« 浜岡原発停止要請の裏側で・・・ | トップページ | 福島原発3号炉爆発の映像 »

2011.05.11

全国の放射能濃度一覧

『全国の放射能濃度一覧』

とりあえず、47都道府県ごとに測定された最新の放射能濃度データは、上記をクリックしてもらえば見る事が出来ます。
これを見ると、我が高知県高知市で5月10日に測定された放射能濃度は0.03マイクロシーベルト毎時で、平常時の0.56倍。平時よりも低いのは10日の天気が曇りのち雨だった為と思われます。ちなみに福島県双葉郡は平時の36.96倍、宮城県仙台市が平時の1.7倍、茨城県水戸市は平時の1.86倍、千葉県市原市が1.09倍、栃木県宇都宮市と埼玉県さいたま市が平時の0.97倍となっていました。

データの出典は文部科学省との事です。大本営発表のデータなので捏造されている可能性を完全に否定する事は出来ませんが、現時点で一市民が自分の身を自分で守る為、出来る事は公的機関にデータを測定し公表させ、それを知ろうとする労力を惜しまない事ぐらいしかないと思います。

ホントはガイガーカウンターが買いたい、んで自分で放射能濃度測定がしたいんだけど、同じ事を考える人がたくさんいるみたいで、取り扱い店は注文殺到で品切れ。加えて便乗値上げ(?)で値段も高くなってるみたいで貧困層のオイラには手が出ないのが現状です。

|

« 浜岡原発停止要請の裏側で・・・ | トップページ | 福島原発3号炉爆発の映像 »

コメント

これって本当に信用できる数値なんでしょうかね?原発が未だ放射性物質を吐き続けているのに福島周辺を除いた地域で平常値より低いっていう所に疑問を感じます(ちなみに当方神奈川です)。
日本は輸出でもってるっていうのに、この原発のせいで輸出相手先は輸入制限かけてるから、ますますこの先経済が厳しくなっていきそうですね(特に農産物、海産物)。
政府と東電はこの辺りの“賠償”ことも当然考えているんですよね~?

投稿: 名も無き人 | 2011.05.20 21:42

>名も無き人さん

情報の信用度に関しては、それがどうなのかは僕には判りません。輸出制限による輸出量と売上高の減少による経済的損失について、道義的には東電には賠償義務があると思われますが、政府と経産省に深く食い込み自社の利益最大化を果たそうとする東電なので、東電が支払う賠償額は、東電の、経団連の走狗と化した政治家によって、合法的に最小化されると思われます。

投稿: mizzie | 2011.05.21 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/51639266

この記事へのトラックバック一覧です: 全国の放射能濃度一覧:

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/05/11 08:58) [ケノーベル エージェント]
高知市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2011.05.11 08:58

« 浜岡原発停止要請の裏側で・・・ | トップページ | 福島原発3号炉爆発の映像 »