

▼イー・モバイルの災害用伝言板→ http://emobile.jp/service/option1.html#saigai
アクセスは、ブックマーク(お気に入り)→EMnetサービス→災害用伝言板→災害用伝言板トップページ

安否確認はhttp://dengon.emnet.ne.jp/

・ツイッターの利用。
ツイッター:https://twitter.com/
注意:ツイッターの場合もつぶやきすぎると、過剰にシステムに負荷がかかりますので、こちらも節度を持って情報を“取捨選択”して発言してくださいませ。発言とは“大きな責任”を伴うのです。 これは日常生活においても忘れてはなりません。

・mixiやフェイスブックなどのSNSサービスの利用。

・スカイプなどのネット電話。
スカイプ:http://www.skype.com/intl/ja/get-skype/

どのような方法にせよ、 皆様の情報が“人を救う”こともあれば、 “殺すこともある”ということを “必ず忘れないでください”
間違った情報を流せば、 “人は破滅する危険性”があるのです。
“情報を仕分ける”ことも大切です。

4、献血活動

我々の血液を“提供”するという方法があります。
しかし、これにも“注意点”があります。
重要なことは“血液は生もの”である。
という考え方です。

2の物質提供の時にも書きましたが、
“下手に生もの”を送ると大変なことになります。
なぜなら“腐ります”からね。
体外で血液は数日しか保たず、使用期限が過ぎれば“破棄される”ということは 覚えておいて欲しいことの1つでもあります。

つまり、最も大切なことは、
“交通網が復活するまで待つこと”
これが最も大切なことです。
“届けられなければ意味がありません”

特に献血の場合、連続で血を抜くわけにはいかず、1回の献血でいえば、 (一回献血をすれば、)当分の間、献血には行けなくなるので、注意が必要です。

“スピードよりも【確実】を”
これは本業の機械工の考えです。
プロの機械工は、
“第1に安全を。第2に確実を。第3にスピードとコストを”
という考え方で動きます。

まずは安全を確保し、そして“確実な手段”で動くこと。

スピードなど2の次です。
確実に届かなければ“意味がありません”
そのためには、
“献血は交通機関が回復してから”の方が良いということです。
参考にして頂けましたら幸いです。

おそらく、今日も交通機関は回復していないでしょうから、少々、待たれる方が良いかもしれません。
それから、献血先はいろいろとありますが、一番確実なのは“赤十字血液センター”を利用して下さい。 各都道府県に1か所ずつあります。
一覧はこちらに乗っけておきます。 http://www.kenketsu.com/jp/j200c.html

5、節電作業

これは東日本の方々限定ですが、節電に協力してほしいということが挙げられます。今回、集めた情報は、 各差があるでしょうが、“3日~1週間以上”は 完全復旧が見込めなくなる可能性があるとのことです。
簡単に言えば、電力が足らず、被災地域が、完全に停電してしまうと言う可能性があるということですね。
ですので、東日本の方々は“最低でも1週間”は “節電”に協力してほしいと、電力会社の方々が言われていらっしゃいます。
さて、それでは、
『節電ということは電気を消せばいいんだな?』
と思っている方は、少しお待ちを。

節電の際に“最も重要”なことは、
“瞬間的な電気使用量を抑えること”です。
これが“最も大切”です。
簡単に書けば、こういうようになります。

『電力消費のピークを抑える。』

ということになります。
例えば。
今の季節。寒いからと言って、エアコンを地域で一斉に使うと、瞬間的な電力は一気に増します。
そこで、エアコンではなく、電気毛布やアンカを使うことで、“電力を一時的に低下”させることが出来ます。
なぜなら、エアコンは使うワット数は1000W程
それに対し、電気毛布アンカ60W程です。
見ての通り15倍以上の差があります。
ただ、電気を消すよりも効果的と言えます。

また、このような方法もあります。
“電気消費の分散”
という方法です。これも具体例で言えば、炊飯器が良い例でしょうか?
炊飯器は炊飯をする。つまり、炊き込むときに最も電力を消費します。
その後の保温はそれ程、“電力を消費しません”
ですので、炊き込みは夕方よりも前にやっておいて、ご飯の時まで、ずっと保温にするという手もあります。

