« 東電の賠償能力を考える | トップページ | 台風一過を一家で楽しむ »

2011.05.24

泣けるのなら、泣いた方がいい

ある日、突然、何の予兆も前触れも無く、

善人も、悪党も、強い人も、弱く儚い人も、

平等に、無慈悲に、愛する人と財産と所属を奪われた。

波が引いた後には、
自分の命と借金しか残されていなかった彼等に、

「がんばろう!」

なんて軽はずみな事言える訳ないじゃないか。

TVで、雑誌で、新聞で、全てのメディアで、誰もが知ってる有名人が、無名の一般人が、カメラに向かって笑顔で口にする。

「がんばろう日本!」

・・・あんなのhypocrisyだよ。これ以上彼等に、何を頑張れと言うんだ?

 

だから僕は、

がんばれ。なんて言わない。がんばろう。とも言わない。

地震の被害が皆無だった四国に住む僕に、彼等の背負わされた痛みや哀しみ、辛さ、悔しさ、怒り、それを想像する事は出来ても、共に苦しむ”共苦”を持つ事は出来ても、

一番深い部分での理解や共感は、絶対に出来ないと思う。
妻と子供と親と親友を一度に泣くし、職を失い家を壊され、故郷は放射能汚染で住む事はおろか立ち入る事さえ出来なくなった人がいる。

その哀しみ・悲しみ、怒り、悔しさ、そう言った感情の深さなんて、傍観者でしかない僕等に理解出来る訳なんかないじゃないか。

 

だからごめんね、みんな。

その深すぎる悲しみを前にした時、僕には掛ける言葉が見付からないんだ。

ただ、

辛かったら、しんどかったら、悲しかったら、

泣いたちかまんがで。

泣いた方がえい事やちあるがやき。

もう我慢せんだちかまんきに。みんな泣いてえいで。

みんなに掛ける言葉が見付からん僕やけんど、

心に沁みる曲を一つ紹介しちょくきに。
もし泣けるがやったら、こじゃんと泣いちょき。

http://youtu.be/nWsz6MRBIl4

涙を人に見せとうない。言うがやったら、

一人の時に、思いっきり泣いたらえい。

|

« 東電の賠償能力を考える | トップページ | 台風一過を一家で楽しむ »

コメント

会社の後輩に実家は流されたけど、家族は皆無事だったっていう人がいます。

連休に避難先(親戚の家)に様子を見に行ったそうですが、
人は意外にもすごく元気だったといっていました。
被災地の人たちは、あの日からずーっと頑張り続けてるんですよね。
頑張っている人に頑張れなんて言えるわけがありません。
私が言える言葉としたら、
”私で手伝えることがあればお手伝いします。”
”しばらく休んでいいですよ。代わりに私たちが頑張りますから。”
ぐらいでしょうか。
それさえも軽々しく言えないような気もします。

被災者の辛さを想像することさえなかなか難しいことなのに、
理解することなんて私には能力的に無理です。

投稿: ハルシオ | 2011.05.26 03:16

> ハルシオさん

ハルシオさんの反応が、被災者の悲しみとか痛みの事を考えられる人の反応だと思うんですよ。
今、無邪気に「がんばろう東日本!」とか笑顔で叫んでる人と言うのは、その感情が決定的に欠損しているんだと思います。

投稿: mizzie | 2011.05.26 22:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/51760714

この記事へのトラックバック一覧です: 泣けるのなら、泣いた方がいい:

« 東電の賠償能力を考える | トップページ | 台風一過を一家で楽しむ »