« PCデータ消失 | トップページ | 玉砕・・・(平成23年度介護支援専門員実務研修受講試験) »

2011.10.10

土佐男児なので

先週の話。

自宅で昼食を食べている時、僕が『一本釣り姫かつおスティック』(参照)と言う商品名の、カツオ生節スティックを食べていたら、

Jr.がものすご~く欲しそうな目で僕を見つめるので、スティックをすこしちぎって手渡すと「おいしい♪」って言いながらもぐもぐ食べて、

それでかつおの美味しさに気付いてしまった様で、僕がかつおスティックを食べているのを見つけると「かつお!」って言いながら飛んできて、一緒に食べる様になった。
今さっきも、近所のミドルクラススーパーで売られていた特売1本98円の姫かつおスティックを食べようと封を切ったら、Jr.が「かつお!かつお!」って言いながら飛んできて、スティックの半分くらいをJr.に食べられてしまった・・・。

 

僕もそうなんだけど、土佐っ子は鰹が大好きだ。
中型漁船で1時間も走れば黒潮が流れてて、イキのいい鰹がばんばん獲れる。っていう地理的条件も関係してると思うんだけど、土佐っ子にとって鰹と言う魚は安くて美味しい魚の代表選手みたいなもの(安い。って言ってもアジとかサバよりは高いけど)なので、スーパーの鮮魚コーナーでは一年中カツオのタタキが¥250~¥350でパック売りされてるし、さっき僕とJr.がはんぶんこして食べてたカツオ生節スティックも、定価だと180円だけどウチの近所にあるスーパーでは、毎週月曜の特売日には1本¥98で売っている。
大阪から遊びに来た友人が「1万円の寿司より美味い!」とその味に感動した、カツオの塩タタキだって、ひろめ市場に行けば一人前が1,000円しない。

そんな鰹天国の高知は、県民一人当たり鰹消費量が全国平均の5倍、2位にも2倍以上の大差を付け、ぶっちぎりで全国一位だ。
ちなみに、同じ四国にあるうどんの聖地香川県も、県民一人当たりうどん消費量はぶっちぎりの全国一位。

四国に遊びに来るのなら、山越のうどん(”かまたま”がベスト)と明神丸のカツオ塩タタキは、絶対に外してはいけない。四国には、日本一美味いものが二つあるのだから。

余談だけど、僕はSaori-Sweetsの大吟醸チーズケーキも日本一美味しいチーズケーキだと思っている。LeTAOのチーズケーキよりも美味しかったし、これと勝負出来るのはサンフランシスコにあるZanze's cheesecakeの、Blueberry cheesecakeだけだと思っている。

|

« PCデータ消失 | トップページ | 玉砕・・・(平成23年度介護支援専門員実務研修受講試験) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/52955384

この記事へのトラックバック一覧です: 土佐男児なので:

« PCデータ消失 | トップページ | 玉砕・・・(平成23年度介護支援専門員実務研修受講試験) »