そして、ご飯時には、他の料理を調理したり、電子レンジを使うわけです。 これだけでも、多少の違いは出ます。

それから、先ほどのエアコンでもそうですがエアコンの“設定温度”を1度下げるだけでも、“電力消費量は下がります”
具体的に言えば、1度下げることで、“10%は消費電力を抑えられる”そうです。
また、誰にでもできそうなことは、“待機電力”を下げることです。
待機電力とは、コンセントに接続された家電製品が、電源の切れている状態(待機時)で消費する電力のことです。
つまり、テレビでも電源が着いていない状態でも、“コンセントが刺さっていれば電力消費する”わけです。
実を言うと、(待機電力は)家庭の消費電力全体の7%以上を占めています。
特に消費電力が大きいのは、テレビ、オーディオ、パソコン、エアコン、DVDレコーダー、ビデオデッキなどです。
使わない時はできるだけコンセントを抜いておくことをお勧めいたします。
 

こういうことをしながら、電力を少しずつ節電していきましょう。

6、直接のボランティア活動

直接のボランティア活動をされたいという方もいらっしゃるかと思いましたが、正直なところ“今は止めてください” 。

現地の復興は専門の方々、つまり、自衛隊や警察官の方々に、“今は”お任せ致しましょう。
(3月12日現在17時現在。)
 
どうしてかといえば、今はまだ、現地に行こうとしても障害だらけだからです。

1に、そこまでたどり着く手立てが少ないこと。
2に、食料は自分で調達する必要があること。
3に、今も余震や津波の危険性があること。
4に、原発が暴走していること。

今一般人が行っても、“迷惑”になる可能性の方が高いです。
むしろ“被害者”になる危険性の方が高いものです。
そのために、歯痒いかもしれませんが、今は“待ってください”。
少し落ち着き、情報が見えるまで辛抱をお願いいたします。

こう言う時に大切なことは、
“勇敢なこと”
ではなく、
“慎重であること”
です。

勇敢であったとしても、無作為に適当に行動しては、周りとしても“有難迷惑”のことが 良くあります。
その点、しっかりとわきまえましょう。

さて、最後に。
これはコーチの観点からの皆様への意見ですが、
心的外傷後ストレス障害。
つまり、PTSDには気をつけてくださいませ。

“被災者ではなく、助けようとしている援助者の方々への注意点”です。 「大変な人達がいるのに自分は何も出来ない。」
「彼らのために何も出来なかった。」
と悩まれて、PTSDになる方が、案外、大勢いらっしゃいます。

そういう方々に、覚えて欲しい言葉があります。

私の自論書の1つの言葉ですが、
人間1人の力は“微力”だが
決して“無力”ではない
1人では微力でも、
大きな人数が集まれば“非常に強い力”になる
。』
このことは忘れないでください。

私も出来ることと言えば、このようなマニュアルを作ることだけ。しかし、このように作るだけでは微力でも、これが“広まれば”話しは別です。
正直言うと、私自身、今も被災先に仲間や友人がいて、連絡が着きません・・・
まぁ、あの方々のことです。 殺しても死なないでしょうから、心配などしていませんからね。
と強がっておきましょうか(笑)

そして、これも忘れて欲しくないことです。
人々はこのような“天災から謙虚さ”を学びます。

所詮、人。

自然の生き物であり、
“自然には敵いません”
しかしながら、人はそれを“忘れがち”になります。

例えるならば、風邪をひいて、病気になった時には、
“健康が恋しくなる”
くせに、健康になったら、
“ついつい、そのことを忘れてしまう”
のと一緒です。
 
ですから、
このようなことを忘れないでください”
こう言うことがあったと思い起こし
そして、応用してください
天災への教訓もそうですが、
人災にも言えることです。

特に“戦争”
如何に平和が恋しく、
それが慎ましいことか、
そして、どんなに“幸せ”なことかを、
日々、通して噛みしめて欲しいと 実感しております。
 
正直に言えば、今この日本という国は、
“病気にかかっている”

