« DVD三昧 (洋画編) | トップページ | 消費税増税反対の講義を聴講に行って来た »

2012.02.11

『守銭奴天国・日本』

昨年の話だけれど、米国の著名な投資家ウォーレン・バフェット氏は、「私達は億万長者を優遇する議会に甘やかされてきた」として、富裕層への増税を主張している。
投資家であるバフェット氏は所得の殆どが株式投資等の利益であり、彼の昨年払った連邦税の税率は
17.4%しかなく、それは彼の事務所の20人の社員の誰よりも低く、「年収百万ドル以上の所得のある世帯の税率を引き上げるべきだ」という主張につながったのだろう。

払った税金が所得の2割以下だったので「富裕層に増税を」と主張したバフェット氏だが、もし彼が日本に住んでいたとしたらどうなったのだろう?

米国の株式譲渡益への税率は15%だが、日本は証券優遇税制によって税率が7%に据え置かれたままで、地方税分を含めても10%しかない。バフェット氏の所得をそのまま日本の税率で算出し直すと、その税率はたったの14.8%になってしまう。バフェット氏がこの事を知れば、「真に億万長者を甘やかしているのは米議会ではなく、日本の国会だ」と驚くのではなかろうか?

億万長者は甘やかされている。と言って富裕層の増税を主張する欧米だが、我が国の富裕層は財政危機でも大企業や富裕層の負担増など許さないと主張し、大企業や富裕層の低い税負担は温存させ、代わりに消費税増税で負担を中間層以下に押し付けようとしている。そんな強欲で自己中心的な日本の富裕層達に支持される政治家達がなぜ多数派市民の支持を得るのか、僕にはさっぱりわからない。

|

« DVD三昧 (洋画編) | トップページ | 消費税増税反対の講義を聴講に行って来た »

コメント

初めまして、たけひです。
いつも勉強になるな、と思って拝見させていただいてます。埼玉県に住む介護福祉士です。
子供2人の親でもあります。
 海外の介護職の給料を調べていて、Mizzieさんのブログを知りました。
 本当に、今の日本は一部の富裕層たちばかりが、人生を謳歌していますよね。今後、介護職の待遇が良くなることを願いつつ、実際は余り良くならないであろうとも思っています。
 ブログ楽しみにしているので、頑張ってください。一応、最近初めた僕のブログのURLも載せておきました。暇だったら、身に来てください。それでは、失礼します。

投稿: たけひ | 2012.04.09 23:41

>たけひさん
コメント有難う御座います。
政府の財務事情や財務省、厚生労働省の方向性を見ている限りでは、自民党や民主党、みんなの党なんかが国民の支持を得ている間は、介護職の待遇が改善する事は有り得ないでしょう。

悪待遇に嫌気がさして日本人介護職員がいなくなるか、介護職員の過労死が3ケタ台にでもなれば、また話は違ってくるかもしれませんが。

投稿: mizzie | 2012.04.12 01:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/53951716

この記事へのトラックバック一覧です: 『守銭奴天国・日本』:

« DVD三昧 (洋画編) | トップページ | 消費税増税反対の講義を聴講に行って来た »