« 確かに菅総理は現状には不適格だが | トップページ | 日本では再生可能エネルギーは普及しない »

2011.04.22

2011高知市議選

震災に配慮した自粛ムードもあって、低調で盛り上がりに欠けた感のある高知市議会議員選挙は、定数10減なのに50人も立候補者がいて、34の議席を50人で争うと言う、かなりの混戦模様となっている。

混戦となっている市議戦だけれど、共産党以外はオール与党の高知市議会なので、これと言って目立った争点も無く、そして主張すべき論点など持たない候補が多数派と言う事もあり、市民の関心も盛り上がりには欠けている。このまま行けば前回並みかそれ以下の、低投票率となりそうな勢いだ。

投票率が低い選挙においては、強固な支持基盤を持った候補が強いとされる。特定の業界団体を支持基盤(母体)とする候補や、特定の宗教団体を支持基盤(母体)とする候補は、その支持基盤(母体)が持つ基礎票だけで当選出来てしまうからだ。そしてもちろん、そう言った特定の団体からの支持を受けて当選する議員が、当選後は市民全体の為に働く。と言う事はあり得ない。彼等の目的・存在意義は支持基盤(母体)への利益誘導であって、公共の福祉に奉じる事ではないのだから。

高知市議会などそれの典型例だ。共産党以外オール与党となった過去4年の高知市議会、市長や市執行部の出す議案を、無所属を含めた与党議員は審議もせず次々と可決させ、費用対効果に著しい問題を抱える大型事業を次々と実施、支持母体が巨額の利権で潤った引き換えに、市財政は悪化の一途だった。
ロクに仕事もせず(議案の吟味・審議もせず)ただ執行部の議案に賛成するだけの高知市議会(除く8人の共産党議員)だが、唯一の野党となった8人の共産党市議だけが、議案を丹念に検証し、市民の声を聞き、実情を入念に調べ上げ、論理的で説得力に満ちた反論を展開。自分達の失政と無駄使いの後始末を全て市民に押し付けようとしていた執行部の企みを、幾つも撤回させてきた。

ゴミ収集有料化案を撤廃させ、

固定資産税増税を撤回させ、

学童保育の待機児童ゼロ化を実現させ、

清掃工場の談合を摘発し和解金24億円を取り返し、

医療センターの運営見直しで27億円を削減させ、

産業廃棄物処分場建設費を10億円削減させ、

何に使われているのか判らなかった、議会政務調査費の全面公開化を実現させてきた。

支持基盤に利益誘導し市民に負担を押し付けようとしていた与党や市執行部にしてみれば、その企みを共産党市議団によって論理的に、民主的に打ち砕かれてしまった訳で、今回の定数10削減も表向きの口実である「議会経費の圧縮」よりも「共産党の議席を減らす事」が執行部と与党の真の目的なのではないのか?と勘繰ってしまいたくなるくらいだ。
そして定数10減の中で(与党・与党派無所属の)有力な新人が複数立候補し、与党有力議員が支持母体の基礎票をがっちり固めていると報じられている現状では、このまま行けば共産党はかなり議席を減らす事になる。

自由と平等、正義とヒューマニズムを掲げるmizzieとしては、この現状を見逃す訳にはいかない。ロクに仕事もせず市民の税金を支持基盤への利益誘導で浪費し、出来た負債は市民に押し付けて自分達は高給を得るような悪党を、税金泥棒を当選させ、市民目線で執行部をチェックし無駄を削減させ、浮いた予算で市民の為になる事業を実現・実行させてきた共産党候補を落選させる訳にはいかないのだ。

だから僕は、僕の住む地元から立候補している、H.Rさんと言う40代男性の候補者を強く支持しているし、日曜日は彼に投票するつもりだ。

|

« 確かに菅総理は現状には不適格だが | トップページ | 日本では再生可能エネルギーは普及しない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/51448492

この記事へのトラックバック一覧です: 2011高知市議選:

« 確かに菅総理は現状には不適格だが | トップページ | 日本では再生可能エネルギーは普及しない »