と思います。
政府がダメだという方もいらっしゃるでしょうし、私も今の政府は日本を諸外国に売り飛ばす、日本建国以来の最低最悪の売国奴だと思ってますが、最もいけないのは我々
日本人の方々の意識”
です。

誰がトップになっても同じ。
どこの党が与党になっても同じ。
そうではありません。
 
我々は、
“微力だが団結すれば何事も変えられる”
国だってそうです。
我々が束になれば、どんな方々も敵いません。
国民政府恐れるのではなく、
政府が“国民恐れるような国”にしなくてはなりません。

そして、我々にはそれが出来るはずです。
私はこの国が好きです。人も大好きです。

出来れば、今は24歳の私ですが、
この国で骨を埋めたいと常日頃思います。
それくらい大好きです。 この国は優秀な方々が集まり、災害が多いながらも、
“本来は協力できる人柄”であり、
“何事も変えられる力を持った民族”だと思っています。

例え、今は政府に飼いならされていたとしても、
我々は我々の道を突き進むことができる民族と確信しています。

この災害とて、きっと、多くの方々の手を取り、前に進めると確信しております。

最後にもう1度。私の自論を。

人間1人の力は“微力”だが
決して“無力”ではない
1人では微力でも、
大きな人数が集まれば“非常に強い力”になる
。』

 
我々ならば、団結すれば、揺るがず、どんな波をも超えることができるはずです。

それが例え、
“どんな地震”
でも、
“どんな津波”
でもです。

そして、災害が一段落した後でも、忘れないでください。このことを。

我々ならば“出来る”のです。

自分を“変える”ことも、
国を“変える”ことも、
もちろん、将来を“変える”ことをもです。

 

『思考は現実化する/させるコーチ』 石武丈嗣

 

転載自由との事でしたので、当ブログにも転載させて頂きました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今、この国難の時にあって、

東日本大震災、その被害状況は刻々と明らかになりつつあり、メディアが報じるそれは、地震被害の無かった四国に住む僕を驚愕・戦慄させている。

地震発生から3日が経った3月13日現在でも、連絡の取れない自治体が幾つかあり、被害の全容は未だ見当もつかない状況だ。
ただその時にあって、阪神大震災や中越地震など過去の震災から得た教訓を生かし、政府は迅速・大規模な救助活動を展開。市民も冷静に・秩序を保って行動し、災害救助活動は過去の災害と比較すれば、効率的に進展しているようだ。
しかしながら今回我が国を襲った未曾有の大災害は、世界最先端の防災システムを持つ我が国ですらその対処には困難を極めている程で、警察も消防も自衛隊も各自治体もその他多くの人々が、不眠不休で事態の把握と人命救助に奔走している。
自衛隊は5万人が動員されているし、被災地以外の各自治体からも、警察官や消防隊員や医療スタッフを派遣し救援物資を送り、国中が救助活動に総力を挙げている。

未曾有の大災害に見舞われた東北地方では今この時も、パニックは起きていないし暴動も略奪も起きていない。
指揮・命令系統、治安システムがほぼ機能不全に陥ってもおかしくない状況にありながら、まだこの国は秩序を保っている。隣国のメディアやネットメディアなど、その状況、日本人のマナーの良さ、公共規範意識の高さ、冷静さを絶賛している。隣国だけでなく他の海外諸国も、日本と日本人のそれをせん望しながら注視しているようだ。

 

その今だからこそ、
一人一人が手をつなごう。
知らない人でも声を掛け合おう。
少ない物資は、なるべくたくさんの人で分け合おう。
乳幼児に、高齢者に、病人に、妊婦さんに、障害者に、そしてこの国に住んでいる多くの外国人達に、その他被災地に住む弱い立場の人達に、優先的に支援が届けられる様に協力しよう。

 

被災を免れた西日本に住む僕達は、僕達に出来る事をやろう。

出来る範囲でいいから、100円でもいいから、義援金を送ろう。

支援物資が滞りなく送れる様に、不要不急な外出は控えよう。

原発停止で関東地方は電力不足に陥っているが、関西電力は関東地方への電力供給を開始している。国中の余剰電力を電力不足に陥っている関東・東北に遅滞なく送れる様に、日本中の皆で節電に努めよう。
不要な電気器具はスイッチを切ろう。省エネに努めよう。

導入したばかりのドクターヘリを救助活動に派遣した我が高知の様に、救助活動で人員と機材を被災地に派遣している各自治体の負担を減らす為に、健康と安全に留意し、不慮の事故に遭わない様に、突然の急病で倒れたりしない様に、注意深く行動しよう。

 

未曾有の大災害に見舞われたこの国の成り行きを、世界中が見守っている。
世界中がこの国に注目している今だからこそ、

僕達一人一人が、世界中に判るやり方で、世界中に理解出来る言葉で、

日本人の、勇気とプライドを示そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.03.12

東電、政府、これ以上情報を隠すな!

昨日の地震発生から、福島原発の成り行きにはずっと注視していた。地震直後に原子炉を停止した。と言う報道があって、しかしその後、非常動力もダウンして原子炉の冷却が出来ない。と言う報道があったからだ。

原子炉を停止しても、燃料棒を冷やさないと反応は止まらない。原子炉の冷却が出来ないと燃料棒は勝手に反応を続け、原子炉の温度がどんどん上がってしまう。原子核分裂反応は温度の上昇に伴って反応速度が加速してしまうので、とにかく燃料棒を冷やさないと、炉心溶融してしまうリスクが増大するのだ。

12日朝。NHKも民放も福島原発に関する報道は殆ど無く、「地震発生に伴って原子炉を停止したが停電で冷却が出来ない。」、「東京電力は対策に当たっている」と言った報道をちょろっと触れた程度で、後は岩手や宮城の被害状況の報道に終始していたが、その同じ時間、英BBCでは「福島原発で通常の1000倍の放射能を検出」と言うニュースを、トップニュースで報じていた。

昼過ぎ、日本のメディアは相変わらず各地の被害情報や救助活動状況の報道に終始し、原発関連の報道はほぼ皆無。英BBCもその時間帯はグリニッジ時間で深夜だった事もあり、リビアの反政府運動関連の報道と日本の地震報道が半々、と言った感じになっていた。原発報道もあまり触れなくなっていた。

午後5時過ぎ。子供と一緒にうたた寝していた僕が目を覚ますと、NHKで福島原発1号炉の外壁が無くなっている映像が流れていて、「直下型の揺れの後に爆発音が」と言った報道が流れ、東電、政府が現状把握に当たっている。と報じた後、「検出されている放射能は想定の範囲内なので、住民は落ち着いて行動を」と呼びかけていた。それから1時間以上経過してから、「日本の原発で初の炉心溶融」と言った報道がされたが、それでもまだ「事態は想定内なので指示に従って落ち着いて行動を」と報じている。ただ事態がかなり深刻になっているのは隠しようが無いので、「外に出るな。窓を閉めて換気扇も止め、肌の露出を避けて水に濡らした布で口を覆い、放射能に触れるのを極力避けて下さい」と、控えめに付け加えている。

その報道とほぼ同時刻。英BBCでは、福島原発1号炉が爆発する瞬間の映像を繰り返し報道し、「Japan Nuclear pewer plant "meltdown".(日本の原発がメルトダウン)」と報じている。

NHKや民放の報道に、英BBCの報道内容も加えて僕なりに推測してみると、福島原発は今朝の段階でかなり危険な状況にあり、その後も東京電力と関連企業の作業員は必死で事態を収めようとしていたが、午後3時半過ぎ、1号炉は炉心溶融で爆発している。
東京電力と政府はその事実を3時間以上も隠し続け、海外報道でこれ以上隠す事が出来ない状態になってからようやく、その事実を断片的に、しかも確定ではない推測情報として公表した。

3時間もあれば、危険地域にいた人達の中のかなりの人達が、危険地域から安全に逃げる事が出来ただろう。
炉心溶融を起こして放射能を放出し続けている現状では、原発の風下にいる全ての人達は、避難も被爆のリスクにその身を晒しながらという事になる。

営利企業である東京電力が、自社と関連会社従業員や、地域住民の人命よりも企業利益を優先させたのは(100万倍譲って)仕方が無いとしても、国民の生命と財産を守る事は最低必要条件である政府が、情報を小出しにして多くの人命を危険に晒した事は看過し難い。

災害の混乱に乗じて不心得者が流言やデマを流していて、政府や自治体、マスメディアの情報に頼るしかない現状で、政府が情報を隠している、となれば、僕達市民は一体誰を・何を信じればいいのだ?

