« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011.09.25

野田はどっちを向いている?

東日本大震災、まだガレキの撤去も終わっていないし、4千人超の人達が行方不明のままだし、政府と東電は楽観的予測だけを公表しているが、福島原発も冷温停止まではあとどれくらいかかるのか不明だ。

だがしかし、破壊された街は復興させなければならないし、引き裂かれたインフラ等構造物は再建しなければならない。その為の費用が総額で一体幾らになるのか、僕みたいな小市民にはさっぱりわからないが、被災した東日本を復興させる為の財源として、ある程度の負担増は覚悟している。

しているのだが、その負担増は広く日本中で負担されるべきもので、そしてその負担は『応能負担原則』に基づいて課せられなければならないと思っている。

「国民の生活が第一」

と、大げさに、でかでかと党のポスターに書いて庶民寄り政党をアピールする民主党だが、現実として彼らがやっていることは自民党と大差が無い。

民主党総裁で内閣総理大臣の野田佳彦首相が打ち出した震災復興財源確保の為の増税策。所得税に一定割合の付加税を課すと共に、11年度税制改正に盛り込まれた法人実効税率の5%引き下げを実施した上で、法人税に1割の付加税を課す。と言ってきた。
臨時増税と言いながら、法人税は現行30%なのを25.5%に引き下げた後の1割増税となるので、実質的には大企業は約2%の減税となる。昨年度、約3千億円の法人税を払った(参照URL:http://www.toyota.co.jp/jpn/investors/financial_results/2011/year_end/yousi.pdf)トヨタ自動車を例に取ると、
野田総理の打ち出した復興財源確保策だと、トヨタ自動車は約200億円の減税になるのだ。

財務省の試算では、法人税率の5%引き下げで失う税収は単年度で1兆2千億円。野田政権案による所得税と(5%引き下げた後での)法人税の増税の総額は、10年で11兆2千億円を見込んでいる。その11.2兆円を復興財源に充てようようと言うのが野田民主党案だが、法人税5%減税を10年間先送りにするだけで12兆円の財源が生まれるのだ。所得税増税なんかしなくても復興財源は確保出来るのだ。
しかし野田総理はそれをせず、復興財源の負担(そして恐らく東電が負うべき福島原発の賠償も)は全て、中・低所得層の国民に押し付けようとしている。

「国民の生活が第一」

と謳う民主党だが、もういい加減に
「国民からの増税が第一」に、
或いは
「財界の儲けが第一」に、
あのポスターの文字を書き直した方がいい。さもないと、民主党は誇大広告・詐称広告でJAROに訴えられてしまうのではないのだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.23

暑さ寒さも彼岸まで

今年も酷暑だった高知だけど、お彼岸の中日となった9月23日には暑さもずいぶんと和らいで、最高気温も30℃を少し下回る程度。

台風も過ぎて穏やかな秋晴れに恵まれたので、家族で香南市にある『県立のいち動物公園』に行ってきた。年間パスが破格のココ、ジモティーは年パス買ってちょっとでも時間があると気軽に何度でも訪れる事が出来る。

そんなにしょっちゅう来てると飽きないのか?って思うかもしれないけれど、何せ相手は動物。訪れるたびに新しい顔を見せてくれるので、飽きる事がない。そして子供って基本的に動物好きだから、ココに連れてくれば一日中ニコニコで遊びまわってくれるので、家族連れにはとてもありがたい。

今回も、ビーバーとかレッサーパンダ、カワウソ、ミミズク&フクロウに癒されまくり。キリン、シマウマ、ミーアキャット、カンガルー、ワラビー、タマリン、オセロット、ウンピョウ、ピントロングなんかもちょーカワイイ。

野間馬とかモルモットとか触らせてくれる『のいち動物公園』、リス飼ってるリス舎の中に付けられた道を歩ける「リスの小道」ってのもあって、ソコにいるリス達は人にも慣れてるからすぐ傍まで近付いてくる。今回なんかオイラの足をよじ登ろうとするリスもいて、それなりに楽しかったです。

またハンディカムで撮影しまくってたんですけど、そういった動画はこちらのリンクで観てね。

ビーバーとレッサーパンダとカワウソ  
http://www.youtube.com/watch?v=WFylqtopHVE

キャベツにがっつくモルモット 
http://www.youtube.com/watch?v=TWMH3BTC3cw

模様がカタギっぽくないウンピョウ 
http://www.youtube.com/watch?v=Celv2RZfVN8 

ちっこい馬、野間馬
http://www.youtube.com/watch?v=n5LxrXXjQG

ペンギン群遊 
http://www.youtube.com/watch?v=XBBmiO39-Yc


リスの小道

http://www.youtube.com/watch?v=eZ0swtx2tZY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.18

ゲリラ豪雨

沖縄近海で停滞する台風15号のせいで、東北~沖縄と言う非常に広い範囲が雨に見舞われている今日この頃、皆さん如何お過ごしですか。な~んて、きっこのブログみたいな書き出しをしてみた。(o^-^o)

この雨のせいで、今日予定されてた職場の行事が延期になって、急きょお休みになってしまったmizzieなんだけど、

この雨のせいで、どこにも出掛けらんない・・・。で、ななかもJr.もフテ寝してるし、やる事ないから駄文でも書いてヒマ潰し。

この雨、台風本体の雨雲による雨じゃなくって、台風から流れ込む暖かい湿った空気が秋雨前線に流れ込んで出来る雨雲によるらしいんだけど、このパターン(日本海にある前線に向かって暖かい湿った空気が流れ込む)時、地形的な関係で四国山脈の南側斜面(つまり高知県だ)はめちゃめちゃに雨が降る。

降るんだけど、今回の台風に伴う雨では、雨が降り続ける。って事は無くて、感覚的には一日の半分くらいは、曇っているけど雨は降らない。って状況。で、時折小雨がパラついて、(あ、降って来た)って思ってると、時折、物凄い集中豪雨に見舞われる。

ただ、その豪雨は短い時間「どどーっ!」って降って、んで5~15分くらいでパタっと止んでしまう。ただ、その15分くらいの間に降雨計計測で20mmくらい降る。仮に1時間降り続いたとしたら、時間雨量80mmだ。東京とか、都市部で最近言われてる「ゲリラ豪雨」も多分、こんな感じの雨なんだと思う。

ただ、都市部だと被害出ちゃう「ゲリラ豪雨」だけど、高知は奄美・南紀と肩を並べる日本の豪雨地帯なので、治水対策は大雨警報の出る基準が東京都と異なる高知(東京で大雨警報が発令される雨量だと、高知では大雨注意報しか出ない)なので、時間雨量80mmクラスのゲリラ豪雨なら、高知市ならOKレベルだ。
高知市民の感覚としても、時間雨量80mmクラスの雨なら、(おお、コイツは土砂降りだ)って思うくらい。

僕は過去に、時間雨量112mmと言う物凄い雨(98高知豪雨と呼ばれている)を経験してるんだけど、その時の雨は、本当に物凄かった。それも台風とかの雨では無かったから、一種のゲリラ豪雨の様なものなのだろうけれど、高知のゲリラ豪雨はただのゲリラじゃなくって、村上龍の小説『5分後の世界』に出てくる様な、カールグスタフでアパッチを墜とす様な、連射式グレネードランチャーを持ってる様な、重武装した国民ゲリラ兵士みたいなヤツだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011.09.16

高知はサーフパラダイス

昨日はJr.を病院に連れて行く日でお仕事お休み取ってて、病院の方が午前中で終わったので、「泳ぎに行こう!」って事になって、高知市から車で約90分の位置にある、四万十町の興津海水浴場(チョー綺麗なビーチ)に行った。 行ったんだけど、興津海水浴場ってば遊泳期間が『7月3日から9月5日まで』ってなってて、キャンプ場以外の全ての設備がロックアウト状態。トイレもシャワーも使えない。
興津海水浴場、サーフィンやるには結構いい波の立つビーチ(高知には、いい波の立つビーチが沢山ある)でもあり、遊泳期間中はサーフィンが禁止されてるんだけど遊泳期間が終わった今はサーフィンやりたい放題なので、阪神圏から波に乗りに来てるサーファー達が沢山。
で、泳ぐには危険だしおまけに僕等がビーチに着いた直後から結構激しい雨が降って来て、さらに買ったばかりのビーチパラソルの骨組みがいきなり折れちゃって、泳げないわ損害出るわでmizzie&ななか后ふてくされちゃって、「もう帰ろう!」って、早々にビーチを後にした。

でも僕はせっかく泳ぐ準備して来たんだからどっかで泳ぎたい。って思ってたので、そこから車で1時間程高知市方面に向かって走らせたトコにある別のビーチに行ってみた。だけどこっちもシーズンオフで、おまけに最近は柏島なんて水質が四国でも最高水準の海水浴場ばっかり行ってたから、高知市から近いトコにあるこのビーチも水が汚くって泳ぐ気が起きない。で、ここも早々に退散。この時点で16時前だったのでもう泳ぎに行く事はヤメにして、海岸沿いの県道をのんびりドライブ。

高知で最もいい波の立つ、仁淀川河口は、台風15号が接近してる事もあって波高はそこそこなんだけど、今日はあんまり波のコンディション良くなかったみたいでローカルのサーファーがチラホラ見える程度。で、その仁淀川河口を過ぎてさらに車を走らせて、桂浜を過ぎた辺りで、
「高知空港行こか?」
って事になって、飛行機の離着陸が間近で見られる。って事に関しては飛行機マニアの間でもそこそこ知られた、KCZのRwy14エンドの先にある、物部川河口堤防へ。
物部川河口、高知では仁淀川河口と双璧をなす、いい波の立つサーフスポットでもあり、しかしココと仁淀川河口はローカルのレベルが高くて腕に自信の無い(そしてマナーがあんまり良くない)県外サーファーが来ない場所でもあり、波乗ってる人達の技術レベルは結構高いので、サーフィンやらない僕が見てても、ギャラリーしてるだけでもそれなりに楽しめる。
(動画タイトルをクリックすると大きな画面で観られます)

 

物部川河口、一時期、台風5号か6号(どっちだったか忘れた)による物部川の大水と、足の遅い台風によって長時間に渡り打ち寄せた高波の影響で、ビーチと底の形状が劇的に変わってしまっててサーフィン出来る波が立たなくなって、サーファーが全くいない状態が続いてたんだけど、こないだの台風13号でまたビーチと底の形状が変わったみたいで、先週くらいから波質が良くなってローカルのサーファー達が戻って来始めてた。
で、台風15号の影響でうねりが出て波高も結構あったこの日は、沢山のサーファー達が平日なのに波乗りに興じてました。んで、その真上を高知空港を離発着する航空機がガンガン通過する。

 

それらを観てる僕等に近寄って来た野良猫(可愛い猫でした)と戯れる、Jr.とオイラ。

 

泳げなかったんだけど、飛行機観て、サーフィンしてる人達(結構上手い)も観て、んで猫と遊んで、帰りに高知空港のターミナルビルにも寄って飛行大好きJr.の為にB787のおっきなビニールプレーン(空気入れて膨らませるクッションみたいなヤツ)も買って、久し振りの平日休みを親子3人それなりに満足して帰宅したのでした。(o^-^o)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011.09.11

国民投票にすればいい

昨日、9月10日夜、テレビでマイケル・サンデル教授が東京、上海、そしてボストンの大学生達と福島原発事故について討論する番組を観ていた。

番組内でハーバードや東京、上海の学生と、マイケル・サンデル教授の間で交わされた議論については、各国の学生達はその答えにお国柄が反映されてるな~って思いながら観てたんだけど、最後の、原子力エネルギーを今後はどうするのか?とのマイケル・サンデル教授からの問い掛けに、原子力は今後も必要。と答えた学生がハーバードは8人全員、上海が2人、東京でも4人がいたのは驚きだった。

地球温暖化問題の事もあり、二酸化炭素を出さない原子力エネルギーは化石燃料に代わる代替エネルギーとして必要。と言うのは中国とボストンの大学生達の意見。そして東京の学生達も自分達が享受している豊富な電力・電気機器に支えられた暮らしを維持する為には、現状では原発に頼らざるを得ない。的な事を答えていた。その答えに対しサンデル教授は、「じゃあ、危険な原発を自分から遠く離れた貧しい地区に金で押し付けるのは正義か?」と問い、原発が自分の住む地区にあっても良いか?と問い掛けた。
その問いに、原発賛成に挙手した学生の何人かはその手を降ろしたが、手を降ろした学生は正直だと思ったし、手を上げ続けた学生は原発の本当の恐ろしさを知らないんだな。って感じた。(福島原発から放出された放射能に晒されている東京の学生が賛成していたのは驚きだったが・・・)

番組はそこから終盤に掛けて、サンデル教授と学生達のやりとりがとても興味深く面白く、観ていた僕はどんどん番組に引き込まれていったんだけど、その番組を観て思った。

原発が抱えるリスクを引き受けるのはイヤだけど、原発のメリットは享受したい。って考える人と、

原発のメリットを受ける以上、原発のリスクだって引き受ける。って考える人、

原発にどんなメリットがあろうとも、それが人間に完全制御の出来ないエネルギーである以上、原発には絶対反対。と考える僕みたいな人がいる。

その3者の意見を統合する為に、原発の是非を問う国民投票をすればいい。と。

そして原発賛成が過半数を超えれば、原発は継続させる。原発反対が過半数を超えれば原発は廃止する。(現実的には老朽化したものから順次、段階的に廃止。となるだろうが)
そしてここがキモなのだが、原発賛成が過半数となった場合、賛成票の比率が最も高かった自治体が原発を引き受ける事。とするのだ。つまり、原発は賛成だけど自分達が引き受ける気は無い。と言うものを認めない。
原子力発電を肯定するのなら、原子力発電所を自分達の住む街で引き受ける義務を負わせるのだ。
例えば、この投票の結果、原発賛成が過半数を占め、原発賛成票の比率が高かった自治体の上位3位が東京都渋谷区と千代田区、大阪市北区だったとする。その場合、東京電力は新潟県の柏原発を渋谷区に、福島原発を千代田区に、関西電力は敦賀半島の原発を北区に移転しフル稼働させるのだ。『原子力発電の継続に賛成か反対か?但し賛成ならば賛成票比率の最も高かった自治体が原子力発電所を引き受ける事とする。棄権票、無効票は賛成とする』と言う条件で投票するのだから、最も賛成票比率の高かった自治体が原子力発電所を引き受けると言うのは、とても民主的で道理にも叶ったやり方だ。

そしてこれは、今、この国が抱える様々な問題にも応用できる。例えば沖縄基地問題。これは『通販生活』の記事にもあったんだけど、普天間基地移設問題も国民投票に掛ければいい。その際、設問には日米安保の是非を問い、賛成票比率の高かった上位10位の自治体に米軍基地を引き受けさせるようにすればいい。と言ったものだ。そして基地を受け入れてもいい。と言う自治体がどこにも無かった(つまり、日米安保肯定が過半数を占めた自治体が皆無だった)場合は、日米安保は即刻破棄するのだ。

【注釈】
日米安全保障条約第10条(一部抜粋)
~この条約が10年間効力を存続した後は、いずれの締約国も、他方の締約国に対しこの条約を終了させる意思を通告する事ができ、その場合は、この条約は、そのような通告が行われた後1年で終了する。


日米安保によって、米軍によって、この国が隣国による軍事的脅威から免れている事は、悲しい事だが現実だ。だが、米軍によって提供される安全を享受しながら、それによって引き起こされるリスクの7割を僅かな交付金と引き換えに沖縄に押し付けるというのは、どう考えても道理に叶わない。

自民党支持者や日本草の根ネオコンの様に、米軍はこの国の安全の為には必要だ!と言うのは簡単だ。だが、日米安保の美味しいトコ取りをしてリスクとデメリットを岩国や三沢や沖縄といった、自分から遠く離れたどこかの田舎に押し付ける。といった醜悪な事は道理に反している。だから、
日米安保がどうしても必要だと言うのなら、米軍基地は自分達の住む街が引き受けろ。

そして、日米安保反対。と言うだけなら簡単だ。だが日米安保を破棄するのなら、自国の安全を自分達だけで守る必要が生じる。自衛隊の軍事性や憲法9条をどうするのか?と言う新たな問題が生じるのだ。

今、我が国にはどのような脅威が存在し、その脅威から自国を守る為には何をどれだけ必要としているのか、そう言った情報をキチンと国民に対して説明し、その上で、日米安保をどうするのか、存続ならどこが基地を引き受けるのか、破棄なら自国の安全をどうやって守るのか、それらをカネと欲にまみれた少数特権層が密室で決めるのではなく、全ての国民が民主的に、投票と言う国民全体の総意による意思表示によって決定し、その結果生じるメリットは国民全体が享受し、デメリットも国民全体がこれを引き受ける。

これこそ、民主主義の正しい姿では無いのか?例えその結果国が滅びる事になろうとも、それは多数派国民が正しい選択をしなかった結果であり、誰の責任でもない、日本国民の責任なのだから。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2011.09.03

事例問題 

【事例問題】

(設問1)
松下政経塾出身のNさん(54歳)は経団連と深いつながりがあり、財界の利益最大化こそ最優先されるべき。という強いこだわりがある政治家。最近、その財界に巨大な利益をもたらしてきた原子力発電所が大事故を起こし、原発周辺は深刻な放射能汚染で居住不可となり、「原発はやっぱり危険だった」と言う合意が世論に形成されつつある。その状況下、新首相として国家を担う事となったNさんのとるべき行動として適切なものはどれか。2つ選べ。

 

①脱原発を進め、日本のエネルギー政策を危険な
 原子力依存体質から脱
却。風力や太陽光などの
 自然エネルギー重視に変換させ、再生エネルギー
 普及促進の為、新法施行などの法整備を行う。

②多額の予算を投じて電通等の広告代理店に依頼し、
 『日本の原発は安全です』キャンペーンを展開。
 国民の反原発感情を冷めさせた後に、既存原発
 は老朽化したものも含め順次運転再開させ、
 前政権が凍結させた新規原発建設計画を再開。
 大規模な新規電力需要が予想される新興国にも
 どんどん「事故を経てさらに安全になった日本の原発」
 を売り込み、経団連加盟巨大企業がもっともっと儲け
 られるようにする。

③国家のかじ取りを任された以上、小利は捨て大局に
 立った政策運営すべく、財界との繋がりを思いきっ
 
て断ち切り、脱原発と再生エネルギーへの転換を
 推し進め、原発被害補償の負担はこれまで原発で
 儲けてきた財界に求める。

④原発で儲けられなくなった大企業に対し、その埋め
 合わせとして大規模な法人税減税を実施。
 浮いた財政の穴と、震災復興経費・原発被害補償は
 消費税増税で庶民から徴収し、財界の負担を最小化
 させる。

⑤原発廃止の世論は抑えようも無いので原発は撤退
 するが、蓄積された膨大なプルトニウムを使って核兵器
 を開発。原発で儲けてきた大企業には核兵器開発で
 儲けてもらい、憲法を改正して核武装した強力な軍隊を
 保有。原発で儲けてきた日本の重化学工業企業を
 『世界最強の軍産複合体』に変貌させ彼等に新たな需要
 を提供し、自身はそうやって作りだした強力な軍隊で
 世界征服に乗り出し『神聖不可侵なる世界の王』になる
 事を目指す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »