« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012.02.27

AKBの待遇は改善されるべき

昨日のエントリーを書いた後も、AKB48の労働問題についてさらに考えていた。

2011年だけで、そしてCDの売り上げだけで162億円の売り上げを記録したAKB48だけど、彼女達が受け取った報酬の総額は恐らく3億円にも満たない。CD製作原価、機材・スタジオ使用料、輸送費や広告宣伝費も含めたCD製作原価(除くメンバーの人件費)なんて、目一杯大目に見積もっても総売り上げ162億円の3分の1、54億円程度だろう。つまり、余った105億円が、本来なら彼女達に支払われるべきだった、彼女達が搾取された労働対価と言う事になる。
報酬だけではない。賃労働者として与えられるべき年間10日の有給休暇や、4週間で4日の公休日も与えられてはいない。月間160時間の法定労働時間なんて絶対に守られていない。

芸能人なんだから報酬なんてそんなもんだ。労働時間だって休日数だってそんなもんだ。意見があるかもしれない。

だけど彼女達は、大工の一人親方みたいに自分で仕事を入札して請け負って報酬を得ているのではない。
事務所に所属し、その所属事務所から給料を得る賃労働者なのだ。
賃労働者である以上、労働基準法が適用されるべきだし、その働きに見合った適正な賃金が支払われて当然なのだ。支払われなければならないのだ。
彼女達が搾取されている現状を見逃すと言う事は、今、この国の至る所で行われている資本家による労働者からの不当な搾取を許す事になってしまうのだ。

彼女達は事務所から給料を受け取る賃労働者ではなく、事務所と契約して彼女達が提供出来る労働力商品と引き換えに報酬を受け取っている。つまり彼女達は事務所に労働力と言う商品を売り、その対価として報酬を得ている。と解釈するならば、事務所が彼女達に対して行っているそれは、下請け企業に不当な単価の切り下げを強いている巨大企業(トヨタやパナソニックなど)の不正を許す事と同義になってしまうのだ。

AKBのプロデューサーである秋元康氏は、昨年の年収が100億円を超えていたらしいのだが、もしその全てがAKBからの売り上げに起因しているのならば、AKBメンバーで最も報酬の低い者はその35分の1、2億8千万円は受け取るべきなのだ。
最低の報酬と最高の報酬の格差は35倍まで。と言うのは、フランスだったかドイツだったかの国で法的に許容される賃金格差を基準にしている。つまり、AKBの下位メンバーに月給として20万以下しか払っていないのなら、AKBの売り上げから分配を受ける者は最高で8400万円以上の報酬を受け取るのは道義にかなっていないし、100億円の報酬を得るのなら、最低の報酬額が2億8千万よりも低くなるのも道義にかなっていない。

AKB48が生み出す商品が、AKBメンバーが提供する労働力商品によって作り出されている以上、CD売り上げから原価を差し引いた約100億円は、メンバーに正当な労働対価として支払われるべきお金なのだ。
最低でも、AKB48への貢献度が高い高橋みなみさん、そして総選挙での上位4人である前田敦子さん、大島優子さん、柏木由紀さん、篠田麻里子さんの5人には、CD売り上げ総額の10%、16億円は貰っていて欲しい。つまり一人当たり3億2千万だ。それだって少ないくらいだ。

不正義と不公平が大嫌いで、許せない事を許してはいけない。が自論のオイラとしては、本来手にするべき報酬が不当に搾取されている、自発的なワーカーホリックになり、不当な長時間労働とサービス残業を強いられている、AKBメンバーの置かれている現状は看過出来ない。
AKBメンバーで最高額の報酬を得ている前田敦子さんが2000万円しか受け取っていないと言うのなら、CD販売単価やライブ等のチケット代金はもっともっと引き下げるべきだし、商品の値下げが出来ないと言うのなら、彼女達の報酬をもっともっと引き上げるべきだ。mizzieの個人的見解として、前田敦子さんと高橋みなみさんには5億円以上の報酬が支払われるべきだ。

若くて、可愛くて、何かを一生懸命になってやっている女の子達が、その非力さ故に不当な扱いを受けている。

AKBのファンでも何でもない僕だけれど、
おかしい事にはおかしいと声を挙げるべきだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.02.26

AKB48について、mizzie的に考察してみた

アイドル。とか芸能。ってモノに対して、斜に構えて観てたmizzieが、数日前に何気に見たテレビで齢40にしてゆきりんのカワイさにやられてしまって、

ホンのついさっきまで、NHKでやってたAKBの特番観ながら柏木由紀ちゃんを観て(うん、やっぱりゆきりんがイチバン可愛いじゃん)って思いながら目をハートマークにしてたmizzieなんだけど、

他のメンバーも含めたAKBの全員が物凄い努力してる様子とか、

海外展開もしてるトコとか、

ライブだイベントだ何だかんだと多忙を極めてる、んでそれらを全力で頑張ってるコトとか、

CDの販売枚数で記録打ち立てちゃったコトとか、

そーゆー、今や推しも推されぬ国民的アイドルに成長したAKBについての色んな事をNHKの番組経由で見て・知って、

政治的にVery very leftなオイラは思った。

(これって、めちゃめちゃ労働問題じゃん・・・)

って。

彼女達はボランティアとして無報酬で(ファンを喜ばせる為に)自分の時間を提供しているのではなく、舞台をこなしたりライブをしたり、イベントに出演したり、CDを出したりして、その対価として報酬を得ているプロフェッショナルな芸能人達だ。

経済学的に考えると、彼女達は自分の時間と、たぐいまれなる美貌、与えられた才能や磨き上げた技術によって構成された『労働力』と言う商品を提供し、その引き換えとしてその労働力に見合った対価を得ている。
労働力と言う商品とは、同等の値段のものが交換されて利潤を手に入れる方法っであるので、その労働力によって生産された商品の売上に対して、その商品を生み出す為に消費された機械と材料と労働者が受け取る賃金の額は等しくなければならない。
25枚のシングルCDを出し、1300万枚超の売り上げを記録したAKB48だが、シングル1枚が¥2500だと仮定すると、売上高の総額は単純計算で325億円になる。シングル1枚当たりの製造原価が幾らなのか知らないが、音源があればCDプレスは1000枚以上だと1枚あたり100円以下で作ってくれるそうなので、初版で50万枚は作るであろうAKBのシングルならば、1枚当たりの原価は50円くらいなのではなかろうか?それプラス録音スタジオ使用料とか、他のスタッフに払うギャラとか含めても、CD製作に掛る製造原価なんて、大目に見積もっても25枚合計で20億円も掛っていればいい方だろう。
これに、作詞、作曲、編曲に払う印税分とか、宣伝費とか含めても、労働力と言う商品に払う分のお金は、25枚全部合わせて売上の総額に対する約半分、160億円は下らない筈だ。

シングルCDだけでも8年間で325億円以上は稼ぎだした筈のAKBだが、彼女達はベスト版も含めると4枚のアルバムと、そして何枚もの映像作品(つまりDVDね)もリリースしている。
さらに物凄い回数の舞台をこなし、その上全国各地でライブをやり、ドーム公演とかもして、さらに一部のメンバーはテレビに出たりもしている。もちろん報酬をもらってだ。

彼女達が活動開始から今日までの8年間で稼ぎ出した金額は、500億円は軽く超えている筈だし、もしかしたら1000億円超かもしれない。

しかしながら、そんな巨額の売り上げを生み出している彼女達の労働力に払われた対価は、ネットで見る限りでは最も多額の報酬を得ている前田敦子さんでさえ、年額2000万円。
もちろんその金額だけ見ると、サラリーマンの平均年収の数倍なんだから(たくさんもらってるやん!)って思う人もいるかもしれない。だけど彼女達は、年平均で100億円近い金額を売り上げているのだ。これが同額の利益を生み出した投資信託のファンドマネージャーだったら、年収は5億を軽く超えているのだ。
AKBはメンバーが多いから、一人当たり金額は少なくなるのさ。って思うかもしれない。だけど、前田敦子さんの年収2000万と言うのは別格の多さらしく、総選挙で10位台。くらいのメンバーだと月給で20万円以下らしい。
AKBは研究生も含めると100名近いメンバーがいるらしいが、収入上位10人の平均年収が1000万円と仮定して1億円。残りの90人の平均年収が月額15万と仮定して年間の総額が1億6200万円。合計で2億6200万円が、AKB48メンバーに労働報酬として支払われた金額となる。
(数値は全てmizzieの推測)

CDの売り上げだけでも年間40億は超えているであろうAKB48は、自分達が生み出した売上高の6%ちょいの金額しか、報酬として受け取っていないのだ。しかもその6%という数字はCDの売り上げだけから算出した数値で、ここにはDVDの売り上げも舞台やライブでのチケット販売収益も含まれてはいないので、彼女達は生み出した利益に対して受け取った報酬の額が、あまりにも少なすぎる。この状態を日本語で何と言うのか問われたら、もう

彼女たちは搾取されている

としか答えようがない。

彼女達は、自分達が創造する作品(舞台やライブでのパフォーマンスだって立派な”作品”だ)によって生み出される価値に対して、正当な報酬を得ていない。

他にも、正月もクリスマスも平日も日曜もAKB48を演じている彼女達の労働は、どう考えても労働基準法違反の長時間労働だし、移動中も待機時間中もダンスレッスンに励む彼女達がやっている事は、サービス残業となんら変わりが無い。もし仮にメンバーの誰かが過労で倒れたとしたら、それは労働災害以外の何物でもないのだ。

AKB48を労働問題として考えた時、そこには、今この国の至る所で普通に見られている、そしてその被害者達がそれに気付かない様に仕向けられている、隠ぺいされている、労働問題のほぼ全てが内包されている

 

AKBが稼ぎ出したお金は、一体どこに行ったのだろう?

誰が、彼女達が本当なら手にしていなければならないお金を掠め取っていったんだろう?

 

彼女達の置かれている境遇は、トヨタやソニーやキヤノンの(主に非正規)労働者達が、そしてこの国の殆ど全ての労働者が置かれている境遇となんら変わりはない。

そう、

貴方も搾取されているのだ。

 

そして、

ゆきりんはカワイイのだ。(*^.^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.24

推しメンはゆきりんです。

mizzieは基本的にテレビを観ない。

商業主義的にソフィスティケートされたTVと言うメディアが大嫌いだし、メディアは彼等に資金を提供する少数特権階級の人達にとっての利益となる様に、不利益にならない様に、大衆の思想を誘導し合意をねつ造する『プロパガンダ・マシン』でしかないからだ。

メディアが如何に欺瞞に満ちたものであるのか、詳細はマサチューセッツ工科大学教授で言語学者のノーム・チョムスキー氏が詳細に語ってくれているので、興味のある方はそちらを読んで下さい。
(『メディア・コントロール・合意の捏造』がお勧め)

TVメディアに対してとても強い猜疑心・懐疑心を持っているmizzieだから、民間メディア(つまり民放テレビ、特に在京キー5局)なんて自分の意思で観る事はほぼ皆無だ。
タマに観るのは子供と一緒にNHK教育の幼児番組か、自分が介護福祉士なので福祉番組か、自身の英語力維持を兼ねてのBBCか、後は天気予報くらいのものだ。

 

そんな僕が数日前の夜、DVD観た後で何気にテレビをザッピングしてたら、歌番組か何かでAKBの新曲を流していた。
(流れてたのはこの曲↓)

 

 

AKB48ってとってもとっても人気あるし、たとえテクニック的には稚拙だとしても、カワイイ女の子が一生懸命何かをやってる。って言うのはそれほど悪い事ではない。って思ってるmizzieだから、興味は無いけど悪意もない。ただそんなのは自分にとってどうでもいいだけ。ってスタンスで画面を眺めてた。

 

・・・・・。

 

誰?この娘?

mizzie的に、めっちゃめちゃカワイイ娘がいる!

自他共に認める超メガネフェチなmizzieは、非メガネの娘をカワイイと思う事がほぼ皆無なんだけど、この曲でドラム叩いてた娘に目が釘付け。

で、じーーって画面を凝視。

 

・・・。

 

・・・・・。

 

カワイイ(はあと♪)

って事で早速ネットでその娘が誰なのか調べてみた。AKBなんてチョー有名だから0.2秒で求めた答えに辿り着けちゃう。
どうやらその娘は、柏木由紀って言う娘らしい。

アイドルなんだから、歌は口パク、演奏は当てぶり。だったとしても、それはそれで彼等がやっているのは芸術ではなく芸能なんだから、それでもいいじゃないか。ってmizzieは思ってる。とにかく、『GIVE ME FIVE!』でドラム叩いてる柏木由紀はめちゃめちゃ可愛かったのだ。

ってコトで、mizzieの推しメンはゆきりんに決定です。(*^-^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.02.22

絶対原子力戦隊スイシンジャー

原発利権に群がる原子力ムラの守銭奴どもを、

笑い飛ばしてしまおう。

 『絶対原子力戦隊スイシンジャー』

もう、この歌詞がチョー秀逸です。

スイシンジャーのテーマ
作詞:中洋人 作曲:さかぐちそう

地球が悲鳴をあげている
(Don’t worry!!-心配すんな!!)
恐怖に怯(おび)える人がいる
(Don’t mind!気にするな!)
だけど譲れないものがある
(利権!天下り!スポンサー!)
力をあわせて掴(つか)みとれ
(原子力からの撤退はいたしません!)
Get!Get!Get!原発マネー!
原子炉 Bang! Bang! ぶっ壊れても
前しか見えない スイシンジャー!
 

危険を指摘する人がいる
(Shut up!-黙れ!)
すべてを無くした人がいる
(Gomen!-ごめん!)
だけど捨てられない夢がある
(もんじゅ! 六ヶ所村! 核兵器!)
たとえどんなに危険でも
(安全性は国が保障致します!)
Go! Go! Go! 強引に!
エナジー全開! ウラン爆裂!
臨界超えろ スイシンジャー

 

 

この国は狂っている。

一般人が浴びても差し支えないと言われる放射能の年間被ばく量は1ミリシーベルトなのに、政府は、原発御用学者どもは福島の子供達には「年間20ミリシーベルト未満なら問題なし」と言い放った。
(じゃあ、お前らが家族を連れてそこに住めよ。って思ったのは僕だけじゃないはずだ。)

金と欲にまみれた「ゲンパツスイシンハ」と言うCreatureどもは強力だ。奴らとの闘いはとても長くなるだろう。だけど、

俺達は絶対に屈しない。諦めない。

だらだらと、なめくじの様に抵抗を続けよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.02.18

消費税増税反対の講義を聴講に行って来た

2月18日。午後。

高知市にある大学のキャンパスを借りきって開催された、『消費税をなくす会』主催の消費税増税反対の講義を聴講に行って来た。

その特別講義では、講師として共産党の参議院議員で国対副委員長でもある、大門美紀史議員が招かれていた。

講義は14時からだったんだけど、当日は僕の仕事が残業になってて、開始に遅刻しそうになってたので、かなり急いて開始時間ぎりぎりで現地に到着。でも会場だった講堂はもう既にかなりの人が来てて、空席が殆ど無い状態。

僕はこーゆー場では、自分の視力があまり良くない事もあって、可能な限り前方の席に座る様にしているんだけど、講堂の前部に空席は無い。
(どっか空いてる席無いかな~・・・)って思いながら歩いてたら、ポディウムの真正面、最前列の席に空席を発見。(あ、あったあった。あそこに座ろう)って思ってそのテーブルに向った。
4人が横一列になって座るそのテーブル、右端には中年の背広着たおじさんが、左端には初老の男性が座っていた。で、僕はそのテーブルの真ん中に座ろうと思って、右端に座ってたおじさんに「すいません、真ん中の席いいですか?」って聞いて、そのおじさんは「あ、いいですよ。どうぞどうぞ」って快く席を立って道を開けてくれて、そのおじさんのお陰で僕は最前列真ん中の座席を確保。

で、受付でもらった資料に目を通しつつ講義の開始を待つ。

すぐに、「・・・なくす会」のエラい人がポディウムに立って開演の挨拶。挨拶の最後に、「・・・では、今日の講義で講師としておいで下さった大門美紀史氏を御紹介します。大門さん、どうぞ!」

って司会者に紹介されて立ちあがったその人は、今さっき僕が席に座る為にどいてもらった背広姿の気さくなおじさんsign03 Σ(゚□゚(゚□゚*)ナニーッ!!