I plead with Japan government do NOT conceal a fact about the severe earthquake.

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011.03.11

デマに惑わされないで!

2011年3月11日、宮城県沖で、観測史上最大と言うマグニチュード8.8と言う巨大地震が発生した。地震発生から約8時間が経過し、刻々とその被害規模が拡大し、被災者数は増大している。

この地震の影響で、管直人総理の外国人献金問題は一気に吹き飛んでしまったし、警察・消防・海保・自衛隊、その他全ての機関・組織が災害復旧と犠牲者の救助に総力を挙げている。国連も緊急人道援助隊の派遣を決定したようだし、各国政府も500万バーツの援助を表明したタイ政府を筆頭に、次々と支援に名乗りを挙げている。

自治体は情報収集と目前の事態への対処に奔走し、政府も過去の災害での失態から得た教訓を生かし、さらに国連も支援に乗り出した。
この状況から推測するに、もうあと3日もすれば災害援助活動、復興支援活動が始まると思う。

3日。

とにかく3日サバイバルすれば、自治体・政府・国連からの支援が届く事になるだろう。被災した方々は不安と恐怖で心理的にも大変苦しいとは思うが、支援が本格化して救助の手が届くまで、頑張っていて欲しいと思う。

そして被災地に住む全ての人々に伝えたい事があってそれは、被災地に居住する全ての人は、被災直後のパニックから回復し、避難所等で不安な・不便な時を過ごしているであろうこの時、絶対に心に留めておいて欲しい・気を付けていて欲しいが事が一つあってそれは、、、

【デマに惑わされない事』

です。

かつて、前世期初頭の関東大震災で朝鮮人が大量虐殺された時の様に、被災して不安になった人達の心理を煽るかのようなデマが、大きな災害の度に流されている事が報告されていて、そしてそのデマによって、多くの人達が傷付けられたり損ねられたり損失を被ったりしています。根も葉もないどころか、それに従った人に害悪しか及ぼさない醜い・汚いデマは、阪神大震災の時も新潟県中越沖地震の時も報告されています。

災害時には凶悪犯罪(強盗・略奪・強姦等性犯罪)が増える、と言ったデマが流されるようですが、過去の大災害時、犯罪の発生率は大幅に下がっている。と言うデータもあり、
(参照:http://homepage3.nifty.com/n-kaz/genkou/0712kouhou.html
大災害の度に起こるマイノリティ(居住外国人等)へのネガティブなデマ等に惑わされる事無く、TV、ラジオ等の報道や、公的機関の公式な発表など明確な裏付けの無い偽情報に惑わされる事無く、クリティカルな視点を持って毅然とした行動を心掛ける様にして欲しいと、切に思うのでした。

ただ、最低限のセキュリティ意識は必要。特に女性は単独行動を避け、また避難所では知らない人でも声を掛け合って、犯罪者の入り込む隙などない様な地域コミュニティを、一時的にでも形成させてみて下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2011.03.09

歌おう!洋楽!!

