« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012.01.29

DVD三昧 (洋画編)

で、前のエントリーで書いてたDVD(洋画)の感想。

観たのは、

『ウォールストリート』

『RED』

『アンストッパブル』

の3本。

結論から言っちゃうと、3本ともそれなりに面白かったんだけど、mizzie的に一番面白かったのは『RED』。
ネタバレになるから詳しくは書かないけど、現役を引退したMI6とかCIAとかロシアの元スパイ達が、大物政治家のスキャンダルもみ消しの為に殺されそうになって、で、元はチョー敏腕のスゴ腕スパイ達なので、チョー過激な反撃に出る。って言うお話。

ストーリー自体もそうだけど、スクリプトも何もかもたが単純明快で、社会的なメッセージとか体制批判とか風刺とかが隠喩的にちりばめられてたりとか、そういった小難しい要素が皆無の、痛快ドタバタアクションコメディです。でも、こんな時代だからこそ、そういった脳みそへの負荷を極限までミニマイズさせて娯楽作品も、世の中には必要だよな。って思える作品。
脇役がチョー豪華なのもGood!

『ウォール・ストリート』は、1980年代に公開された『ウォール街』(原題はWall street)の続編みたいなもの。
前作でインサイダー取引で有罪になって服役してたゴードン・ゲッコーが、出所してからのお話。
前作も含めて、これを作った映画監督のオリバー・ストーンって人はきっと、資本主義っていうシステムを嫌悪してるんだと思う。
資本主義の強欲さとか非人道性とかを描いているんだけれど、そーゆーのが嫌いな人、経済に興味の無いor薄い人には楽しめないと思います。人間の醜悪さ、強欲さ、とかを描いたドラマとしてみるなら、それなりに楽しめると思うけど。

ただ、資本主義と言うシステムの本質を理解する為には、前作も含めて見ておくといい映画なのは間違いないです。

最後は、『アンストッパブル』

この映画は、アメリカで実際にあった貨物列車暴走事故を基にして作られたアクション映画。
暴走する貨物列車を止める為に奮闘する機関士、車掌、操車場職員と、人命よりも企業利益を優先する経営陣とのやりとりとか、列車を止める過程とかは中々二スリリングで見応えアリです。他にも、メインの二人が抱える家庭内のもめ事とか、始めは不仲だったのにジョジョに奇妙に打ち解けていく熟練機関士と新人車掌とか、そこら辺はそれなりによく出来てるよな、って思ったんだけど、それよりも何よりも、mizzie的にはデンゼル・ワシントン(20代の頃はチョーかっこ良かったアフリカン・アメリカンの俳優さん)が、20歳前の娘を持つ父親役をやるようになってる、そしてそれがとても様になってるトコに、(おぉ!デンゼル様もこんな役が似合う様になったのか・・・)的な感慨があったのでした。

そりゃオイラも歳取る筈だわ・・・。

期待どおりの、そして期待以上の面白さだった『RED』、『ウォール・ストリート』、『アンストッパブル』、特に『RED』は(も一回観たい)って思ってるくらい。
家事と育児と仕事に追われてバタバタな日々過ごしてるけど、いいメンタル保養になった、DVD三昧の日々だったのでした。

それでは、また。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.23

DVD三昧

飛行機好きなJr.の為に、某ツタYとかで子ども向け・のりものシリーズ(飛行機)とかのDVDを借りてくるんだけれど、某Tタヤは5本まとめて借りると1週間レンタルが1本¥100とか安かったりするので、それと一緒に邦画・洋画のDVDも借りてくる。

で、それを家事も終わって子供を寝かしつけた後の夜中とか、休日のチョー早起きした朝とかに観てる。

最近借りのでおもしろかったのは、『ノルウェイの森』

主人公のワタナベ君役をやってる松山ケンイチさん、mizzie的には結構ハマってて良いな。って思った。直子役の菊池凛子さんは、ネットとかだと「20歳の直子を26歳の菊池凜子がやるのは・・・」的な、どっちかと言うと批判的な書かれ方されてるんだけど、
実際に映画を観て、今の日本の若手女優で、あの繊細な演技を、内面の傷とか痛みとかをスクリーンに表現出来る女優は、菊池凜子しかいないだろうな。って思った。映画はシロウトの僕だけど、純粋に「巧いな・・・」って思ったし、観ていて切なくさせてくれる演技でした。良かったです。
mizzieは、原作の終盤でのワタナベ君とレイコさんの会話とか絡みとかってすっごく素敵だよな。って思ってたんだけど、英訳版ノルウェイの森で原作に入ったのであろうトラン監督にはそこら辺は理解出来ていなかったようで、その、僕としては最も重要なパートがごっそり抜けおちて、ただ単にワタナベとレイコさんがセックスするだけのお話になってて、そこがちょっと残念。

だけど松山ケンイチの演技は良かったし、菊池凜子さんもとっても良かったから☆4つ。

あんまり期待してなかったけどいい意味で裏切られたのが、『あしたのジョー』

原作は全巻読んだし、影響も受けたしアツくもさせられた世代として、とりあえず観とかなアカンやろ?って思って借りたんだけど、宇宙戦艦ヤマトの例もあるし、(原作世界がどれくらいダメにされてるかな?)って思って観たのに、いい意味で裏切られた。

ジャニーズってバカにしてるトコもある僕なんだけど、山下智久の演じるジョーは中々に良かったです。少なくとも、キムタクの演じた古代進の50倍は良かった。力石徹役の伊勢谷友介も気迫感あったし、ボクシングがベースの話を演じる為に、役者はみんなキチンと体作ってたからOKレベルはクリアしてる。あとオイラ的に一番良かったのが、丹下段平役の香川照之さん。もうめちゃめちゃ役にハマりまくり。
あの長い話を2時間ちょいにまとめてるから、無理があるっちゃー無理があるんだけど、だけど、原作世界はキチンと再現出来てると思ったし、流し観だったのに途中からはじっくりと観入っちゃったのは本当。
マンガの実写版って、マンガの世界観を借りた別世界のお話。になってるのが殆どなんだけど、これはいい意味で、『(実写版)あしたのジョー』になってました。

って事でこれも☆4つ。

一緒に借りて観た洋画の感想は、またの機会に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.21

旅行計画ちゅう♪

飛行機オタクに片足突っ込んでるmizzieは、AMCの陸マイラーでもある。で、そんな陸マイラーなオイラは、貯めまくったマイルを使って新婚旅行にビジネスクラスでアメリカ西海岸旅行しちゃった(ちなみに、使ったマイルは二人分合計で170,000マイル)くらいなんだけど、

その時に全て使い切ったマイルも、結婚後にまたコツコツと陸マイラーしてマイル貯めてた。んでマイルの有効期限切れ直前に義姉にANA国内線の往復航空券をプレゼントしたりもしてたんだけど、また、この2月で期限切れするマイルが結構あった。

現時点でマイル残高はまだVISAからAMCに移行していない分も含めると5万(エコノミーなら西海岸往復出来る)を超えてるんだけど、今の職場では海外旅行に行けるくらいの連休を取る事はほぼ不可能だし、僕一人でアメリカ行ってもつまんないし、って事で、家族3人でどこか国内旅行しようよ。って話になってる。

時期は、貯めたマイルを割安で特典航空券に交換出来る4月初旬。

場所は、ANAが四国発着便持ってる羽田、名古屋(中部)、伊丹、那覇のどれか。(千歳発着便が無くなったのは残念)

mizzie的には、3月から松山ー羽田線に最新鋭機のB787ドリームライナーが就航するので、そいつに乗りたい。
ただ、飛行機大好きJr.には、Jr.の好きなDHC-8Q400か、CRJ-200(ANAの使用機材にはこの機は無い)に乗らせてあげたい。

前々から、沖縄美ら海水族館、大阪海遊館、城崎温泉、USJ、(2輪レースの開催があれば)鈴鹿サーキット、航空宇宙博物館(岐阜の各務原)、航空科学博物館(千葉)、なんてトコには行ってみたいと思ってた。

宿泊は、ANA株持ってるオイラは全日空ホテルに優待価格で泊まれるし、旅行業界が冷え込んでる不景気真っ最中の日本なので、どこのホテルも魅力的な宿泊プランを安価で売り出してる。今ならチョー買い手市場だ。

さて、旅行プランを練るとするか。
(実は先週、飛島建設株でちょっと儲けた♪(*^-^))

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.16

よくぞ言ってくれた!!!!

京都で活動している、フライングダッチマンっていうバンドがある。

このバンドが、

・・・・・・

ダメだ、僕は今、この熱すぎる彼等のメッセージを聴いたこの思いを言葉にする事が出来ない。

素晴しすぎるんだ。

彼等は、僕が心の中で抱えている思いを全て音楽にのせて言葉にしてくれた。

もう何も言わない。とにかく聴いてくれ。

この曲は、全ての日本人が聴かなければならない曲だ。間違いない。

商業主義的に洗練された日本の音楽業界はクソだって思ってたけど、

この国ではまだ、ロックは死んでなんかいなかった。彼等の歌はそれを証明している。

僕らは、真実を知らなければならないんだ。

守銭奴達に支配された、国民洗脳マシンと化したTVメディアは彼等の音楽を絶対に取り上げないだろう。だから、

埋め込みコードを使って、この曲を自分のブログで公開して、もっともっとたくさんの人達に彼等のメッセージを届けよう!

[埋め込みコード]

<iframe width="560" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/ENBV0oUjvs0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe> 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.15

mizzie猫

休日に出掛けた『のいち動物公園』で、レッサーパンダの餌やりを観て・聞いていたmizzie & ななか & Jr.なんだけど、飼育員さんの、

「・・・と言う訳で、踵を接地させて歩くレッサーパンダは人間のように、二足で立ち上がる事が出来ます。それとは異なり犬や猫などはつま先だけを接地させて歩きますし、馬などは爪だけで歩きます。」

って言う説明を聞いたオイラとななか、お互いの顔を見合わせた。

な:「ほら、やっぱりmizzieは猫なのよ。動物分類学・生態学的にも証明されちゃったじゃない!」

 

ななかは、mizzieは猫だと主張している。その根拠はこうだ。

1)カツオが大好き
 土佐っ子のオイラ、カツオがチョー大好きなんだけど、シーズン中なら週2回、シーズンオフ中でも月2回は、夕食にカツオのタタキを食べる。って言うか勝手にスーパーで買って帰る。
 それだけでなく、夜中にこっそりカツオの生節に醤油マヨネーズかけて食べたり、「小腹が空いた」とか言ってあっついご飯にカツオの缶詰で食べてたりしてる所を度々見付かり、「アンタは猫かぇ!?」ってしょっちゅう言われてる。

2)目の前を動いてる物が横切ると手を出す。
 ななかに言わせると、その時の僕の姿は「ねこじゃらしにじゃれつく猫そのもの」なんだそうだ。

3)猫と会話する
 今、僕が住んでいる辺りには、放し飼い状態の飼い猫と、色んな人から餌貰って地域猫と化した野良猫がたくさんいるんだけれど、その猫達の殆どすべてを把握し勝手に名前を付け、そして見掛けると挨拶くらいはする。それは人語の事もあれば、「にゃあ」って猫語で話し掛ける事もある。
知っている猫、見知らぬ猫関係なく、猫を見掛けると「にゃあ」って声を掛けるのが習慣化しているのは事実だ。

4)歩く時はつま先歩き
 これは、同じ職場の理学療法士さんと、併設のデイサービスに勤務する作業療法士さんに言われたんだけど、僕は自分で意識していない時は必ず、爪先歩きになっているんだそうだ。そしてこの「爪先歩き」と言うものは、猫の特徴でもあるらしい。

そしてトドメが、

5)whiskerが生えている
 beardやmoustarchではなく、whiskerなのだ。
他の人がどうなのか知らないが、僕は頬から、太くて硬いヒゲが生えている。その頬ヒゲが、生え方とか本数とかがwhiskerそのものなのだ。

 

これらを根拠として、「mizzieは霊長類ヒト科ホモサピエンスじゃなくって、実は食肉目猫科ネコなんだ。」と、ななかは主張している。

そして僕は今夜も、「ほらほら!見付かったら研究所送りにされちゃうよ!!」とか言われながら、頬から生えてきた硬くて太いwhiskerを毛抜きで引き抜かれている。

マジでチョー痛いんだこれが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.01.12

耳に焼き付いて離れない

昨年末、近所のスーパー店内でエンドレス状態だったこの曲、年明けから10日以上経ったと言うのに耳に焼き付いて離れない。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.08

実家が火事

昨年末、実家が経営している小さな鉄工所が火事に遭った。

2003年までは僕も働いていた鉄工所なんだけど、年末の大掃除で出た紙ゴミとか雑草とかをまとめて工場の駐車場で燃やしていたら、壁に開いていた小さな穴から入った火の粉が、事務机横にまとめていた伝票とかの紙束に移って、そこで起きた小さな炎が(空気が乾いていた事もあって)別の木か何かに引火。

そこで燃え上がった炎に気付いた時には、塗装もやる鉄工所なのでシンナーとか塗料とかを入れた保管庫横まで火が来てて、シンナーの18ℓ缶が熱で自然発火。塗料庫全体が炎に包まれて・・・、

消防車が何台も来て、工場前の産業道路が大渋滞して、幸いにも高価な工作機械類に被害は及ばなかったんだけど、配電盤とか溶接機とかプラズマ切断機とかクレーン(一部)とかは燃えちゃって、被害総額は●百万。

とりあえず今は、後片付けも終わって操業再開まであと一歩。ってトコまでこぎつけたんだけど、

mizzieの実家、この年末年始はチョーばたばたでした。

はあぁぁ(lll´θ`)=3ぁぁぁ・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »