« 東電経営陣(退職含む)に言いたいこと | トップページ | 政党別・原発への態度。推進or反対 »

2011.04.06

Japanese information is completely manipulated

福島第一原発は、高濃度汚染水が溢れ出す事態を避ける苦肉の策として、低レベル汚染水1万トンを海中に放水する事になったらしい。その事態を受けての政府からの発表は、

「低レベル汚染水が排出された海域で獲れた魚介類を食べ続けても、健康には問題ないレベルです。」

との事だ。

地震直後の12日。福島原発正門前で、通常の1000倍の放射能が検出された時も、

その日の夕方に原子炉が水素爆発を起こした時も、

1~4号炉が制御不能となり、1,3,4号原子炉の建屋が損傷、爆発に伴って放射性ヨウ素やセシウムが空中に飛散した時も、

プルトニウムとウランの混合燃料で発電するプルサーマル炉であった3号炉が損傷し、「プルトニウムが漏れたのではないのか?」と問い詰められた時、「検出出来ていません。」とシラを切って逃げようとしたものの、逃げ切れない状況になってしぶしぶ「漏れ出したと見られるプルトニウムが検出されました」と認めた時も、

とにかく、福島原発で何が起こって、何という放射性物質がどれだけ検出されても、政府発表は常に、

「ただちに健康には影響ないレベルです。」

この調子だと、日本では誰も健康に影響ある量の被爆をする人がいないのに、ガンや甲状腺異常で死ぬ人がどんどん出て来て、産婦人科は奇形児だらけになってしまうぞ。

 

東電の情報は隠されている。

政府の情報は操作されている。

テレビの情報は操られている。

 

日本の政府機関は、気象庁は一切触れないけど、海外の情報では、福島原発から漏れ出た放射能は、ごく近い内に日本中を覆ってしまいそうなイキオイだ。(参照:http://takedanet.com/2011/04/47_afa2.html

水と空気と食べ物が汚染されている東日本の人達は、本当に大変だと思う。でも、政府発表をナナメ読みしている限りでは、政府発表を真に受けてその通りに行動していると言うメディアとの関わり方はとてもリスクの高いものとなっているようだ。

|

« 東電経営陣(退職含む)に言いたいこと | トップページ | 政党別・原発への態度。推進or反対 »

コメント

微量の放射能を浴びたところで、”直ちに健康に影響はない”は事実ですよね。。
ただ、中長期的にはどうなるかってことをはっきりと言ってません。

こういった情報が、海外のメディアからの方が得られやすいっていうのはとても理不尽で、納得がいきません。
メディアにとって、東京電力はかなりのスポンサーであり、
また、各メディアには原発に絡んだお偉いさんが投入されているので、
悪いことは言わないでしょうね。。

原発も、国家プロジェクトで進めてきたようなものだから、政権が変わったとはいえ、簡単には。。。と言うことなんでしょうか?
それとも、パニックを避けようとしてるのでしょうか?
もしくは。。。
といろいろと勘ぐってしまいますよね。。

投稿: ハルシオ | 2011.04.07 22:39

>ハルシオさん

遅まきながらもようやく、気象庁が放射性物質飛散量予測データを公開してきたみたいですね。
それを見る限りでは、日本はほぼ全域が放射性物質の飛散・降下に晒されそうですが、遠隔地である西日本に住む僕には、それほど影響はなさそうです。

東電はメディアの大スポンサーであり、また原発推進団体や公益法人・機構は経産省官僚の有望な天下り先なので、企業は経産省と一体となって政治家丸め込みに掛かるので、ますます真実が見えにくくなっているように思います。

投稿: mizzie | 2011.04.08 23:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/51313367

この記事へのトラックバック一覧です: Japanese information is completely manipulated:

« 東電経営陣(退職含む)に言いたいこと | トップページ | 政党別・原発への態度。推進or反対 »