ウチの職場では毎月、150~200人のじーちゃんばーちゃん達を連れて高知県下を中心に、四国内の色んな観光地・景勝地へと、日帰り旅行に行く。と言うイベントがある。
参加者は朝に受付をして、数台のバスに便乗、
春は花見、夏は花火大会、秋は紅葉、ってカンジで、色んな所に出掛けている。

で、僕はそのイベントで引率をやってるんだけれど、移動中のバス車内。って言うのがいつも手持無沙汰で、何か簡単なゲームとか出来ないかな~…ってずっと思ってた。でも、参加者は軽度とは言え要介護者が殆どなので、身体を使ってやるようなゲームだと参加出来ない人や、参加しても著しいハンデを負ってしまう人が絶対に出るので、出来る事が制限されてしまう。視力に障害のある方もいるので、視覚に訴える様なゲームもアウトだ。
で、僕はさらに考えた。(何か、簡単な歌でも歌おうかな?)って。
でも、高齢者が知ってる歌を歌わせるのも、何か相手を「高齢者という者はこうあるべきだ」って決めて掛かってるみたいで、イマイチ気が乗らない。
だから僕は今まで、車内で「高齢者が好む・知っている」とされている歌が載った歌本の類を、一度として歌った・歌わせた事は無かった。そんな僕は、
(・・・じーちゃんばーちゃん達が絶対に歌いそうにない曲を、楽しんで歌わせる方法って無いかな~・・・)
って、ずっと考えてた。
80歳~90歳のじーちゃんばーちゃん達が、それをサラっと歌ってたらカッコいい曲を、簡単に覚えてもらって歌ってもらう方法は無いかな~・・・?って考えてた僕は、洋楽の歌詞に、チョー強引な日本語を当てる。って方法を思いついた。

次は選曲。メロディーがカンタンで歌詞も複雑でないもの。
ソコソコに有名で、例えばその曲を覚えてくれたじーちゃんばーちゃん達が、カラオケとかでその曲をサラっと歌ってくれたら、
「え!?何このおばあちゃん、めちゃカッコいいやん!!」
って、10代の子とかが思ってくれそうなヤツ。
で、この曲↓の歌詞に、日本語当て字を付けてみる事にした。

GreenDay ”Minority”

(どんな曲なのかは、↓のPVを見てね♪)
http://www.youtube.com/watch?v=cDBlqu6KF4k


オリジナルの歌詞はコレ↓

“Minority”

Lyrics:Billie Joe Aemstrong
Songs:GreenDay

☆I want to be the minority
  I don't need your authority
   Down with the moral majority
  'Cause I want to be the minority

   I pledge allegiance to the underworld
   One nation under dog
   There of which I stand alone
   A face in the crowd
   Unsung, against the mold
   Without a doubt
   Singled out
   The only way I know

☆繰り返し
 
   Stepped out of the line
   Like a sheep runs from the herd
   Marching out of time
   To my own beat now
   The only way I know

★One light, one mind
   Flashing in the dark
   Blinded by the silence of a thousand broken hearts
  "For crying out loud" she screamed unto me
   A free for all
   F*** 'em all
   You are your own sight

☆繰り返し

★繰り返し
☆繰り返し

 I want to be the minority  ×4回
 
 
で、僕がゴーインに日本語当て字で作った歌詞はこっち

"マイノリティ"
    日本語当て字:mizzie
 
★愛はナビだ真衣の来離
 愛丼に井戸や王と来離
 ダーウィンだモラル魔女、来離
 構図、愛はナビだ真衣の来離

 アップ礼治、アレジ艶酢、痛自案だ割る度
 和根小案だドッグ で青不一致逢いサロン
 あ笛巣印だ食らうど あ損がゲ!積もる
 輪いざダウと スイングるとアウト
 自恩利上胃あ、脳 構図

★繰り返し

 捨て歩と会う豆腐だ雷
 ライカ湿布卵巣、風呂だ鳩
 ま、賃会う飛ぶ隊
 通、真衣追う美名
 自恩利上胃あ、脳

☆笑いは毎度、降らし員だ堕悪
 無頼ドバイだサイレン飛ぶ多雨ザン風呂食う鳩
 不蔵井戸会う寅、死す栗見合う富
 あ、振り葉折る
 歩ぁ鴨折る
 湯は“酔う祭”構図

★繰り返し

☆繰り返し
★繰り返し

 愛はナビだ真衣の来離
 愛はナビだ真衣の来離
 愛はナビだ真衣の来離
 愛はナビだ真衣の来離

これ、今度の車内レクでやってもいいですか?って、次のミーティングで上げてみようっと♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »