« 菅総理!今こそ日本版グリーンニューディールを‼! | トップページ | 東電を倒産させろ »

2011.03.23

東電は破産させるしかない

まず最初に、今回の震災で亡くなられた全ての方々のご冥福をお祈りします。そして被害に遭われた全ての方に、お見舞い申し上げます。

 

地震発生から12日が過ぎた。まだ被害の全容は見えてこないし、福島原発は今も緊迫した状態が続いている。東日本じゅうの避難所では30数万人の避難者達が、いつ果てるとも無い不便な避難所生活を続け、避難所には来ない自宅避難者や、自主的に県外に避難した人達(避難者総数にカウントされない)も含めると、その総数は一体どれだけになるのか、皆目見当もつかない。

まだ行方不明のままとなっている人が1万人以上もいるんだけれど、震災から12日が経って余震もほぼ収まりつつあり、これから、めちゃめちゃになった都市、町や村や集落で、破壊された建物や打ち上げられたガレキの撤去作業が始まると思う。被災者支援も避難場所確保とか配食・給水といった生命維持的支援から、インフラ復興、住宅再建支援、被災者のメンタルケア等と言った生活再建が主となるものへと移行していくだろう。

震災対策が人命救助、生命維持が主の第1段階から、次のステージへと移行する事を考えた時、どうしても考えなければならない事がある。

 

それは、今回の被害に対する補償問題だ。

「補償?自然災害で被った損害に補償も何もないやろ?」

と、貴方は思う・考えるかもしれない。確かに、通常の民間運営の保険では、地震や津波と言った自然災害での被害は補償対象外で、例え自分の落ち度がゼロで家が全壊してしまったとしても、民間の保険会社の保険なら1銭も保険金は出ない。

「共産党と神戸市民が国・県・市に働きかけて成立させた、被災者生活再建支援法があるからそれで十分やろ?」

って思うかもしれない。だけど、あの法律に則って国から支給される再建支援費は、家屋全壊でもたった300万円だ。共産党は「全壊家屋に300万円で何が出来る?もっと上限額を引き上げろ!」と言っているが、自民党時代も民主党に変わってからも、上限額は300万円のままだ。

それに加えて、今度の大地震、地震それ自身(シャレではない)と、地震に伴う津波は自然災害だが、その後の原発事故は、どう考えても人災だ。それが東電の準備不足と対処の遅れが原因である以上、それによって生じた損害に対し、東電は賠償責任が伴う。東電も菅政権も、「今度の地震は規模が想定外で、、、」等と言っているが、『想定外』と言うのは、そうなる事が誰にも予測出来ず、誰も指摘してくれなかった出来事が生じた場合のみ、使う事の出来る言葉だ。
もうかなりネットでは騒がれ始めている(スポンサーに気を使ってか、既存メディアはこの事には全く触れていない)が、東京電力福島第一原子力発電所がチリ地震級の津波に襲われた場合、冷却系統がダウンしそれにより炉心溶融、水蒸気爆発、水素爆発する危険性がある。と言う事を、2006年の国会で共産党の吉井議員が指摘している。

参照:http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2010-03-01/2010030101_05_1.html

この吉井議員の指摘に対し、当時政権政党だった自民党は全く取り合わず、東電側は自分達の主張する安全神話を繰り返しただけで、結局何も対策は取られなかった。その結果がこれなのである。

もう一度言う。福島第一原発の事故は、東電の怠業による人災だ。

それが人災である以上、東京電力には当然、その事故で生じた損害に対し、賠償義務が生じる。避難指示・屋内退避指示が出た数十万人、半径20km圏内だけでなく、風評被害でダメージを受ける東北・北関東の農家に対する所得補償、そう言った諸々の被害に対する賠償義務を、東電は負う事になるのだ。その総額は恐らく一兆円では足りまい。
原子力損害賠償法では、原子力事業での事故は、その事故を起こした施設を運営する事業者が、原子力事故で負った損害の賠償義務を負う。となっているが、天災や社会的騒乱等による事故での賠償に対しては、例外規定と言うものが存在し、そして今回の地震被害では、その例外規定が適用される事になりそうな雰囲気だ。つまり、本来なら東電が支払わなければならない賠償金を、国が肩代わりする。と言う事だ。

Hey!! wait a munite!!

 

東電の賠償を国が肩代わりする。と言う事は、東電の怠業と傲慢で起きた事故によって生じた損害を、俺達が払った税金でやる。と言う事だ。

原発事故で被害を受け損害を被った福島や茨城や宮城の人達を助けるな。と言っているのではない。彼等は当然支援・救援されるべきだし、被った損失は補填されなければならない。そしてその総額が東電の支払い能力を超えていると言うのなら、国は責任を持って東電がカヴァーしきれなかった分を補う必要がある。東電と一緒になって「日本の原発は安全です」と言ってきたのはこの国の政府だし、その政府を運営する政治家を選んだのは納税者である僕達だ。
(僕は選挙権を得て以来、政権政党に投票した事は一度として無いが、彼等が政権を取るのを阻止出来なかったんだから、全ての国民が今回の事故に対し部分的には責任がある)

原発事故で損害を被った人達に対し、原賠法の例外規定適用で国が東電の負う賠償の一部を負担するのは、仕方が無いと思う。ここで最優先しなければならないのは、被災住民への補償と生活支援なのだから。

ただ、国が肩代わりするのはやむを得ないと言っても、その負担割合が東電にとって有利になるようでは困る。共産党から詳細に危険性を指摘されながら、それらへの対策費をケチって地震・津波対策を放置しておきながら、東京都民にはたっかい電気代を払わせて巨額の利益をあげ、役員一人当たり平均で3600万円以上もの報酬をポケットに突っ込んでいたような守銭奴どもを助ける為に税金を払っているのではない。

はっきり言おう。東京電力は今すぐ倒産させろ。

発電所、本社ビル、送電設備、その他諸々の東京電力と言う企業が持つ財産を全て売却し、その金を被災者への賠償に充てるのだ。もちろん役員は全員解雇だ。そうして、東京電力と言う会社の持つ資産を全て売却し、それを補償に充ててもなお足らない分を、国が補填すればいい。

この地震国日本に、原子力発電は不向きだ。しかしながら、既に50基以上の原子炉が稼働しているこの国では、今すぐ原子力発電をやめるのは現実問題として不可能だ。今すぐ無くす事が不可能なのだから、既存の原発を安全に運営するしかないのに、この国の電力事業者達は東京電力を筆頭に、みんな自分の事しか考えてなくて、他の電力会社も地震・津波への対策は不十分なままだ。しかし今回の事故で負った補償が払えなくて倒産に追い込まれたとなれば、それは他の電気事業者にとって重要な教訓となる。

目先の利益最大化の為、津波対策を取ってこなかった日本中の原発だが、一度事故を起こせば会社が無くなる。役員は糧を失うだけでなく、刑務所に収監されてしまう。と言う前例が出来れば、日本中の電力事業者の役員達は、それこそ必死になって安全対策を行うだろう。

最後にもう一度言っておく。

東京電力は、倒産させなければならない会社だ。東電倒産によって東電の株主達は損害を被るが、あいつらが東電役員に利益最大化最優先の経営をさせたから今回の事故が起きたのだ。

安全を軽視し利益確保に走る様な連中には、経済界から退場してもらわないといけないのだ。

東電の役員達は、タマゴが投げつけられる前に、とっとと退場するべきだろう。

|

« 菅総理!今こそ日本版グリーンニューディールを‼! | トップページ | 東電を倒産させろ »

コメント

私も、買われなくなった野菜など、農家への補償は東電が行うべきだと考えていました。

原発への放水についても、関西のある民間企業が、
”うちのコンクリートポンプ車を使ってくれ!”
と東電に申し出ても門前払い。
それならと政府に申し出てもなしのつぶて。

結局どういうルートかはわかりませんが、現地で放水をしたみたいです。
自衛隊がヘリで焼け石に水作戦や、消防が決死の覚悟でやってのけたことを
用途外使用とはいえ、才能ある機械を見つけその能力(遠隔操作や放水能力)を発揮させる。
すごくかっこいいことです。
でも、それを断った東電。。。

素晴らしい政府の言うことしか聞けない自衛隊や消防もちょっとかわいそうだなと思ったり。。

投稿: ハルシオ | 2011.03.23 08:56

 民間の保険会社の保障という点で「ん?」と思ったのは、私は某保険会社の保険員の経験がありますが、損保で地震保険を付加させた場合、(地震保険は単独では存在せず付加となっています)地震による津波に対しても保障がされると、なっていた筈なんですけど・・・ もちろん全壊、半壊、など程度にあわせて全部を保障されるモノではないですが。
 東京電力の件は、賛成です。 ・・・が、結局、電力供給施設自体無くす訳にはいかないでしょう? そこの経営をどこがする?って考えたら、頭が変わるだけ?って気もする。 大体、根本、根幹にあるモノや体制が変わらないのに、何が変わるというのか・・・って考えたら、究極、この日本が変わらなきゃ!って事だと感じる。

投稿: okeihan27 | 2011.03.23 09:28

東京電力株式会社の事故の態様の遅い事に遺憾に思う、仕方ない、想定外の地震だったと、言えば収まる物じゃ無い、
安全と言って開発したのだから、最後まで倒産・会社更正法に成っても、会社で責任を持って欲しい。最初から国(税金)に守ってもらう、ことを、願うのは、国民が納得できないと思う。

投稿: 渡辺ひろし | 2011.03.23 15:27

>ハルシオさん

自分達の利益確保と保身、下らないメンツの維持に拘泥して、救援に手をあげた有用な人材・機材を拒否し被害を拡大させた東電ですが、僕の個人的見解として、その東京電力は損害賠償支払いの為にその保有資産を全て売却させ、足らない分を国費で補填。経営陣は退職者まで遡って責任を追及し、全員刑務所送りにしないといけないと思っています。

>okeihan27さん

私がここで言及したのは、地震保険ではない普通の保険の話なんですけど、そーなんですか。地震保険には津波での損害も補償されるんですか。
いい勉強をさせて頂きました。有難う御座います。

>渡辺ひろしさん

全く仰る通りです。
東京電力経営陣と、共産党から指摘された危険性を無視・軽視した経産省の面々、自民党の議員達には、この事態の責任を取らせないといけないと思います。

投稿: mizzie | 2011.03.24 18:40

今回のこの東電の犯罪はけっしてうやむやには終わらせてはだめです、万一うやむやに終わるようならこの国は近い将来必ず滅ぶ
と思います。中東のように大規模デモしてでも断罪しましょう。

投稿: メジ菜 | 2011.03.26 21:32

>メジ菜さん

私の個人的見解として、東電の罪は絶対にうやむやにしてはいけない。と思っています。彼等は裁かれるべきだし罪を償わせなければならないです。

…ただ、この国のマジョリティは冷めやすく忘れっぽい上に浮薄でミーハーですから、ちょっと不安ではあるのですが…。

投稿: mizzie | 2011.03.26 23:34

私は、東京電力の関連企業の一員です、何万人の社員の家族はこれから途方にくれるのでしょうか?事故が起きなければいい会社?事故が起きればだめな会社?この事故は当然罰せられても当然ですが、どうか私たちのことも忘れないでください!私たちだってがんばって働いて税金を払っています。こんな状況でももし原発の応援に行ってくれといわれれば、私の仕事は畑違いですが、事態の収拾にがんばって作業に向かうと思います。バッシングからでは、未来が見えません、どうか冷静な判断を宜しくお願いします。
誤字脱字ばかりで伝わり図らいでしょうがお許しください。

投稿: 群馬 | 2011.03.27 17:20

JRにしても今回の東電にしても殿様商売の度が過ぎますね!
何をしても迷惑をかけてもある程度は世間が騒がない以上お咎めはもちろんペナルティさえ与えないこんな政治の下で暮らしていることがばかばかしいですね!
税金を餌にのうのうと暮らしている役人政治家は、あの世で裁いてもらうしかないのでしょうか?
唯一の願いは、東山の金さんが現れてくれることでしょうかね~・・・疲れる馬鹿どもの事を考えると・・・

投稿: こまったちゃん | 2011.03.28 18:14

>群馬さん

僕がここで主張しているのは、東電経営陣に対する批判であり、最前線で奮闘している社員の皆さんには、一定の敬意を払っています。
やや極端な論調で「もう東電はツブせ!」と言っている僕ですが、3万6千人を超える社員を路頭に迷わせろと言っている訳ではありません。
安全軽視、隠蔽体質、自己保身の東電経営陣には、それに相応しい罰が与えられるべきだと思いますが、末端の、前線の社員に罪は無いのです。だから経営陣の特権を剥奪する”会社ごと売却”を提唱してみました。枝野官房長官は否定しましたが、東電には損害賠償の全額を負担させ、払いきれない分は政府が担保を補償する形で銀行から融資させ、住専の整理回収機構のような組織が経営管理する。と言う形で、準国営化させるのがいいのでは?と僕は個人的に思っています。

>こまったちゃんさん

あの世での裁きとか、遠山の金さんを待つ必要など無いのです。
この国は、国民主権を建て前とした、民主共和制の国です。八一軍旗を掲げたお隣の全体主義国家や、半島の独裁国家とは違うのです。
彼等を裁くのは、僕達国民一人一人です。

この国でも、もうすぐ選挙があります。自治体選挙に国政問題を持ち込むのはどうか?と言った意見もありますが、来る統一地方選で、彼等と一緒になって濡れ手に粟の暴利をむさぼっていたJ民党や、経団連が献金団体に加わりその方針を180度転換させたM主党を大敗北させる事で、彼等と彼等の利益供与団体に僕達市民の手で正義の鉄鎚を下せるのです。

投稿: mizzie | 2011.03.30 13:49

役員報酬3,700万円&40歳社員平均給与780万円(全国平均450万円)どう思う。今のご時世信じられない???東電が如何に優遇企業であったか!!3万6千人いるらしい東電役員、社員には既に利益分配されている。安全管理を怠ってきた結果が今回の人災事故、原発に関しては、想定外という言い訳はもっての外、これほど利益分配する金があったのなら何故安全対策に投資しなかったのか!!よって今まで分配、支払われた法外な報酬、給料から最低の生活費用を引いて、残りは全額返還、事故の補償にあてそれでも足りない時に初めて我々国民が払うのが筋だろう。
それほど大変な事態である。なお、2006年当時の自民党政権下の政府関係どもも調べ上げて同様の処分を下してもらいたい。
今回の原発人災事故の責任は決してうやむやにしてはいけない。国民皆が望んでいることだろう。最後に地震、津波の被害にあわれた皆様、又更に原発被災された皆様方の一日も早い復興を心から願っています。

投稿: ナーさん | 2011.04.02 18:40

共産党?
僕には「夢ばかり追いかけてる」としか思えません。
阪神淡路大震災のとき、社民党の首相は自衛隊が嫌いなので出陣が遅れ多くのとおとい命が失われました。共産党も自衛隊嫌いでしょ?
公共事業や談合をなくし、田舎の経済は活気がなくなりました。結果として首都圏に人が集中し、その首都圏を機能させるために、地方に原発をつくらざるを得
ない。

田舎の過疎化を救ってくれるのは、自民党しかないと思います。

投稿: | 2011.04.02 20:20

皆さんの言われるとおり東電が身銭を削ってでも負担すべきであると思います。しかし、債権放棄のように補償者に補償できないのはいけないため、その部分については国が補償すべきであると思います。ここの話を見て私が感じることは、私も電力に関係する会社であり、偏っているかもしれませんが。そもそも、東電は民間企業であり、利益最大化を考えることは間違いではないと思います。電力自由化による料金低下もこれによるものであるのではないでしょうか。「想定外」とよくありますが、個人的には経済性を考慮した上での「想定外」であるのでは(これじゃなかったら単なる調査不足かもしれないし、認識不足)。融通性の話もありますが、民間で利益を出して行くために、供給と需要が合うように設備をつくっていると思います。ですので、もともと融通できる電力も予備がなく、それほど大容量を考慮されていないと思います。他にもいろいろありますが。。。独占企業と話がありますが、電力はエネルギーの販売であり、正直同業他社はいませんが、ガスなどのエネルギーがあり、そことの競争があると思います。100%の需要を確保するには国有化するしかないと思います。電気料金は高いのでしょうか?通信費と比べるとどうでしょうか?設備量の保守量を考えると通信費はかなり高いと思いませんか?

投稿: ジョン | 2011.04.03 00:06

 今回の事故が拡大したのは、本当に対応の遅れなのか?人災なのか?事態が収束して、きちんとした調査がなされない限り誰にも判断できないのではないでしょうか?事態を軽視して手を打っていなければ人災でしょうがそういった事実を客観的に証明できなければ人災とは今の時点では言い切れないのではないでしょうか。
 津波という点では事実堤防を乗り越えているので安全を軽視ししたと言われても止むを得ない気がしますが。高さ12mの堤防でさえ乗り越えた箇所があるので、どこまで堤防を高くすれば安全かなど誰にもわかりません。(高さ30mや40mなら絶対安全かといわれると絶対ではないと思います。)
 又、少なくとも、地震による揺れで原子炉は緊急停止をして制御棒が入っているという点では安全を軽視してるとは言い切れないのではないでしょうか。無論、だからといって東京電力に賠償の責任が無いわけではありません。
 一度に賠償しようとすれば、資金繰りがつかづ倒産ですが、倒産させるより存続させて賠償させ続けるほうが、被害にあわれた方にとってはより有益な場合もあるのではないでしょうか。(分割支払する場合は当然その期間の未払い賠償額には利息をつけて)
 もちろん、お金で全て解決できるわけではありませんが。
 私は、電力事業は事実上独占事業で確実に利益を出せるのだから簡単に倒産などさせず大きな貸しを作って存続させ賠償させ続けるべきだと思います。

投稿: 責任は最後まで | 2011.04.03 01:15

>ナーさん

東電への怒りはごもっともですが、僕の個人的見解としては、経営方針に逆らえない社員にまで賠償責任を負わせるのは、本当に責任のある者達の責任を・罪を、薄める事にしかならないのでは?と思います。
ここで真に追及しなければならないのは、安全軽視・利益優先の経営を行った経営陣(退職者含む)と、彼等にそれをさせてきた大株主や原発建設・運営で利益を得て来た者達の筈です。

>122.16.85.33さん

当ブログ『注意書き』に示す通り、無記名でしたのでIPアドレスで呼ばせて頂きます。
122.16.85.33さんは共産党を否定し自民党を賛美なさっていますが、共産党は確かに、自衛隊には否定的な立場を取っていますが、党綱領(http://www.jcp.or.jp/jcp/Koryo/index.html)にも記してあるように、軍縮の方向で、と主張していますが、今世紀の東アジア情勢を鑑みるに、その必要性も認識しています。
談合を無くし不公平な富の集中を是正しよう。と主張したのは共産党ですが、公共事業を減らして地方に配分される予算を大規模に「削り取ったのは、小泉純一郎です。自民党の元総裁で自民党の重鎮です。

それでもまだ、地方を救うのは自民党しかいない。と主張されるのですか?
地方を切り捨てたのは、自民党ですよ?

>ジョンさん

そうなんです。民間企業である東電が、利益最大化のこと”だけ”を考えて経営を行ってきたのは、”民間で出来る事は民間に、規制を無くして自由市場に全て委ねよう”と言う市場原理主義の資本主義経済下では正義なんです。
だから、新自由主義は社会全体の事を考えた場合、社会正義と反する忌むべき思想になるんです。
経済にも自由主義は保証されるべき思想ではありますが、強欲な私企業や利益追求団体に任せてはいけない分野と言うものは、確実に存在します。そう言った分野に適切な規制と介入を行い、自由で公平で平等な社会正義と公共の福祉に則った、市場主義経済システムを構築しよう。と言う事が、共産党が目指し経団連が忌避する経済システムです。

>責任は最後まで さん

地震と津波の危険性に関しては、2006年か2007年の衆院本会議で共産党の吉井英勝議員から指摘を受けながら、何も対策を取って来なかったのだから人災と言って差し支え無いと思います。
津波対策にしても、福島原発の至近にある女川原発では、予備電源を高台に設置していたので今回の地震・津波でも福島第一の様な事態には陥っていないのですから。
ただ、倒産させず存続させて賠償させ続けるべき。とのご意見は、至極正当なものであると私も思います。経営陣と大株主の責任追及と処罰は絶対必要だと思いますが。

投稿: mizzie | 2011.04.03 09:26

初めまして。失礼します。
東電を倒産させる。
新しい電力会社を参入してもらうのかどこかに買収してもらうのか。
私たちには何ができるのでしょうか。倒産でなくとも幹部を一掃していかないと変わっていかないですよね。

投稿: 開 | 2011.04.04 03:02

>開さん

はじめまして!mizzie's cafeに、ようこそ‼

僕の個人的見解ですけれど、現経営陣は全て排除し、さらに今回の事態を招いた責任を過去の役員にまで遡って追及し処罰をする必要がある。と思っています。ただ、法の遡及適用は民主国家では許されない事なので、新法を作るのではなく現行法で裁けなければ過去の役員達に罪を問う事が出来なくなる可能性が大なのですが…。
どちらにしても、損害賠償義務を引き継がせたまま、新たに東京電力の資産と人材をまとめて引き継いでもらう会社を探す。と言う難問が残りますが。

投稿: mizzie | 2011.04.04 23:58

今回の原発事故で東電に責任がないとは当然思っていませんが、原発は国の政策の下、東電が請け負ってきたものです。東電を管理・チェックする原子力安全委員会、原子力安全・保安院という機関がありダブルでチェックすることになっています。今回の事故の対応も、これまでの原発の管理についても東電だけで決定できるものではなく、必ず国が最終判断しているはずです。私の個人的な意見ですが、東電だけでなく国にも多大な責任があると思うのです。このご時勢に東電よりの意見ですみません。

投稿: ake | 2011.04.05 18:49

> akeさん

akeさんの仰る通り、今回の事態を招いた責任は決して東電だけにあるのではなく、これまで原子力依存のエネルギー政策を(異論・反論を無視して)推し進めてきた、国(政府と経産省と当時の政権政党だった自由民主党と公明党)にも多大な責任があると、私も思っています。
今回の福島第一原発で起きた事故は、この国のエネルギー政策を根本から見直すきっかけになるだろうと思っていますが、過去の、電力会社、原発製造メーカー、経産省、自民党一部有力議員と言う摩訶不思議な利益集団によって密室で秘密裏に決められてきたであろう様々な巨大事業の裏側やそういった類の全てが、国民の前で白日に晒されるようになればいいのに。と思っています。

投稿: mizzie | 2011.04.05 23:41

東電という会社に従事し、社会に存在する人々が全て悪いわけではないと考えます。
私は「東電解体」と云いたい。一企業としてその成り立ちと方針を変えるために、管理職を一掃し、謙虚に出直して欲しいと思う。
「おやかた日の丸」的な隠蔽体質を無くすためには、東電の水で泳いできた者を次期社長にしてはならない。
災害は社員を、関わり合う企業を守るための反省材料であって、会社の「名」を守る免罪符ではない。

投稿: やまんば | 2011.04.13 03:32

>やまんば さん

「東電解体」とてもいいアイデアだと思います。
安全軽視、利益優先で今回の事態を招いた東電ですが、日本中の殆ど全ての人達が理解しているように、末端の社員に罪は無く、本当に悪いのは(過去の分も含めた)東電経営陣と、原子力政策を推し進めてきた経産省(旧通産省)官僚と、原発利権に寄生していた自民党議員なんですから。

東電のソフトとハードはそのままで、取締役など経営陣と経産省から天下っている元官僚たちを一掃する事が必要だと思います。

投稿: mizzie | 2011.04.14 22:25

やむなく避難された方々は職を失ったり故郷も失ったりしています。
かたや東電社員は給与2割カット。
他人に多大な迷惑かけて自分たちは給与2割カットのみ?
あまりに不公平です。
東電の役員、原発を推進した役人、学者は避難された方々と同じように避難所で寝起きを共にしてみるべきです。
他の企業ならとっくに倒産です。
社員は悪くなくても普通なら倒産なんです。
東電社員は5割カットでも中小企業の所得と変わりません。
それでも人並みの生活はできるのですからぜひ5割カットしていただきたい。

投稿: haratatunori | 2011.05.06 20:06

>haratatunoriさん

同調圧力が強く、個人には場の・周囲の・組織全体の空気を読む事が求められ、それの出来ない・しない者を排除する様に出来ている日本社会の企業において、東電の社員達は経営陣の駒として働くしか出来ない訳で、

彼等もまた、今回の震災では被害者なんです。

一般の人達に不満や怒りが一般の東電社員に向かう事で一番得をするのは、今回の原発事故を招いた自民党政権時代の政治家達と、経産省(旧通産省)を退官後に原発関連企業に天下ったキャリア官僚達、原発産業で儲けて来た東芝や日立の経営陣、東電の大株主達です。
彼等の仕掛けた”分割支配”の罠に、ノセられないで下さいね。
東電社員達の給与は中小企業の2倍近いですが、経営陣や非常勤の天下り官僚達は、その数倍のカネを手にしていたのですから。

投稿: mizzie | 2011.05.07 23:10

>mizzieさん
もちろん東電の社員の方も被害者かもしれません。
しかしそういった経営陣や天下り官僚の存在を承知で入社されたわけですから被害者意識されてはかないません。
もちろん今回のようなリスクを承知で入社されたのでしょうから・・・。

ただ私が言いたいのは被害者の方々は収入が途絶えてしまった方もいらっしゃるのになぜ加害者側の会社に所属する方々が二割カットだけで済んでしまうのか理解に苦しむということです。

私の意見は一国民の感情を述べたにすぎませんがでもほとんどの国民が同じ思いだと思います。

東電はまず精神誠意被害者の方々の補償に取り組んでもらいたいと思います。
ニュースで見る限り保身だけで誠意が全く見受けられず国民がこんな気持ちになるのも当然だと感じていただきたい。

投稿: haratatunori | 2011.05.09 20:32

"だったら電気を使うな!"
的なことをmixiに書き込み、炎上した、
今年度新卒入社の東電社員と思われる方がいましたね。
自社へのバッシングがあまりにもひどく、
それに対してキレてしまったんでしょう。

でだ、若気の至りとはいえ、立場上発言すべき内容ではなかったと思います。
一方で、それが東電の体質なのかなと言う気もしています。
電気は東電からしか買えない、そのことが自惚れのようなものを生ませているのが現状なんでしょうね。

言ってみれば公務員のような安定性を就職先として選んだわけでしょうが、
一般社員もある程度の給与カットは仕方ないと思います。
少なくとも、会社が大赤字になるような状況でそれなりのボーナスが貰えるというのはいわゆる一般企業では考えられないことです。
東電の給与体系は分かりませんが、
ボーナス分をほぼカットで全体から2割カットと言うのは妥当な額かもしれません。

投稿: ハルシオ | 2011.05.10 23:39

>haratatunoriさん

東電経営陣が自己保身と責任逃れに終始している。と言う貴方様のご意見に、私も完全に同意します。東電経営陣と東電の大株主である経団連が狙うのは、東電が負うべき賠償責任を国家に、つまり国民全てに負担させる事で、自分達が被る損失を最低にする事です。

僕等が最も非難し異議を唱えなけれればならないのはそこであり、東電社員に批判の鉾先を向けるよりも先に、そしてもっと強く多く大きく声を挙げなければならないのはそこだと、僕は考えています。

国民感情が一般社員と言う弱い個人に向かう事で、最も利益を得るのは誰なのか、私達はそこにも疑問を持つべきだと僕は考えます。

>ハルシオさん

会社が無くなってもおかしくない。と言うような非常事態に陥っているのですから、社員にボーナスなど出している場合ではないでしょう。給与の20~30%カット、ボーナス無し。は妥当な線だと僕も考えます。収入ダウンがイヤなら転職すればいい訳ですし。

投稿: mizzie | 2011.05.11 06:21

東電リストラ策は甘すぎ、まず補償金支払いが優先、料金据え置きで餓死者が出るのか?それから料金値上げの話が出るのはやむを得ない。
役員年金全廃、会社年金代行返上などは当然かと。
・政党、政治家責任、過去の政治献金を公表し、全額補償金に寄付。
・マスコミも同様。
・役人 天下りは全員解雇
・学者 公職を退くべし。
また今回の清水社長が陣頭指揮に行かないことを考慮し、役員の家族は原発の敷地内に人質として居住。

ただし、今もなお福島原発で作業している東電社員、協力会社社員は別。
今すぐにでも特別手当→料金反映で感謝の念を。

投稿: toshiosanda | 2011.05.12 18:54

東電社員の減給問題に関しては、上層部を集中的にするべきで、今回の災害に対して現場で働く(原発に限らず)人間に対しては、ボーナスを含む支払いはなされるべきだと思う。その上で公平に一律二割カットはやむを得ない社会的責務とすることが逆に彼らの尊厳を守ることになると思う。

その上で、別処理として管理職以上の特別減給と、原発現場職員、及び下請け孫請け社員に対する慰労金が支払われるべきかと…。
上層部が全てを吐きだしてでも社員を守る姿勢を打ち出すことが先だと思う。それだけのモノを持っていないとは云わせない。

お役所態勢を一掃しない限り東電の企業としての再生はあり得ないと思う。

投稿: やまんば | 2011.05.13 23:44

>toshiosandaさん

貴方様の仰る、現場で奮闘している社員、協力会社社員達に、その働きに見合った特別手当等の報酬を、と言う考えには、私も完全に同意します。しかしながら、東電の社員と役員を吊るし上げて社会的リンチにかける。と言うのは、第三者的立場の人達に「善である自分達は、絶対悪に天誅を下しているんだ。」と言った類の爽快感や優越感を与える効果はありますが、それ以上のものは無いと私は個人的に考えています。

>やまんばさん

原発重視のエネルギー政策を推し進めて来た、この国の与党と元・与党の政治家達と、経産省の官僚達、原発複合体、電気事業複合体、いわゆる『濃密に癒着した政・官・財』が、これまで密室で闇にまぎれて行ってきた事を全て白日の元に晒し、総括し断罪し贖罪させる事が、この国の健全な未来にとって必要だと私も考えています。

僕達はこの不幸な原発事故を、「災い転じて福と為す」とするチャンスを手にしているのかもしれません。そして、そのチャンスを生かすのも殺すのも、私達一人一人に掛かっているんだと思います。

投稿: mizzie | 2011.05.15 23:33

東電は、福島第一原発に、設計の想定を超える津波が来る確率を「50年以内に約10%」と予測し、2006年に国際会議で発表していました。
したがって、東電は、「想定外」と言う言葉を使えないわけで、全ての損害に対する賠償をしなければならない!!!こんな事出来る訳もないので倒産は必至でしょう!!!
倒産は確定しました。そこで次の問題は、原発をどうするかです。昨日の参議院行政監査委員会での専門家の発言によれば、原発は未だ人間がコントーロール出来るものではない事は明らか、だから、どうやって原発なしで生活していくかを真剣に議論すべきだと思う。現在の原発は自民党の原発推進政策の結果、要するに、自民党の一党支配を何十年も許してしまった事が一番の問題。何時の選挙でも低投票率、皆の無関心が、今の状況をもたらした事を反省し、次の選挙の事を考えよう。あなたならどうする。

投稿: oki | 2011.05.24 11:43

> okiさん

>皆の無関心が、今の状況をもたらした

全く同感です。
結局、この原発被害に関しては、
この国に住む全ての人達が東電の共犯者なんです。
無関心だった人達も、原発推進派だった人達も、原発反対を唱えながら、多数からの共感を得る事が出来なかった僕達も。

投稿: mizzie | 2011.05.24 22:38

たびたびお邪魔いたします。
この期に及んで…ですが、考えがかわりました。
東電は変われません。政界や裏社会もどきと癒着しきっているメカニズムが明らかになるにつけ、現状の中では東電だけクリーンな再スタートというわけにはいかないのだと思えてきてしまいました。すなわち東電が先ず消滅しなければ日本の脱原発はありえない…
この小さな島国の随所に点在する核がなくならないのだというコトにやっと気付きました。東電の現場社員は職を失うかも知れません。でも家族や国土を守るコトのために考えてみてほしいと思いました。
一度目は戦争で、二度目は見通しの甘さから、国土を放射能で汚した国が地球規模で考えなければならない決断です。三度目の正直はきっと起こる。
4つのプレート境界が交差する地震国がこれ以上甘い想定をしてはならないとかんがえました。
電力は地産地消で相応な物を造れるはずです。その技術の無い国ではない。東電はその先駆けとなって旧体制フェイドアウトの基点となってほしい。ひとつひとつ…原発の火を落とすために。

投稿: やまんば | 2011.06.24 04:56

> やまんばさん
私の個人的見解としては、東電が変わる事は、現状ではほぼ不可能だと思います。
それは、電力会社や原発プラントを製造するメーカー等の原発企業体などの、いわゆる『原発産業複合体』に、その巨大な利権を手放す意思が皆無だからです。そして政府も経産省官僚が原産複合体に高給で天下る為、原発を手放す事には異を唱えるでしょう。説得力に満ちた詭弁と自己正当化を持って。

カネと権力を握る原産複合体に、非力な一市民でしかない私達が立ち向かうには、
決して屈しない事です。諦めず、だらだらと抵抗を続ける事です。日々、疑問と反論を誰かに語り続ける事です。そして、選挙を通して原発反対を主張する政党や候補に投票し、その意思あるならそういった候補の選挙活動に参加し、原発反対の・脱原発の世論を少しでも大きくするように、自分でも無理なく出来る範囲の行動をする事です。

共に闘いましょう。この世界から核と核による惨禍をなくす為に。

投稿: mizzie | 2011.07.02 05:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/51192751

この記事へのトラックバック一覧です: 東電は破産させるしかない:

« 菅総理!今こそ日本版グリーンニューディールを‼! | トップページ | 東電を倒産させろ »