« 僕達はひとりじゃない | トップページ | 福島原発の現実 »

2011.03.16

東京都民!恥を知れ!!

まず最初に、今回の東北関東大震災で被災された地域の皆様、関係の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

 

東北関東大震災は、発生から5日が過ぎた。
甚大、と言うには壮絶過ぎる、言葉を無くしてしまうような惨状が、メディアによって日本中、世界中に報じられていて、被災を逃れた西日本に住む多くの人が、
「画面を見ているだけで涙が出てくる」と言い、そして世界中の人々が被災者の嘆き・悲しみ・痛みに共感してくれている。

東北地方を今、世界中が食い入る様に見つめている。固唾を飲んで見守っている。

その世界中が注目する東北では今、自分も被災していると言うのに、家族の安否も判らないと言うのに、被災した住民の為に献身と自己犠牲を捧げている多くの人達がいる。
自分は妻子や家族と連絡が取れない不安を押し殺し、被災住民の為に避難所情報やその他様々な情報を伝えたり、支援物資を仕分けたりしている自治体職員達。

医薬品はおろか、給食用の食材すら不足し、交代要員も無いまま不眠不休で急患の治療に当たっている医師・看護師などの医療スタッフ達。
自分も被災者だと言うのに、家族の事も心配だろうに、出口の見えない非常事態にもくじける事無く、自分に課せられた責任を果たそうと、プロフェッショナルとしてのプライドを示そうと、利己心と自己愛を放棄し、自分の所属する地域と地域住民の為に、今も多くの人達が献身と自己犠牲を捧げている。

東北地方の被災地で今も奮戦を続けてている、名も無き勇者達。
医師、看護師、自治体職員、警察官、消防士、自衛隊員、そして福島原発の作業員達。

世界中がこの国に注目している今、彼等は日本人の勇気とプライドを、世界中に判るやり方で示している。

 

菅総理は、救助活動・捜索活動の為に動員されていた自衛隊員を、5万人態勢から10万人態勢へと増員させた。
その決定によって、我が高知の普通科連隊でも救助隊が組織され東北に派遣される事となり、今日、東北に向けて出発した。
災害救助・支援に人員・物資を送ったのは日本中だけではなく、世界90ヶ国以上の国が救援チームを派遣している。
ホンの1ヶ月前までは領土問題等で険悪になっていた、中国、ロシア、韓国も、救助隊を派遣してくれた。
日本と緊密な同盟関係にあるアメリカ合衆国は、救助隊派遣に「Operation tomodachi(ともだち作戦)」と名付け、在日米軍を投入しただけではなく、最新鋭の原子力空母とICUも備えた強襲揚陸艦を投入。そして140名もの災害救助のスペシャリストチームを即座に派遣してくれた。
 

2011年3月、世界中全ての人が、町が、県が、州が、国が、無残に引き裂かれた東北と東北に住む人達を助ける為に、一つにまとまろうとしている。

日本中の、世界中の人達が、(自分も、被災地の、被災者の為に出来る事は何かないだろうか?)と思ってくれている。ごく些細な事でも、全く効果なんか無い様に思える事でも、(彼等の為に何かしたい・役に立ちたい)っていう動機で、出来る範囲で行動を起こしてくれていたりする。国境も、思想・信条も、宗教も、その他の様々な相違点を乗り越えて、善意の輪が世界中を覆い始めている。

 

その今。

2011年3月15日現在。

東京の家電店から、電池と懐中電灯が姿を消した。
スーパー等からはトイレットペーパーが消え、カンヅメの様な保存食が消え、調理不要ですぐに食べられるレトルト食品が消え、使い捨ての紙皿やラップ類が店頭から消えた。

被災した東北が物資不足に陥り、日本中から被災地で必要とされている物資、電池や懐中電灯、携帯ラジオや電池充電機を東北に送る必要があるその時、東北と隣接する関東地方から、それらの品が姿を消した。

東北に送ったから無くなったのではない。

未曾有の大災害で不安に駆られた東京都民が、とりあえず自分用の物資を確保する為に、買いだめに走っているのだ。

東京から電池や懐中電灯が姿を消したその時、我が高知でも家電店店頭からそれらの品が消えた。我が高知で起きたその利己的で自己中心的な消費行動に、土佐藩士族の末裔である生粋の土佐人である僕は深い失望を覚えていたのだが、同日付け高知新聞の記事で、電池を買い漁る客の声をいくつも紹介していた。

「(電池を備蓄するのですか?の問いに)東京の知人に頼まれて・・・」

なんてこった・・・。

東京じゅうの乾電池を買い占めた東京都民が、東京の物資を買い占めた後、(もっともっと!)と餌を食い続ける”はらぺこあおむし”の様に、地方の知人達に物資を買い占めさせてそれを東京に住む自分達に送らせているのだ。
恐らく高知だけでなく、日本中で物資を買い占め東京に送らせている事だろう。

 

過去記事でも書いたが、災害発生直後の今、この時期、救助に向かう人員や救援物資をスムーズに送る為にも、不要不急の外出はするべきではないし、物流を被災地に集中させる為にも、不要不急な物資送付を控え、物流の負荷を軽減させるべきなのは言うまでも無い。
同様に、生き残った工場の増産が追い付くまでは、物資を被災地に集中させる為にも、不要な買いだめは控えるべきだろう。

それなのに東京都民。

自分さえ良ければ。と言う利己心を隠す事無く。被災地の窮状など意に介さず自分用物品の買い占めに奔走し、自分の行動範囲内が完売すると、知人を頼って他の府県の物品を買い漁っている。

東京電力の発電所が幾つもダウンし、深刻な電力不足に陥り計画停電に踏み切った時、東京都内は停電させなかったくせに、まだ不安と恐怖が払拭出来ない被災地を停電させた。

さすが、石原ジョンイル大将軍樣を3度も当選させた、
民度の低さはバングラデシュの海抜以下、
「民主主義とは、人民が自らの手で自分達の制度と理想を貶める政体の事だ。」
と言う言葉を実践している巨大都市、東京都と東京都民だ。

 

茨城で、

千葉で、 

宮城で、

福島で、

岩手で、

青森で、

名も無きヒーロー達が、地上の星達が、世界中に判るやり方で日本人が本来持つ精神性の美しさや、勇気とプライドを世界中に示しているその時、

 

東京では、名も無きマジョリティ東京都民達が、世界中に判るやり方でこの国の利己的な醜悪さと、東京人の持ついびつな自己愛を世界中に晒している。

 

Shame on Tokyo people!!
 
(都民よ、
恥を知れ‼)

|

« 僕達はひとりじゃない | トップページ | 福島原発の現実 »

コメント

憤りを通り越して呆れてしまいますよね。
一時的に物流が混乱(高速道路の通行止めや電車の運休など)しているからであって、
私の予想ではほんの1週間ほどで通常に戻ると思うのですが。。

まぁ、停電は4月まで時間帯をずらして行うので、
電池は要るといえば要るかもしれませんが、
とりあえずは必要最小限でいいのにと思います。

逆に言うと私はそこまでして”自分だけは生き延びよう”というほどのバイタリティーはないですね。。

投稿: ハルシオ | 2011.03.16 08:44

こんにちは
私は東京に住んでいます。
スーパーでの買い占めのほかに
ガソリンを買うために早朝から路肩に止まり、
本当に必要な運送会社の方たちにガソリンが回らない状態を作っているのも目の当たりにしています。
そのおかげで、入るはずのものも入ってこない→お店にモノがない→買い占め→・・・
まったく恥だとおもいます。
今必要な分だけでいいじゃない。
今本当に必要なの?
でも、それを身近な人たちに向けて思いとどまらせようとしている私他数名もいることを知っていただきたいと思いコメントました。
できれば、「都民」という表現はしないでください。
とても、悲しいです。
都民以外も身近でトイレットペーパーなどにの買い占めをしようとしてたので説得しました。。
とにかく、ここではおかしなことになっています。

投稿: たこ | 2011.03.16 09:28

関西でも同様の事を目の当たりにして、
空いた口が塞がらない気持ちです。

多少の不自由は、仕方ない事として
受け入れればいいだけの事。

この非常時に、日常生活の確保を
ここまでこだわる理由は理解しかねます。

住む家がある。多少の食べ物もある。
生きてる。

・・・なのに。

被災地におられる皆さんの不自由さに
少しでも思いを馳せれば、分かる事なのに。

投稿: なよ | 2011.03.16 11:22

オバマ氏の演説はガセです。元ネタはインディペンデンス・デイのようです。

投稿: 橋 | 2011.03.16 12:55

>ハルシオさん

買い占めしてる人達の中のかなりの人達は、リアルな危機感を抱いて自分の生命を守る為に物資確保に走って、、、なんて事は全然なくて、
ただ、物資欠乏の根拠も確保した物資をどう生かすかの見通しもなく、一時的な不安と周りの雰囲気に流されて利己主義に走ってるだけだと思うんですよね。

>たこさん

たこさんの様な方が、東京にも(決して少なくない数)いるんだろうな。とは、僕も思っていました。ただ、醜悪な利己主義に奔走するマジョリティ東京移民達に土佐人として苦言を言いたくて、善き心を持った東京都民には申し訳ないとは思いますが、都民。と言う括りで語らせて頂きました。

一部の善良な東京都民は、僕の記事で不快な思いをなされた事だと思います。その点に関しましては、深く謝罪します。
そして、
善の側に立つ東京都民として、声をあげて下さって本当に有難う御座います。

>なよさん

今、自分の日常生活を維持する為に物資買い占めに走っている人達は、
他人の痛み・苦しみに共感する”共苦”と言う全ての人間が本来持っている筈の、優しさやいたわり、友愛の能力に著しい欠損を抱えた、可哀そうな人達なんです。

>橋さん

ご指摘有難う御座います。いつもならば出典を調べてから書くのですが、今回は”書きたい”という気持ちが先走ってしまい、ご指摘の様な失態を招いた次第です。

ご指摘を受けました部分は、早速訂正・削除させて頂きました。

でもオバマ大統領って、あれくらいの事をホントに言ってくれちゃいそうなカッコいいトコありますよね?(o^-^o)

投稿: mizzie | 2011.03.16 21:16

東京だって地震あったんだ なかったと思ってんの?とか言ってるけどさ寝る家あるだろう!節電や水で騒いでいるが被災地は寝る家も食べ物も水そして原発放射能に怯えてるんだよ 東京都民は今回の地震あったが原発は必要 でも東京にはたてるなとアンケートで勝手な事ほざいてる 日本の心臓なんだから地方に建てるのが 当たり前とかマジ東京都民って日本人じゃないわ都民の半数を超えるアンケート調査 自分達が暮らす東京さえ無事ならいいって本当身勝手で自己中だわ

投稿: 仮面ライダー | 2011.04.03 02:36

福島原発は何処の電力なんだ!嫌なもの全て地方ばかり押し付けてさ!福島は津波被害ばかりか原発放射能被爆への恐怖食料から日常生活品物資不足 都民何買い占めしてんのよ!
本当に身勝手自己中繰り返す都民だわ! 東京に放射能が来て子供達が被爆したら困るから避難します?ざけんな!福島の子供達や妊婦さんは被爆への恐怖あるんだ!おまえらの原発放射能だろが!それに避難されたらこまるからな!避難先の食料から日常生活品買い占められるから来るな!身勝手自己中ばかり繰り返す都民オマケに石原都知事の発言…さすがたわ石原都知事が親なら子は都民!親が親なら子も子だ!東京都内何らかの被災あっても絶対募金とか協力はしないよ目には目刃には刃!東京は経済の中心首都って地方を上から見据えているんだから地方に避難するな!これ以上地方に迷惑かけるな!

