« 目を奪われ、心を撃ち抜かれた | トップページ | 2011高知市納涼花火大会 »

2011.07.30

K.S.D.F

高知市のど真ん中。はりまや橋から自転車で5分と言う市街地にある我が家だけど、ど・ど田舎な高知なので、それなりに自然がまだ残っている。

僕の住んでいる辺りは旧地名を南新町と言って、17世紀に干拓・開墾された辺りで、その当時からある用水路(って言うか溝)が街中至る所に張り巡らされてる。

そう言った用水路は、僕が小学生だった1980年代までは下水がそのまま流されたりもしてて水質悪化がヒドかったんだけど、下水道が完全に整備されてから30年以上経って水質も幾許かは改善して、まだ魚は棲めないけれど、水生昆虫とかは多少は生息してる。

んがしかし!

魚は棲めないけど水生昆虫が生息可能なので、夏になるとボウフラが大量発生。吸血虫でもあるヤブカやアカイエカ、コガタアカイエカが大量に発生し、酷暑だけど窓を開けられない。って状況になってしまう。引っ越した直後はそれで随分とヒドイ目にあった。

梅雨入り直前、(今年の蚊対策はどうしようかな~???)って頭とサイフを悩ませていたんだけれど、これが今年は”自然溢れるど・ど田舎高知”でなければまず無理だったろうし、東名阪では230%不可能。な方法で解決した。

今年、我が家の前を流れる用水路に益虫である昆虫が現れて、吸血害虫を片っ端から捕食しまくっているのだ。まるで自衛軍だ。

Dscf6394

ヤブカの撃墜王、オオシオカラトンボ大佐。

梅雨明け直後に大佐が現れてから、我が家の前を流れる用水路で羽化したカは片っ端から大佐によって撃墜されている。僕が見ている15分程の間でも、次々と捕まえてはムシャムシャと食べていた。

我が家の前を縄張りにしているらしいこのオオシオカラトンボの他に、縄張りが隣接している2匹のシオカラトンボも時々我が家の前に現れる。僕はこちらにも「中佐」「大尉」と勝手に名前を付けているんだけど、ただ、体格が一回り大きいオオシオカラトンボ大佐の方が強いので、またトンボは基本的に集団では狩りをしないので、2匹がケンカをしているのを見る事はあっても、2匹がチームプレーとか、3匹を同時に見る事は無い。

用水路から羽化しても、その直後にこの3匹の要撃戦闘機群に食べられてしまうヤブカ、アカイエカだけど、運良くそれらの攻撃をくぐり抜けたとしても、我が家には最終防衛ラインが鉄壁ミュラーの様に待ち構えている。

玄関灯に、小型の蜘蛛(多分オニグモ)が網を張って待ち構えているのだ。

人が通る高さに網が掛からない様に、時々網の下部を払っているんだけど、それより上の箇所を見ていると、網に捕まって捕食されたカ等の小型昆虫の死骸を幾つか見る事が出来る。

昨年まで猛威をふるっていた吸血虫達だが、今年は(環境の改善で)還って来た益虫自衛軍によって片っ端から撃退されている。僕はこいつらの事を勝手に『Kochi Self Defense Forces』と呼んでいる。

|

« 目を奪われ、心を撃ち抜かれた | トップページ | 2011高知市納涼花火大会 »

コメント

ものすごく自然の摂理にのっとった方法ですね。
また何年かすると今度は魚が住むようになり、
お子さんはそこで魚と遊んだり。。

そういうの、最近はなかなかないですからね。

栃木県から出荷された腐葉土から基準値以上の放射性物質が検出されたという事で、
今年はここいらではドブであったり、
ちょっとした用水路みたいなとこで遊ばせるのもためらわれます。

投稿: ハルシオ | 2011.07.30 21:18

>ハルシオさん

>また何年かすると今度は魚が住むようになり、お子さんはそこで魚と遊んだり。。

ザリガニとかメダカとか放流してやろうかな?とか考えてました。(*^-^)

福島原発事故による北関東~東北の放射能汚染に関してですけど、一人の父親として、とても心が痛みます。
福島よりは軽いとは言え、ホットスポットの事もあるし、北関東に住むハルシオさんには心配の種は尽きない事であろうと思います。

一時は品不足で高騰していたガイガーカウンターですが、最近はかなり値段も落ちて来てるみたいですし、エステーが簡易の放射線量測定機(測定器がガイガー管ではないみたいです)を低価格で発売するみたいですね。
一般家庭に放射能測定器がある。って言うのは恐ろしく異常な事なんですけど、これらの商品は国内だとかなり売れそうな予感します。実は僕も欲しいです。

投稿: mizzie | 2011.07.30 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/52345798

この記事へのトラックバック一覧です: K.S.D.F:

« 目を奪われ、心を撃ち抜かれた | トップページ | 2011高知市納涼花火大会 »