« 2012年5月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年7月

2012.07.14

節電推進委員長の矜持

反原発の旗を掲げているオイラは、勤務先の医療法人で、末端の介護福祉士から節電推進委員長に大抜擢された。

反原発・脱原発を掲げる共産党員でもあるオイラは、この『節電推進』と言う職務にはやる気マンマンで、資料を調べ、問題を洗い出し、節電策を立案し企画書を作成して統括本部から実行の承認と権限を与えられた。

 

今、毎週金曜夜には首相官邸前で、原発再稼働反対のデモが行われている。僕が関東在住ならその場に間違い無く馳せ参じていただろうが、残念ながら四国住みの僕にはそれを可能にするだけの時間と資金が無いから、デモ参加者達を心の中で支援しつつ、遠くからそれを見守っている。

その現状に、「節電なんか、かったるくってやってらんないね!」って、自堕落と享楽に溺れながら、自分の電力浪費と怠惰と無気力を自己正当化してるuseless people, fuck'n mankind達が、「原発いらねーって、お前ら原発無しの電気使えない生活耐えられんのかよ?」とか、「原発の代替策提示もしないで原発いらない。なんて、単なるジコマンじゃん。」とか、行動する度胸も勇気も無いクセに、批評家気取りで他人を批判してる。
後世の歴史家達が彼等を何と記するのか、歴史好きな僕には少し興味があるのだが、それはまた別の話だ。

「日本の電力の30%は原子力なんだぞ。10%の節電だって出来ねえクセに、原発反対なんて言ってんじゃねーよ!」

って言ってるクソヤローどもに、

不条理と不公平、不正義を心の底から憎む土佐人として、

どんな困難な中でも、問題の根本的な解決を目指しながら、その時々の国民の利益を守る。を立党の精神として掲げる共産党員として、

そして、勤務する医療法人の節電推進委員長として、

我が家の節電実績をここに示そう。

Image023

2012年6月14日から7月12日の間の我が家の電力使用量は、

昼間259kwh、夜間158kwh、合計417kwh。

ちなみに昨年同期の使用量は、

昼間421kwh、夜間188kwh、合計609kwh。

昨年同期を100とした場合の、今年の我が家の電力使用は約68%。

原発反対を叫ぶ人達を鼻でせせら笑ってるクソども、「日本の電力の30%は原発だぞ。お前ら原発無しでやっていけねーだろーがよ!」なんてウソぶいてるバカチンども、

我が家では今年、

電力使用量を32%削減しました。

原発無しでは日本はやっていけない。なんて言ってる連中に、

僕は何千回でも答えよう。

原発無しで電力供給量が3割低下しても、

一般家庭なら何も問題はありません。

日本の電力は原発無しでも間に合うのです。

だって僕んちは使用電力を32%減らしたもん。

32%減らす為に、特に我慢なんかしてないもん。

ホンのちょっとだけ、頭と労力を使っただけ。

CCSF中退の低学歴な、下層市民の介護福祉士の僕にだって出来たんだもん。誰にだって出来るさ。

原発推進派って人種は、アタマと労力を使う能力に致命的な欠陥を抱えている事は知ってるけどね。

※当エントリーは、転載自由とします。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年9月 »