« ななか、交通事故に遭う | トップページ | 台風6号で大荒れ(動画付き) »

2011.07.16

原発の優位性なんてこの程度

今、資源エネルギー庁から委託を受けた原発推進団体が作った、原発推進の小冊子『Dreamer』なるものの記事を見ている。

そこには、

『原子力発電所一基の発電量に対して、必要な基数』と称し、原発1基分の発電量を確保する為に必要な量として、

太陽光発電(業務用)だと19343基、58㎢(東京ディズニーランドの114倍)が、風力発電だと3482基が、必要だと書かれている。
それらの設置コストは原発1基の2800億円に対し、太陽光は3兆9千億円が、風力だと8700億円が必要だと。

原発推進団体が、原発の優位性を示す為に作成した資料なので、その数値は自然エネルギーの発電量は下限、設置コストは上限で出している事は想像に難くないが、

それは見方を変えれば、太陽光3超9千億円、風力8700億円の投資で、原発1基を不要にするだけの電力量が賄えると言う事の証明でもあるのだ。この国が、経産省が、原発産業複合体が、原発推進に使っているお金は年間数千億円だが、そのお金を自然エネルギー普及に回せば、2050年までに全ての原発を廃炉にする事は十分可能だ。

そういった事実を、原発推進団体の冊子は私達に教えてくれている。

|

« ななか、交通事故に遭う | トップページ | 台風6号で大荒れ(動画付き) »

コメント

原子力、風力、火力等は原理的に伸び代はあんまりなさそうですが、
太陽光発電はまだまだ発展途上です。
光電変換効率も、設置(作成)コストも。
効率が上がることで発電コストも下がりますしね。
また、太陽熱発電てのもありますし、
火山大国日本では、地熱発電もかなり有望視されています。

ただ、地熱以外は安定性に欠けるという欠点もあり(極端な話、雨の日や夜は太陽電池は発電しない)、
蓄電も同時に考える必要があります。
LiBのような、レアメタルバリバリ使った高価なものじゃなくてよくて、
(レアメタルは発掘、抽出に結構危険が伴いますし)
NASのようなでかくても安いものを設置して安定供給につなげられるでしょう。

これからは、電気も使うところで作る!がキーワードかもしれませんね。

自然エネルギーの利用は環境に与える影響が非常に少ないので、
長期的に脱原発はぜひともしたいですね。
(してもらいたいではなく、私たちが主体的に動かなければなりませんからね。)

私達の孫の世代くらいには原発は歴史上のものになってると素晴らしいですね!
そして、脱原発の立役者として、”地球防衛軍”って日本史の教科書に載ってたりして(*^ー゚)bグッジョブ!!

投稿: ハルシオ | 2011.07.16 19:21

こんにちは。


そもそも「原発のコスト」を計算するのに、
設備の設置費用だけを持ち出すなんて、
ナンセンス極まりない話だと思います。


今回の事故の賠償金で簡単に
太陽光発電に並んでしまいました。
すでにこの「冊子」は無効です。

何より、一度事故が起きれば
このレベルの費用がかかるわけですから、
今後は原発一台あたりに、
そのレベルの金額を即座に捻出できる
保険機構などを作る必要があるはずです
(従前にその配慮が乏しかったのは、
 はっきり怠慢の類ですが)。

リスク管理のコストを無視している点で、
この冊子を書いたのはよほどの馬鹿か
悪徳詐欺師ということができるでしょう。


また、太陽光パネルの撤去廃棄と、
放射性廃棄物や廃炉の処分管理費用も
どう考えてもケタが違います。

顕在化していないリスクの計算以前に、
絶対にかかるコストさえも、
この「冊子」は意図的に無視したわけです。


原発推進とは、要するに、
一部の人間がその瞬間儲けるために、
将来のリスクやコストを完全に無視して、
後は野となれ山となれと
それらを全国民に負担として押し付ける、
とんでもない搾取行動ということでしょう。

「危険」の問題を度外視しても、
この連中は国民の財産を掠め取っていた、
窃盗詐欺横領の類の輩なわけです。


今後のエネルギー政策の選択も
もちろん重要な課題だと思いますが、
そういう連中の責任追及が曖昧なまま、
「将来」の議論をしている場面が
あまりに多い気がしています
(このブログがそうではないのは当然ですが)。

投稿: ボクシングファン | 2011.07.19 11:56

返信遅くなってどうもすみませんでした。

>ハルシオさん

地球防衛軍創設の為に、せっせとロトを買ってるmizzieです。(^^ゞ

そうなんですよね。脱原発は僕等の子供や孫達の為にも是非、僕等の世代でなしとげなきゃいけない事なんですよね。
市民レベルでは、殆ど全ての人達が『再生エネ普及の為のコスト(電気料)増』を受け入れる覚悟は出来ていると思うし、それが再生エネ普及と脱原発の為である事をきちんとアナウンスして、そしてそれがキチンと再生エネ普及と脱原発に使われている事を証明すれば、社会全体からの合意は得られると思うんですけど、、、

この国の政治家(主に自・公・民)と官僚(主に経産省)は、原発利益共同体への利益供与と利益最大化が、至上で至高の価値となっているようです。

>ボクシングファンさん

原発利益共同体にとって、原発のリスクと言うものは「あるはずのないもの」であったので、事故が起きた事の事なんか最初から考えていなかった事は、これまでの政府と官僚と東電などの原発利益共同体によって、歪曲され捏造されてきた報道の断片からでも想像可能な筈です。

そして彼等は悪徳詐欺師などではなく、単に市民の命よりも自分達の利益最大化の方を重視し、その価値観に従って行動してきただけの事であって、
そして、彼等のそれを見逃し許し受け入れその恩恵だけを享受してきたのは、『政治に参加し政治を監視する』と言う民主共和国家の国民の義務を忌避してきた、多数派市民なんですよね。

安全を無視し、市民の命よりも自分達の利益最大化を重視してきた原発利益共同体は批難されて当然だと思いますが、彼等がそれをするのを見逃して来た僕等にも、その責任の一端はある。私はそう考えています。そしてそう考えるからこそ、これからの脱原発には、確固たる意志を持って関わっていかなければならないと思っています。

投稿: mizzie | 2011.07.22 23:19

レスありがとうございます。

コメント欄での再反論は、ブログの本体に妙な影響を与えかねないのでなるべく避けるべきだと思うのですが、数点の指摘はしておきたいと思います。長くなってしまいます。すいません。


「甚大な被害を出す事故を起こしたこと」はもちろん大きな責任なのですが、それ以前に、原発利権という搾取構造が当然のように構築されていたこと自体が大問題だと思うわけです。そもそも電気代から年間数千億もの株式配当が捻出されていること自体が搾取です。事故の原因の一つとなった「津波対策」などの安全管理費用をケチっていたことなども、その搾取体制を強めるためのものでもありました。「原発」が彼らを儲けさせたというよりは、利権構造が彼らを儲けさせたというべきでしょう。その気になれば、彼らは太陽光エネルギーからだって搾取すると思われます。搾取構造の解体(責任追及)の問題は、エネルギー選択とは別次元で考える必要があります。実際に詐欺や違法配当などで法的な責任追及をすることは故意過失要件の問題でむつかしいでしょうが、明らかに一般人より儲けた人間たちの責任を浮き彫りにすること(今後はそういうことは許さないこと)は絶対に手を緩めるべきではない問題です。原発利権構造に鋭い批判をしながら、その点の意識が薄い論理は僕は妥当ではないと考えています。

次に、原発で「我々」も恩恵を受けたということで、どうも責任追及の気持ちが萎えている意見が世間一般に多いのですが、本当でしょうか。こんな大量電気消費社会を我々一人一人が主体となって望んだのでしょうか(僕自身は震災前からかなりエコ生活をしていましたが、貧乏ゆえに)。「いつの間にかそうなっていた」というのが正しい認識だと思います。我々は情報を隠されたまま、知らず知らず今の構造に追い込まれていました。そこに「責任」を問う余地はあるのか。それに、使う電気の量を別にすれば、原発で発電しようが他で発電しようが、供給される電気の品質は変わりません。原発を使いたがったのは大半が供給側の都合です。株式から生じる配当も債権から生じる利息も「我々」は受け取っていません。知らない間に電気を「使わされて」いました。

そして、そのような状況が作られる過程で、いったいどれほどの手続が尽くされて、「我々」の意思表示がなされたでしょうか。高い危機意識を持った人が電力会社の株式を購入したり(政治活動が株式購入というのは本来はきわめて歪んだ状況です)、共産党という(申し訳ないけど)それなりに特殊な政党に投票する以外に、この問題に意思を表明する方法が、震災前の日本に存在したでしょうか。今度の事故や従前の搾取システムが放置されていたことが、国民全体の責任なのだとする見解に僕は与しません。構造的にカタにハめられてきたこの状況で責任だけを負うことは、極端に悪い例でたとえてしまえば、生まれつきのハンデでされる差別を甘受せよと言われているに等しいと感じます。


以上、このブログの主題を超えてしまう部分もあるので、ここで力説することにためらいもありますが、僕が根源的な怒りとして内部に溜め込んでいる問題として、言わずにおれませんでした。場を汚してしまってすいません。

投稿: ボクシングファン | 2011.07.24 14:24

返信遅くなって申し訳ありません。

>ボクシングファンさん

まず最初に、僕はブログというWeb上に公開された場所で意見を発表する以上、どのような形あろうとも批判を受ける覚悟は出来ていますし、その覚悟の無い者は公開された場所で意見を発表してはいけない。と思っています。だから、ブログを書いて、それにコメントがついて、それにレスをして、そのレスに再反論がついて、といった流れを嫌だと思った事は一度もありませんし、それは「主張の異なる他人同士が充分に意見を交わす事でより良い妥協点を見出したり、自信の主張をモディファイさせる」事につながる、良い事と思っています。

さて本題ですが、原発利益共同体に対して鋭い批判をしながら、彼等の責任に対して追及が甘くなるのは問題だ。と言う考えは、全くその通りだと思います。
次に、「知らず知らずのうちに電機を使わせられていた」のだから、今度の原発事故に関して、庶民には責任など無い。と仰る貴方様ですが、私はそれは違うと考えています。
この国では国民には「知る権利」があるとされていますが、原発問題や自由主義経済システムに隠された搾取構造について、その権利を正しく行使していた国民が一体どれだけいたのでしょうか?
この国の憲法はその前文に、
『この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によって、これを保持しなければならない』とあります。つまり、国民には『知ろうと努力する義務』があるはずで、知ろうとしなかった、或いは知っていながら何もしなかった国民にも、罪の一旦はあると私は考えています。専制君主国家ならいざ知らず、国民に「知る権利」が与えられている民主共和国家においては、社会や制度の問題はそれを受容し見逃し放置した国民の責任であり、一部の政治屋や少数特権層だけの責任にする事は出来ない筈です。

投稿: mizzie | 2011.07.28 01:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/52219085

この記事へのトラックバック一覧です: 原発の優位性なんてこの程度:

» 石田高聖株式トレード教則DVD 投資塾参加特典付き! KOSEI式 デイトレ2.0 スイング2.0 [石田高聖株式トレード教則DVD 投資塾参加特典付き! KOSEI式 デイトレ2.0 スイング2.0]
これから日本株の時代ですと言ったらあなたは笑いますか? [続きを読む]

受信: 2011.07.16 08:30

« ななか、交通事故に遭う | トップページ | 台風6号で大荒れ(動画付き) »