投稿: コナン | 2011.04.03 02:38

>仮面ライダーさん

言いたい事は良く判りますし、僕も貴方様とほぼ同意見です。
過去記事
(http://mizzie-cafe.tea-nifty.com/sf/2005/12/post_b8bf.html)
(http://mizzie-cafe.tea-nifty.com/sf/2010/07/post-733c.html)
で、「もうお前ら独立しろや!」って書いてるくらいですから。

>コナンさん

まったくです。正直に言って、財政的には東京から切り捨てられて、そのくせ迷惑施設だけは押し付けようとする東京に対しては、(もうお前ら日本から独立しろや…)って思います。
僕が上の方のコメントへのレスで挙げた記事も、良かったら読んでみて下さいね。

投稿: mizzie | 2011.04.03 08:44

通りすがりですが失礼します。
記事を読ませていただきました。

貴方の憤りは理解できているつもりです。
ですが正直に言って、「都民」とひとくくりにされるのは不愉快です。貴方が都民であるなら私も特にコメントはしなかったでしょうけれど。
震災後しばらくの間東京は普段の生活で必要とする量の物を買うことすら儘ならない状況でした。事実、翌日には店頭から電池が消え、入荷もいつになるか見通しが立たないと言われました。
確かに緊急時への不安からか通常時よりも多く買い込む人たちが大勢いたことは否めません。
そのような中で東京を離れられず、けれど西日本に知人がいるというのであればどうするか。新聞の記事に載っていたという人も、或いはそういった方だったのかもしれません。
最後に。
東京は恐らく貴方が思っているよりも東北から近い位置にあります。加えて大地震がいずれ起るだろうと言われている土地でもあります。今回の大震災を受けて、東京でも同じことが起きたら…、と考えた人は少なくないでしょう。
また、地震当時都内の高層ビルにいたという知人は真剣に「死ぬかもしれない」と思ったと言っていました。
東北の人たちよりも大変な思いをした、などと言うつもりは毛頭ありません。ですが、あの時はただただ異常な事態であったということだけは知っておいていただきたかったためコメントさせていただきました。

投稿: | 2011.04.11 00:00

>110.66.57.254さん
前略
「注意書き」に書いてあります通り、無記名でコメントされた貴方様の事は、IPアドレス名で呼ばせて頂きます。

3月11日、震度6以上の地震に見舞われた全ての地区が異常な状況下にあったと言う事に異論を唱える人はいないでしょう。
ただ、それが買い占め・買いだめに走った東京都民の自己保身と利己的行為の免罪符になるとは、私は考えていません。ましてや、東京の被害などとは比較にならないほどの甚大で凄惨な被害を受け、住む家を失い家族や知人や同僚を亡くしたり行方知れずとなっている宮城や岩手の人達が、僅かしかない貴重な物資を皆で分け合っていた時、弱い立場の人達に優先的に分け与えていた、まさにその時、東京都民による買い占めが行われていたのですから。
あの時、ミネラルウォータ―やレトルト食品、乾電池や懐中電灯を買い漁っていた都民の中で、それを本当に必要としていた人は恐らく1%にも満たないでしょう。
「地震被害など無かった四国のイナカモンが偉そうな事を言うな!」
と110.66.57.254樣は仰るかもしれませんが、遠く離れているからこそ、冷静になって俯瞰的に見る事が出来る面もあると思いますし、当事者しか真実に迫れないと言うのなら、歴史学はその存在が全面的に否定されてしまいます。そして遠く離れている私には震災直後に東京で行われたそれは、
「信じられるものはカネしか無い、だけど何を買えばいいのかわからない。だから皆が欲しがるものを買う」
と言う消費傾向を持った東京都民による、パニック買いにしか見えなかったんです。

メディアに映し出されたその光景は、心が洗われる様でした。泥水で。

投稿: mizzie | 2011.04.13 01:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/51122541

この記事へのトラックバック一覧です: 東京都民!恥を知れ!!:

« 僕達はひとりじゃない | トップページ | 福島原発の現実 »