・・・。

オイラ、「元・国際ライセンスレーサーな介護福祉士』、『米国永住権持ってた介護福祉士』なんて言う称号持ってる異色の介護福祉士だけど、
『国会議員を立ち上がらせた介護福祉士』なんて言う称号も付いちゃいそうです・・・。
さらに周りを見渡すと、最前列に座っている人はエラい人ばっかりで、すぐ隣に座ってた大門美紀史議員を筆頭に、「消費税をなくす会」のエラい人とか、共産党高知県支部のエラい人とか、高知の色んな団体(主に革新系)のエラい人ばっかり。
そんな人達の中にジーンズ姿で混じってた介護福祉士のオイラ、ちょっと浮いてました。

講義は消費税増税についての話だったんだけど、最初に原発問題から切り込んで行って、野田政権の言う「消費税増税は社会保障充実の為」のカラクリを暴き、経団連の強欲ぶりとか、社会保障充実と言う言葉に隠された、経産省&財務省の陰謀とかの話を交えつつ、共産党が提案する『消費税増税に頼らない、社会保障充実と財政再建の仕組み』について判り易く解説。僕もまだ知らなかった、そしてとても知的な刺激に満ちた興味深い事柄を幾つか新たに知る事が出来た、とても有意義な講義だった。
国民の声など無視して消費税増税を強行しようとしている野田政権だけど、それを強く求めている日本経団連と民主党主流派が、この国の事など全く考えていないと言う事は良く分かったし、現状の、景気停滞期での消費税増税は深刻な景気悪化とデフレスパイラルを招き、結果として税率だけ上がって税収は下がる事になる。と言う事も良く判った。

大門議員はレジュメとかメモとかノートとかに全く目を通さない、完全なフリートーク状態での講義だったんだけど、講義で話す内容に関する細かい数値とかデータとかを実に良く記憶されていて、かつ、少し難しいテーマなんかも判り易く話されていて、さすが、話が上手だなぁ・・・。って感心してました。

講義が終わってから、大門議員に対して先ほどの非礼についてお詫びしてたんですけど、大門議員ってばとってもとっても気さくで寛容な方で、こちらの非礼など気にもとめていません。って風情で、かつ、講義後、質問時間は既に過ぎていたのに僕からの質問にも丁寧に答えて下さって、オイラは恐縮する事しきりでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.02.11

『守銭奴天国・日本』

昨年の話だけれど、米国の著名な投資家ウォーレン・バフェット氏は、「私達は億万長者を優遇する議会に甘やかされてきた」として、富裕層への増税を主張している。
投資家であるバフェット氏は所得の殆どが株式投資等の利益であり、彼の昨年払った連邦税の税率は
17.4%しかなく、それは彼の事務所の20人の社員の誰よりも低く、「年収百万ドル以上の所得のある世帯の税率を引き上げるべきだ」という主張につながったのだろう。

払った税金が所得の2割以下だったので「富裕層に増税を」と主張したバフェット氏だが、もし彼が日本に住んでいたとしたらどうなったのだろう?

米国の株式譲渡益への税率は15%だが、日本は証券優遇税制によって税率が7%に据え置かれたままで、地方税分を含めても10%しかない。バフェット氏の所得をそのまま日本の税率で算出し直すと、その税率はたったの14.8%になってしまう。バフェット氏がこの事を知れば、「真に億万長者を甘やかしているのは米議会ではなく、日本の国会だ」と驚くのではなかろうか?

億万長者は甘やかされている。と言って富裕層の増税を主張する欧米だが、我が国の富裕層は財政危機でも大企業や富裕層の負担増など許さないと主張し、大企業や富裕層の低い税負担は温存させ、代わりに消費税増税で負担を中間層以下に押し付けようとしている。そんな強欲で自己中心的な日本の富裕層達に支持される政治家達がなぜ多数派市民の支持を得るのか、僕にはさっぱりわからない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »